ヤマハへ転職(中途採用)は可能か?年収はどの程度?

ヤマハ 有名企業への転職

ヤマハへの転職を希望する際、まず初めに気になるのは転職できるかどうかです。

募集している職種に自分の能力とマッチしたものがあるか、給与・年収は満足する額がもらえるか、福利厚生は充実しているか、といったことを確認して転職できるかを判断する必要があります。

そこで今回は、ヤマハへの転職を希望している人へ向けた情報を紹介します。

企業研究も兼ねた内容や、転職を成功させるためのおすすめの転職サイト・エージェントに関することも解説しています。

ヤマハの企業概要

ヤマハ株式会社は1897年に設立された、楽器や音響機器などを取り扱っている企業です。

業界内では特に規模の大きい企業で、音楽関係者以外も知っている有名な楽器ブランドとなっています。

また、音楽に関連する事業だけではなく、様々なジャンルの事業も展開されます。

事業内容

ヤマハにメイン事業は音楽・楽器に関連する製品を製造販売ですが、他にもいくつかの事業を展開しています。

ここからは、転職時の企業研究の一環として、代表的な事業3つを紹介します。

ヤマハ製品の販売

ヤマハでは過去の長い歴史で培われてきた技術・知識を基に洗練された楽器が多数販売されています。

取り扱っている楽器には、ピアノや管楽器などの昔からあるもの以外にも、先進技術を駆使した電子機器やハイブリット機器などもあります。

さらに、家庭用のオーディオ機器からコンサートホールやスタジオなどでも使える音響機器など、幅広いユーザーが使える機材まで取り扱っています。

また、これらの製品を販売するだけでなく、アフターケアまで行っているのがこの事業の特徴です。

英語教室の運営

ヤマハが設立した英語教室は、子ども達が歌やリズムに合わせて体を動かしながら英語を身につけられるところです。

ヤマハならではの英語を習得するコース以外にも、英語を楽しく身につけられるカリキュラムを実施しています。

現在では、ヤマハ音楽教室・ヤマハ大人の音楽レッスンの両方の運営が一般財団法人ヤマハ音楽振興会へ移管されました。

各種サービスの運営

楽器やオーディオ機器の販売以外にも、これらの企画展示やミニコンサートの開催、音楽指導者のための教育支援活動など様々なサービスをヤマハは運営しています。

さらに、音楽に関係した人たちをサポートするようなサービスも展開されます。

具体的には、MUSIC PAL 学校音楽教育支援サイトや音楽の街づくりプロジェクト、フィーリングクラブなどです。

トップのメッセージ、企業理念

ヤマハグループは「感動を・ともに・創る」をコーポレートスローガンとして掲げ、事業活動を通じて人々のこころ豊かな生活に貢献することを目指しています。

1887年の創業以来、「音・音楽」を中心とした多様な製品・サービスをご提供し、音楽・教育・文化に関連する幅広いニーズにお応えすることにより、さまざまな場面で感動が生まれるお手伝いをしてまいりました。

私たちが常に意識しているのは、長い歴史の中で培ってきた技術・ノウハウと感性を生かしながら情熱をもって挑戦し続けることで、お客様の期待を超える製品・サービスを提供し、お客様にとっての感動を創ることです。

そのために、私たちはお客様一人ひとりと真摯に向き合い、お客様の目線を大切にしています。

2019年3月までの中期経営計画「NEXT STAGE 12」では、新たな価値創造と差別化で競争優位力を高めることを基本戦略として掲げています。

当社にしか生み出せない新たな価値を継続的に提案する体制を整えるために、今年5月には新たな研究開発拠点「イノベーションセンター」を完成させました。

当センターに技術部門を結集することで開発スピード・効率を一層高め、市場の変化を先取りしたイノベーションを創出します。

さらに、今後需要拡大が期待される新興国市場における楽器・音響機器分野での成長を実現するために、インドネシアおよびインドで新工場の建設を進めています。

インドネシアには製造子会社「ヤマハ・ミュージカル・プロダクツ・アジア」を新設し、同国内にある他の5つの工場とあわせて収益力強化と生産能力増強を図ります。

一方、インドにおいては連結子会社「ヤマハ・ミュージック・インディア」に、当社にとって同国初の工場を設立し、インド市場独自のニーズに対応した製品の生産・販売に注力する方針です。

私たちヤマハグループは、これからも皆様の期待にお応えし、「なくてはならない、個性輝く企業」になることを目指して誠心誠意努力してまいりますので、何卒ご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

会社概要

会社名ヤマハ株式会社
所在地静岡県浜松市中区中沢町10番1号
資本金285億34百万円
事業内容楽器事業、音響機器事業、情報通信機器等の製造販売、その他
従業員数20,228人(他、平均臨時雇用者数:7,558人)

