登録者数の多い人気の転職サイト
高年収求人数No.1!「ビズリーチ」
ビズリーチ
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
公開求人数
80,000件
非公開求人数
非公開
対応地域
全国+海外
対象属性
30~50代の男女
強い業種
全業種
年収UP率
90%以上
年収600万円以上を望む方からの支持率No.1のビズリーチ!他社サービスに比べスカウト機能が充実しており、ハイクラス求人数も業界イチです。
ビズリーチの無料登録へ
転職者が選ぶ顧客満足度1位の「マイナビエージェント」
doda
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
公開求人数
15,492
非公開求人数
17,846
対応地域
全国
対象属性
20~30代の男女
強い業種
全業種
年収UP率
非公開
求人数は業界ナンバーワン!また、「初めての転職」におすすめの転職サイトです。サポート体制に定評があり、サービス利用者の満足度も業界トップクラス!
マイナビエージェントの無料登録へ

休みが多い仕事って?どうすれば休みが多い仕事に就ける?

転職の悩み

誰しも休みが多い仕事で働きたいと思っているもの。

仕事で働くのと同時に、ある程度自分の趣味の時間も欲しいと思うのは当然のことだからです。

いくら給与が平均より高くとも、休みが少ないというだけで働きやすい仕事とは言えません。

友達に話を聞いても、なんだか「残業、休日出勤は当たり前」なんて雰囲気も漂っています。

具体的にどの仕事が「休みの多い仕事」なのか、そして何より休みの多い仕事で働くためにはどうすればいいのか。

今回は休みの多い仕事について詳しく調べていくことにしましょう。

休みが多い仕事はどれ?

具体的に、どの仕事の休みが多いのか?

ここからは休みが多い仕事が多い業種を紹介していきます。

働く上での参考にしてください。

休みがない仕事で働くのは、単純に仕事する上で大きなストレスとなります。

製造業

自動車メーカーや食品、衣類、輸送機器などのメーカーでの製造業は、基本的に土日祝休みが基本です。

製造業はどれも、基本的にBtoBのビジネススタイルが基本。

それゆえ、企業都合で休めるため、土日祝休みが多いという休みが多い仕事なのです。

会社によっては、祝日が休みではないところもありますが、その場合はお盆休みや年末年始休みが長いなど、休みの調整が行われています。

厚生労働省の調査でも、有給休暇取得率が高いのは、多くが製造業の会社です。

土木作業員

建築関係や土木工事、それら様々な工事現場で働くのが土木作業員です。

作業員は基本的に雨の日は作業できませんし、寒さが厳しく雪が降りやすい地域は冬が休みになるところも。

土木作業員は基本的に身体のポテンシャルが整っていること前提の仕事です。

そのため、意外と休憩や休みが多く、働きやすい環境が整っていることが多いのです。

金融・保険関係

企業や一般市民のお金を扱う金融。保険関係の仕事も、基本的に休みは土日祝です。

銀行が、銀行法という法律で、土日祝と年末年始は必ず休むことが義務付けられているため、銀行に関わる保険や証券などの会社も土日祝休みです。

基本的に金融・保険関係の仕事はカレンダー通りの日程で、ゆっくり休むことができるのが基本です。

銀行員が、長い休みでゆっくり働いているのは、銀行法という法律があるからなのですね。

電気・ガス・熱供給・水道業

人間のライフラインである、電気やガス、地熱供給や水道行に関わるのが仕事。

こうしたライフラインに関わる仕事も、基本的に年間休日は120日以上。

さらに、電気・ガスなどライフライン供給に関わる仕事は他の仕事より有給休暇の取得率が高いのも特徴です。

いくら土日祝休みでも、有給休暇が一切取れないような会社は、とても休みが多い仕事とはいえません。

社員のためを思って、有給休暇を取りやすい工夫をしてくれている会社こそ、文句なしの休みが多い仕事なのです。

IT企業

IT企業の出している求人を見ればわかりますが、基本的にどの会社も「土日祝休み」を設定しています。

IT企業と言ってもその職種は広く、ネットワークに関わるエンジニアから、PCのハード・ソフトに関わるエンジニアなど様々です。

しかしIT企業は格差も広く、下請けのSIerはサービス残業当たり前、土日出勤の企業も隠れているのでしっかり見極めが必要になってきます。

休みが取りにくい、残業が多いなど俗に言うブラック企業が多いのも、またこのIT業界なのです。

実際にブラック企業に就職してしまうと、抜け出すのはなかなか困難になります。

事前にしっかりブラック企業を見極める必要があります。

働かずしてブラック企業を見極める方法
ブラック企業に一度入社してしまうと、そこから抜け出すのはかなり難しくなります。できれば、働き始める前に、ブラック企業を見抜いて、入社しないようにしましょう。

