20代におすすめの転職サイト・転職エージェントランキング

年代別転職サイトランキング

20代の転職活動の成功の確率を上げるには、利用する転職サイト・エージェント選びがカギを握っています。

ここでよい転職サイト・エージェントを利用できないと、なかなか自分の希望の仕事が決まらない、仕事を紹介してもらえない…なんてことになり、気づけば転職活動が長期化、なんてことになりかねません。

また転職サービスの多くは年代ごとに強みがあるケースが多いです。20代の場合、20代の求人に力を入れている転職サイト・エージェントを利用しましょう。

今回は、20代にオススメの転職サイト・エージェントについて、徹底的に紹介していきます。

また各サービスの実際の利用者の口コミを徹底的に調査を行い、そこから実際の評判なども洗い出していきます。

この記事を監修した人 藤井佐和子
株式会社キャリエーラ 代表
キャリアアドバイザー
大手カメラメーカーにて3年半、その後、株式会社インテリジェンス(現パーソルキャリア)にて8年人材派遣、人材紹介部門のコンサルタント、営業、および各部門の立ち上げメンバーとして従事。
現在は、13,000人以上のカウンセリング、講演、企業研修、年間150以上、大学講師、執筆を行う。
主な著書:「受かる人はここが違う!履歴書・職務経歴書 採用される書き方」「受かる人はここが違う!転職面接 採用を勝ち取る技術」
どんな職場でも求められる人になるためにいますぐはじめる47のこと」他10冊以上

目次

20代転職にオススメの転職サイト・エージェント【最新人気ランキング】

20代の転職活動では、転職エージェントを利用しての転職活動がおススメです。

そこでここでは、20代での転職にピッタリに転職エージェントをランキング形式でご紹介していきます。

20代転職にオススメの転職エージェントランキング!

  1. リクルートエージェント
  2. doda転職エージェント
  3. マイナビエージェント
  4. パソナキャリア
  5. マイナビジョブ20’s

各転職エージェントの特徴や、実際に利用した人の口コミから見る評判なども併せてご紹介していきます。

①位リクルートエージェント

求人数約20万件
対象エリア全国
総合評価5.0
スタッフの質5.0
地方求人4.5
  • 圧倒的な求人数
  • 独占求人数も多い
  • アドバイザーの対応が丁寧
  • 面接までの対策も充実

人材大手のリクルートが運営している転職エージェント『リクルートエージェント』は特に20代の転職サポートに特化したエージェントサービスです。

リクルートエージェントの最大の魅力は業界最大数を誇る求人数です。

このあとご紹介する20代の転職にオススメの各社エージェントの求人数と比較していきましょう。

サービス名公開求人数非公開求人数
リクルートエージェント97316件108,320件
パソナキャリア27380件約23000件
マイナビエージェント33000件17626件
doda転職エージェント約10万件

※2020年9月現在

上記の通り、doda転職エージェントは10万件、パソナキャリアとマイナビエージェントでは5万件ずつであるのに対し、リクルートエージェントは公開・非公開併せて20万件にも及ぶ求人数を誇ります。

他の転職エージェントよりも保有求人数が多いため、独占求人も多いことも特徴に上げられます。

各業界との繋がりも多く、リクルートでのみ求人を公開しているケースも多いです。

またキャリアアドバイザーの対応も丁寧と評判が高いのも魅力的。

20代の転職に強いからこそ、初めての転職活動であればとりあえず登録を行っても損はない転職エージェントでしょう。

どこの転職エージェントがいいか分からない…という人は、リクルートエージェントを利用しておけば間違いないでしょう。

リクルートエージェントの評判は下記の記事でも✓できます。

リクルートエージェントの評判は?口コミから見るメリット・デメリット・使い勝手を徹底解説!
転職業界ナンバーワン転職エージェント、リクルートエージェントの紹介です。業界ナンバーワンの求人数と、業界ナンバーワンの実績を持つ転職エージェントですから、利用者の幸せな転職をきっとアシストしてくれるはずです。

②doda転職エージェント

DODA

求人数約10万件
対象エリア全国
総合評価4.5
スタッフの質5.0
地方求人4.0
  • 取り扱い求人数が桁違い
  • エンジニア・技術職・営業の求人が多い
  • 面接対策などのエージェントサービスも手厚い
  • 年収査定やレジュメビルダーなど転職準備のコンテンツが充実
  • 転職フェアなども豊富

求人サイトとしてのイメージが強いdodaですが、実はエージェントサービスも展開しています。

求人数こそはリクルートエージェントに一歩及ばないものの、保有数は業界トップクラス、また加えて求人の質がいいことでも人気を集めています。

たくさんの求人に応募をして応募母数を増やすというよりは、質の高い求人に応募をしたい…という人にオススメの転職エージェントです。

20代向けの求人も豊富にあるため、納得がいく転職活動に臨むことができるでしょう。

また公式サイトのコンテンツでも、自分の市場での年収を診断できる『年収査定』やレジュメビルダ―など、自分自身の市場価値を図ることができるサービスも充実しています。

初めての転職活動だけど、質も妥協したくない!という人には、dodaの利用がおススメです。

dodaのエージェントは転職におススメのサービス!評判・口コミを徹底解説
転職サービスのdodaは、求人紹介だけでなく、プロのキャリアドバイザーの手厚いサポートを受けながら転職活動を行うことができる転職サイトです。 しかし実際に利用をするとなると、評判やメリット・デメリットなども気になりますよね。 そ...

