登録者数の多い人気の転職サイト
高年収求人数No.1!「ビズリーチ」
ビズリーチ
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
公開求人数
80,000件
非公開求人数
非公開
対応地域
全国+海外
対象属性
30~50代の男女
強い業種
全業種
年収UP率
90%以上
年収600万円以上を望む方からの支持率No.1のビズリーチ!他社サービスに比べスカウト機能が充実しており、ハイクラス求人数も業界イチです。
ビズリーチの無料登録へ
転職者が選ぶ顧客満足度1位の「doda」
doda
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
公開求人数
77,778件
非公開求人数
61,365件
対応地域
全国+海外
対象属性
20~50代の男女
強い業種
全業種
年収UP率
非公開
求人数は業界ナンバーワン!また、「初めての転職」におすすめの転職サイトです。サポート体制に定評があり、サービス利用者の満足度も業界トップクラス!
dodaの無料登録へ

「やりたい仕事が見つからない」方がやるべ5つのこと

転職コラム

現在転職活動を行っている中には、「やりたい仕事が見つからない」なんて方も多いでしょう。

「やりたい仕事はなんですか?」という問いかけ、ずばり答えるのは意外と難しいものです。

出てくる答えで結構多いのが、「今探しています」「まだ見つかってないです」などというもの。

しかし当然ですが、転職活動において「やりたい仕事が見つからない」なんてふわっとした状態ではうまくいくはずもありません。

自分の望む条件で転職するためには、「自分はこれができて、この仕事をしたい」という確固たる思いと熱意がないと、希望通りの転職はできません。

少しの思い違いですぐ破綻してしまう転職活動。

転職活動を成功させるためにも、今あなたが一番やりたい仕事がなにか、今の自分ができることはなにか、しっかり考えていきましょう。

やりたい仕事をみつけるためにやるべき5つのこと

やりたい仕事が見つからない時、じぶんがやりたい仕事を見つけるためには何ができるか。

やりたい仕事が見つからないと思った時、あなたがやりたい仕事を見つけるためにやるべき事を5つほど紹介していきたいと思います。

もちろんこれ以外にもどんどんやるべきですが、簡単で誰でもやりやすい「見つけ方」を簡単に紹介していきたいと思います。

1.過去自分が褒められた経験から見つける

過去あなたが人から褒められたことでやる仕事を考えるのも一つの手です。

褒められたということは、あなたはそれに向いているということ。

才能があるということはつまり「仕事するのに向いている」ということです。

仕事するのに向いているということは、あなたがその仕事に就いた時必ずや会社にとっての成功を収めることができるはず。

接客業の経験、PC作業の経験、力仕事の経験、それぞれの仕事でもし過去褒められた経験があるなら、そこから何かできる仕事がないか考えてみるのも良いでしょう。

この褒められたことスタートで仕事を考えるメリットはやはり、ある程度自分に適正がある仕事を選んで働けることです。

褒められた仕事ということは、その後もある程度の努力で自ずと仕事が身についていき、それが自分自信になり、後天的に自分のやりたい仕事になっていくでしょう。

2.自分の「好き」から考える

過去自分がやった仕事の中で、自分が胸を張って「好き」だと言える仕事も貴重です。

「才能がある」という言葉がありますが、あの言葉の正体はそのことを「好きかどうか」で決まります。

好きな仕事、才能がある仕事に自分がつけば、その仕事が自ずと「自分がやりたい仕事」になっていくはず。

先程説明した「褒められた仕事」で仕事を見つけるのと少し似ていますが、自分の過去から自分のやりたい仕事を見つけるのはやはり効率的です。

仕事はその後の人生ずっと付き合っていくもの。

仕事は「自分でもできそう」から簡単に飛びつくとミスマッチが起きて、すぐ不満を持って辞めてしまいかねません。

3.未来から逆算して考える

ここまで「過去から自分のやりたい仕事を見つける」という方向で説明しましたが、次は逆に未来から逆算して自分のやりたい仕事を見つけてみましょう。

「自分は将来どうなっていたいか」を考えて、そのゴールから逆算して自分のやりたい仕事を見つけるのも一つの手です。

例えば自分が将来海外で働きたいと思っているなら、日本事業だけで終わっている会社で働くのはあまりにも効率が悪いです。

