薬剤師と看護師で年収が高いのはどっち?どちらほうがより将来性のある仕事なのか

転職コラム

意外と同系列の職業の年収というものは知らないものです。

それはどの業界でも同じ。

たとえそれが薬剤師や看護師など、医療系の仕事でも同じです。

医者ともなれば、なるまでに高いハードルがあることなどが理由で年収が高く、将来的にも仕事で困ることはないというのが想像つくものですが、これが薬剤師と看護師ともなるとわからないという方も多いのではないでしょうか。

実際自分の進路を考えるときも、「薬剤師と看護師、どちらになろうか」と悩んでいる方も多いでしょう。

そうした「薬剤師と看護師」の年収や将来性の違いについて知りたいと思っている方に向けて、今回は説明したいと思います。

看護師や薬剤師…年収が高いのはどっち?

まずは、薬剤師と看護師の年収にどれくらい差があるのかを具体的に見るところから。

職種平均年収
薬剤師543万5900円
看護師479万9300円
准看護師402万100円

表をみれば一目瞭然。

薬剤師のほうが看護師よりも平均年収は高いのがわかります。

日本全体の平均年収が430万円程度なことを思えば、薬剤師の平均年収がいかいに高いかわかりますよね。

地域や年代で多少の差があるものの、看護師も薬剤師も年齢で昇給があまりないことを考えると、単純に「薬剤師のほうが年収は高い」と考えて良いと思います。

どうして年収に差が出る?

どうして年収に差が出るのか?

それは単純に、薬剤師のほうが資格を取得して働くまでのハードルが高いからです。

看護師の場合、働くまでには4年制の大学、もしくは専門学校に通い、その卒業家庭で資格取得を行います。

つまり高校卒業後4年後には、看護師資格取得のチャンスがあるということ。

対して薬剤師は薬剤師家庭のある大学で6年間の教育を受けなくてはなりません。

高校卒業後少なくとも薬剤師になるまでには早くても6年かからうということですね。

そこまでには当然、多くの時間と学費が必要です。

それを考えれば、薬剤師の方が看護師より年収が高いのは、ある意味必然とも言えます。

看護師と薬剤師の仕事の違いは?

年収相場の違い、どちらの年収が高いかまでわかったところで、薬剤師と看護師それぞれの仕事の違いについて調べておきましょう。

薬剤師の仕事は?

薬剤師の仕事は主に、調剤からはじまり、服薬指導、薬歴管理、創薬などです。

それぞれ難しい専門知識が必要で、仕事一つ一つに重い責任が伴います。

働く場所が病院かドラッグストアか製薬会社かなどでも、業務内容が変わります。

しかしどんな職場でも薬のエキスパートとしての仕事と責任が求められます。

看護師の仕事は?

看護師の仕事は、医師が行う医療行為の補助が基本。

そして患者への心身のケアも仕事のうちです。

どこで働くかで業務内容に違いがあるのは看護師も同じ。

そして業務には命にかかわるという意味で大いなる責任が伴い、医療のエキスパートとしての重圧があるのも同じです。

看護師のほうが、より患者と密に接していたので、薬剤師より医療行為に直接関わるということです。

薬剤師には創薬など、まったく違うやりがいのある仕事なので、それぞれ自分にあった仕事で働くようにしてください。

どうすれば薬剤師や看護師になれる?

薬剤師も看護師も、医療の専門知識が必要な仕事ですから、専門的な知識を学習しなくてはいけなくなります。

先程も少しお話しましたが、薬剤師は6年間の薬科に関する学習を受けます。

6年制の薬科大学を卒業するか、4年制の薬科学科を卒業後2年間の大学院で学ぶ必要があります。

その後国家試験を受けて卒業すれば、晴れて薬剤師になることができます。

薬科学科の学費は高く、1年で200万円ほどはザラです。

つまり6年通うとなると200×6で1200万円ほどかかるということ。

看護師になるには、看護大学や看護師専門学校を卒業後国家試験を受けます。

看護師になるための学校に通う学費は通して500万円で収まります。

薬剤師になるまでにかかる時間もお金より、看護師のほうがいずれも少ないのです。

薬剤師や看護師が年収を上げるには?

薬剤師でも看護師でも、少しでも多くの収入をもらいながら働きたいと思うものです。

現在すでに働き始めている薬剤師や看護師は、どうすればもっと多くの収入をもらうことができるのか?