③マイナビエージェント

求人数約10万件
対象エリア全国
総合評価4.0
スタッフの質4.5
地方求人4.0
  • キャリアアドバイザーが丁寧にサポートしてくれる
  • 非公開求人が多い
  • サービスが充実している
  • 20代など若者の転職に強い

人材大手のマイナビが提供するマイナビエージェントもオススメの転職エージェントです。

取り扱い求人数などは平均的ではあるものの、20代向けの求人数も多いので自分に合った求人を見つけやすいです。

またマイナビエージェントは自社内でもいくつかエージェントサービスを保有しています。

同じマイナビの『マイナビジョブ20’s』や、マイナビ新卒エージェント、各業界に特化したマイナビ薬剤師やマイナビDOCTORなど、多くのジャンルを取り扱っています。

そのため若手の就職・転職支援に精通していることから、転職のサポート体制も整っており手厚いサポートを受けやすい傾向にあります。

とにかく迷ったらマイナビエージェントの利用がおススメでしょう。

マイナビエージェントの使い勝手は?サポートの充実性は?
マイナビエージェントは実績のある、大手転職エージェント。キャリアコンサルタントの質も評判が高く、求人の数、質ともに優良です。

④パソナキャリア

パソナキャリア

求人数約10万件
対象エリア全国
総合評価4.0
スタッフの質4.5
地方求人3.0
  • 面接対策など丁寧なサポート体制が充実
  • 求人の質がいいためより良い環境も期待できる
  • 女性の転職サポート体制も整っている
  • アドバイザ―のレスポンスが早い

20代におすすめの転職エージェント、第4位はパソナが運営しているパソナキャリアです。

パソナキャリアは、派遣でも有名なパソナが提供している転職エージェントです。

パソナキャリアでは、女性の転職活動に強いことが特徴に上げられます。

派遣のパソナ自体が女性の利用者が多いことも影響していますが、それはパソナ本体が経営陣や管理職にも女性の割合が高いことから、女性の社会進出に力を入れている点も大きいでしょう。

そのため利用者の口コミでも、女性への転職サポートがとても手厚いと評判です。

総合転職エージェントではなんとなく思うようなサポートを受けられなかった…という人は、パソナキャリアでの転職活動を行うこともおススメです。

パソナキャリアの評判は?口コミを元にメリット・デメリット・使い勝手を徹底解説!
パソナキャリアを利用する前に、実際の評判や口コミも気になりますよね。 パソナキャリアのような転職エージェントの場合、求人の質だけでなく、キャリアアドバイザーの質なんかも気になるところです。 転職を成功させるには、良い転職サービス...

20代前半・後半に人気の転職エージェントランキング

ここまでは、20代に総合人気の転職エージェントランキングをご紹介してまいりました。

しかし20代は、転職市場でも非常に熱い年代です特に20代では前半と後半で利用すべきエージェントの傾向が大きく変わってきます。

そのためより20代の転職を成功させるには、自分の年代にあった転職サービスを利用することがカギとなってきます。

そこでここでは、20代前半と代後半の転職エージェントランキングをそれぞれ解説してまいります。

20代前半に人気の転職エージェントランキング

20代前半の場合、新卒で入社した会社を退職して間もないケースが多いです。

また世間的には就職したら3年は続けろ、という風潮が強い傾向にあります。

そのため20代前半ともなると忍耐力がない・なにかしらの欠陥があって転職をしているのではないかと懸念材料が派生してしまい、結果選考に通過しづらくなりやすいのです。

そこで20代前半では、第二新卒や若年層の就活支援に力を入れている転職エージェントを利用して、戦略的に活動を進めていくことが大切。

ポイントを踏まえた上で、20代前半に人気の転職エージェントランキングをご紹介していきます。

20代前半にオススメの転職エージェントランキング

  1. マイナビジョブ20’s
  2. dodaエージェント
  3. ハタラクティブ
  4. 第二新卒エージェントneo
  5. リクルートエージェント

20代前半にオススメ転職エージェント①マイナビジョブ20’s

求人数約1500件
対象エリア全国
総合評価5.0
スタッフの質5.0
地方求人4.5
  • 20代、第二新卒の求人が多い
  • 適性診断に基づいたキャリア面談を受けられる
  • マイナビグループならではの質の高い求人がある

20代前半にオススメの転職エージェント第一位は、人材大手のマイナビグループ「マイナビワークス」が運営している第二新卒向けの人材紹介サービス「マイナビジョブ20’s」です。

マイナビエージェントと異なるのは、第二新卒に特化しているという点です。

マイナビジョブ20’s第二新卒向けに特化した求人
マイナビエージェント20代~30代

若年層が利用すると、求人の申し込み資格をみたしているかどうかをチェックする必要がありますが、マイナビジョブ20’sを利用すれば第二新卒のみに絞った求人を紹介してもらうことができるため効率よく転職活動を進めることができます。

また第二新卒の転職支援体制も充実していることから、サポートも体制も質の良いサポートを受けることができます。

20代前半の初めての転職活動を行う人や、第二新卒枠で転職活動を進めていく人は、まずはマイナビジョブ20’sが間違いないです。

第二新卒転職に強いマイナビジョブ20'sの口コミでの評判はいい?
マイナビジョブ20'sを利用して転職するべきか否か、マイナビジョブ20's利用者の口コミから調べたい…。 今回は、そんな方に向けて今回、口コミや評判をもとに転職エージェントとしてマイナビジョブ20'sが使いやすいか否か、詳しく説明して...

