40代の経理転職は「マネジメント能力」が鍵!役立つ転職エージェントは?

転職を考える40代男性 経理の転職

40代というと仕事には慣れて、部下や後輩に仕事を教える立場の人も多く、マネジメント能力を必要とする場面が多々出てきます。

また、自分なりの個性なども発揮できる年代でもあります。

更にちょっと早いですが、定年のことも見据えて、仕事人生を改めて考える年代とも言えます。

今回の記事では「マネジメント能力」が鍵と言われる40代が、経理転職で【意識するポイント】と【役立つ転職エージェント】についてご紹介したいと思います!

経理は40代でも転職需要がある?経験がものを言う!

一般的に転職業界では、35歳が1つのボーダーラインと言われています。

これは、35歳までは転職しやすいけれど、35歳以降は転職しづらくなるということを意味しています。

特に人気の事務職は、その傾向が顕著であると言われています。

経理は事務職のカテゴリーではありますが、実は40代でも転職需要がある職種です。

その理由については下記の通りです。

実務経験者を求めている

大企業であれば経理の人間が沢山いるので、未経験の人を採用して一から育てていくこともあります。

しかし中小企業であれば、経理の人間も必要最小限のみ在籍させるので、欠員が出てもすぐに業務に取り掛かれる人間を採用します。

さらに経理は、会社のお金の管理をする非常に重要なポジションに位置するので、他の事務職よりもはるかに経験者が優遇されます。

そうすると必然的に経験者は年齢を重ねた人になるので、40代であっても需要があるのです。

マネジメントできる人を求めている

転職エージェントのMS-Japanによると、2018年度の経理の転職成功者は、30代・40代が大半を占めています。

参考:経理・財務の転職市場は、どうなるのか?2018年を振り返って、2019年以降を予想

このことから、経理の転職では若さを求めているわけではないことが分かります。

前述で申し上げた通り、経験者を欲していることも分かりますし、マネジメントできる人を求めているとも言えます。

なぜ経理で「マネジメントできる人」を求めているかについて、経理は人材不足という点が挙げられます。

人材不足ということは、新たな人間が育たないとも言えます。

新たな人間を育てる為には、マネジメントする必要があります。

その為、企業は経理の採用に関して、マネジメントできる人を求める傾向にあるのです。

40代での経理転職の必須スキル「マネジメント能力」のアピール方法

ここまでの話で、40代の経理転職では「経験者」且つ「マネジメント能力の可否」が問われることが分かりました。

実際に管理職としての経験がある人は、問題なく「マネジメント能力」についてアピールできるでしょう。

しかし「今まで管理職になったことがないから、マネジメント能力は無いからどうしよう」と悩む人もいるかもしれませんが、心配無用です。

マネジメント能力は、管理職という肩書きがなくても、持ち合わせている人は多くいます。

管理職未経験者でも、マネジメント能力をアピールする方法は下記の通りです。

リーダーシップ経験について語る

「リーダー」という名前がついていなくても、各種イベントや組織などで、リーダー的な立ち回りをすることは多いものです。

例えば、会社の備品の見直しをはかり、節約を試みたとします。

その際に、周囲の経理部の後輩に「数社見積を取り、その結果を私にまで提出して下さい」と指示をし、集めたデータを集計したとします。

このデータをもとに、上長に
「後輩たちと節約について見直しました。今まで使っていたA社より、B社の方が備品を安く購入できます。その金額の差は月で換算すると〇〇円にもなります。」