それこそ外資系企業で働いたり、海外発展に意欲的な会社で働くべきでしょう。

このように、自分が5年後10年後どうなっていたいのか。

その理想像に到るためには、どのような仕事に就くべきなのか。

未来を思い描いて、そこから自分がやりたい仕事を見つけてみるのはいかがでしょうか。

4.消去法で考える

消去法で考えて、自分のやりたい仕事を見つけるのも良いでしょう。

これは、「自分が何をやりたいか」ではなく、逆に「自分が何をやりたくないか」を考えて、自分にあった仕事を見つけていくというもの。

自分がやりたくない仕事を考えていけば、自ずと自分のやりたい仕事が見えてくるというもの。

つきつめれば、一番自分がやりたくない仕事が、あなたにとって一番やりたい仕事のはず。

あなたは今「自分が何を一番やりたいか」ばかり考えて頭がまわらない状態です。

そうではなく、今度は「自分が一番何をやりたくないか」を考えて仕事を決めてみましょう。

5.就職イベント、転職イベントで見つけてみる

たくさんの仕事から自分の仕事を考える時に役立つのが、「就職セミナー」「転職セミナー」です。

セミナーにはたくさんの企業の採用担当が来て、自社をアピールします。

その中で自分にあった仕事ができそうな会社を見つけられるかもしれません。

また後でも話しますが、あなたが「自分のやりたい仕事が見つからない」のは、あなたが単純にこの世界にはどんな仕事があるのか知らないだけかもしれません。

まずは、世の中にはどんな仕事があるのかを知って、その中で自分のやりたい仕事を見つけていきましょう。

あなたがやりたい仕事が見つからないのは「知らない」だけかも

あなたが「やりたい仕事見つからない」原因は、あなたが悪いのでなく、単純にあなたがやりたい仕事になるかもしれない仕事を知らないだけかもしれません。

どんな仕事があるのか知らなければ、そもそも「どんな仕事を自分がやりたいのか」まで頭が回らないでしょう。

どんな仕事があるのか知るには、先程も書いたようにセミナーに参加すること、転職や就職のキャリアアドバイザーに相談するなどがおすすめです。

あなたは現在、「自分のこと」もわかってないですし、「自分以外の仕事のこと」もわかってない状況なのです。

自分の今後の未来についてわからないことがあるときは、いつだってまず「知る」ことが大切です。

私の好きな武田信玄の言葉に、「敵を知り己を知れば百戦殆うからず」というものがあります。

今後の自分を考えていきたいなら、まず最初に「知識を集める」ことです。

「転職」という行動のアウトプットを行うには、まず様々な情報のインプットからはじめませんか?

やりたい仕事が見つからないのはあなたの「後ろ向きな気持ち」の表れかも

「やりたい仕事が見つからない」という状況は、あなた自身の後ろ向きな気持ちの表れです。

もっと前向きに転職活動、就職活動に臨んでいれば、もっとポジティブな気持ちをもって行動できているはずなのです。

具体的にあなたがどのようにネガティブマインドに侵されているか、少し考えてみたいと思います。

どうせだめだの気持ちでやりたい仕事がわからない

何か新しく仕事に向かう時に、「どうせダメだ」という気持ちにがんじがらめになっていると、結果的に「やりたい仕事が見つからない」ということになりかねないのです。

本当は自分にとってやりたい仕事、向いている仕事が少しでも見えているのに、「うまくいかない」気がしているのでチャレンジできない状況です。

これはなかなか難しい問題です。

「自信を持て」と人から言われてもそう簡単にできるものでもないですし、「やってみたらいいじゃん」なんて言われても、自分ができないと思ってるんだから仕方ない。

これをクリアには、少しずつ「やってみる」しかないでしょうか。

過去やってみたことで全部うまくいってない人なんていません。

徐々に課題をクリアしていって、段々とゲームの難易度を上げていくイメージでがんばれば、いずれ難しい仕事でもクリアできる人間になっているはずです。

自信があればなんだってやりたい仕事になります

自信がないことで、自分のやりたい仕事が見つからない状況になってしまっている方は、一度自信を身に着けさえしたら一気に世界は生きやすくなるはずです。

自分はなんだってできるという自信が身につけば、数多の仕事が、自分のやりたい仕事ばかりになるはずです。

仕事を探すときに、「自信を身につける」というタームから仕事を探してみませんか?

