薬剤師が転職を繰り返すメリット・デメリット 転職回数が多いほど不利か?

悩む薬剤師薬剤師の転職

何度も何度も転職を繰り返している薬剤師は、薬剤師の転職市場において不利です。

これは、薬剤師業界以外でも同じですが、転職を繰り返していると「またすぐ仕事を辞めてしまうのでは」と警戒されてしまうので採用率が下がってしまいます。

よほど切迫した転職の事情や理由を用意してないと、採用担当者から人間性や倫理を疑われる原因になります。

わざわざ人間性などに疑問を持つ人物を採用する理由はありません。

いくら人材不足もあり、転職を繰り返している人でも比較的転職しやすい薬剤師業界とはいえ、採用側としてはより長く働いてくれそうな人を雇うはず。

薬剤師が転職を繰り返すデメリット

まずは、、薬剤師が転職を繰り返してしまうそのデメリットから学んでいきましょう。

記事冒頭でも、転職を繰り返すデメリットはお伝えしましたが…?

キャリアのい一貫性が取れない

転職すると、それまで働いていた現場でのキャリアが帳消しとなります。

違う現場に転職すると、仕事も新たに覚え直すことになりますし、人間関係も一から作り直しです。

すでに自分がどうなっていきたいのか、キャリアプランについて真剣に考えている薬剤師なら、転職を繰り返すのはおすすめできません。

年収が下がる

転職を繰り返すほど、薬剤師の転職は難しくなっていきます。

そして、なんとか希望通りの現場に転職したとしても、そこで自分の希望通りの年収条件が通らないことがほとんどのはず。

薬剤師でなくても、一つの職場に長く働き続けると、だんだん年収は高くなっていきます。

短期的に職場を転々としていると、じょじょに年収が下がっていく…なんてことはよくあることなのです。

転職を繰り返していると、同い年の薬剤師より年収が低い…なんてこともよく聞きます。

男性は特に転職で不利

女性は、結婚や出産など、人生の場面場面で転職を繰り返さざるを得ない人も多いです。

そのため、男性と女性でいうと、転職を繰り返す女性の方が印象は悪くありません。

つまり、女性薬剤師は転職を繰り返していたとしても、その後の人生に悪影響を与えにくいということです。

もちろん、正当な理由もなく、ただ「合わない」という理由だけで転職を繰り返すような女性なら、後の人生に悪影響も出そうなものですが。

そして、転職を繰り返したのが男性となると女性より不利です。

あくまで採用担当者の印象が悪くなるから、という理由ですが、転職を繰り返すと採用率が低くなっています。

まだまだ日本社会で働く男性は、「ひとつの職場で長く働くべき」という常識のなかで働いているからです。

転職を繰り返した薬剤師は、よほどしっかりした理由がない限り、転職を成功させるのが難しくなってきます。

転職を繰り返した男性はとくに、気をつけてください。

転職を繰り返す人はどうして転職を繰り返すのか

転職を繰り返す薬剤師は、どうして転職を繰り返してしまうのか。

その理由を紐解いていくと、その理由が次回の転職で不利になることもわかってくるはずです。

給料が低い

多くの薬剤師が、「前の職場の給与が低い」といって転職を行います。

しかし、給与が低いという転職理由は、次回の転職でも敬遠される転職理由です。

なぜなら、「給与条件のいい職場が見つかり次第仕事を辞めてしまう」という印象を持たれるからです。

本当に給与に不満があって仕事を辞めたとしても、その理由は正直に言わず心に秘めておきましょう。

人間関係が悪い

よくある転職理由に「人間関係」を挙げる人が多いですが、人間関係で転職する人も基本的に転職で嫌がられます。

この人間関係に不満を持つ人は、自分から「コミュニケーションスキルがない」と言っているようなもの。

採用担当者が、コミュニケーションスキルの乏しい人を採用するわけもありませんから、人間関係の不満を転職でアピールするのもかなり危険でしょう。

