独学で薬剤師資格は取れるのか?薬剤師になるため必要な条件とは?

管理薬剤師の求人で注意すべきこと薬剤師の転職

薬剤師は魅力的な資格です。

持っていれば普遍的につぶしが利く、働く場所を選ばないなど、薬剤師の魅力は多いです。

人によっては、ある程度大人になってから「薬剤師になりたい」と思う人もいるのでは。

そんな人が、果たして自分の力のみで、独学で薬剤師資格を取ることができるのか。

今回はそこを調べていきましょう。

薬剤師になるには薬剤師資格必須

薬剤師になるためには、薬剤師の国家資格を持っていることが絶対条件になります。

国家資格なので、難易度の高い資格なのは間違いないのですが、問題なのはその薬剤師試験の受験資格です。

独学で薬剤師資格が取れるか云々よりまず、試験を受験する資格を取れるかどうかが争点になるのです。

薬剤師の国家資格試験受験には「6年製薬学部」を卒業しなくてはいけない

基本的にもし、「こらから薬剤師資格を取る」と思ったなら、6年制の薬学部を卒業しなくてはならなくなります。

薬学部に入学して、6年間薬剤師の勉強をして、その後ようやく薬剤師試験の受験資格をもらえるのです。

薬剤師試験に合格するかどうかは、また別問題なのです。

薬剤師には高い入学料、授業料がかせられます。

また後ほどいいますが、もし現在社会人の人で「薬剤師になりたい」と思ったなら、現在の状況をまるきり変える覚悟が必要になるのです。

薬剤師法改定で受験資格が厳しくなった

以前は、4年制の薬学部を卒業していれば、薬剤師試験の受験資格を得ることができました。

しかし薬剤師法の改定により、受験資格の制度が厳しくなり、6年制の薬学部卒業が受験のために必要な条件となったのです。

薬剤師法改定の理由としては、近年の医療現場の技術発展により、薬剤師に求められる知識と技術が増えたことが挙げられます。

調剤の知識だけでなく、実際の現場で働くための実務実習を行うとなれば、とても4年では足りないと判断されたのです。

薬剤師試験受験云々ではなく薬剤師は独学でなんとかなるものではない

薬剤師受験資格が無いとか、そういった話以前に、薬剤師試験の内容は難しすぎて独学ではとても知識を取得できるものではありません。

通常の大学入試など、一般的な試験との難易度は違いすぎて比較になりません。

薬剤師の国家資格は実践的で実務的な知識が求められ、実務の知識はとても独学で勉強できる内容ではありません。

薬学部が意味なく6年という長い学習期間を設定しているわけではありません。

薬剤師に年齢制限はない

とはいえ、「何歳までしか薬剤師になれない」という年齢制限があるわけではありません。

薬剤師の資格さえあれば、何歳だろうと薬剤師になることが可能です。

現に、社会人経験がある薬剤師も存在します。

これから独学で薬剤師になる方法

もし、これから独学で薬剤師になることを考えている方がいるとしたら、どのような手順が効果的か。

完全独学では薬剤師になるのが難しいですが、どんな努力で薬剤師資格を取ることができるのか。

薬剤師資格取得までの道筋を調べておきましょう。

独学で6年制薬学部を卒業して薬剤師に

一番ポピュラーで現実的な方法です。

独学で、6年制薬学部に入学して、そこで6年間学習した後、薬学部を卒業後薬剤師試験に合格する、という流れです。

これから薬剤師になろうと思うなら、この方法が一番適している方法でしょう。

薬剤師法改定前に4年制薬学部卒業後薬剤師に

このやり方は、「薬剤師法改定前に4年制薬学部を卒業している」という人のみに許された方法です。

2017年度までなら、4年制薬学科を卒業した後大学院へ進学して、規定の単位を取得すれば国家試験受験資格を手にすることができました。

つまり、「薬剤師法改定前に4年制薬学科を卒業して、規定の単位をとっておき、薬剤師試験に合格する」という、かなり難しい方法で転職することになります。

独学で外国の薬剤師免許取得後薬剤師に

この方法が一番難しく、現実的な方法ではないのですが、「外国の薬学科を卒業する」「外国の薬剤師試験に合格する」という方法で、薬剤師になる方法があります。

これなら、厚生労働省が定めた、「6年制薬学科過程を修めて卒業したものと同等以上の学力、技能を有する」という条件をクリアすることができるのです。

社会人が独学で薬剤師になることは可能か?

さて、「独学で薬剤師になれるか?」というのが気になっている人の多くが、「社会人から薬剤師になれるか?」が気になるのではないでしょうか。

はっきり言って、「社会人の状態を維持しつつ薬剤師になる」のはかなり難しいと言わざるをえません。

なぜなら、社会人として働きながら通える薬学科がないからです。

社会人から薬剤師になるには、一度社会人という身分を捨てて、薬学科に入学するための資金と、授業料、そして薬剤師試験の受験料を準備しなくてはならないのです。

この条件をクリアできる人は、かなり限られるのではないでしょうか。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、「独学で薬剤師になれるのか?」という疑問に答えていきました。

お伝えしたとおり、完全に独学で薬剤師になるのは難しいというか、実質不可能です。

今から薬剤師になりたい、と思ったならなるべく早く6年制の薬学科に入学して、薬剤師の勉強を初めて下さい。

こんな薬剤師転職サイトは選ぶな!と言われがちな特徴とは?ほんとうにおすすめのサービスとは
薬剤師が転職を考えた時、利用するべきなのが「薬剤師専用の転職エージェント」です。 薬剤師業界に特化した転職エージェントを利用することで、専門性の高いキャリアアドバイザーの支援を受けながら、効率的な転職活動を行うことができます。 ...

コメント