大事なのは「やりたい仕事」よりも仕事が楽しくなる職場

あなたは今、仕事を探す上において、「仕事内容」を重要視して仕事を探しているでしょう。

ですが私は個人的に、いい仕事というのは実は、「仕事内容」より「いい職場」が決め手ではないかと思っています。

「自分のやりたい仕事でバリバリ働く」ことばかり考えるのではなく、「自分が楽しく仕事できる環境でバリバリ働く」も考えてみましょう。

仕事の楽しさは「必要とされるかどうか」

自分が働いていて楽しいと感じる職場というのは、「働いている自分が必要とされる職場」です。

働いている本人が、「自分はここで働いていいんだ」「必要とされているんだ」と思える場所こそ、いい職場なのです。

いい職場で働いていれば、自ずと自分の仕事が「自分のやりたい仕事」になっていくはずです。

そもそもホワイトな職場か

いくらやりがいがあって楽しい仕事でも職場がブラックならそれはいい職場とは言えません。

自分にあった仕事を見つけたと思っても、職場がいわゆるブラックな職場ではないか、もう一度調べてみてください。

やりたい仕事をみつける診断を受ける

やりたい仕事を見つけるのに苦労しているなら、診断で調べてみるのも手です。

ネットには、たくさんの「やりたい仕事を見つける診断」があります。

診断でそのものずばり、あなたの「やりたい仕事」が見つかる結果が提示されれば、これ以上仕事探しで迷うこともないのです。

私が個人的におすすめする診断をいくつか紹介します。

マイナビ転職ジョブリシャス診断

マイナビのジョブリシャス診断はおすすめです。

まずイラストを使っていて見やすいこと、質問内容がシンプルで答えやすいことなど、何よりとっつきやすさが一番の魅力です。

20の質問に答えると、27のジョブタイプに分類してもらうことができます。

まずはこの「ジョブリシャス診断」からはじめてみましょう。
マイナビ ジョブリシャス診断

就職こだわり診断

心理学のサイトが運営する「就職こだわり診断」もおすすめです。

EPPS性格診断という、心理学に基づいて自分の就職活動のこだわりを知ることができます。

自分でも気づいてない自分のこだわりを、この「就職こだわり診断」で調べてみましょう。
就職こだわり診断

バイトル 運命の質問30

適職診断ですが、この診断はバイトルが運営する「最適なバイトの診断」になります。

バイトではあるものの、30問という多めの質問に答えれば向き不向きを丁寧に教えてもらうことができるので、あなたの「自分のやりたい仕事」を見つける大きな助けになるはずです。

イラストもポップでかわいいですよね。
バイトル 運命の質問30

いろんな視点からやりたい仕事を探しましょう

きっと今あなたは、「仕事内容が楽しいか」とかそういう単調な視点で自分の仕事を考えているはず。

しかしそんな単純な目線では、自分にとって最適な仕事を見つけるのは難しいです。

もっといろんな視点から、自分にとってベストの、「やりたい仕事」を見つけましょう。

裁量権がある仕事か

アメリカの研究では、幸福感の高い仕事は自分で仕事を選ぶことができる「裁量権の高い仕事」だと言われています。

仕事が詰まっていて、自分が決められる要素が小さいとなると、それはいくら仕事していても楽しくありません。

いい職場、働きやすい職場を考える上において、「業務に裁量権はあるか」を考えてみてください。

私の仕事も割と自由な裁量権の高い仕事だと思いますが、やはり自分で決める分野が大きいほうが仕事していて楽しいですよ。

人間関係の風通し

人間関係はどうか、上司と部下の関係は風通しがいいかも、職場の良さを決める上で重要です。

といってもこれは、実際に入社して働いてみないとわからないことです。

事前に知るには、職場の内情に詳しいキャリアアドバイザーなどに相談するしかありません。

運の要素が大きい人間関係の問題。

できれば人間関係で悩まない職場で働けるようにしたいものです。

企業が成長しているかどうか

成長産業かどうか、企業が成長過程かどうかも重要です。

いくら仕事内容、職場環境などが魅力的でも、その企業が斜陽の売上、収益なら働かないほうがいいです。

目星をつけた会社が「長く収益を保っていられる、長く働ける会社かどうか」をよく調べてから、実際に入社を決めてください。

「やりたい仕事が見つからない」まとめ

今回は、「やりたい仕事が見つからない」と悩んでいる方のために考えました。

特に若い方を中心に「やりたい仕事が見つからない」と悩む人も多いですが、そんな気持ちで仕事しても職探しはうまくいきません。

早めに「自分は何がしたいか」「何ができるか」「何に向いているか」を決めるべきです。

新しい仕事に立ち向かえない要因の一つに、「当人の自信のなさ」があります。

他にもいくつか要因は思い当たるので、早めに原因を解明して、適職をズバッと見つけてしまいましょう。

「何がしたいかわからない」思いで進める転職活動は失敗する!どうすればやりたい事が見つかるのか
私はたまに、仕事がら「転職したい」と言っている人の相談を受けることがあります。 そして、そんな相談をする人の多くが、「転職したい」のと同時に「何がしたいかわからない」と言っているものです。 ですが、そんな「何がしたいかわからない...

コメント