どんな時に「保育士を辞めたい!」と思うのか?辞めたい時どうすればいいのか

辞めたい保育士 保育士のお悩み特集

保育士という職業は、決して良い環境で働ける職業ではありません。

現在働いている保育士さんの多くは、もう限界だ辞めたい!と思っています。

そんな多くの保育士を辞めたいと思わせる要因は何か。どんな時、保育士は辞めたいと感じるのか。

そして、辞めたいと思った時、保育士はどうすればいいのか。調べてみました。

どんな時「保育士を辞めたい」と感じるのか

過酷な仕事に翻弄される世の保育士たち。

保育士が辞めたいと思う瞬間を調べてみましょう。

給料が安い

保育士の話では定番です。

保育士は、他の仕事と比べるとかなり給与が低いです。資格必須で、仕事内容で責任が求められる仕事の割に、もらえる給与が少ない。

これでは、日々働く保育士が辞めたいと感じても致し方ないですよね。

仕事量が多い 重労働

仕事内容がきついと感じて、保育士を辞めたいと思う方も多いです。

朝早く保育園に来て、帰るのは夜遅く…そして残業代は出ない…。なんてことも珍しくありません。

家から近い保育園に通いたい保育士が多いのは、この仕事内容がきついからこそかもしれません。

人間関係

まだまだ保育士業界は女社会。そして女社会ゆえ、人間関係のトラブルも絶えません。

保育士同士のトラブルだけでなく、保育園に在籍している看護師や、栄養士とのトラブルも絶えず、保育士として働いていると人間関係の悩みから逃れることが出来なくなります。

人間の悩みは「お金」と「人間関係」が大部分を占めると言われていますが、保育士はこの両方を占めるというのだから辞めたいと思っても仕方ありませんね。

保護者からのクレーム

これも人間関係のトラブルに含まれる問題ですが、「保護者からのクレーム」も大きなストレス源です。

よくあるのが、子供が怪我してしまって、その親からクレームが入るパターン。

子供の対処と、保護者からのクレーム、どちらからも精神的に追い込まれた結果、もう限界だと感じてしまう人が多いのです。

基本的にギリギリの時間、精神状態で仕事している保育士。ここに保護者からのクレームという要素が加わってしまうと、もう立ち直ることはできません。

保育士の辞め方

それでは具体的に「保育士を辞めたい」と感じた方がどのようにやめればよいのか。

保育士の辞め方について調べていきましょう。どのように保育士を辞めれば、自分も周囲にも影響を及ばさずに済ませることができるか。調べてみましょう。

まず誰かに相談

「辞めたい」と思ったとしても、まずは一度立ち止まって、誰かに相談してください。

同僚や上司に相談することで、仕事関係の悩みは解決するかもしれません。友人に相談することで、プライベートの悩みを解決して、保育士として幸せに働き続けることができるかもしれません。

単純に、誰かに自分の悩みを打ち明けることによって、気がスッと楽になる可能性だってあります。ともあれ、一度誰かに相談してみるとをはじめの一歩としてください。

迷惑をかけたくないなら年度末に辞める

保育園にとっても、保護者にとっても一番迷惑がかからない転職時期は「年度末」です。

年度の途中に先生が辞めてしまうと、子どもたちも戸惑いますし、保育園で働いている保育士も困ります。

年度が切り替わるタイミングならば、保育士が辞めても保育園に与える影響度をかなり小さくできると言うわけです。

辞める理由に気をつける

ほとんどの保育士が抱く「辞めたいと思う理由」は同じ。「給与が安い」「人間関係が窮屈」「仕事がきつい」だとか、そんな理由でしょう。

しかし正直にそんな理由を言ってしまうのはあまりにも角が立ちます。もっと角の立たない、辞めやすい理由を伝えるようにしてください。

辞めやすい理由は主に、

  • 結婚・出産
  • 病気
  • 親の介護
  • 夢だった異業種への転職
  • などでしょう。

    「仕方ない」や「おめでとう」と言われる理由が辞めやすい理由として人気みたいですね。

    転職先を決めてから辞める

    辞めた後どうするかも重要です。

    保育士は仕事がきつく、在職中に転職活動がしにくいかもしれません。しかし、だとしても現職を辞めた後の自分のキャリア。自分の今後の人生についてよく考えておき、次の職場を見つけておくことが大切です。

    転職サイトの活用でもっと良い条件の転職を!

    「辞めたい」と感じている保育士がするべきなのは、まず「転職サイトや転職エージェントに登録すること」です。

    エージェントに在籍しているキャリアコンサルタントに相談して、今の職場の不満や、転職の希望を伝えることで、コンサルタントがぴったりの求人を提案してくれます。

    あとは自分がぴったりだと感じた求人へ申し込みを行って、採用試験を実際に受けてみることをおすすめします。

    エージェントに頼ることで、在職中でも効率的に転職活動を進めることができるはずです。

    コメント