②dodaエージェント

求人数約10万件
対象エリア全国
総合評価4.5
スタッフの質5.0
地方求人4.0
  • 取り扱い求人数が桁違い
  • エンジニア・技術職・営業の求人が多い
  • 面接対策などのエージェントサービスも手厚い
  • 年収査定やレジュメビルダーなど転職準備のコンテンツが充実
  • 転職フェアなども豊富

20代前半に人気の転職エージェントランキング2位は、大手転職サイトdodaが運営する『doda転職エージェント』です。

転職求人サイトとして有名なdodaですが、エージェントサービスでも人気を集めています。

特にdodaは20代向けの求人を多くカバーしているほか、取り扱い求人も大手企業からベンチャー企業と企業の規模もとても幅広くカバーされています。

求人数も多いため、自分の希望条件にあう求人も必ず見つかるでしょう。

1位のマイナビジョブ20’sとの併用での利用もオススメです。

③ハタラクティブ

求人数約10万件
対象エリア全国
総合評価4.0
スタッフの質4.0
地方求人4.0
  • 経歴に自信がなくても転職成功できる可能性が高い
  • アドバイザーのサポートが手厚い
  • LINEでのカウンセリングが可能

20代前半にオススメの転職エージェント第3位は、ハタラクティブです。

ハタラクティブは第二新卒や既卒の就職支援に特化しているエージェントサービスです。

そのため、利用のメインターゲットが20代前半となっています。第二新卒や未経験での正社員就職活動にもピッタリです。

既卒や第二新卒など、経歴に自信がない人に向けた求人を取り扱っているだけでなく、初めての就職・転職活動を行うひとでも自信をもって活動に取り組むことはできるように手厚いサポート体制が取られています。

経歴に自信がない…転職活動で何をすればいいのかわからない…という方には、ハタラクティブがおススメです。

ハタラクティブ評判の真相とは?口コミをもとにメリット・デメリットを徹底解説
ハタラクティブの利用時に気になることが、実際の利用者の評判ですよね。 評判を調べていても情報が煩雑していたりと、評判の本当のところがわかりにくいところがあります…。 今回は、ハタラクティブの評判の真相を解明するために、利用者の口...

④第二新卒エージェントneo

求人数約15000件
対象エリア全国
総合評価3.5
スタッフの質0.0
地方求人3.0
  • 第二新卒だけでなく既卒・フリーターの就職にも対応
  • 内定後のサポートもバッチリ
  • ブラック企業を徹底排除した体制

20代前半の第4位は、第二新卒エージェントneoです。

3位のハタラクティブと同じく、第二新卒に特化した転職エージェントサービスです。

第二新卒エージェントneoでは特に求人の質にもこだわっている傾向にあります。

そのため経歴に自信はないけど、就職する会社の質は諦めたくない…という方にもおすすめのサービスと言えるでしょう。

第二新卒エージェントneoの評判の真相を口コミから徹底解説!
第二新卒や既卒での就職活動を行う場合、通常の転職エージェントなどでの活動では、取り扱う求人の幅が多すぎてしまい効率的に進めにくいですよね。 そのため応募を行っても、『実は第二新卒は対象外であった』なんてことが発覚し、選考に申し込むこと...

⑤リクルートエージェント

求人数約20万件
対象エリア全国
総合評価5.0
スタッフの質5.0
地方求人4.5
  • 圧倒的な求人数
  • 独占求人数も多い
  • アドバイザーの対応が丁寧
  • 面接までの対策も充実

20代前半にオススメの転職エージェントランキング第5位は、人材大手のリクルートが運営するリクルートエージェントです。

リクルートエージェントのおすすめポイントは、何と言っても圧倒的な求人数と言えるでしょう。

競合の大手求人サイトでは約10万件程度の求人数であるのに対し、リクルートでは約20万件もの求人数を保有しています。

そのため、とにかく多くの求人をチェックしたい…!という人には登録をして損はない転職エージェントでしょう。

また大手として多くの支援実績を誇ります。これまでの支援実績を生かした手厚いサポートを受けることができるため、安心して任せられるのも嬉しいポイントです。

リクルートエージェントの評判は?口コミから見るメリット・デメリット・使い勝手を徹底解説!
転職業界ナンバーワン転職エージェント、リクルートエージェントの紹介です。業界ナンバーワンの求人数と、業界ナンバーワンの実績を持つ転職エージェントですから、利用者の幸せな転職をきっとアシストしてくれるはずです。

20代後半に人気の転職エージェントランキング

ここまでは20代前半にオススメの人気転職エージェントランキングをご紹介しました。

20代後半はまさに転職市場のピーク。新卒とは違いある程度キャリアを積みつつも、基本的な社会人スキルは身についている年代のため、企業からも求められる年代です。

またキャリアチェンジを行う人にもぴったりのタイミングです。

一見すると転職しやすいとも言えますが、利用するエージェントをしっかりと見極めないと、なかなか内定がもらえない…なんてことになりかねません。

そこで20代後半に人気の転職エージェントランキングを解説していきます。

20代後半に人気の転職エージェントランキング

  1. マイナビエージェント
  2. doda転職エージェントエージェント
  3. キャリトレ
  4. ビズリーチ

①マイナビエージェント

求人数約10万件
対象エリア全国
総合評価4.0
スタッフの質4.5
地方求人4.0
  • 20代、第二新卒の求人が多い
  • 適性診断に基づいたキャリア面談を受けられる
  • マイナビグループならではの質の高い求人がある

20代後半にオススメの転職エージェント、第一位は人材大手のマイナビが提供するマイナビエージェントがおススメです。

マイナビエージェントでは若手の転職支援が強い傾向があります。

そのため20代向けの求人も豊富のため、必ず自分に合った求人に巡り合えるでしょう。

取り扱われている企業は大手企業から波に乗っているベンチャー企業まで多岐にわたります。

特に20代後半は転職市場では一番熱い年代。いろいろな求人をチェックできるマイナビでより転職成功を目指すことがおススメです。

マイナビエージェントの使い勝手は?サポートの充実性は?
マイナビエージェントは実績のある、大手転職エージェント。キャリアコンサルタントの質も評判が高く、求人の数、質ともに優良です。

②doda転職エージェント

求人数約10万件
対象エリア全国
総合評価4.5
スタッフの質5.0
地方求人4.0
  • 取り扱い求人数が桁違い
  • エンジニア・技術職・営業の求人が多い
  • 面接対策などのエージェントサービスも手厚い
  • 年収査定やレジュメビルダーなど転職準備のコンテンツが充実
  • 転職フェアなども豊富

