50代の薬剤師でも転職できる!転職を成功させるコツとは

高齢の薬剤師薬剤師の転職

一般的な転職では、年齢による転職のピークがありますよね。

よく言われるのが「20代後半が転職にベストな時期」「転職活動を行うのであれば30代がラストチャンス」など、転職と年齢の関係性は切っても切れません。

その転職ベスト年代を過ぎると、転職サイトで紹介される求人はガクッと減り、敬遠されることから、年齢を追うごとに転職が難しいと言われているのです。

50代の薬剤師でも転職を考える人は多く、また薬剤師業界が人手不足であることから50代を迎えてからの人気が出てきているのです。

子育てなどでブランク有りや、調剤未経験で転職を考えている人など、50代から転職を考える人は少なくありません。

今回は、50代からでも未経験の薬剤師業務に従事することは可能なのか?

目次

50代薬剤師の転職は、今がオススメ?

薬剤師業界は、慢性的な人手不足により売り手市場とも言われています。

高齢者の増加による薬局やドラッグストアの増加により、大幅な薬剤師の増員が必要とされているのにも関わらず、大学の薬学部において4年制から6年制への変更による影響で薬学部の人気が低迷しているのです。

需要があるのに供給が間に合っていない現状です。

そのため薬剤師はどこも不足しており、50代で薬剤師の転職を考えているのなら今すぐ行動を起こすことが大切です。

50代薬剤師の転職は可能なのか

一般的な50代と言えば、役職について部下のとりまとめであったりや、長年勤めてきたノウハウを生かして後進の育成などに努める、といったイメージが大きいと思います。

そのため50代の転職というのは、いまいちイメージが掴みにくい部分もありますよね。

いくら薬剤師業界が売り手市場とはいえ、50代で薬剤師転職は可能なのでしょうか?

確認していきましょう。

50代でも薬剤師への転職はできる!

結論から申し上げますと、50代からでも薬剤師が転職することは可能です。

しかし冒頭でもご紹介した通り世の中の勤めている50代と言えば、ある程度ポジションがあり、あとは定年に向かってラストスパートに差し掛かっている方も多いですよね。

そのため転職活動を考える人はあまり多くは無く、薬剤師であっても「全く転職できないわけでは無い」が、「ある程度覚悟をもって転職活動をすることを強いられる」といえるでしょう。

やはり転職市場は、年齢が若ければ若いほど需要が高い傾向にはあります。それは薬剤師転職にも当てはまります。

50代薬剤師の転職の理由は?

そもそも50代で薬剤師転職をしようと決めた方は、どのような理由で薬剤師転職を決めたのでしょうか?

当サイトで行った50代で薬剤師転職活動を行った方の口コミを元に、50代薬剤師転職希望者のよくある転職希望の理由をご紹介いたします。

調剤経験を積みたい

薬剤師転職において未経験からの調剤薬局薬剤師を考える人の多くは、調剤経験を積んでおきたいと考えるケースが多いです。

その理由には、下記のようなケースが考えられます。

調剤薬局なら定年後も再雇用されやすい

50代が調剤未経験にも関わらず、わざわざ新たに調剤薬剤師に挑戦したいという行動には、再雇用というポイントがありました。

薬剤師の資格を活かした職業は薬局に限らず、企業の薬剤師や薬剤師資格を活かしたMRなど、活躍の場も様々ですよね。

そういった企業で活躍する薬剤師は、大抵が定年を迎えると定年退職を余儀なくされます。

しかし調剤薬局などでは定年を迎えてもそのまま再雇用をされ、働き続けることができる可能性が非常に高いのです。

「定年を迎えた後ももう少し働きたい」

「お金の心配があるから、資格を活かして長く働けるところに行きたい」

という薬剤師も多く、結果調剤未経験の薬剤師によるキャリアチェンジで、新たに調剤薬局などに転職希望を出す薬剤師が多いのです。

薬剤師として調剤薬局の経験もしておきたい

前述で紹介した企業の薬剤師が、老後に備えてキャリアチェンジのために転職を希望する方も多いのですが、調剤薬局に転職希望する薬剤師には、定年後の再雇用対策の他にも希望する理由があります。

それは特に製薬会社の研究職やMR、治験コーディネーターなど、薬剤師としての資格を活かして働きながらも、直接調剤に関わらないという薬剤師が、50代という今後のキャリアの選択肢を考えた際に「薬剤師として調剤の経験をしておきたい」と考えるケースも多いようです。