「年収の上げかた」をこれから少し考えていきましょう。

薬剤師の大幅年収アップのためには転職か独立

薬剤師は年収が高い仕事です。

年次によって上がる給与幅も安定しています。

しかしあまり「昇進」などの概念がない薬剤師。

大幅に薬剤師が年収アップしたいと思ったなら、自分の調剤薬局を開いて独立するか、もっと給与相場の高い職場へと転職するしかないのです。

資格手当を狙うのもなくはないですが、薬剤師の大幅年収アップは難しいでしょう。

看護師も年収の上がり幅が小さい

看護師は年収の上がり幅が小さい仕事です。

看護師も資格手当をもらうか、もっと責任あるポジションにつくと年収が上がりますが、やはり「転職」が一番効率よく年収アップを狙えるでしょうか。

給与相場の高い職場に転職するのが一番

結論として、薬剤師も看護師も、一番気軽に年収を上げる方法が「転職」だと私は言いたいです。

ここで薬剤師であるあなた、もしくは看護師であるあなたが考えるべきなのは、
「どうすれば年収をもっと上げられるか」
ではなく、
「どうすればもっと年収相場の高いところで働くことができるか」
これに尽きます。

薬剤師の転職に役立つ転職エージェント

ここからは、私が薬剤師におすすめする「年収アップ転職」に役立つ転職エージェントを、具体的にいくつか紹介します。

マイナビ薬剤師

人材大手マイナビが運営する薬剤師専門の転職サービスが、「マイナビ薬剤師」です。

マイナビ薬剤師は多くの求人とキャリアアドバイザーのサポート、どちらも兼ね備えた使いやすいサービスです。

マイナビの実績と求人をもってすれば、利用者の年収アップの転職の願いも叶う…というわけです。

マイナビ薬剤師は特徴とは?利用者の口コミ・評判から強みを解説
マイナビが運営する薬剤師転職サイト、マイナビ薬剤師の使い勝手について説明したページです。マイナビ薬剤師のコンサルタントは優秀か、マイナビ薬剤師の求人情報は多いのか、質は高いのか、それぞれ解説します。

薬キャリ

過去あらゆる薬剤師の転職を後押ししてきたのが、薬キャリです。

とあるサイトでは、「総合評価1位」の評価を受けるほど。

キャリアアドバイザーの提案力もサポート体制も求人の量と質も、あらゆる面で薬キャリはトップクラスです。

薬キャリエージェントは使うべき?利用者の口コミ・評判から強みを解説
数ある薬剤師転職サイトの中でも、薬キャリエージェントに目をつけて、これから利用しようかと検討中の方も多いのではないでしょうか。 薬キャリエージェントは実際転職を考えている薬剤師にとって使いやすいのか。 他の薬剤師転職サイトと何が...

看護師の転職に役立つ転職エージェント

看護師の転職に役立つ転職エージェントも紹介しておきます。

看護師業界の転職専用の転職エージェントも数が揃っています。

マイナビ看護師

マイナビの運営するマイナビ看護なら、豊富な求人から自分の転職先を検討することができます。

その中にはもちろん、年収の高い職場の求人も多く揃っています。

マイナビ看護師の使い勝手は?みんなの口コミもチェック
転職求人大手のマイナビが運営するマイナビ看護師を使うことで、全国の看護師転職が効率的になります。求人数、求人の質共に高く、多くの転職希望看護師を満足させるはずです。

ナースではたらこ

ナースではたらこは、キャリアアドバイザーのサポート力に定評があるサービスです。

こちらから働きたい求人に対して「逆指名」できる制度があるので、「年収の高い職場で働きたい」と思っているあなたにぴったりなのです。

ナースではたらこの使い勝手は?みんなの口コミもチェック
ナースではたらこは使い勝手の良い看護師転職サイト。ナースではたらこのコンサルタントに相談して、幸せな転職を行ってください。

薬剤師と看護師の年収 まとめ

ここまでで「薬剤師と看護師の年収の違い」の説明は終わりです。

薬剤師のほうが年収相場は高いですが、それまでに時間とお金がかかること。

看護師の年収の上がり幅が小さいことなどを説明しました。

今後年収を上げたいなら「転職する」ことを中心に、身の振り方を考えていくと良いかもしれません。

コメント