薬剤師の転職はいつからやるべき?スムーズな転職の流れは?

悩む薬剤師 薬剤師の転職

転職を考えた薬剤師は、「次の仕事を探す」のと同時に「今いる職場を辞める」ことになります。

薬剤師は転職活動で見つけた新しい職場に移って働きだすことになります。

この「仕事探し」と「上手な退職」を同時に行うとなれば、結構早めに動かなくてはいけないはずです。

転職活動における「次の仕事探し」と、「今の仕事を退職」する時いつから準備するのがベストなのでしょうか。

はじめて転職する薬剤師ならなおさら、スムーズな転職活動のために「いつから転職活動をはじめるか」はしっかり把握しておきたいですね。

薬剤師にしって最適な転職のタイミングを知っておきましょう。

いつから転職するべきか?はまず自分のスタートラインしだい

「いつから転職活動をはじめるべきか」で悩んでいる薬剤師は多いですが、実はその答えを握っているのはあなた次第。

どのように転職活動をはじめるかで、いつから動き出すかが変わってきます。

転職活動はその後の人生に大きく影響を及ぼすもの。

できれば、計画を立てて、その計画に沿ってじっくり行うべきです。

転職活動を行うと今後どうなっていくか、自分の状況がどのように変わっていくか、それに尽きます。

退職してから次の仕事を探す?

意外と多いのが、「退職してから転職活動を行う」という人です。

退職してから行う転職活動は、かなり自分の自由が効くというメリットがあります。

求人探しから、面接など、転職活動のあらゆるものにじっくりと時間をかけられます。

しかし、退職したことで収入が完全にストップしてしまうので、この「退職後転職」が許されるのは実家住まいなど、経済的に余裕がある人に限られてくるでしょうか。

履歴書の空白期間が生まれる

退職後転職のデメリットとしては、どこにも在職していないという「空白期間」が生まれてしまうことでしょうか。

その後すぐ仕事が決まり、転職活動を短期間で終わらせられれば良いですが、転職活動が長くなると薬剤師のキャリアに穴が空くことになります。

すでにその後長いキャリアプランを考えている薬剤師なら、この「キャリアに穴が空く」のは耐えられないことでしょう。

現職を続けながら転職活動する?

