転職者が選ぶ顧客満足度1位の「doda」
doda
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
公開求人数
60,000
非公開求人数
17,846
対応地域
全国
対象属性
20~30代の男女
強い業種
全業種
年収UP率
非公開
求人数は業界ナンバーワン!また、「初めての転職」におすすめの転職サイトです。サポート体制に定評があり、サービス利用者の満足度も業界トップクラス!
dodaの無料登録へ
登録者数の多い人気の転職サイト
高年収求人数No.1!「ビズリーチ」
ビズリーチ
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
公開求人数
80,000件
非公開求人数
非公開
対応地域
全国+海外
対象属性
30~50代の男女
強い業種
全業種
年収UP率
90%以上
年収600万円以上を望む方からの支持率No.1のビズリーチ!他社サービスに比べスカウト機能が充実しており、ハイクラス求人数も業界イチです。
ビズリーチの無料登録へ

年齡によって薬剤師の年収は変わるか?年代によって変わる薬剤師の年収を徹底調査

薬剤師の転職

薬剤師といえば、安定した高収入をもらえる仕事として昔から有名です。

実際に薬剤師として働いている人なら特に、「薬剤師の平均年収」や「今後年収は年齡によってどのように推移していくか」が気になる方も多いのでは。

確かに、一言で「高い」と片付けられがちな薬剤師の年収ですが、年代や働く地域などで大きく金額が変動します。

少しでも仕事で多くの収入をもらいたいなら、自分の働き方についてよく考える必要があります。

そのためにもまずは、「自分を取り巻く薬剤師の平均年収」を調べましょう。

そして、「年齡で変わる薬剤師の年収」も調べて、薬剤師として働く上で「年収を上げる方法」も知っておきたいです。

誰しも仕事において将来性や、無理なく働ける働きやすさを求めるものです。

自分の働き方について、今一度考えてみることにしましょう。

薬剤師を取り巻く平均年収

「薬剤師の平均年収は高い」と言われても、具体的にどれくらい高いのかわかりません。

詳しく平均年収の金額を調べてみましょう。

このブロックの情報は、平均年収.jpの「薬剤師の年収」を参考に書いています。

薬剤師の平均年収

まず薬剤師の平均年収ですが、総合で586.6万だそうです。

日本の平均年収が420万程度だということを考えると、かなり水準が高いことがわかります。

しかも近年薬剤師の平均年収は上昇を続けています。

求められるスキル・知識が多い

薬剤師の平均年収が高いのは、まずそもそも医療はいつの時代も通して安定した需要がある仕事であること。

そして薬剤師として働く人は求められるスキル・知識が多いことが一つの要因として挙げられます。

薬剤師として働くためには、6年間の薬剤師養成課程を修了した後、薬剤師国家試験に合格しなくてはいけません。

働くためのハードルが高い仕事というのはいつも、高い年収をもらっているものです。

人手不足の業界

薬剤師は慢性的な人手不足にあえいでいます。

働く人が多い業界は、人手に困っていないので雇用側も給与を上げる必要がありません。

放っておいても人が集まるわけですから。

しかし薬剤師のように、給与が高いことを見せないと人が集まってこない仕事の年収相場は高い傾向にあります。

年代による平均年収の推移

年代による薬剤師の平均年収もみていきましょう。

年代平均年収月給
20~24歳458~488万円30.5万円
25~29歳392~440万円27万円
30~34歳407~507万円31万円
35~39歳421~525万円32万円
40~44歳469~590万円36万円
45~49歳539~661万円41万円
50~54歳598~708万円44万円

単純に年代が上がれば年収も上がるわけではないことがわかります。

働き始めと、キャリアが後半になった50代の年収相場も高いのが特徴的ですね。

転職や、独立が活発な薬剤師は、他の職種と平均年収の移り変わり方が違いますね。

ボーナスの平均額

年代平均年収月給
20~24歳458~488万円30.5万円
25~29歳392~440万円27万円
30~34歳407~507万円31万円
35~39歳421~525万円32万円
40~44歳469~590万円36万円
45~49歳539~661万円41万円
50~54歳598~708万円44万円