ヤマハの採用職種・仕事内容

ヤマハでは様々なジャンルにおける専門的な知識を持った人材が募集されています。

自分のスキルや経験が活かせる職種がないか、確認してみましょう。

ここからは、ヤマハで募集されている職種6つを紹介します。

経理・財務スタッフ

経理・財務スタッフはヤマハのグループ会社および、連結会社などの事業部門における経営管理業務を行います。

具体的には、各事業の予算管理や原価管理、仮決算分析などの管理会計業務です。

他にも、連結納税や国際納税など税金に関わることも業務に含まれます。

給与

  • 25万円~40万円
  • 年齢・学歴・経験などを考慮の上、面談時に条件提示

グローバル法務スタッフ

グローバル法務スタッフはグループ各社の法務問題に取り組むことが業務です。

ヤマハが行っている事業は世界各地に展開されグローバル化が進んでいるため、法務業務においてもグローバル化が求められています。

また、各事業におけるコンプライアンス活動に関しても、グローバルを意識した活動が必要とされていることで、このような管理もこの職種の大切な業務です。

給与

  • 25万円~40万円
  • 年齢・学歴・経験などを考慮の上、面談時に条件提示

木材調達業務

木材調達業務は楽器の製造に欠かせない、木材の調達が主な業務です。

ヤマハでは楽器の種類やグレードに合わせて世界中から木材を集めています。

さらに、木材資源や各地の環境にも配慮した調達にも取り組んでいるため、グローバル環境に対応しつつ、幅広い知見・ノウハウが求められる職種です。

給与

  • 25万円~40万円
  • 年齢・学歴・経験などを考慮の上、面談時に条件提示

電子楽器音響開発

電子楽器音響開発では、電子ピアノや電子キーボードといった電子楽器の開発が行われています。

具体的な業務内容としては、電子楽器キャビネットやスピーカーキャビネットのシステム開発などが挙げられます。

給与

  • 25万円~40万円
  • 年齢・学歴・経験などを考慮の上、面談時に条件提示

データサイエンティスト/アナリスト

データサイエンティスト/アナリストはユーザーの拡大を実現する要として重要な職種です。

音楽・教育・文化など幅広いニーズに対応しつつ、デジタルを活用したマーケティング業務が行われています。

具体的には、BIツールを利用した社内外の定量定性データ分析などの業務があります。

給与

  • 25万円~40万円
  • 年齢・学歴・経験などを考慮の上、面談時に条件提示

業務音響機器プロダクトスペシャリスト

業務音響機器プロダクトスペシャリストは、音楽を中心としたサービスを提供しているヤマハの音響機器ビジネスの拡大を実現するためにも重要な職種です。

行っている業務としては、ライブコンサートや劇場・ホール、ホテルなどへの技術情報の提供の他、新しい製品のアピールなどが挙げられます。

給与

  • 25万円~40万円
  • 年齢・学歴・経験などを考慮の上、面談時に条件提示

ヤマハの給与・年収

大きな企業への転職時には、その企業の給与や年収は気になるポイントだと思います。

この段落では、ヤマハの平均年収や年代別の年収などの情報を紹介します。

全体の平均年収

ヤマハの平均年収は、有価証券報告書によると811万円でした。

業界内でも特に長い歴史があり、人気の高い楽器ブランドなだけあり、年収は高い水準を維持しています。

さらに、幅広い事業を手がけていることで順調に年収は上がっています。

年代別の年収

年代平均年収
20~24歳342.8万円~372.8万円
25~29歳576.5万円~626.5万円
30~34歳618.4万円~718.4万円
35~39歳639.4万円~743.4万円
40~44歳714.3万円~835.3万円
45~49歳813.6万円~935.6万円
50~54歳892.4万円~1002.4万円
55~59歳884.0万円~994.0万円
60~65歳576.6万円~994.0万円

