転職者が選ぶ顧客満足度1位の「doda」
doda
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
公開求人数
60,000
非公開求人数
17,846
対応地域
全国
対象属性
20~30代の男女
強い業種
全業種
年収UP率
非公開
求人数は業界ナンバーワン!また、「初めての転職」におすすめの転職サイトです。サポート体制に定評があり、サービス利用者の満足度も業界トップクラス!
dodaの無料登録へ
登録者数の多い人気の転職サイト
高年収求人数No.1!「ビズリーチ」
ビズリーチ
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
公開求人数
80,000件
非公開求人数
非公開
対応地域
全国+海外
対象属性
30~50代の男女
強い業種
全業種
年収UP率
90%以上
年収600万円以上を望む方からの支持率No.1のビズリーチ!他社サービスに比べスカウト機能が充実しており、ハイクラス求人数も業界イチです。
ビズリーチの無料登録へ

銀行員の30代での転職!銀行員の失敗しない転職先は金融系

転職 男性 スーツ カード転職コラム

昨今、メガバンクの大幅人員削減が話題になっていますね。

今まで人の手で行っていた作業をすべてAI化、および自動化することで、人件費を削減しようということです。

ですが、転職をする原因は人員削減だけではありません。

「思ってた仕事と違った…」「体育会系のノリがきつい…」など、銀行での仕事自体に嫌気がさして転職を考えている人も多いと思います。

実は銀行員の転職は世間から見ると評価が高く、特に20代後半から30代前半の銀行員の転職は最も価値がある人材として評価されることも多いです。

この記事はそんな、30歳前後の銀行員の方に向けた転職記事になります。

銀行員の転職は有利

ガッツポーズ 男性 スーツ 喜ぶ
はっきり言って、ほとんどの場合有利に働きます。

少なくとも悪いイメージを持たれることは一つもないです。

そもそも銀行に1度入社している時点で相当の能力の高さを期待されます。

さらに銀行員に対しての世間の評価はそれだけではありません。

地頭のよさや、今まで激務に耐えてきたストレス耐性、飛び込み営業などの高い営業力なども高く評価されます。

意外と多い、銀行員の転職理由

男性 スーツ 悩む 考える
銀行員の転職の理由は様々です。

AI化での大量リストラでも有名ですが、古くからある銀行では「昭和のやり方」が残っていることも少なくないです。

そのようなやり方が納得できない、ついていけないと考え転職する人も多いです。

今回はその中から特に多い以下の4っつに絞って紹介したいと思います。

  • 仕事よりも、生きがいを優先したいから
  • 単純な給料よりも、やりがいを優先したいから
  • 自分の都合が優先されないから
  • 転勤が多く、家族と居れる時間がないから