地域で変わる薬剤師平均年収

地域で変わる平均年収を、都道府県別のデータでみていきましょう。

地域平均年収
北海道527.0万円
青森497.8万円
岩手544.6万円
秋田480.2万円
山形538.8万円
福島527.0万円
茨城585.6万円
栃木585.6万円
群馬585.6万円
埼玉527.0万円
千葉585.6万円
東京819.8万円
神奈川644.2万円
新潟527.0万円
富山527.0万円
石川585.6万円
福井585.6万円
山梨527.0万円
長野585.6万円
岐阜527.0万円
静岡585.6万円
愛知644.2万円
三重585.6万円
滋賀585.6万円
京都585.6万円
大阪702.7万円
兵庫585.6万円
奈良585.6万円
和歌山527.0万円
鳥取527.0万円
島根527.0万円
岡山585.6万円
広島585.6万円
山口585.6万円
徳島585.6万円
香川527.0万円
愛媛527.0万円
高知527.0万円
福岡585.6万円
佐賀468.5万円
長崎527.0万円
熊本527.0万円
大分527.0万円
宮崎468.5万円
鹿児島527.0万円
沖縄468.5万円

やはり、東京の薬剤師の平均年収がもっとも高いです。

その他も、都市部の平均年収は高いということで、年収相場が全体的に高いこと以外は、他の職種と地域格差はそう変わらないことがわかります。

年齡で薬剤師の年収は上がるか

さて、今回のメインテーマでもある内容が「年齡で薬剤師の年収は上がるか」について考えていきましょう。

他の仕事は、大企業ならなおさら、年齡が上がるとそれにより任される仕事も多くなり年収が上がっていくものですが…

他の仕事ほど年齡と年収の相関関係がない

結論から言ってしまうと、薬剤師という仕事は他の仕事ほど年齡と年収の相関関係があまりありません。

年齡が上がるにつれて年収が上がる仕事がしたいなら、もっと別の仕事をするべきです。

薬剤師というのは、例えばドラッグストアや調剤薬局では、年代で肩書がつくわけでもなく、昇進の概念が薄いです。

マネジメントの分野で仕事することも少ないので、一般企業と同じ働きをして「だんだん年収が上がっていくだろう」とたかをくくって仕事するのはおすすめできません。

働く上で年収を上げたいと考えている薬剤師なら、「今後の自分の働き方」についてよく考え続けて仕事する必要があるのです。

平均年収の高い薬剤師の働き方

それではここからは、自分の仕事で年収の高い働き方をする観点で考えていきましょう。

薬剤師というのは、様々考えながら仕事しないと、自分の年収を上げることはできないのです。

製薬会社で働いている

世の薬剤師のなかで一番お金をもらっているのが、「製薬会社で働く薬剤師」です。

製薬会社で働く薬剤師の推定年収はなんと650万円。

ドラッグストアで働く薬剤師と比較すると、その年収差には驚くばかりです。

しかし製薬会社は、調剤薬局やドラッグストアとはまったく違う働き方を求められるもの。

一般企業で働くスキルと、薬剤師の知識も求められる、かなり特殊な職場なので、製薬会社で働きたいと思うだけでは働けないのも事実です。

ですからまず、「年収をたくさんもらう薬剤師になりたい」と思う方は、「製薬会社で働く」という選択肢があるということです。

調剤薬局を開業している

自分の調剤薬局を開業した、独立している薬剤師ならば、年収1500万円も夢ではありません。

特に年収相場が高いのは、フランチャイズに頼らない完全独立開業した薬剤師。

売上をどこにも天引きされない完全独立開業なら、年収1500万円以上も夢ではありません。

維持費や人件費などの運営費を自分で払う必要があるものの、売上をすべて自分のものにできるのは大きいです。

薬剤師が年齡に関係なく年収を上げる方法

薬剤師が年齡に関係なく、年収を上げるためにできることも学んでおきましょう。