20代後半の転職にオススメの転職エージェント第2位は、これもまた人材大手のdodaが行っているエージェントサービス『doda転職エージェント』です。

20代後半ともなると、第二新卒や既卒での若手採用と違い、基本的な社会人スキルは身につけている人も多いです。若手優遇の求人よりは、前職でのキャリアを生かした転職活動を行い、より自分のキャリア・スキルアップをしたいという人も多いですよね。

エージェントサービス以外にも年収査定やレジュメビルダ―など、より転職活動をスムーズに進めるためのコンテンツが充実しているのも魅力的です。

経験をいかしたキャリアアップをしていきたいけど、自分の市場価値がイマイチ分からない…

なんて方にはぴったりの転職エージェントと言えるでしょう。

dodaは大手ゆえのカバーしている求人の幅の広さに加えて、求人の質も高いと評判です。

dodaのエージェントは転職におススメのサービス!評判・口コミを徹底解説
転職サービスのdodaは、求人紹介だけでなく、プロのキャリアドバイザーの手厚いサポートを受けながら転職活動を行うことができる転職サイトです。 しかし実際に利用をするとなると、評判やメリット・デメリットなども気になりますよね。 そ...

③キャリトレ

キャリトレ

求人数約10万件
対象エリア全国
総合評価5.0
スタッフの質5.0
地方求人4.0
  • レコメンド機能によるマッチング
  • 若年層への転職サポートが手厚い
  • プラチナスカウトという面談確約スカウトがある
  • 求人の質が高い
  • 毎日の空き時間で転職活動が進む

キャリトレは、若年層の優秀層の転職マッチングアプリです。

20代後半ともなると、第二新卒向けなど若さ重視という求人よりは、よりキャリアアップを目指した転職活動を進めたいという人も多いですよね。

そこでキャリトレがおススメです。

キャリトレは、優秀な人材が欲しい優良企業と、人材を結ぶマッチングアプリです。

マイナビやdodaのように専任の担当者がついて求人紹介を受けるのではなく、次々と表示される企業とのマッチで求人を探したり、企業側からスカウトがきて選考に進むという活動スタイルです。

そのためよりハイレベルな転職活動行いたい・キャリアアップを目指したいという20代にはキャリトレがおススメです。

キャリトレの口コミ・評判サービス内容はどうなのか?求人、サポート内容も調査
AIのレコメンドなど、独自のサービスを展開しているのが、この「キャリアトレック」です。利用し続ければ続けるほど精度の上がるレコメンド機能、上手に活用してください。

④ビズリーチ

ビズリーチ

求人数約10万件
対象エリア全国
総合評価5.0
スタッフの質5.0
地方求人4.0
  • 高年収やハイクラスの求人を見つけやすい
  • ヘッドハンターの質が高い
  • 自分の市場価値を知ることができる

キャリトレよりもさらに年齢層が上であったり、ハイクラスな求人を見つけたいのであれば、ビズリーチがおススメです。

「君!こんな人材どこで?!」「ビズリ――チ!!」のCMでも話題ですよね。

ビズリーチは即戦力となる人材を紹介する求人アプリで、企業も優良企業や上場企業などハイクラスな多いことが魅力的です。

またキャリトレとビズリーチは運営元が同じですがキャリトレが20代向けであるのに対し、ビズリーチは30代~40代が主なターゲットと層となります。

20代半ばではあまり求人が見つけづらいかもしれませんが、20才後半になるにつれて求人数も増えてきます。

将来的にキャリアアップを考えている人は、よりハイクラスな求人をめざしてビズリーチを利用することもおススメでしょう。

ビズリーチの評判を徹底解説!メリットデメリットや口コミもご紹介
『即戦力!』というCMでも話題のビズリーチ、高年収や役員向けの求人に特化した転職サービスですが、本当にハイクラスな求人が見つかるのだろうか?と、評判が気になりますよね。 そこで今回は、ハイクラス向けの転職求人サービスのビズリーチの評判...

20代では目的にあった転職エージェントを活用することがおすすめ

20代での転職となると、20代前半・後半に業種に特化したタイプのサービス、第二新卒やフリーター向けのサイトによりキャリアアップを狙ったハイクラス向けの転職支援サイトなど。

他の年代と比べても転職サービスの内容も多岐にわたります。

そのため20代での転職活動を成功させるには、自分の状況や目的に合致した転職サービスを利用することが大切です。

そこでここでは悩み・目的別の転職サービスをご紹介していきます。

学歴に自信がない・第二新卒なら

第二新卒やフリーターからの就職となると、総合転職エージェントでは少数派になってしまい、満足のいく求人数が確保されていないことが多いです。

特に何も明記されておらず、応募したら実は正社員での経験ありが条件だった…なんてことも。

そこで第二新卒などに特化した転職エージェントを利用が大切です。

応募条件を満たしているので、すぐに選考スタートができます。

ここでは学歴に自信がない人や初めての就職活動を行う人・第二新卒向けの転職支援サービスを紹介していきます。

  • ハタラクティブ
  • りくらく
第二新卒がやばいといわれるワケとは?転職市場で成功するコツ
第二新卒と聞くと、予測変換にやばいって出てきます。実際SNSなどの反応を見ても「第二新卒ってやばい」「オワタ」なんて書き込みもちらほら見かけます。 ネガティブなイメージが強い第二新卒ですが、なぜここまでにも「第二新卒はやばい」なんて言...