ヤマハの競合企業と平均年収比較

企業名平均年収
ヤマハ811万円
沖電気工業732万円
JVCケンウッド638万円
カシオ計算機810万円
セイコーエプソン786万円

ヤマハの平均年収と競合企業の平均年収を比較すると、ヤマハが最も高い結果となりました。

ヤマハは楽器関連だけでなくスポーツや自動車部品なども手がけている他、グローバルな事業展開をしていることにより、年収は上昇傾向にあります。

また、歴史ある企業ということでユーザーからの製品への信頼度も高いため、楽器製品の売上も安定して伸びています。

これらの理由により、他の企業よりも平均年収が高くなっているようです。

給与に関する口コミ・評判

業界内でも年収の平均はかなり高いと思います。さらに、給与は毎年安定していて、安心して働き続けられます。

社内全体で成果主義に移行しようとしているので、実力があれば給与は上がっていくと思います。

人事制度は定期的に見直され、良い方向に向かっているので、能力や仕事に対して適正な給与をもらえています。

基本給以外にも様々な手当が支給されるのは嬉しいです。役職手当やいくつかのインセンティブが発生することもあります。

ヤマハの福利厚生制度

転職を検討する際は、給与だけでなく福利厚生に関してもしっかりチェックしておきましょう。

この点に関しても充分な待遇かどうかは働く上でモチベーションに繋がってきます。

具体的に、ヤマハにはどのような福利厚生制度が設けられているのか、代表的な4つの制度について紹介します。

男性の育児休職制度

ヤマハでは女性に限らず、男性であっても育児休職することができます。

特に、第二子以降が生まれた場合には、配偶者の負担が軽くなるため、人気の高い制度となっています。

また、配偶者の就労状況に関わらず取得できるので、気軽に休職を取れるようになっています。

寮・社宅

ヤマハでは本社のある浜松に独身寮が用意されています。

部屋は全て個室となっている他、エアコンやインターネットなど生活に必要な設備は標準装備です。

さらに、食堂や風呂、トイレなども完備されていたり、防音室もあるなどヤマハらしい設備も充実しています。

また、他の地域に関しては、一般の賃貸物件を料として借り上げる形式です。

ヤマハリゾート割引利用

ヤマハリゾート割引利用は、ヤマハの完全子会社であるリゾート施設を割引価格で利用できる福利厚生制度です。

利用できる施設には、リゾートホテルである葛城北の丸や、葛城ゴルフ倶楽部などがあります。

家族を持つ社員が多く利用している制度です。

その他の給付金制度

ヤマハに所属する社員であれば、万が一の事故・傷病・災害といった不幸なことがあった場合、給付金や見舞金などのサポートを受けることができます。

予期せぬアクシデントに対し手厚いサポートが受けられるため、社員からの評判の良い制度の一つです。

福利厚生に関する口コミ・評判

保険や共済会制度など、他の福利厚生制度も充実しているので満足です。特に、保養施設やヤマハのリゾート割引は家族で良く利用しているので、金銭的にありがたい制度だと感じています。

女性に対する福利厚生制度が充実しています。育児や出産時には充分なサポートを受けられます。また、病気の際の入院費などもサポートしてもらえたので助かりました。

独身の私にとっては、寮が用意されていることは嬉しいです。家賃が節約できるので、その分プライベートや貯金にまわすことができました。

勤務時間・休日休暇

勤務時間や休日休暇に関しては、体力的に問題なく働き続けられるかどうかを判断するためにも、事前に確認しておかなければならないポイントです。

この段落からは、ヤマハの勤務時間・休日休暇に関する基本的な情報を紹介します。

勤務時間

ヤマハの標準的な勤務時間は以下となっています。

  • 本社・工場 8:15~17:00
  • 国内の各事業所 9:00~17:45

さらに、フレックス制度が導入され、自分で働き始める時間を調整することが可能です。

コアタイムは事業所により異なるため、配属が決まった後に確認しましょう。

そして、所定労働時間は1日あたり7時間45分です

休日に関して

休日は完全週休2日制(土曜・日曜休み)や、祝日や年末年始などの休日も用意されています。

さらに、ゴールデンウィークや夏期休暇などの長期にわたる休暇もあります。年間休日は123日です。

ライフサイクル休暇

ライフサイクル休暇とは、25歳や30歳など区切りの年齢になると取得できる休暇のことです。

取得できるのは勤続5年以上が経過した社員となっています。

ライフステージの節目に人生計画を見直し、今後のキャリアを考えていくためのリフレッシュ期間として休暇を取ることが目的です。

特別な休暇

ヤマハにはいくつか特別な休暇制度があります。

例えば、私傷病や不妊治療、学校行事などへの参加、会社が認めるボランティア活動への参加などにより休暇を取得することができます。

基本的には会社が認める範囲に限定されているため、事前に理由を記載した申請書を提出しなければなりません。

勤務時間・休日休暇に関する口コミ・評判

休日休暇に関しては充分に取れているので、プライベートが充実させられます。さらに、ノー残業デーやフレックスタイムなども取り組んでいるため、働きやすい環境です。

部署ごとに違いがあるかもしれませんが、残業時間は少ないです。曜日によっては会社に残ることができない日も設定されているので、残業を少なくする意識の高い会社だと思います。