通常年齡がかさむほど、年収を上げるのが難しくなるものですが…。

現場で求められる人材になる

今後、多くの仕事はAIが肩代わりするようになると言われています。

薬剤師の仕事の多くが、データに基づいたものであることを考えると、薬剤師の仕事の大部分をAIがこなせるようになる未来が見えます。

末永く現場で求められる仕事ができるようになる必要があります。

たとえば、かかりつけ薬剤師は、薬の調剤や薬の説明だけでなく患者さんの生活に関する様々な相談に乗るのが仕事です。

このかかりつけ薬剤師としての仕事は、AIにはできない仕事ではないでしょうか?

このように、「現場で求められ続ける人間になるためには」という簡単で仕事を考えるのが大切です。

【かかりつけ薬剤師】にならない薬剤師の将来は暗い?
【かかりつけ薬剤師】制度が発足して3年目に突入しました。 かかりつけ薬剤師になるための条件をクリアするにはちょっと大変ではありますが、報酬や患者さんの信頼度なども上がることが予測されます。 また、かかりつけ薬剤師ではない薬剤師も...

管理薬剤師になる

管理薬剤師になるのが、薬剤師として年収アップの近道です。

薬局やドラッグストア内の衣料品管理や不良品の廃棄を担う仕事。

管理薬剤師は、その場の衣料品の管理や、医薬品管理の責任を負うので他の仕事より多くの手当を受けることができます。

単純に、ただ薬局や調剤薬局で一般薬剤師として働くくらいなら、管理薬剤師として働くことで年収アップを狙うことができます。

派遣薬剤師として働く

派遣薬剤師は派遣会社と雇用契約を結び、ドラッグストアや薬局へ派遣されて、派遣先で仕事する薬剤師のことです。

派遣薬剤師の時給相場は2500円から3000円とかなり高い相場。

また、パート薬剤師と違い交通費が支給されるなど、福利厚生がしっかりしているのも強み。

派遣薬剤師を欲しがる薬局やドラッグストアは人手不足で悩んでいるところが多いです。

そのため必然的に、派遣される薬剤師の待遇もよくなるというわけです。

しかし派遣薬剤師は、勤続年数に制限がある、収入以外の部分で働きにくい部分があるなど、派遣薬剤師なりのデメリットがあります。

もっと給与相場が高い職場で働く

これは簡単に言うと「転職する」ということです。

今の仕事でお金がもらえてないなら、別の職場で仕事すればいいだけです。

現在の職場より多くの給与をもらえる仕事はたくさんあります。

もちろん転職は「給与」以外の部分もみながら転職するべきですが、年収アップを狙って転職する薬剤師はとても多いです。

薬剤師が年収を上げる転職で使うべき転職エージェント

年収アップを考えて転職するなら、薬剤師専門の転職エージェントに登録するのが一番です。

とはいえ、薬剤師専門の転職エージェントは一つではありません。

それぞれ違った特徴のある転職エージェントを、自分の状況などに合わせて使い合わせましょう。

薬キャリ

年収アップの転職を考えている薬剤師は、薬キャリを使った転職がおすすめです。

薬キャリは利用する薬剤師にとってメリットの多い転職エージェントです。

まず病院の薬剤師求人は多く、企業薬剤師求人も豊富で、高年収求人を探しやすい土壌が整っています。

また、キャリアコンサルタントの提案力にも定評があり、求人紹介が的確で利用者のニーズとのミスマッチが起こりにくいのが特徴です。

利用者によっては、キャリアコンサルタントの連絡が少し強引だと感じる人もいるようですが、それだけ熱意溢れたサポートをしてくれるとも取れます。

薬キャリエージェントの口コミ・評判から強みを解説!本当におススメなのか
数ある薬剤師転職サイトの中でも、薬キャリエージェントに目をつけて、これから利用しようかと検討中の方も多いのではないでしょうか。 薬キャリエージェントは実際転職を考えている薬剤師にとって使いやすいのか。 他の薬剤師転職サイトと何が...