ハタラクティブ

  • 経歴に自信がなくても転職成功できる可能性が高い
  • アドバイザーのサポートが手厚い
  • LINEでのカウンセリングが可能

ハタラクティブは、20代のフリーターや既卒からの未経験からの正社員就職や、第二新卒での初めての転職活動を行うひとにオススメの転職エージェントです。

未経験からの正社員就職を得意としているため、これまで正社員として働いたことが無いけど、そろそろ就職をしてしっかりとした職に就きたい…という方にオススメのサービスです。

またエージェントサービスもサービスが手厚いと評判のため、正社員就職を目指したいけど、なにから始めればいいかわからない…という方はハタラクティブの活用をオススメです。

ハタラクティブ評判の真相とは?口コミをもとにメリット・デメリットを徹底解説
ハタラクティブの利用時に気になることが、実際の利用者の評判ですよね。 評判を調べていても情報が煩雑していたりと、評判の本当のところがわかりにくいところがあります…。 今回は、ハタラクティブの評判の真相を解明するために、利用者の口...

リクらく

  • フリーター、第二新卒など若手の求人に強い
  • 採用後のアフターフォローもばっちり
  • 中小のエージェントだからこそ大手よりサービスが手厚い

リクらくも第二新卒やフリーターの就職活動にオススメの転職サイトです。

他社の転職エージェントに比べるとエージェント規模もあまり大きくない傾向にはありますが、その分一人一人に対するサポートが手厚いことでも人気を集めています。

また内定を獲得した後のサポート体制も充実しています。自信をもって入職できるように準備や対策を行ってもらえるため、初めての転職活動を行う20代でも安心して活動に打ち込むことができます。

リクらくの使い勝手はどう?転職サポートの充実さを口コミ・評判でチェック
第二新卒・フリーター、ひいては就業経験のないニートまで、職を探している若手のサポートに特化したエージェントサービスが「リクらく」です。 現在日本は慢性的な「人手不足」です。 さらに20代など若手が足りない状況。「若さ」という最強...

20代の転職時にはエージェントとサイトのW使いがおすすめ

20代の転職活動では、自分一人で求人を探して活動を進めていくよりも、エージェントサービスに登録を行って活動を進めていくことがおススメです。

しかしさらに転職サービスを円滑に進めていくのであれば、転職エージェントでサポートを受けながら、転職サイトで自分でも求人をチェックしていくことが大切です。

世の中にはたくさんの会社や職種がありますが、そのような情報収集も兼ねて転職サイトで活動することで、転職エージェントのコンサルタントに具体的な希望を伝えることが可能になります。

そこでここからは、20代にオススメの転職サイトをご紹介していきます。

  • リクナビNEXT
  • エン転職

リクナビNEXT

リクナビNEXT

求人数約10万件
対象エリア全国
総合評価5.0
スタッフの質5.0
地方求人4.0
  • 求人数が多い
  • 若年層向けの求人に強い
  • スカウトサービスがある

リクナビNEXTは、人材大手のリクルートが提供する転職求人サイトです。

とにかく求人数は国内最大級です。新着の求人数も毎日1000件もの追加がされるため、多くの求人をチェックしたい!という人はリクナビNEXTを登録しておけば間違いないでしょう。

またリクナビNEXTではスカウトサービスも存在します。

プロフィールを登録しておくと、それをみた企業からオファーが入ることもあります。多くは書類選考なしでいきなり担当者と面接となるケースもあるため、利用して損はないです。

迷ったらリクナビNEXT、で良いでしょう。

リクナビNEXTの口コミ・評判 サービス内容
リクナビNEXTは国内最大級の転職サイト。国内最大級がゆえ抱える求人数も膨大です。リクナビNEXTの、他にはないメリットとデメリットを調べてみることにしましょう。

エン転職

エン転職

求人数約10万件
対象エリア全国
総合評価4.0
スタッフの質3.5
地方求人4.0
  • 若手の求人に強い
  • 求人の情報で現場の雰囲気までわかる
  • 一人ひとりへのサポートが丁寧
  • スカウトメールを受け取れる

エン転職は20代の転職にオススメの転職サイトです。

エン転職は20代~30代前半の求人が強い傾向にあります。

現に、エン転職の登録者の7割は34才以下となっているのです。

またエン転職では、スタッフから見る求人の印象や、実際に求人先にインタビューした内容のコメントがチェックできるなど、ただ求人が紹介されているだけでなく、その+αの情報も充実しています。

筆者も現在エン転職を利用していますが、エン転職のスタッフによるコメントが知りたい情報をしっかりキャッチして紹介してくれるのがありがたいです。

スカウトサービスも充実しており、登録しているとちょくちょくスカウトが来ます。

自分で探すよりも結構な優良案件からスカウトが来たりもするため、試しに登録しておくか~というテンションでもおススメの求人サービスです。

エン転職の口コミ・評判 サービス内容
大手転職サイト、エン転職のメリット・デメリット、サービスまで説明したページです。業界最大手のリクルートにはかなわないものの、エン転職もかなり大きく、使いやすいサイトとなっています。

20代転職では転職エージェントを活用した方がいいのか

20代が転職活動を行う際には、転職エージェントを利用することがおススメとご紹介しました。

しかし転職活動行っていくのであれば、自分で求人サイトから条件をチェックして、自分に合った求人に申し込んだ方が効率も良さそうですよね。

それではなぜ20代の転職活動ではエージェントを利用し方がいいのか、ポイントは5つあります。

解説していきます。

  • そもそも選考通過率がいい
  • フィルターにかけられて選考に落とされやすい
  • 企業へのやりとりを代行してもらえるので自分の時間を確保しやすい
  • 内定後の交渉などもエージェントにお願いできる
  • 書類の添削や面接対策を行って貰える