仕事よりも、生きがいを優先したいから

銀行員は激務であることに定評があります。

その原因として、入社後に大量の資格を取ることを強要されることや、高すぎるノルマの問題があります。

資格も簡単に取れるものではなく、会社にいる時間だけではとても取れるものではないため、必然的に休みの時間を勉強に割くことになります。

ノルマも普通の勤務時間だけではこなしきれないため、勤務時間外にまで仕事をして、ノルマをこなす必要があります。

そのような生活をしていると自分が起きているほぼすべての時間を仕事に費やしていることになります。

そんな生活に生きがいなんて見いだせるはずがありませんよね。

そのような状況を抜け出すためにも、転職をしようと決断する人も多いようです。

単純な給料よりも、やりがいを優先したいから

銀行員の給料は高く、30代ともなれば年収600万円弱の人もいるようです。

給料だけを見れば確かに転職する理由は見つかりませんが、問題が仕事に対するやりがいです。

毎日、職場と家だけを往復し、高いノルマに追われながら仕事を続ける…

そのような仕事にやりがいを見いだせなかった人が転職をするようです。

でも激務で、やりたくもないことをして年収600万円なのと、新しい発見の毎日でやりがいのある年収600万円だったら、後者を目指したいですよね。

そのように考え、転職に踏み切る方も少なくないようです。

自分の都合が優先されないから

昔からあるような銀行の場合、個人の予定や都合が優先されないのが当たり前になっていることがあります。

取引先との会食や上司の予定に付き合わされることなど、さも当たり前かのように会社のために勤務時間外の仕事をするように言ってきます。

もちろん、通常業務のように事務作業や営業をするわけではありませんが、勤務時間外の個人の時間を使っていることに変わりはありません。

縦の関係が特に厳しいのが銀行業界なので、断ればどうなるかわかりません。

そのようなパワハラなどが横行しているのに嫌気がさした人が転職を希望する人も多いようです。

転勤が多く、家族と入れる時間がないから

銀行員は経験のためにも、若いうちに頻繁に転勤を行う傾向があるようです。

地方の支店などに配属し、2~3年したら別の場所に転勤させて…という風に経験をさせるようです。

家族がいれば頑張れる仕事でも、地方で1人で働くなら話は別です。

こんなに転勤が多い仕事をやってられるかということで、転職を考える人が多いということですね。

4割の銀行員が30歳までに辞めている

現在の一般的な考え方では「新卒は3年以内に3割辞める」と言われています。

ですが銀行員では「30歳までに4割辞める」と言われております。

やはり先ほど説明したような理由が原因で転職を考える人が多いのでしょう。

30代で多くの銀行員の方が転職しているのは、あまり歳を取ってしまうと新しい仕事が覚えられなくなってしまうからですね。

銀行員の主な転職先

キャリア 階段 成功 男性 イラスト
銀行員の転職先は20代か30代かで大きく変わります。

主に理由としては、20代では挑戦をとり、30代では安定をとるからですね。

30代となると結婚している場合が多く、家族がおり、あまり無茶な転職ができないということで安定をとる傾向があります。

なのでここでは「安定」をとった30代銀行員の主な転職先を紹介したいと思います。

実は多い金融系への転職

実は30代の主な転職先としては金融系が多いです。

金融系といっても他の銀行に転職するのではありません。

主に転職先として多いのは、外資系金融会社・機関、カード会社、保険会社、証券会社などです。

同じようにお金を主に扱っている会社ですね。

なぜこのような会社に転職をする人が多いのかというと、先ほども記述したように、「安定」を求めているからです。

金融系の会社は世間的なブームなどは関係ないうえに、後ろには国の存在があるためそう簡単に倒産はしません。

そのため、30代銀行員の転職は続けて金融系が選ばれるわけですね。

カード会社への転職

銀行とは切っても切れない関係であるカード会社。

仕事も銀行同様、個人情報とお金を扱う仕事であり、銀行での業務のノウハウが生きるでしょう。

さらに銀行同様高給取りでも有名です。

これからの時代、キャッシュレスを行う人も増えさらに需要を見込んでの将来性もある会社です。

保険会社への転職

銀行員がより良い条件での転職できる会社として、保険会社があります。

銀行員が持っている高い営業力を生かすことができます。

保険会社も銀行同様、個人情報とお金を主に扱うため、営業力とお金への知識、この2つが重宝されること間違いないです。

金融系に転職する人が多い理由

なんで金融系を転職先とする人が多いのでしょうか。

調べていくと、以下の2っつの理由が見えてきました。

  • 安定と高給
  • 即戦力として歓迎

安定と高給が魅力的

金融系はお客さんの個人情報やお金を扱っているため、ぽっと出でできるような仕事ではありません。

そのため多くの場合そう簡単につぶれるような会社でない場合が多く、給料も高いです。

30代の転職となると自分のやりがいより、家族を養えるかを気にする方が多いです。

そう考えると、安定して多くのお金を稼げる金融系に転職するわけですね。

即戦力として歓迎される

銀行は入社が難しいだけではなく、入社してからも厳しいキャリア競争があります。

切磋琢磨して鍛え上げられた能力は銀行のみならず金融系という大きなジャンルでも活躍することができます。

金融系の仕事で共有していることというのはお金を扱うということです。

普通の転職では経験できないお金を扱うスキルを銀行で学んでいる分、転職が成功しやすいわけですね。

転職する際のコツ

ポイント 男性 スーツ 指さし

転職といっても多くの人の数だけ理由があると思います。

それらを踏まえたうえでの転職をするコツを説明していきたいと思います。

自分が何で転職したいのか、明確にする必要がある