ブランクから復帰したい

産休・育休などを取得したことで暫く薬剤師業務から離れていた方が、子育ても落ち着いて薬剤師復帰をしようと考える方もいます。

産休取得後に暫く子育てに専念していたが、子供が大きくなって自分の手から離れたときに仕事復帰を考える方も多いため、50代で薬剤師復帰をされる方にはそのような理由の方が多いです。

薬剤師はいわば「手に職」。薬剤師資格を持っており、調剤経験があるのなら仕事復帰もそう難しくはないと考えられがちです。

調剤報酬は年々変化しており、制度も変化してきます。また同時に時代が進むにつれて新薬も登場するたびに自分の中の知識をアップデートしなくてはなりません。ただブランクがあったとしても、日々しっかりと勉強をしていれば問題ありません。

定年後の未来を見据えて働きたい

老後の生活を長期的に考える方にとって気になるのが、「定年後の働き方」です。

もし今の会社が定年後働きにくい会社なら、定年後も安定して働ける職場に転職しようと考える50代薬剤師も多くなってきます。

確かに、例えば薬剤師の人数自体が少ない地域などで仕事を探せば、60代、70代と安定して仕事ができる職場を見つけることは難しくないです。

年齢的に夜勤が辛い

急性病院で働く薬剤師なら、夜勤で働くことになる場合も。

しかし50代ともなると、夜勤は少し身体的に厳しい場合も。

人によってはそうした、「夜勤が辛い」という理由で転職を考える50代薬剤師もいるということです。

何故50代の薬剤師転職は難しいのか?

50代の薬剤師の転職の難易度は

では、何故「ある程度覚悟をもって転職活動をすることを強いられる」のでしょうか?

それには50代特有の転職時における問題がありました。

そもそも年齢から「扱いずらい」と敬遠されてしまう

転職市場で重視されることは「即戦力で活躍出来て、長く働いてくれる」という点です。

長期的に働きながらキャリアアップをしてもらうため、必然的に求める年代が若手となってしまうのです。

また職場には50代ばかりのようなベテランが揃っている職場もあれば、20代の新卒薬剤師やベテランの薬剤師が一堂に働いているといったように、職場によって薬剤師の年代は違いますよね。

50代で新たに薬局に入職するとなると、若い薬剤師が多い薬局ではいきなり最年長ということも無いとは言えません。

そうなると他の若手薬剤師たちとの職場環境に馴染めるかどうか危惧され、採用を見送られたりする可能性もあります。

薬剤師同士の労働環境や人間関係も考慮した上で、年齢も転職選考時に加味されます。

50代の薬剤師採用が敬遠されがちなポイントとは

採用側も、ただ50代を毛嫌いしている訳ではありません。

もちろん短期的な即戦力としてや経験豊富な50代を歓迎しているところもあるので、一概に50代は薬剤師転職が難しいとも言えません。

しかしいざ仕事となると、若い世代とベテランでは仕事が同じように行くとは限りません。やる気だけではどうしてもカバーしきれない年齢特有の問題も出てくるでしょう。

年齢の問題は、どうしても抗えませんよね…。

勿論、50代だから絶対仕事が出来ない!というわけではありません。

ここからはどういったポイントでベテランが敬遠されるのかをご紹介していきます。

機械操作が分からない

年齢が高めであればあるほど、機械操作などでは取り扱いが難しいことやそれらに対する苦手意識があると思われがちです。

そのことから50代を採用しても「仕事が出来ないのではないか」と思われる可能性もあります。

調剤業務の中では機械を使った業務も多数あります。

最近はお薬手帳の電子化が進んでおり、PCを使用した作業も多いですよね。

他にも薬の分包機の作業なども担当することも多いでしょう。

人間は年を取るにつれて、そういった機械を使用した作業が苦手になる傾向があります。

しかしこういった作業を省くこともできないため、機械操作に抵抗が無い若手が優遇されやすいという理由もあります。

最初の作業では、業務になれるために分包作業を任されることも多いため、PCでの作業はその間に覚えていくこともできますが、その分包作業も苦手だと薬剤師として担当する仕事が無くなってしまいます。