忙しくて自分の時間が取れなかった

前の仕事が忙しかったから転職する…というのもあまり良くありません。

よほど悪い女権の職場で働いていたのでない限り、「忙しかった」というのはマイナスアピールでしかありません。

忙しかったアピールは、「自分は仕事を処理する能力が低い」というアピールとも取れるので、採用担当者に悪い印象を与えてしまいかねません。

転職を繰り返してもそれを武器にする

転職を繰り返してしまっている薬剤師が考えるべきなのは、「繰り返した転職をいかにプラスへ持っていくか」です。

薬剤師が繰り返した転職は、伝え方によっては採用担当者に好印象を与えるプラスの要因にすることができるのです。

繰り返した転職でいい経験を積んだアピールをする

たとえば、今まで調剤薬局やドラッグストア等、多彩な職場で勤務した経験があるとします。

それならば、「ドラッグストアで販売やお客さんとの接し方を学んだ」「その経験が後の調剤薬局勤務で糧となった」ことを伝えれば、転職活動においてプラス要因となるのです。

問題は、繰り返した転職経験の伝え方です。

薬剤師は転職を繰り返してもいいという意見もある?

実際に転職を繰り返した人が書いたブログにも書いてありましたが、転職を繰り返した時点で薬剤師は転職できない、というわけでもありません。

問題は、その転職経験をいかに未来にプラス変換できるかということです。

薬剤師業界は、転職市場が活発な業界。

若いうちに2度や3度、転職を繰り返したところで未来に大きな影響はありません。

しかしくれぐれも、未来を見据えた転職を行って下さい。

転職回数が多い薬剤師は転職サイトのキャリアコンサルタントに相談

すでに何度か転職を繰り返してしまっている薬剤師は、転職において今後の展望をしっかり考えていかなくてはいけません。

しかしその転職活動の計画は、自分ひとりで決めてしまうのもリスクです。

「すでに転職を繰り返しているが、今後どのように動くべきか」

を決めるときは、薬剤師転職サイトのキャリアコンサルタントと話しあって決めて下さい。

最後に、キャリアコンサルタントが優秀な薬剤師転職サイトを具体的に紹介します。

マイナビ薬剤師

人材大手企業「マイナビ」の薬剤師転職サイト、マイナビ薬剤師はやはりすごいです。

豊富な求人数、優秀なキャリアコンサルタント、過去の転職実績、どこをとっても一流。

特にはじめての転職ならば、マイナビ薬剤師に登録して転職するのをおすすめします。

マイナビ薬剤師の評判の真相は?口コミから分析するメリットデメリットを徹底解説
「マイナビ」といえば、転職サイトをはじめあらゆる分野のサイト運営でおなじみの一大企業。 そのマイナビが運営する薬剤師向け転職支援サイトが「マイナビ薬剤師」です。 人材関連事業の古株マイナビの薬剤師専門転職サイトということで、その...

ファーマキャリア

オーダーメイド求人で有名なファーマキャリアもおすすめです。

たとえ、多少転職を繰り返していたとしても、「こんな求人が見たい」という薬剤師の要望に応えてキャリアコンサルタントが交渉などで求人をなるべく整えてくれます。

ファーマキャリアに、「多少転職回数が多くても採用される求人」を希望してみましょう。

ファーマキャリアの評判の真相を徹底解説!口コミから分かるサービスの全貌とは
ファーマキャリアは、株式会社アデブティマが運営する薬剤師専門の転職エージェントです。 独自の「オーダメイド式」というシステムを採用している、独自の転職エージェントとして、多くの薬剤師から高い人気をほこっています。 薬剤師のみなさ...

まとめ

いかがだったでしょうか。

転職を繰り返している薬剤師のために、今回は転職対策を一緒に考えていきました。

多少転職を繰り返していたとしても、その転職経験をプラスに運ぶくらいの意気込みで転職活動を行って下さい。

コメント