自分に合う求人の紹介が受けられる

転職エージェントには、一般に出ていない求人があります。

自分の要望をキャリアアドバイザーに細かく伝えることで、自分では見つけることが出来ない求人と出会うことが可能になります。

求人への応募にあたり、担当のキャリアアドバイザーが悩みや経歴のヒアリングを行い、利用者にあった求人を紹介します。

自分の力だけで選考通過が難しい

自分一人で転職活動を進めていくと、活動に限界が生じてしまいます。

30代・40代の場合、転職ではその人のキャリア重視で選考が進められていきます。

一方で20代の場合、まだ社会に出て間もないケースが多く、重視できるほどのキャリアもないことが多いでしょう。

そのため同じ年代の求職者が選考に来た場合、どうしても判断基準が最終学歴や前職の会社の規模感で判断をせざるを得なくなってしまいます。

また応募者が多くなる企業になるほど、学歴フィルターなどでふるいにかけてしまうことも事実です。

そこで、自分の強みをよりプッシュして貰うためにもエージェントを利用することがカギとなります。

エージェントスタッフとのカウンセリングもあるため、自分の経歴だけでなく、強みも相談し、応募したい企業へプッシュしてもらうことが大切です。

その為にも、とくに20代での転職時では転職エージェントを利用することが大切となります。

企業へのやりとりを代行してもらえるので自分の時間を確保しやすい

転職エージェントでの利用のメリットには、担当のアドバイザーに企業とのやりとりを代行してもらえることです。

特に20代の転職の場合、応募数の母数を確保することが大切です。

そのため応募企業が増えれば増えるほど、各企業とのやりとりを自分で進めていかなくてはならず、その管理だけで多くの時間を要してしまいます。

しかし転職エージェントの場合、基本的に自分は企業とのやりとりを行わず、キャリアアドバイザーが代わりにすべての連絡の仲介を行います。

面接の日程調整など全て代わりに対応を行って貰えるため、自分は選考対策に集中することができるのです。

特に現職で働きながらの転職活動となると、日中は連絡に対応が難しかったりとなにかと不便なケースが起こってしまいます。

そこでエージェントに負担をしてもらえるのは転職エージェントを利用するおおきな強みと言えるでしょう。

内定後の交渉などもエージェントにお願いできる

エージェントの担当キャリアアドバイザーは、日時のやりとりを代行して貰えるだけではありません。

転職エージェントでは、内定後の交渉なども対応して貰えることが多いです。

個人での転職活動となると、なかなか面接を受けて、その後の条件交渉などを行って…となるとなかなか難しい所がありますよね。

とくにキャリアではなくポテンシャル採用となりやすい20代となると、自分から伝えることが難しいことも多いです。

しかし転職エージェントでは求人紹介だけでなく、内定後の条件も納得のいくようにしっかりと交渉を行って貰えます。

書類の添削や面接対策を行って貰える

転職エージェントでは、応募求人へ提出する書類の添削や、面接の対策なども対応して貰えます。

未経験からの正社員転職で、書類の正解がわからない…

自分流で書類選考はなんとか通過で着るけど、いつも初回の面接から先に進められない

そんな方でも手取り足取り、自信がつくまでしっかりと書類添削や面接指導を行って貰えます。

なかなか書類審査が通らない…面接でどう受け答えしていいかわからず苦労している…という方は転職エージェントで書類添削や面接対策などを行って貰うことがおススメです。

20代の転職で転職エージェントの利用時に心がけておきたいこと

20代の転職時には、転職エージェントを活用することが大切ということをご紹介しました。

確かに転職エージェントを利用して転職活動を進めていくことも大切ですがただ受け身ですべて鵜呑みにして活動を行うのは、あまりよろしくありません。

20代での転職エージェントを利用しての活動を行う際に、いくつか心がけておきたいポイントがあります。

転職エージェントを利用しているのに中々活動が進まない…なんてことにならないようにするためにも、転職エージェントを利用時に心がけておきたいポイントを紹介していきます。

  • 担当のコンサルタントの話をすべて鵜呑みはしない
  • 自分自身の転職に対する軸を明確にしておく
  • 年収や福利厚生など書面の条件だけで飛びつかない

担当のコンサルタントの話をすべて鵜呑みはしない

転職活動を進める場合、担当のアドバイザー・コンサルタントの話を鵜呑みしすぎないようにしましょう。

転職エージェントでの活動を進めていくとなると、どうしてもコンサルタントだよりとなってしまいがちです。

もちろんコンサルタントも業界動向をしっかりと把握した上でサポートを行っていますが、中にはあまり勉強をしていなかったり質の悪いコンサルタントにあたってしまうことも。

そうなってきてしまうと、仮にコンサルタントが間違っていたとしてもその間違いに気づくことができず、なかなか円滑に転職活動を進めていくことができなくなります。

その為にも、いろいろな人の意見を吸収したり、複数のエージェントを利用して活動を進めていくことが大切です。

自分自身の転職に対する軸を明確にしておく

転職活動を進めるにあたり、自分自身の転職の軸を明確にしておきましょう。

たとえば求人で絶対に譲れない条件や、やりたいことなどが明確になっていないと、エージェントとしても何を基準に求人を紹介すればいいのか判断が出来ません。

そのため、あまり応募者が少ない求人紹介をまわすしかなくなってしまう…なんてことになりかねません。

  • 何を目的として転職活動を行うのか
  • どんな企業で働きたいのか
  • 働く上で絶対に譲れないことは

などは、転職エージェントの面談前に自分の中で整理をしてまとめておきましょう。

求人紹介も認識のズレが起こりにくいうえ、自分の転職に対する温度感もしっかりとアピールできる場にもなります。

採用担当に魅力を伝える履歴書・職務経歴書の自己PRとは
採用担当者に正しくアピールするための、履歴書、職務経歴書の書き方について説明しています。そもそも、採用担当者が履歴書や職務経歴書を読んで、何を知りたいのか考えれば、自ずと答えが見えてくるはずです。