年下の上司となることもしばしば

中には、教育係の先輩社員が年下となることもあるでしょう。今の時代はそこまで敬遠はされないものの、「年上とわかると注意がしづらい…」と感じるケースもあります。

年齢に捉われず、初心を忘れずに取り組むことが大切です。

働ける期間が短い

転職市場では即戦力かつ、その職場で長期的に働いてくれるということを重視しているということはもう再三紹介しましたよね。

その時求める人材にもよりますが、50代での薬剤師転職では他の若い薬剤師と比べると働ける期間が少なくなってしまいます。

特に募集時に長期的に働いてくれる人などを求めていた場合には、50代で長期的に働くということは少々難しくなってしまいます。

そういったことも50代が敬遠されてしまうことの理由の一つと言えます。

50代で調剤未経験で転職はとても大変

50代の調剤未経験での薬剤師転職を希望される方が増えているとご紹介いたしましたが、50代で全くの調剤未経験で調剤薬局として働くのは、やはり簡単なことではありません。

それまで病院や薬局などで薬剤師として働いていればギャップも少ないですが、ちょっとでもブランクがあるとなると、制度や新薬などに対応していくのに時間がかかります。

企業での薬剤師や全くの異業種からの転職であると、余計にわからないことも多いでしょう。

例えば、以下の三つが一致しないといけません。

  • 医薬品名
  • 一般名
  • 薬効

これらがわかっていないと、一般名の処方箋を確認する際に医薬品の薬名が分からないです。

また投薬の際に、服用方法・効果などを説明しますが、それらは薬剤情報提供文書を見せればよいですが、そこから副作用なども説明をしないといけません。

間違いが起こらないためにも、こういった一つひとつの情報を頭に入れて把握しておかないといけないため、相当の努力が必要となります。

50代で薬剤師転職に成功した人の経験談は?

悩む薬剤師

実際に50代で薬剤師転職を考えた方の実体験って気になりますよね。

転職成功した薬剤師さんたちはそれぞれどのような方法で50代の薬剤師転職活動を成功させたのでしょうか?

ここからはサイト独自に調査した、50代で薬剤師転職活動に成功した方の口コミをご紹介いたします。

RUさん 千葉県 55歳

長年、病院薬剤師として勤めていましたが、体力に限界がきてしまい泣く泣く退職をしました。

しかし年金支給までのもう少しの間も働きに出たいと考えていましたが、もう病院勤務はできないので体調に影響が出ないよう、体力的に厳しくない他の職種を考えていました。

ですがこの年で初めての転職活動でしたので、何をどうすればいいのかも分からずにおり、とりあえずネットで検索して上に出てきた転職サイトに登録をしました。

年収が下がるのも覚悟、体調を考慮しながら少しでも長く働けるように…と相談員?の方に話を聞いてもらったところ、医薬品卸での管理薬剤師の仕事を紹介してもらいました。

まさかこの年で企業で働くとは思ってもいなかったので最初は戸惑ったものの薬剤師の資格も生かすことが出来て、夜勤もなく休みもきちんと取れるのでとても助かりました。

AMさん 東京都 51歳

MRとして働いていましたが、あるタイミングから社内が若手中心体制に変わったことや、営業成績が上手くいかなくなったりなどし、気づいたら窓際族となっていました。

精神的にも参っていましたが、子供の学費などもあるためまだドロップアウトするわけにもいかず悩んでいました。

その時に調剤薬局に努めている知人から人を探していると言われて紹介してもらいました。

薬事制度や調剤のことが全くわからないですが、ずっとMRとして働いていたものですから…この年で未経験でもできるものなのか?と心配ではあったものの、ノルマも無く、夜中まで働き詰めになるということもないとのことなので新たに調剤薬局で働くことになりました。

最初は覚えることも多く困惑もしましたが、患者さんに直接調剤や服薬指導を行うことは、MR時代の営業が生かされていると感じます。

MSさん 愛知県 53歳

前職では調剤薬局に努めており、親の介護のため退職をしました。4年ほどのブランクもあり、年齢のことも考えるともう雇ってくれるところはないかもと心配もありましたが…。

やはり求人には40歳以下と書いてあるところが多く、なかなか面接までこぎつけることができませんでした。年齢はやはり厳しいですね。

転職サービスなども登録してみたりしましたが、この50代過ぎるパートなら…と言われることが多かったです。現実は厳しいですね。

50代の薬剤師転職にオススメの職種は

薬剤師と一括りにしても、薬局やドラッグストア、MRやCRCなどの企業薬剤師など、活躍できる場は様々ありますね。

未経験で調剤は難しい…など、いろいろ考慮することはありますが、50代で薬剤師転職を行う際にはどの職種がおススメでしょうか?

