40代の手取り30万は少ないのか?転職を考えるべき?

転職コラム

働き盛りとされることが多い40代。

社会人経験もそれなりに豊富で、仕事にも慣れていることでしょう。

長く仕事をしていて疑問に感じるのが給料の手取りです。

手取りで30万円ほどの給料の場合、平均と比べて少ないのか?と不安に感じてしまうものです。

将来のためにも、今貰っている給料が多いのか少ないのかをハッキリさせて、必要であれば転職を考える必要が出てくるかもしれません。

そこで今回は、40代で手取り30万円は少ないのかどうか、転職をすべきかどうかについて紹介していきます。

40代の平均年収と手取りはどれくらい?

まずは40代の平均年収と手取りを確認していきましょう。

国税庁の民間給与実態統計調査を確認すると40代前半の平均年収は460万円となっているようです。

基本的に会社の賞与(ボーナス)は年2回の3ヶ月分なので、それを含めると月収の総支給額は30万7千円ほどになります。

給料から各種税金(健康保険料や所得税など)を引いた手取りは月収で25万円程度です。

ただし、控除額は前年度の年収や家族構成で変わるため、手取り額は推定となります。

平均年収と手取りは、正社員以外のパートや派遣社員なども含まれています。

男女別平均年収・手取り

平均年収と手取りを性別別で確認すると収入に違いがあります。自分の性別と照らし合わせて確認してください。

男性の平均年収・手取り

40代前半の男性平均年収は563万円です。賞与を年2回の3ヶ月分とすると総支給額が37万5千円、手取りは31万円となります。

厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると、40代前半男性の賃金は35万9千円、手取りは30万円程度です。

女性の平均年収・手取り

40代前半の女性平均年収は302万円です。

賞与を年2回の3ヶ月分とすると総支給額が20万1千円、手取りは17万円となります。

厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると、40代前半女性の賃金は26万2千円、手取りは22万円程度です。

同じ40代でも年収の幅は大きい

他の40代の人はどれぐらいの収入があるんだろう、と気になっている人も多いことでしょう。

ここでは、業種や勤務先の規模による年収の差について紹介していきます。

業種・勤務先による年収の違い

40代の平均年収を確認すると、業種・勤務先の規模によって違いがあります。

規模の大きい企業に勤めているほど平均年収は高くなる傾向にあるようです。

大企業だと平均年収が高いだけでなく、福利厚生もしっかりと整えられているので働きやすい環境だと言えます。

40代前半の平均年収460万円に近いのが、「運輸業・郵便業443万円」や「複合サービス業477万円」などです。

40代後半になると平均年収が大きく変わる業種もあるようです。

低い場合は年収300万円以下

業種によっては年収が300万円を切っているものもあります。

最低水準とされているのが「宿泊業・飲食サービス業」です。

40代前半の平均年収は291万円となっています。

40代後半になると267万円まで下がってしまうので、年齢を重ねるごとに厳しくなっていくようです。

高い場合は700万円以上

業種によっては700万円を超えているケースもあります。

40代の前半の平均年収で「電気・ガス・熱供給・水道業」が774万円と、業種別では最も高いことが分かります。

40代後半になると平均年収が906万円というかなりの高水準となります。”