ここが超重要です。

問題を解決したくて転職をしたのに、同じような職場に転職してしまっては何の意味もないですよね。

自分がどういう理由で転職を考えて、どういう場所に転職すればそれらの問題が解決するかをしっかり思い出しましょう。

それを改善できる場所でないとまた転職したくなってしまいます。

転職したくなった理由は人によって様々です。

パワハラ、転勤、出勤時間、人間関係、業界の先行きなどなど…

しっかり調べて、そして知ったうえで転職先を決めましょう。

持ってる資格を生かし切る

銀行員が仕事で蓄えたスキルや知識はあくまで「銀行員」としての能力であり、あまり世間で通用するものではありません。

そのため、資格を在職中に取っていると、能力の証明につながります。

金融系に転職するならばファイナンシャルプランナーや証券外務員などを持っていれば有利に働くでしょう。

他にも、日商簿記などの資格は経営分析・経営管理などビジネスをするうえで必要な側面を補ってくれるものです。

資格を持っていることで金融系のみではなく、意外なところから声がかかってくるかもしれません。

こんな転職エージェントがおすすめ

ポイント 男性 スーツ 赤背景
転職をしようと考えても毎日忙しいし何すればいいのかわからない方も多いと思います。

調べる時間も惜しいほど忙しい銀行員の方には転職エージェントを使うことをオススメします。

普通の転職サイトと違い、転職エージェントでは転職者の情報を元にエージェントと呼ばれるプロが、転職先を探してくれます。

他にもマッチングがしやすいことや、給料の交渉が容易であるなどメリットは沢山あります。

なのでここでは、転職エージェントごとの違いとおすすめを紹介していきます。

dodaのエージェントで9万件の求人から選ぶ


dodaエージェントは9万件以上の求人数を誇っており、業界最大級の転職エージェントサイトとなっております。

自分の代わりに仕事を探してくれるだけではなく、面接対策サポートや給料交渉、入社日やそのほかの面倒な手続きをすべて任せることができます。

キャリアカウンセリングなども行っており、最高の転職をするために最善を尽くしてくれます。

もちろん、銀行員に対する転職も問題ありません。

利用料は無料なので、転職を考えている方は是非登録してみてください。

当サイトでもdodaエージェントのレビューを行っているので、よろしければ併せてご確認ください。

dodaのエージェントは転職におススメのサービス!評判・口コミを徹底解説
転職サービスのdodaは、求人紹介だけでなく、プロのキャリアドバイザーの手厚いサポートを受けながら転職活動を行うことができる転職サイトです。 しかし実際に利用をするとなると、評判やメリット・デメリットなども気になりますよね。 そ...

JACリクルートメントで高給料な転職を

JACリクルートメント

JACリクルートメントは行っていることとしてはdodaエージェントとさほど変わりはありません。

ですがJACリクルートメントはdodaと比べ、ハイキャリアな質の高い求人が圧倒的に多いです。

さらにJACリクルートメントは高級志向ということもあり、ハイキャリアの転職に関してのノウハウを持っています。

ただ、いいことだけではなくJACリクルートメントはドライという評判も多いです。

当然ですが、質の高い転職先を紹介してくれるかわりに、転職者の質も高いものが求められます。

おそらく一定の基準があり、それを下回るような人は門前払いされてしまうのでしょう。

ですが、年収600~2,000万円を紹介しているようなサイトですので、使う場合はそれなりの覚悟の上で使いましょう。

doda同様、JACリクルートメントのレビューも当サイトではまとめているため、併せてご確認ください。

JACリクルートメント利用者の評判は良い?あらゆる点からサービスを比較
高収入、高キャリアなハイクラス求人を豊富に扱っており、ハイキャリア転職の転職支援が得意なJACリクルートメント。 ハイキャリア転職に特化した転職エージェントは他にもありますが、中でもJACリクルートメントはどんな特色、利用にあたってど...

ビズリーチで確実な転職を

ビズリーチ

JACリクルートメント同様、ビズリーチも高給志向の転職エージェントサイトです。

口コミサイトなどで言われているのは、年収500万円以上の人がキャリアアップをするために登録すると言われています。

ビズリーチではエージェントではなくヘッドハンターと呼ばれるものが登録している人にアプローチし、ヘッドハンターとのやり取りで転職先を決めていきます。

ビズリーチのヘッドハンターには、過去の転職者からの評価がついており、その評価を元に好きなヘッドハンターを選ぶことができます。

より評価の高いヘッドハンターを選べば、よりよい転職ができることは間違いなしですね。

すべての機能を使うのは有料になってしまいますが、その分大手エージェントで扱ってないような隠れた優良求人が多くあります。

今まで同様、ビズリーチも当サイトではまとめているため、併せてご確認ください。

ビズリーチの評判を徹底解説!メリットデメリットや口コミもご紹介
『即戦力!』というCMでも話題のビズリーチ、高年収や役員向けの求人に特化した転職サービスですが、本当にハイクラスな求人が見つかるのだろうか?と、評判が気になりますよね。 そこで今回は、ハイクラス向けの転職求人サービスのビズリーチの評判...

30代の銀行員の転職先は金融系で決まり

もちろん必ずしも金融系に転職しなくてはいけないわけではありません。

ただ、今まで学んできたこと、今以上の給料、会社の安定性、もろもろを加味すると金融系への転職がベストです。

金融系といっても一概には言えず、保険会社やカード会社、証券会社など様々なものがあります。

「銀行員」という肩書はどの会社でも有利に働くでしょう。

ですがその先での行う業務はどれも違うため、よく調べたうえで転職を行うことをオススメします。

コメント