ヤマハは有給休暇を取得しやすい会社です。どの社員も平均10日以上は有給を取得しており、不満に思っている人は私の周りにいません。

社内の教育・研修制度

  • 若手社員研修
  • 役割別研修
  • 戦略的人材育成研修
  • 役割機能強化研修
  • 自己啓発支援教育制度

ヤマハの教育・研修制度には、新人だけでなく様々なステージにいる社員の能力を向上させるためのカリキュラムが設けられています。

特に、新人に対しては不安なく仕事を始められるように、OJTや基礎的な教育が3年かけて行われます。

教育・研修制度に関する口コミ・評判

上司との面談を密に行い、自分の評価を適切に行ってくれるため、今後のスキルアップに関する目標を立てやすくなっています。

半年に1回は自己評価を行い、それを上司が評価するようになっているため、客観的な視点から自分の能力を把握できます。

自己啓発用のカリキュラムが用意されているのは嬉しです。他にも、専門分野に特化した研修も用意されているため、自分の目指すキャリアに向けてしっかりと実力をつけられる環境です。

職場の雰囲気や社風

転職を希望する会社を調べるときには、今後自分が長く働きたいと思えるようなポイントを探すことが大切です。

中でも、職場の雰囲気や社風は自分に合っていないと、仕事へのモチベーションや、やりがいなどにも影響を及ぼす恐れがあります。

そのため、転職前にはこれらの点においても調べておきましょう。

社員の成長意欲が強い

ヤマハのメイン事業である楽器の製造・販売は専門的な知識を必要とします。

したがって、社員一人ひとりの高いスキルが重要で、そのための教育や研修制度が整っています。

充実した環境の中で成長することができる他、ユーザーに満足してもらえるモノを作りたいという意識があることで、成長への意欲が強い社員が多く在籍しているようです。

自由な社風

ヤマハの社内では髪型や服装が自由になっています。

さらに、仕事においてもチーム全体が同じ方向を向いていれば、目的を達成する方法も自由です。

個人の裁量に任された環境にあるため、ヤマハでは社員一人ひとりが自分で考え行動しています。

職場の雰囲気や社風に関する口コミ・評判

主体性があり目的意識の高い人が多く活躍している印象があります。

有給や特別休暇を取りやすい他、上司からもあまり残業をしないよう言われるため、私のいる部署は仕事する環境において悪い雰囲気はありません。

自由に仕事をやらせてもらえる雰囲気があります。さらに、しっかりと実績を積めば、自ら手を挙げて新しい仕事へチャレンジすることもできます。

ヤマハへの転職で役立つ転職サイトorエージェント

ヤマハは業界の中でも大きな企業に含まれ、募集職種も多いため、いくつもの転職サイト・エージェントに求人情報が掲載されています。

しかし、利用する転職サイト・エージェントはどこでも良いという訳ではありません。

ここからは、ヤマハへの転職に役立つ転職サイト・エージェントを紹介します。

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアでは転職が初めての人でも安心して転職活動を進められるよう、転職に関するノウハウやキャリアアドバイザーが用意されています。

さらに、ヤマハに関する求人情報や採用状況なども掲載され、転職活動を効果的に進められます。

パソナキャリアの使い勝手は?サポートの充実性は?
転職サイトや転職エージェントへの関心が一段と高まる中、パソナキャリアもその一角として人気があります。業界内でも、その歴史の長さには定評があり、これまでにも多くの転職希望者の求めに応えてきた実績があります。 パソナキャリアの詳細 求人...

doda

doda

dodaは多くの転職希望者が利用する転職サイトの一つです。

大手優良企業の求人はもちろん、ヤマハが出している様々な求人も取り扱っています。

また、大手企業ならではの転職時の対策方法なども教えてもらうことができるため、これから転職活動を始める方はまず登録しておきましょう。

dodaの使い勝手は?サポートの充実性は?
dodaの利用を検討している方は特に、dodaエージェントのサービス、利用者の評判が気になりますよね。 転職エージェントの中でも、比較的大手転職エージェントであるdoda。 dodaを利用したサービスの使い勝手、特徴、dodaの...

ワークポート

ワークポート

ワークポートは様々な転職スタイルをサポートできる体制が整った転職エージェントです。

転職活動の進捗を管理できるサービスや、面接や書類作成をアドバイスしてもらうこともできます。

しっかりと対策を行いたい場合に活用できる転職エージェントです。

ワークポートのサポート内容・口コミ評判
ワークポートはIT分野の転職に強い転職エージェント。転職を考えたIT、WEBエンジニアにピッタリの求人が揃っています。

まとめ

ヤマハは楽器ブランドの中でも特に有名で転職希望者も多い企業の一つです。

他の転職希望者と選考で戦っていくためには、しっかりとした準備をする必要があります。

そのためにも、企業研究だけでなく、自分の転職活動のやり方が正しいかどうかを客観的に判断し、サポートしてもらえる転職サイト・エージェントは利用しておきましょう。

コメント