家族構成や生活水準でも感じ方は違う

40代で手取り30万円だと、平均年収から見ると決して低い収入だとは言えません。

ただし、家族構成や生活水準によっては給料が足りないと感じるかもしれません。

子どもがいる場合・いない場合

子どもがいる場合といない場合では、支出に大きな違いが出ます。手取り30万円をどう感じるのか考えてみましょう。

子どもがいる場合

子どもがいる場合は、まず養育費が必要となります。

食事や衣類の購入、場合によってはおもちゃなども必要となり、子どもを育てるうえで必要な費用となります。

次に必要なのが教育費です。これは、子供を学校に通わせたり習い事をさせたりなど、子どもの教育全般に必要な費用を指します。

進学させる学校が公立・私立のどちらを選んだかによって必要費用が変わりますが、大学まで進学させた場合、子ども一人だとしても最低でも1000万円以上必要となります。

手取り30万円だと厳しい状況かもしれません。

子どもがいない場合

子どもがいない場合だと、養育費・教育費を全く必要としません。

結婚して夫婦二人暮らしだとしても、多少の余裕を感じる生活を送ることができます。

生活水準によっては、老後のための貯蓄に充てることもできるかもしれません。

親と同居の場合や住宅ローンがある場合

親と同居している場合や住宅ローンがある場合、手取り30万円でやっていけるのか確認していきましょう。

親と同居の場合

親と同居していた場合、金銭的な不安を解消できる可能性があります。

親の持ち家で生活すれば家賃を支払う必要がなく、場合によっては光熱費や食費など、生活に必要な費用は親が払ってくれるかもしれません。

30万円の手取りでも余裕のある生活ができて、貯蓄もできることでしょう。

ただし、親と同居していても生活に必要な費用は全て負担しなくてはいけないこともあります。

病気や怪我、高齢によって働けなくなった親の代わりに金銭の負担をする場合があるからです。

住宅ローンがある場合

住宅ローンがある場合、毎月の支払いに困るかもしれません。

銀行は、税込年収に対して返済利率25%から最大35%までを貸してくれます。

毎月の支払い額が多いと、手取り30万円では足りないと感じるかもしれません。

住宅ローンの支払いに追われて、厳しい生活を強いられる可能性があります。

現状で給与アップが見込めるか考えてみる

40代で30万円の手取りが少ないと感じたら、現状でできる給与アップの方法を考えてみてもいいでしょう。

資格取得制度を利用

企業の中には資格取得制度を導入していることがあります。

これは、専門資格を取ることで毎月の給与に上乗せされて支払われる手当のことです。

資格取得の際には企業がバックアップをしてくれる場合があり、セミナーや口座などの資格取得に必要な費用を負担してくれます。

自己負担をせずに収入を増やせる手段として有効です。

副業を考える

勤務時間が短い会社であれば、副業を考えて自分に合った仕事を探すのも良いですね。

企業によっては副業を認めているので、堂々と収入を増やすことができます。

副業によっては報酬が高額になるものがあり、本業以上の収入になることも少なくありません。

ハローワークなどで相談する方法も

平日が休みの場合は、ハローワークで相談するのもいいかもしれません。

ハローワークに相談することで、自分のスキルや年収などの情報を元に適切な職を紹介してくれる可能性があります

地域に根差した企業の求人が多くあるので、引っ越しをせずに給与が上がる職探しに向いています。

求人サイトなどを見て、実際にどんな仕事があるか検討するとイメージしやすいものです。

漠然とした考えでは、自分が納得のいく収入を見込める仕事を探すことが難しいと言えます。

求人サイトだと全国の求人情報を確認することができます。

募集要項や給与体系など詳しい情報が掲載されているので、自分に合った職探しをすることができます。

誰かに相談することで給与アップを実現できるかもしれません。

少ないと感じる場合には転職もアリ?

手取りが少ないと感じたら思い切って転職を考えてみてはいかがでしょうか。

勤続年数に対して給与アップが見込めない場合は、転職を検討するのもアリです。

同じ会社に長くいても給与が上がる可能性が低いため、より良い条件の会社を選びましょう。

ただし、退職金など福利厚生で優遇されているなどの場合は、安易に決めないことも重要です。

退職金は勤続年数に応じて増えていくので、中途半端な時期に辞めると少ない額しかもらえません。

それに、必ずしも転職先の会社が以前勤めていた会社よりも福利厚生が整っているとは限りません。

株式公開を控えているなどの場合も、慎重に考えましょう。

会社ごとの状況を踏まえたうえで転職時期を決める必要があるので、安易な考えで会社を辞めることはリスクが高いと言えます。

転職するべき人と現職に留まるべき人の違い
転職して職を変えるべきか、現在の職でキャリアを積み重ねるべきか。その人にとってどちらが正しい選択か、それを選ぶコツを紹介しています。

転職を成功させるにはどうするか?

40代で転職するときには、今後続けていける仕事を考えるのが重要です。

今まで積み重ねてきた経験やスキルを活かした仕事見つけるのか、それとも全く違う分野に挑戦するのか、今後の人生を左右するうえで慎重に考えなくてはいけません。

資格が取れるもの、独立できるものを考えて探すのもいいでしょう。

資格取得制度がある会社なら、働きながら資格も取れるので、自分のスキルを上げながら給与が高い会社に転職することも可能です。

独立すると会社勤めをしてきたときは違う条件で働くことになります。

最初は戸惑うかもしれませんが、仕事の幅が広がり、成果が直接返ってくるのが特徴的です。

成功によるハイリターンを望めるので、独立して自分の裁量内で仕事をしてみるのもいいですね。

40代向け転職サイト・転職エージェントランキング
40代で行う転職は、30代の転職よりも少し難しくなります。 40代ともなると、社会の荒波に揉まれ、様々な厳しい場面に追い込まれた経験があるはず。 そんな経験をした40代の人は、企業からの期待も大きくなり、向けられる目線も厳しくな...

40代で手取り30万は平均的

40代で手取り30万円は低いかどうか、また転職するべきかを紹介してきましたがいかがだったでしょうか?40代で手取り30万円は平均的だと言えます。

ただし、上を目指すのは良いことなので、自分の可能性を探してみるのもいいかもしれません。

転職や独立をした場合、働く環境がガラッと変わる点に留意しておきましょう。

40代の転職は20~30代と比べると多少厳しいものがあります。

しかし、諦めずに転職活動を行うことで転職を実現できるので努力を怠ってはいけません。

手取り30万円が低いと感じるかは生活水準や環境によっても変わります。

自分の将来を見据えて手取りをアップするための行動を起こすことも時には必要です。

より良い将来設計をするために、一度立ち止まって真剣に考えてみることをお勧めします。

ハイキャリア転職におすすめ!ハイクラス求人に強い転職エージェント
現在転職活動を行っている方の中には、管理職、高年収など条件の良い「ハイクラス求人」を探している方も多いのではないでしょうか。 それまで培ったスキル、それまでの経験を活かして、ハイキャリア転職を考える方は多いです。ハイキャリア転職を狙っ...

コメント