年収や福利厚生など書面の条件だけで飛びつかない

求人に応募する際は、年収や福利厚生だけで、安易に飛びつかないようにしましょう。

転職エージェント経由での求人応募となると、基本的にはその場で応募するかどうかの選択を迫られることが多いです。

そのため、書面上の条件だけで判断をしなくてはならず、どうしても福利厚生や年収と言ったところだけで判断をしがちになってしまいます。

出来れば、求人への応募前に企業を調べる時間を確保するようにしましょう。

福利厚生がよくても実は口コミがめちゃくちゃ悪かったり、離職率が高すぎたり、なんてケースも多いです。

もちろんいい求人はすぐに埋まってしまうため、エージェントとしても早めに決断をしてほしい、というのも事実です。

下調べを行う時間も大切ですが、判断の時間も長く取りすぎないようにしましょう。

転職の成功率を倍にする転職エージェント活用術
転職活動を成功させるには、やはり転職エージェントの活用が必須。ここで、転職エージェントの活用法を一緒におさらいしましょう。

20代での転職をより成功率を高めるには

20代での転職成功率を高めるには、自分の実年齢にあった転職支援サービスを利用することが大切です。

しかしランキング上位の転職エージェントをただ受け身で利用するだけでは、転職成功には近づけません。

そこで転職を成功させるためのコツを駆使して、活動を進めていくことが大切です。

  • 担当のスタッフに転職したい熱を伝える
  • 転職時期の希望はすぐにでもと伝える
  • 担当スタッフと合わないときは変更をしてもらう
  • 複数の転職エージェントを並行して活用する
  • 条件などの交渉は貪欲に行く

各ポイントをもう少し詳しく解説していきます。

担当のスタッフに転職したい熱を伝える

エージェントを利用するにあたり、転職への熱意を伝えることが大切です。

担当のスタッフは何人もの求職者を抱えていることになります。しかし中には「とりあえずエージェントに登録してみたけど、絶対転職したいわけではない」と言ったようなスタンスの人もいるでしょう。

そのような利用者の場合に求人紹介を行っても、仮に内定が出たとしても転職する気が無い可能性があります。

そのようなことが続いてしまうとエージェントとしてもサービスが成り立たなくなってしまうのです。

そこで自分は転職の意思があるということを伝えることが大切。

しっかりと自分の意思を伝え、よりよい求人を回してもらえるようにしていきましょう。

エージェントの利用期間には制約がある

多くの転職エージェントには、サービスの利用期間が3カ月間と制約があります。

この期間は、転職活動をスタートさせて内定を獲るまでの期間が、平均で3か月とされているためです。

そういった背景があるため、そもそも転職を急いでいない人はサービスの登録すら断られてしまう可能性があります。

転職時期の希望はすぐにでもと伝える

エージェントのアドバイザーと面談を行う際に、転職時期の希望をヒアリングされます。

その際は転職希望時期をすぐにでもと伝えるようにしましょう。

転職したい熱を伝える項目と若干被りますが、あまり転職を急いでいないと判断されると優先して案件を紹介してもらえない傾向にあります。

アドバイザーとしても、すぐにでも転職をしたいという人に優先して求人を紹介したいですし、求人を出す企業としても、少しでも早く人材を確保したいという背景があります。

そのため、良い案件もしっかりと紹介してもらえるように、転職希望時期はすぐにでもと伝えましょう。

担当スタッフと合わないときは変更をしてもらう

転職エージェントでの転職活動の成功には、自分の担当スタッフ(=キャリアアドバイザー、コンサルタントなど)との相性も重要です。

アドバイザーとの馬が合わないと、キャリア相談をしてもイマイチこちらの話を理解してもらえなかったりしてしまうこともあります。

そうなると意図しているような希望条件の求人を紹介してもらえなかったり、応募企業にプッシュしてもらう時もなぜか方向性にズレが生じてしまったりと、なかなかうまく選考が進まない…なんてことになってしまうことも。

あまり重視されていませんが、アドバイザーとの相性も転職エージェントの利用においては重要な役割を果たしているのです。

もしもアドバイザーとの面談の中でなんとなく合わないな…と感じる時は、担当アドバイザーを変更してもらいましょう。

基本的に担当変更は柔軟に対応をして貰えます。

複数の転職エージェントを並行して活用する

  • 転職活動のスピードをもっとあげたい
  • 納得のいく企業に転職して成功したい

このように、転職成功の確率をより高めたい・早く転職したいという場合は、複数の転職エージェント・転職サイトを並行して活動を進めていくことが大切です。

一つのサービスに依存することなく、転職エージェントの特徴に合わせて紹介してもらう求人の傾向を分散させることもお勧めです

しかし複数のサービスを並行して進めていくと、下記のようなメリットが生まれます。

  • チェックする求人の母数を増やすことができる
  • 業界の動向をなんとなく追える
  • 様々な意見や価値観を取りいれ、より客観的に活動を進めていける

ランキングで紹介している、各転職エージェントも、良い求人を保有していますし、アドバイザーの質も良いです。

しかし一つに固執をしてしまうと、どうしても考えが偏ってきてしまったり、することも事実です。

転職活動は自分の市場価値を把握しつつ、客観視しながら進めていくことが大切。

そのため並行していくつかの転職サービスを利用することで、より成功率を上げていきましょう。

オススメはエージェント2社・転職サイト2社

転職活動を成功させるには、複数のエージェント・サイトを並行して進めていくことが大切ということが分かりました。

それでは複数とは具体的にいくつのサービスを並行して利用すれば良いのでしょうか?