転職エージェント

人材紹介業、俗に言う転職エージェントも基本的に土日祝休みで、年間休日120日以上のところが多いです。

しかし人材紹介業は、BtoB、BtoCいずれの要素も含むため、よきせぬトラブルや、不意に求職者と面談の予定が入るなど、残業も多い職種です。

転職エージェントは近年とても多くなっています。

最近できたばかりの転職エージェントは、まだまだ登録者が少ないこともあり、社員に過重労働を求めます。

そのため、自動的に休みが少なくなってしまうことに注意しておきましょう。

昔からある大手人材紹介業で働くのが、一番安心です。

自営業

当然ですが、自営業は休みが多いです。

というより、休みを自由に決めることができます。

自分でサービスを営んでいる人、お店を経営している人など様々ですが、自分が決めた日程、日数で休むことができるのが自営業の強みです。

とはいえ、それはきちんと収支が取れている人のみの話。

多くの自営業は自由なんて言いながら、年中働いている人が多いです。

自由さを求めるか、安定を求めるか、それが自営業か企業人か決めるポイントでもあります。

休みが多い仕事はどこを目安にみればいい?

休みが多い仕事はたしかに存在します。

そして実際多くの人が事実休みが多い仕事で働いています。

しかしあなたはどうでしょう?

あなた自身が現在休みが多い仕事についてないなら、しっかり休みが多い仕事を見極めていく必要があります。

どこをみれば休みが多いか少ないかわかるか、見極めるポイントを紹介します。

完全週休2日か?祝日も休み?

まず見ておきたいのは、週の休日設定です。

完全週休2日の会社を見つけることがまず第一です。

週休2日と完全週休2日、これらの会社は同じようで全然違います。

完全週休2日は、必ず週に2日の休みが取れる会社。

大して週休2日は、2日休める週が月に一度ある会社を指します。

ですが注意したいのは、完全週休2日でも必ず土日休めるとは限らないということ。

週のどこかとどこかの日合わせて2日休めるなんてケースもあるのです。

加えて、「祝日は休めるか」も大切です。

祝日休めるかどうかで、年間にして16日前後年間休日に差が出てきます。

この差はかなり大きいですよね。

年間休日120日か?

土日祝休みの企業なら、基本的に年間休日は120日くらいになります。

つまり年間休日がそれ以下の会社というのは、土日祝休みが取りにくいということ。

その分有給休暇が取りやすいのかもしれませんが、そこまではわかりませんよね。

事前に休みの設定をしっかり見定めておきましょう。

有給休暇が取りやすそうな会社か?

これは事前に見定めることが難しいですが、できれば「有給休暇消化率が高い会社」で働きたいです。

土日祝休かつ、有給休暇が取りやすい会社なら、文句なしで休みが多い仕事です。

なるべく事前にあの手この手でリサーチして、有給休暇率の高い仕事を探してください。

休みが多い仕事で働くには?

それでは休みが多い仕事を見つけたとして、その会社で働くにはどうすればいいか?

「この会社で働きたい」と言えば、誰でも自由に働けるとは思えませんが…?

働きやすい会社で働けるだけのスキルを身につける

まず、休みが多い仕事ということは、その企業の経営は安定しており「優良企業」であるということ。

そのような優良企業は、基本的にスキルの高い人しか採用されません。

そのため、休みが多い仕事で働くためには、その仕事につくにふさわしい「高いスキル」を身につける必要があります。

わかりやすいところで言えば「難関資格を取る」などしてください。

難しい仕事の経歴も、転職で役に立ちます。

しっかり事前に休みの多い仕事を見極める

上で紹介した「休みが多い仕事」の求人の特徴でも紹介したポイントを参考に、事前にしっかり求人を見定めるのも大切です。

休みが多い仕事があっても、その情報を素通りしてはいけません。

後でも説明しますが、転職エージェントを利用すればキャリアコンサルタントが求人の見定めを代行してくれます。

休みが多いことだけが幸せなのか?