ここからは50代の薬剤師転職にオススメな薬剤師が活躍できる職種をご紹介いたします。

50代薬剤師の転職には調剤薬局やドラッグストア

50代の薬剤師の転職には、調剤薬局やドラッグストアがおススメです。

薬剤師業界はドラッグストアなどが増えていることにより、薬剤師が足りない状況にあります。

そのため調剤薬局やドラッグストアなどは薬剤師転職にはうってつけであると言えます。

年齢も幅広く募集をかけているところが多いです。

医薬品卸や物流センターもねらい目

ドラッグストアなどが増えてきていることにより、そこに卸を行う医薬品卸や物流センターなども50代での薬剤師転職には狙い目の職種であると言えます。

医薬品卸や物流センターでは、各支店ごとに必ず管理薬剤師を配置しないといけない決まりがあることから、そういった企業での薬剤師としての受け皿もあるのです。

また求人票でも50代~70代などを対象に求人をかけているところもあります。

しかし卸や物流センターは都心部ではなく地方に勤務地があることが多い為、希望の勤務地がみつかるかどうかを確認しないといけません。

そこの問題さえクリアすればこういった形で薬剤師転職をすることもおすすめです。

また調剤をおこなうドラッグストアや調剤薬局は、調剤未経験であると難しい部分もありますが、医薬品卸や物流センターでは調剤を行わないため、調剤未経験でも安心して働くことが出来ます。

病院に転職は50代では難しい

病院薬剤師は、50代でも転職を行うことは可能なのでしょうか。

病院薬剤師の転職には、以下のポイントがあります。

  • 基本的に新卒採用がほとんど
  • 中途採用は欠員が出たときに補充

欠員補充でも募集されるのは1~2名程度であるため、求人公開された後には応募が殺到します。

加えて新卒採用文化が根付いているため、若ければ若いほど優遇されることから、50代での病院薬剤師転職は厳しいと言えるでしょう。

病院薬剤師は働きやすい?病院薬剤師の実情は?病院に転職する秘訣も紹介
薬剤師の就職先は多いです。 ドラッグストア、調剤薬局から、クリニック、病院まで。 そのなかで、確固たる理由のもと「病院薬剤師」として働き始めたあなた。 しかし、病院薬剤師の仕事は、様々な事情で病院特有の悩み、不満が発生しが...

派遣やパート、アルバイトの方が転職しやすい

50代の薬剤師転職を成功させるポイントの一つに、雇用形態を正社員に捉われずに、パートや派遣での働き方も視野に入れるということがあります。

そもそも薬局側は採用したら出来るだけ長く勤めてもらい、薬剤師にキャリアアップを図ってもらいたいと思うものです。

そのため転職市場では若いければ若いほど需要があります。

しかし仮に50歳を雇ったとしても、正社員として定年まで働いても残り10年。

同じく30歳の人を雇ったとしたら定年までは残り30年となると、どうしてもこの先長く働いてくれる若い方を優先してしまうのです。

しかしこれが正社員ではなくパートやアルバイト採用になると、50代でも求人の幅が増えていきます。

特におすすめの職場でもご紹介した調剤薬局やドラッグストアなどではパートや派遣での雇用形態が多く、働き口の選択も一気に広がります。

転職することを重視するのであれば、正社員やパートなど雇用形態に捉われないで転職活動を行うことをおススメします。

薬剤師の平均年収は?

そもそも50代薬剤師の平均年収はいくらぐらいなのでしょうか。

こちらでご紹介していきます。

50代薬剤師の平均年収はいくら?