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師は、数ある薬剤師転職エージェントの中でもかなりの大手。

数々の分野で人材業を営むマイナビが、薬剤師のサポート専門で立ち上げたのがこのマイナビ薬剤師なのです。

数多くの求人から自分にあったものを見つけることができます。

キャリアコンサルタントに相談することで、「年収アップしたい」というニーズに合わせた転職活動を設計してくれるはずです。

マイナビ薬剤師は特徴とは?利用者の口コミ・評判から強みを解説
マイナビが運営する薬剤師転職サイト、マイナビ薬剤師の使い勝手について説明したページです。マイナビ薬剤師のコンサルタントは優秀か、マイナビ薬剤師の求人情報は多いのか、質は高いのか、それぞれ解説します。

年齡に合わせて今後の薬剤師としての働き方を考えましょう

薬剤師は転職を考えた年代ごとに、転職活動の質が変わります。

転職を考えた薬剤師のみなさんは、自分の年代に合わせた転職活動を行うことを考えてください。

20代薬剤師

20代の薬剤師は、まだまだポテンシャルで採用してもらえる年代です。

雇用側にとってまだまだ採用しがいのある年代ですから、求人探し、転職先にも、あまり不自由しないはず。

若さという資産は、どの職種の転職でも、役立つ武器となり得るのです。
https://tenshoku-center.com/yakuzaishi-20dai-tenshoku/

30代薬剤師

30代の転職ともなると、薬剤師として働いたキャリアもある程度になったかと思います。

ということは、雇用側は30代薬剤師に「即戦力」としての仕事を求めるということ。

20代のように、若さにかまけるような転職活動はしないようにしてください。

30代で薬剤師に転職は難しい?転職にオススメの薬剤師とは?
新卒で働き始めた薬剤師の仕事も慣れてきた30代は、ふと立ち止まって新たにキャリアを見直す人も多いと思います。 今回は、30代で薬剤師に転職をすることはできるのか? また未経験でも薬剤師に転職はできる? などを調べてまいりま...

40代薬剤師

40代ともなると、雇用側は「管理職」としての仕事を求めます。

30代薬剤師以上に即戦力としての仕事を求められることになるので、40代薬剤師は自分のスキルをしっかり念頭に置いて、なるべく確実性のある転職活動を行ってください。

40代で転職を考える薬剤師が知っておくべきこと
薬剤師に限らず、どの業界のどんな職種でも40代で行う転職活動は不利です。 どの企業も、若い人材のほうが「長期的に働きてくれる」と印象を与えるなどして、転職に有利なのです。 まだ社会を知らない若者のほうが、余計な先入観を持っていな...

50代薬剤師

キャリアも終盤になった50代薬剤師は、年収相場が高いなどの理由でやはり採用に二の足を踏むところが多くなります。

しかし年収にこだわりすぎないなど、転職の条件を緩めることで、50代薬剤師でも問題なく転職できます。

50代でも薬剤師転職はできる!薬剤師転職を成功させるコツとは
一般的な転職では、年齢による転職のピークがありますよね。 よく言われるのが「20代後半が転職にベストな時期」「転職活動を行うのであれば30代がラストチャンス」など、転職と年齢の関係性は切っても切れません。 その転職ベスト年代を過...

薬剤師の年齡によって変わる平均年収

薬剤師でもやはり他の職種と同じく、年代よってもらえる年収が変わります。

しかし薬剤師の年収は、年代や年齡より、働く職場の影響を受ける部分が大きいです。

もっと多くの年収をもらいたいと思ったなら、思い切って転職するのが一番の近道かもしれません。

コメント