ここで話題をひっくり返すようなことを言いますが、「果たして休みが多い仕事が幸せなのでしょうか?」。

確かに休みが多い仕事は魅力的です。

休みが多いということは、それだけ自分の自由な時間が増えます。

自分の時間が多ければ、その分自分のスキルアップにもつなげることができるのです。

しかし、「休み」一辺倒で仕事を探していると、自分の希望とは逸れた仕事についてしまうという、「転職のミスマッチ」が起こりかねないのです。

ここでもう一度、「幸せな働き方」について考えておきましょう。

給与と勤務時間のバランスが大切

「何時間働いているか」という勤務時間、それに「いくらもらっているか」という給与のバランスが大切なのです。

働いている時間に見合っているだけの給与がもらえているか、自分のあげた成果をしっかり会社に評価された実感を得られているか、それが大切です。

どれだけ大きな成果を仕事で上げたとしても、その成果が給与に結びつかないとしたら、それは幸せな働き方とは言えません。

仕事のやりがいも

仕事内容も大切です。

いくら休みが多くとも、いくら給与が多くとも、その仕事内容が自分の納得いかないものなら、それは幸せな働き方とは言えません。

言うまでもなく、反社会的な仕事なら、仕事で社会への貢献を感じられないこともあり、仕事で幸せを感じることはできませんよね。

休みが多い仕事と少ない仕事にはこんな差が

休みが多い仕事と休みが少ない仕事、そこにはとても大きな隔たりがあります。

例えば、先程紹介したような休みが多い仕事と少ない仕事の休日差は、なんと最大44日にもなります。

一ヶ月半も休みに差が出るのは驚きですよね。

休みの少ない職種は?

休みが少ない職種は、やはり「サービス業」が多いです。

例えば美容師やエステティシャンなど美容業界で働く仕事。

または調理スタッフなどは、年間休日が100日にも満たないことも。

サービス業は、一般的に休みとされている時こそ働かなければいけない仕事が多いです。

そのため、自動的に休みが圧迫されて数が減ってしまうというわけです。

休みが多い仕事を探すなら転職エージェントで

休みが多い仕事を効率よく見つけたいなら、「転職エージェント」を活用してください。

転職エージェントにはキャリアコンサルタントがおり、求職者が今どんな仕事を探しているのか、その要望に沿って仕事を紹介シてくれます。

キャリアコンサルタントは仕事探しのプロです。

キャリアコンサルタントに「休みが少ない仕事」を希望するだけで、ばっちりその要望通りの仕事を見つけてきてくれるはずです。

具体的に、要望通りの仕事を見つけてきてくれるキャリアコンサルタントがいる転職エージェントを紹介します。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、リクルートが運営する転職エージェント業界最大手のエージェントです。

その扱う求人数はおびただしく、他の追随も許さないほど。

そうした背景もあり、利用者を転職に導いた実績も多いので、おすすめの転職エージェントなのです。

キャリアコンサルタントの教育も、成功実績に基づいてしっかりとなされています。

リクルートエージェントの評判は?口コミから見るメリット・デメリット・使い勝手を徹底解説!
転職業界ナンバーワン転職エージェント、リクルートエージェントの紹介です。業界ナンバーワンの求人数と、業界ナンバーワンの実績を持つ転職エージェントですから、利用者の幸せな転職をきっとアシストしてくれるはずです。

dodaエージェント

dodaエージェントは、業界二位をほこる転職エージェント。

リクルートエージェントほどではないにせよ、dodaエージェントも多くの求人を取り扱っています。

また、リクルートエージェントを完全にライバル視していることもあり、リクルートエージェントよりもスピーディで手厚いサービスを心がけています。

そのため、利用者の要望になるべく沿った形で求人を紹介してくれること請け合いです。

dodaのエージェントは転職におススメのサービス!評判・口コミを徹底解説
転職サービスのdodaは、求人紹介だけでなく、プロのキャリアドバイザーの手厚いサポートを受けながら転職活動を行うことができる転職サイトです。 しかし実際に利用をするとなると、評判やメリット・デメリットなども気になりますよね。 そ...

休みが多い仕事 まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、皆が憧れる「休みが多い仕事」について説明しました。

休みが多い仕事というのはつまり、労働条件が良い仕事ということ。

労働条件が良い仕事は、それだけ多くの人が求人に申し込むため、競争率が激しくなります。

転職する時は、しっかり準備の上、転職活動を行ってください。

コメント