50代前半と後半の平均年収をご紹介いたします。

年代年収
50~54歳598.3万円~708.3万円
55~59歳592.4万円~702.4万円

調剤薬局・MRなどで平均年収は大きく差がある

薬剤師と一括りにしても、調剤薬局にドラッグストア、企業薬剤師と呼ばれるMRやCRCなど、薬剤師の中でも活躍の場は多岐にわたります。

また調剤を主に行う調剤薬局やドラッグストアと調剤は行わないで営業がメインとなる企業薬剤師のMRなどでは、インセンティブなどの問題でも大分差が開きます。

その為平均年収でもここまでの差が開いてしまうのです。

職場ごとの薬剤師の年収ランキング&平均年収

ランキング薬剤師の職場推定年収
1位製薬会社665万円
2位病院585万円
3位調剤薬局560万円
4位ドラックストア400万円

※2019年5月現在

一括りに薬剤師の平均年収といっても、職場ごとに仕事内容も給与システムも異なるので分かり辛いですよね。

当サイトが行ったアンケートと薬剤師転職サイトなどで紹介されている平均年収などを元に、薬剤師の職場ごとの年収ランキングを紹介いたします。

1位は製薬会社の665万円

薬剤師の年収ランキングの1位は製薬会社で665万円でした。

平均年収の推移は545万~900万円でした。

職種平均年収
管理薬剤師600~900万円
MR500~1000万円
研究開発職500~1000万円
治験500~800万円
薬事400~800万円
企業内診療所400~500万円
学術/DI400~800万円

製薬会社と一括りにしても、製薬会社ではいくつかの職種の薬剤師が活躍しています。

やはり製薬会社の要となる研究職や、営業を行うMRは業務成績により変動するため平均年収も多めの結果となりました。

2位は病院で585万円

薬剤師年収ランキングの2位は病院勤務の薬剤師の585万円でした。

平均年収の推移は400万~630万円でした。

薬剤師の中でも病院薬剤師の人気の理由には医療に直接関わることのできることや、専門性の高さですが、それに伴う夜勤などのハードな業務と天秤にかけると、若干年収が低いとも言えます。

3位は調剤薬局で560万円

薬剤師の年収ランキング3位は調剤薬局でした。

調剤薬局の平均年収の推移は470万~610万円でした。

4位はドラッグストアの400万円

4位はドラッグストアで400万円でした。

平均年収の推移は370万~470万円でした。

ドラッグストアごとの平均年収は?

ドラッグストアの平均年収は、主な薬剤師の平均年収では最下位という結果になってしまいましたが、実際にドラッグストアごとの年収はいくらぐらいなのでしょうか。

主要なドラッグストアの年収を調べてまいりました。

ドラッグストア年収
イオン薬局~800万円
ウエルシア薬局~700万円
マツモトキヨシ~700万円
ツルハドラッグ~600万円
クオール薬局~600万円
スギ薬局~600万円
薬剤師が転職で年収アップする条件とは?どんなスキルが必要なのか
多くの薬剤師が転職する理由で「年収アップ」を挙げます。 以前より良い条件の職場へ転職することで、以前に比べ多くの給与をもらおうというのが、「年収アップ目的の転職」です。 確かに、薬剤師業界は転職が盛んに行われる業界で、しっかりと...

50代で薬剤師転職の心構え

50代での薬剤師転職において「全く転職できないわけでは無い」が、「ある程度覚悟をもって転職活動をすることを強いられる」とお伝えしました。

ここからは薬剤師転職の成功のためにも、50代が薬剤師転職を行う際に認識しておくべきことをご紹介しておきます。

50代薬剤師に対するネットでの意見は?

ネットでは、50代薬剤師転職に対する意見はどのようなものがあるのでしょうか。

Twitterに寄せられた意見や当サイトによる口コミなどを元に、薬剤師転職時に気を付けておくことを確認していきましょう。

最初は「新人の気持ち」を忘れずに!なんでもやる精神

50代薬剤師が転職時に気を付けることの一番のポイントとして、自分の年齢を理解することが大切です。

また50代で入職をすると、下手をすると自分が一番年長者になってしまうこともあります。

そこで横柄な態度を取ってしまうと不信感を持たれかねません。

誰でも最初は新人で、年齢は関係ありません。どんな仕事も自分から率先して動き、教育係が年下でもきちんと先輩として敬いましょう。

ドラッグストア勤務 37歳 パート

……

50代の新人パートさんが入ってきましたが、何か教えても「難しいわ~」「年だから細かいことは覚えられないわ~」と拒否。自分が一番年上だとわかった瞬間に横柄な態度になるし最悪です。

ブランクがあるとかいってましたが、ブランクの間の新薬のことなどは分からなくてもまあ仕方ないとは思いますが、基本的なことが抜けていて、とても困ります。何を依頼しても「できない」の一点張りで、正直なんでこんな人を採用したのか不思議です。