現職を続けながら転職活動を行う人も多いです。

もちろん「一刻も早く今の仕事を辞めたい」と考えている薬剤師には、この選択肢を選ぶことはできません。

しかし余裕がある薬剤師には、この現職を続けながらの転職活動をおすすめします。

現職を辞めないで転職活動を始めれば、収入も途絶えることなく、キャリアにも穴が空くこともなく、安全に転職活動を進めることができるのです。

ということは、「いつから転職活動をはじめるか」を考えた時、まずひとつ目の答えが「なるべく早め」ということができるかもしれません。

薬剤師転職サイトを使えば在職中の転職が可能

薬剤師転職サイトを使えば、在職中の転職活動がより現実的になります。

なぜなら、薬剤師転職サイトに登録することで、一人ひとりに担当のキャリアコンサルタントがつくからです。

キャリアコンサルタントに相談しながら転職活動を行うことで、時間を無駄にしない転職活動が可能なのです。

時間のかかる求人探しから、応募先企業との細かいやり取りまですべてキャリアコンサルタントが肩代わりしてくれるはず。

薬剤師が転職をはじめるベストタイミング

薬剤師が転職活動をはじめるのがいつからか決める時に、薬剤師の転職活動をはじめるベストタイミングがいつなのか知っておくのも大切です。

薬剤師求人は通年通して多く出回っていますが、転職活動を行う時期によって転職活動の方向性がまったく変わってしまいます。

求人が多い1月~3月

やはり求人が多く出回る時期は転職市場も盛り上がります。

企業の人事異動が行われる時期、4月に向けて求人を出す企業も多く、求職者の多くが「ボーナスをもらった後に転職」を考えるからです。

一年のなかでもっとも求人が多くなるのはやはり1月~3月の時期。

または年度が切り替わった9月ごろも求人が豊富です。

しかしやはり1月~3月と比べるとその数は目減りします。

この時期に出る求人は、高給与高待遇の優良求人も多く出回るので、この時期転職活動をはじめる薬剤師は多いです。

他の時期には求人が出ない有名企業の求人も出るので、この時期の求人はぜひチャックしておきたいです。

逆にライバルが少ない6月~10月

上で説明した求人が多く出回る時期の転職活動は、確かに選択肢が多くおすすめできます。

しかしやはり、求人が多く出回るからこそ、転職を考える薬剤師が多くなるということはつまりライバルも多くなるということです。

「どこでも転職できる」という、スキルフルな薬剤師なら良いですが、ほとんどの薬剤師はそんなこともないはず。

少しでも転職の難易度を低くしたいと考えている薬剤師には、求人が多く出回らずライバルも少ない6月~10月ころの転職活動もおすすめです。

ボーナスをもらった後転職

転職を考える薬剤師としては、できればボーナスをもらったあと転職したいと思うもの。

退職する会社の心象としては決して良くないでしょうが、8月、1月などボーナスをもらってから転職活動をはじめるのもおすすめです。

会社によっては退職時期でボーナスがもらえたりもらえなかったりするので、事前にしっかり就業規則を確認しておきましょう。

結婚、出産などライフステージが変わった時に転職

女性が多い薬剤師業界ですが、結婚、出産などライフステージが変わった時に転職するのはおすすめです。

転職して、今の状況でも働きやすい職場で勤務しましょう。

思いたった時転職はリスキー

様々な事情で「転職したい」と思っいたったそのタイミングで転職する薬剤師も多いはず。

しかしその思い立ったタイミングで転職するのは、転職のミスマッチを起こすなどのリスクがあるので危険です。

転職活動はその後の人生をガラッと変えてしまうもの。

できれば長期的な計画をもって、その計画に沿った転職活動を行いましょう。

人間はいつも、むしゃくしゃしてやった行動は失敗につながってしまうものです。

スムーズな転職活動の進め方のススメ

さて、ここまで薬剤師の転職時期について多少わかったところで、いざ実際に転職活動を行う時効果的な転職活動の進め方について調べておきましょう。

転職活動を正しい流れで進めないと、いくら有能でも、いくら転職しやすい条件を持っている人でも、転職を成功させることはできません。

転職活動の進捗度合いによって、やるべきこと、考えるべきことの内容は変わってくるのです。

具体的にどう変わるのか?

紹介します。

1.薬剤師転職サイトに登録

まず何はともあれ最初にやるべきなのはやはり、薬剤師専門転職サイトに登録することです。

薬剤師専門転職サイトに登録することで、担当のキャリアコンサルタントが利用者の転職活動をサポートしてくれるので、転職活動の負担がかなり軽くなります。

自分がどのように働きたいと思っていたとしても、この薬剤師専門転職サイトを活用するという部分は変わりません。

薬剤師がどんなキャリアプランを思い描いてたとしても、薬剤師専門転職サイトの有用性は変わりません。

2.自分の中で転職の希望条件を固めておく

1の薬剤師専門転職サイト活用とほとんど同時くらいで、転職する薬剤師のにとっての「自分の転職目的」をしっかり固めておきましょう。

転職に際してどんな希望を持っているのか。

年収か、仕事のやりがいなのか、勤務環境なのか。

以前の職場の不満点を併せて考えておきましょう。

自分のなかで「どうして転職したいのか」ということを考えないと、より良い転職はできないのです。

3.キャリアコンサルタントとしっかり会話

2で考えたことをふまえて、登録した薬剤師専門転職サイトのキャリアコンサルタントとしっかり会話してください。

この時の会話内容で、その後の転職活動の内容が変わってきます。

キャリアコンサルタントから希望した条件に合わせた求人の提案、応募した求人の詳細、面接対策など、転職活動におけるあらゆるサポートを受けることができます。

その後の転職活動で過不足がないように、あなたの気持ちは正直に洗いざらい伝えておいてください。

4.面接準備、退職準備

キャリアコンサルタントと話し合って、応募する求人を決めたら、その求人に応募して面接の準備をはじめます。

前職からどのような理由があって転職したいのか。

面接でそれをどのように伝えればいいかまで、キャリアコンサルタントに聞いてみて下さい。

そしてそれと同時に、転職を見越した退職準備もはじめて下さい。

とはいえ、まだ転職時期は不確定。

本格的に退職準備を行うのは少し待って下さい。

5.内定が出る

応募先企業との面接で内定が出れば、もう転職活動の終わりまで後一歩です。

内定は、登録した転職サイトを経て登録者に連絡が来ます。

6.会社に退職の意思を伝える

現職の職場に、「退職したい」という意思をしっかり伝えてください。

しかしありがちなのが、現職の引き止めです。

引き止めに応えると、たとえ多少良い条件を提示されたとしても、ぎすぎすして働きにくい雰囲気の中働くことになります。

誰にとっても引き止めに応じるのは幸せではありません。

上司から退職を引き止められてしまった!残るべき?退職するべき?
あなたは入社してから何か月、何年経過しましたか?大昔のように、1度入社を決めたら定年まで働く。 そんな時代は終わりをつげました。 そして時代は変わり昔に比べ転職は、ずいぶん簡単にできるようになりました。 それはハローワーク...