オススメは、エージェント2社・転職サイト2社です。

トータルで最大4社までに絞ることをおススメします。

4社を超えてくると、今度は自分が利用しているサービスの管理が行き届かなくなってしまった…なんてことになってしまいかねません。

企業への連絡を代行してもらい、自分の負担を軽減させているのにも関わらず、エージェントへの対応が立て込んでしまい、管理が出来なくなってしまったとなるとそれこそ本末転倒です。

そのため、転職エージェント2社・転職サイト2社を限度にして進めていくことがおススメです。

パターン例①

  • メインの転職エージェント:マイナビエージェント
  • サブで利用する転職エージェント:リクナビNEXT、キャリトレ

パターン例②

  • メインの転職エージェント:ハタラクティブ、
  • サブで利用する転職エージェント:doda、エン転職、マイナビ転職

条件などの交渉は貪欲に行く

転職エージェントを利用した場合、担当アドバイザーから求人紹介を受けたり、選考対策の面接練習や書類添削などを行ってもらうことができます。

しかしエージェントでは、内定後も自信をもって入社に臨めるように手厚いサポートを行って貰えることが多いです。

そのため、内定後の条件交渉なども対応して貰うことができます。

経験も浅いし、条件交渉なんて…と躊躇してしまうこともあるかもしれませんが、できるだけ納得して入社が出来るように、交渉を行って貰うことをおススメします。

20代の転職時に併せて活用したい転職サービスツール

どの転職エージェント・サイトを利用していくかを決めたら、次に併せて活用したいサービスをご紹介していきす。

転職エージェントや転職サイトでは、質の悪い求人は出来るだけ排除されてはいるものの、良くよく調べたらあまり口コミがよくなかった…なんてことも少なくありません。

エージェントに紹介してもらうのは良いですが、鵜呑みにするのではなく、自分でもしっかりと応募企業のことを調べて、活動を行うことが大切です。

企業のことをしっかりと調べることができると自然と面接などの選考の対策も行うことができるので、とても有効な作業と言えるでしょう。

ここでは中でも特にたつ3種類のサービスをご紹介していきます。

  • VORKERS
  • ミイダス
  • 転職会議

各サービスについてご紹介していきます。

openwork

その企業で実際に働いていた人の口コミをチェックすることができる『openwork』がおススメです。

Vorkersと言えば、聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

  • 組織体制・企業文化
  • 入社後のギャップ
  • ワークライフバランス
  • 退職検討理由

などの9つの項目ごとの口コミをチェックすることができます。

実際に働いていた人の生の口コミであり、また更新頻度も高いため、比較的情報が新しいと言えます。

紹介された企業を応募するかどうかを一つの判断材料としてチェックするのもおすすめです。

転職経験がある筆者ですが、過去の転職時に当時働いていた企業の口コミをチェックしましたが

下記のような感想を感じました。

  • 客観的により詳しく解説されているため、同じ社内の人が書き込んだということが分かる
  • ニッチな話題ほど誰が書いたかもわかりやすい
  • ネガティブな口コミは中には個人的な主観によるものも多い
  • 中には事実と異なることがかかれていたこともあった

このため、判断材料の一つとして利用するのには良いと思いますが、鵜呑みにしすぎるのはそれはそれで危険であると感じました。

ミイダス

ミイダスとは、自分のスペックはどの程度の市場価値があるのかをチェックすることができるツールです。

現在の就職状況や学歴・前職での年収・スキルなどの入力行い、統計学的にみる市場価値(年収チェック)を行うことができます。

特に初めての転職活動の場合、1社目で働いていた時の年収だけでは自分にどのくらいの市場価値があるのかを判断しづらいですよね。

そこでミイダスで質問に答えていくことで一般的な数字をチェックすることができるのです。

転職エージェントでは自分のことを低く評価されたけど、一般的にはこの評価ってどうなんだろうか…と不安になった時でも、併せて使ってみると良いでしょう。

転職会議

転職会議も、その企業の口コミをチェックすることができる口コミサイトです。

20代の口コミ多い傾向にあるので、より同年代の口コミをチェックしたい…!という人にはぴったりりのサービスと言えるでしょう。

また同じ口コミサイトでも、転職会議とopenworkでは書き込まれている口コミの内容が全く違う、なんてこともあります。

転職会議では20代の口コミで割とネガティブなものが多かったけど、openworkでは年齢層が高くてなんとなく内容が薄っぺらいな…なんて考え方もできますよね。

一つの判断基準として利用するのにも効果的なので併せて活用して見て下さい。

20代転職にはエージェントの利用が必要不可欠

今回は20代の転職活動にオススメの転職エージェントを、20代の総合ランキング・20代前半後半に分けた転職エージェントランキングをご紹介してまいりました。

あらためて内容を振り返っていきましょう。

20代転職にオススメの転職サイト・エージェント20代前半・後半に人気の転職エージェント20代後半に人気の転職エージェントランキング
①位リクルートエージェント
②doda転職エージェント
③マイナビエージェント
④パソナキャリア
①マイナビジョブ20’s
②dodaエージェント
③ハタラクティブ
④第二新卒エージェントneo
⑤リクルートエージェント
①マイナビエージェント
②doda転職エージェント
③キャリトレ
④ビズリーチ

上記のようなランキング結果となりました。

20代での転職活動では転職エージェントを利用して、プロの力を借りながら転職活動を進めていくことが大切です。

しかしたしかにエージェントスタッフは優秀ですが、ただ言われたことを受け身でやっているだけでは転職活動は成功することができません。

今回ご紹介した20代の転職活動を成功させるコツなどを駆使していきながら進めていくことが大切です。

しっかりポイントを抑えて、20代の転職活動を成功させましょう。

貴方の転職活動が成功することを願います。

本当にオススメの稼げる資格ランキング!給料が多い仕事に就きたいなら資格取得だけが選択肢ではない!
「稼げる資格って何があるの?」 「給料が多い仕事がしたい」 このように、給料が多い仕事にはどんなものがあるのか気になっていませんか? 年収1,000万円を超えるような仕事には、たとえば医師や弁護士など、難易度の高い国家資格を必...
20代男女の平均年収、手取り事情!年収300万円の20代はどんな生活をしているのか
日々会社で働く20代男女。 まだ働き始めた20代前半ならいざしらず、20代も後半になれば、それなりに年収が上がってきた頃合いではないでしょうか。 さて、そんな20代男女は、平均してどれくらいの年収をもらっているのか? そし...

コメント