などと報告をし、B社から購入することになれば、節約は成功です。

このような話でも、リーダーシップ経験があると伝えることができます。

後輩への指導経験を語る

新しく入社した後輩に、会計ソフトの使い方を説明することもあるでしょう。

その後輩は、この会計ソフトを触るのは初めてだったので、混乱していたとします。

この時に、分かりやすいようにマニュアルを作成し、後輩に渡してあげたとします。

更にマニュアルを一緒にみながら、操作についての注意点を細かく教え、後輩が早く仕事を覚えてくれたとします。

このような後輩への指導経験の成功体験も、マネジメント力のアピール材料になります。

会社への貢献体験について伝える

会社で使っている会計ソフトが使いにくいと感じ、周囲もそのように思っていたとします。

そのような時に、自分で他の会計ソフトもいくつか調べ、値段・機能・使いやすさについて徹底的に調べあげ、業者にも直接話を聞いたとします。

その結果、今使っている会計ソフトより使いやすく値段も安いものがあったので、上長に「このソフトの方が自社に合っているかもしれない」と直談判したとします。

そのため、上長もオススメしたソフトの方が良いと思い導入に成功し、経理部の作業効率が向上することもあるでしょう。

このような体験談は、会社への貢献体験とも言えます。

こういった話も、自分のマネジメント力をアピールする材料となります。

40代の経理転職に役立つ転職エージェントはこの5社

40代で経理転職をする場合には、転職エージェントを使うべきだと言えます。

その理由は下記の通りです。

年齢的に失敗はできない

20代・30代であれば、転職に失敗しても次があると言えます。

40代で失敗しても次が無いとは言いませんが、職歴が1つ増えると、20代・30代よりも厳しい目で見られるのが40代です。

自力で探すと企業の1部しか見ることができませんが、転職エージェントを使うと、担当者は多くの側面から企業を見ているので、詳細を把握することができます。

また転職エージェントの担当者は、転職の裏事情にも精通しているので、自分にとって有力な情報を聞ける可能性も高くなります。

40代で経理転職をするのであれば、前職より条件が良いところを狙うべき

20代・30代であれば、転職をして前職より条件が悪くなっても「人生勉強」ということもできます。

なぜなら、まだ次のチャンスを狙えるからです。

しかし、40代であれば転職した会社が最後という人もいるでしょう。

40代が転職するのであれば、前職より良い条件のところを狙うべきです。

良い条件の会社というのは、その人の状況によって違います。

転職エージェントを利用すると、各自の状況を見極めたうえで、前職より条件が良い企業を紹介してくれる可能性が高いです。

また、転職エージェントのみが扱っている非公開求人もあるので、こういった求人を紹介してもらう意味でも転職エージェントを使うべきです。

40代の経理転職にオススメの転職エージェント5社!!

そんな40代の経理転職にオススメの転職エージェントを、5社ご紹介します。

経理の転職こそ転職エージェントを使おう!メリットとデメリットも解説
経理として働いてきたけれど「キャリアアップできる環境に身をおきたい」とか「もっと評価してもらえる職場で働きたい」等の理由で、転職を考えている人もいるでしょう。 そんな時に考えるのが、転職の手段についてです。 自分での直接応募や、...

MS-Japan

経理転職を希望するのであれば、必ず登録すべきとも言えるのがMS-Japanです。

経理関係に特化した転職エージェントであり、顧客満足度も高いので、経理転職では外せないと言えます。

40代の転職動向や市場ニーズなどについて相談できる「個別相談会」を随時開催するなど、40代の経理転職に手厚いサービスも行っています。

MS-Japanは使いやすい転職エージェントなのか?メリット・デメリット、注意点も説明します
MS-Japanは管理部門・士業に特化した転職エージェント。 経理や財務、人事や総務、法務などバックオフィス系職種、会計事務、監査法人、税理士、公認会計士、の求人を多く扱っており、管理部門のキャリアアップなど幅広い転職に対応しています...

ジャスネットキャリア

こちらも経理転職をするのであれば必ず登録すべきと言える転職エージェントで、経理関係に特化した転職エージェントです。

東京・大阪・名古屋に拠点があるので、この地域で経理転職したい人は必須です。

この転職エージェントは、登録しても急かしてくることが少ないという意見が多く「良いところがあれば転職したい」と思うような人に向いていると言えます。

会計人材バンク

公認会計士や税理士に特化した転職エージェントです。

会計事務所などで働きたい人などには勿論、経理としてキャリアがあり、それを生かしたキャリアアップをしたい人にもオススメです。

若手というより中堅層の40代の経理転職にピッタリの転職エージェントだと言えます。

職務経歴書の添削なども行ってくれるので、心強いですね。

エグゼクティブ転職.com

大手転職エージェントのJACリクルートメントが運営している「トップマネジメント・エグゼクティブポジション」に特化した転職エージェントです。

名前の通りの転職エージェントなので、未経験や若手の20代・30代というよりは、経験もありマネジメント能力もある40代以降にオススメと言えます。

今までの経験を活かし、更に上をいった転職活動をしたい人には是非登録をオススメします。

リクルートエージェント

経理に特化しているわけではありませんが、最大手の転職エージェントなので、転職活動をする方にはオススメの転職エージェントです。

求人数は圧倒的に多いです。

持っている求人数が多いということは、そこから自分に合う求人数も、他の転職エージェントよりも多い可能性があります。

登録した直後にかなりの数の求人を紹介してもらうケースが多いので、すぐに転職したい人には特にオススメです。

リクルートエージェントの使い勝手はいい?サポートの充実さは?
転職業界ナンバーワン転職エージェント、リクルートエージェントの紹介です。業界ナンバーワンの求人数と、業界ナンバーワンの実績を持つ転職エージェントですから、利用者の幸せな転職をきっとアシストしてくれるはずです。

まとめ

今回の記事では40代で経理転職を考える人の為に、40代が転職で【意識するポイント】と【役立つ転職エージェント】についてご紹介しました。

40代は管理職的なポジションにつく人も多く、忙しく働く世代であるとも言えます。

このような40代が自力で転職活動をすると大変ですが、転職エージェントを使うと、効率的に転職活動ができます。

是非40代で経理転職を考えている人は、自分に合った転職エージェントを活用することをオススメします。

コメント