7.退職・引き継ぎ

上司に退職の意思を伝えたなら、あとは本格的に退職です。

現在の仕事の引き継ぎを行って、立つ鳥跡を濁さない退職を行いましょう。

この時、転職先の職場に退職時期の相談をしっかり行っておきましょう。

正社員としての転職なら、数ヶ月先の転職でも「良い」と言ってくれる可能性があります。

しかし退職する現職と転職先との兼ね合いをしっかり考えながら、転職時期を決めていきましょう。

そして、転職後の年収の交渉も、キャリアコンサルタントにしっかりやってもらって下さい。

薬剤師転職サイトならベストな転職サポートを行ってくれる

あらゆる転職したい薬剤師は、薬剤師専門転職サイトを利用するべきです。

薬剤師専門転職サイトを使えば、薬剤師一人ひとりに合わせて適した転職サポートを行ってくれるからです。

年収アップ、キャリアアップ、勤務環境改善、転職する上ですべての希望に沿う形での対応が可能です。

薬剤師の「いつから?」にも応えてくれる

薬剤師専門転職サイトのキャリアコンサルタントなら、転職する薬剤師の「転職活動はいつから?」の疑問に応えてくれます。

いつ転職活動を本格的にはじめて、いつ退職準備をして、いつから次の職場で働き始めるのか。

その目安をおおよそですが教えてくれるはずです。

おすすめ薬剤師専門転職サイト:ファーマキャリア

利用者の希望通りの求人を交渉で作ってくれる「オーダーメイド求人」が有名なファーマキャリア。

他の薬剤師専門転職サイトに、自分が希望する通りの求人が見つからなかったなら、ファーマキャリアへの登録がおすすめです。

人によって、キャリアコンサルタントの連絡、サポートが「しつこい」と感じる場合があるようなので注意してください。

キャリアコンサルタントからの連絡、サポートはちょっと強引なくらいのほうがいいと思っている方におすすめ。

いつから転職活動をはじめるべきか、しっかり決めかねている薬剤師はまず、ファーマキャリアのキャリアコンサルタントに聞いてみませんか?

ファーマキャリアは使うべき?利用者の評判・口コミから強みを解説
ファーマキャリアは、株式会社アデブティマが運営する薬剤師専門の転職エージェントです。 独自の「オーダメイド式」というシステムを採用している、独自の転職エージェントとして、多くの薬剤師から高い人気をほこっています。 薬剤師のみなさ...

おすすめ薬剤師専門転職サイト:マイナビ薬剤師

薬剤師専門転職サイトとして大手サイトといえばやはり「マイナビ薬剤師」も外せません。

キャリアコンサルタントに高い評判があるマイナビ薬剤師なら、転職活動時期に悩んでいるような迷える薬剤師でも、きっと正しく転職活動を進めることができるはずです。

過去の転職成功実績から、マイナビ薬剤師の転職サイトとしての優秀さを垣間見ることができます。

マイナビ薬剤師もキャリアコンサルタントの対応の丁寧さが魅力なので、特にはじめて転職しようかという薬剤師におすすめです。

マイナビ薬剤師は特徴とは?利用者の口コミ・評判から強みを解説
マイナビが運営する薬剤師転職サイト、マイナビ薬剤師の使い勝手について説明したページです。マイナビ薬剤師のコンサルタントは優秀か、マイナビ薬剤師の求人情報は多いのか、質は高いのか、それぞれ解説します。

まとめ

いかがだったでしょうか。

「転職活動はいつから?」と悩んでいる薬剤師のために、転職活動開始時期、効果的な転職活動の進め方をご紹介しました。

転職活動をいつから行うか、どのように進めるかは、その人の現状や希望などでも変わってきます。

しかし適切な転職時期を逃さないよう、薬剤師専門転職サイトを活用して確実な転職活動を行って下さい。

コメント