絶対譲れない条件をリストアップする

50代の薬剤師転職は、20代、30代転職とは違い、いくつか条件ダウンを覚悟しなくてはいけないこともあります。

「50代でも転職できる」という条件を飲む代わりに、我慢しなくてはいけない要素もあるということ。

とはいえ、絶対に譲れない要素があるはず。

転職に際して絶対譲れない要素は、なんなのか。

「仕事内容」なのか、「年収」なのか、「勤務地」なのか。

自分のなかで希望条件をもう一度洗い出しておくことが大切なのです。

これは何歳の薬剤師転職でも同じことです。

機械の操作にも慣れておく

50代薬剤師の転職において、機械の操作がネックになることもあります。

調剤薬局においても、企業薬剤師においても機械の操作を逃れることが出来ません。

「年だから機械の作業はできない…」ということは通用しないのです…。

薬剤師への転職後、最初はなにかと覚えることが多く大変ですが、きちんと作業を覚え、率先してやる意識を持ちましょう。

給与が下がっても覚悟する

Twitterの口コミにもあるように、給与に関する認識の違いはとても危険です。

そもそも50代の薬剤師転職で給料アップを目指しての転職活動はほぼ無理です。

例えば病院薬剤師から調剤や企業の薬剤師への転職をするのであれば、病院薬剤師は元々の年収が低いので年収アップも狙うできなくはありませんが、年収は下がることを前提に転職活動へ臨むべきです。

求人先はいろいろ見極めることが大切

薬剤師転職の際の心構えとは少しずれてしまうかもしれませんが、応募薬局をよく見極めることも大切です。

50代での薬剤師転職、できるだけ無駄な時間を取らないようにするためにもミスマッチを防ぐ必要があります。

応募薬局とのミスマッチを防ぐには、その求人先の情報を詳しく調べることが大切です。

応募する際の心構えチェックポイント

  • 労働環境はどうか?雰囲気は?
  • 雇用形態は
  • 労働時間
  • 本当に求人票の提示条件のように働けるのか

上記のポイントをきちんと把握しておく必要があります。

これらのミスマッチを防ぐことは、自分一人の力だけではカバーできないことも多いです。

そのために、50代の薬剤師転職にはプロの手を借りながら転職活動を行うことが、ミスマッチを防ぐ転職成功への鍵となります。

薬剤師転職を成功させるには転職サイトを活用しよう

薬剤師転職でプロの手を借りるとしても、どこにお願いするのか

50代での薬剤師への転職活動を成功させるには、複数のサイトを並行して転職活動を進めることをおススメします。

50代という年齢を考慮しても、きちんとした薬剤師の転職のプロのコンサルタントに相談に乗って貰いながら行うことが50代の薬剤師転職成功への近道となるのです。

なぜ転職サイトを利用すべきなのか?

50代の薬剤師転職において、ハローワークなどの公的な転職支援サービスがあるのにも関わらず、民間の転職サービスを利用すべきなのでしょうか?

早速ご紹介していきます。

50代での薬剤師転職ではハローワークは使わないほうがいい

転職活動と言えばハローワーク、なんて方も多いかと思います。

厚生労働省が運営する公共職業安定所のため、国が支援しているのなら安心して利用できますよね。

しかしハローワークでの転職活動には、求人を取り扱うにあたり年齢制限を設けてはいけないのです。

そのため実際は50代の採用計画は無くても、応募の段階では断ることが出来ないため一旦書類などの応募を受け付けます。

採用計画に無い年代からの応募はそこで不採用通知を流すので、落ちる前提で書類を作成しなくてはならず、とても効率の悪い転職活動になります。

そのためハローワーク一本で転職活動を進めたりするのはあまりお勧めできません。

どうしてもハローワークを利用したい…!という方は求人紹介だけ受けて、気に入った求人があれば別途登録している転職サービスで検索をかけて、そこから応募、転職支援サービスのコンサルタントにから面接対策などの転職支援をしてもらいながらの活動がおススメです。

さて次からはおすすめの転職支援サービスを紹介していきます!

ファーマキャリア

ファーマキャリアは、薬剤師転職サービスの中でも、人気急上昇している薬剤師専門の転職サービスです。

ファーマキャリアには独自の「オーダーメイド式」というシステムがあります。

オーダーメイド式とは、求人検索の際に自分の希望に合わせた求人を探してくれるだけではなく、自分の希望にあった求人を作り出すことができるシステムです。

求人票に記載が無くても自分の希望を担当のコンサルタントに伝えることで、コンサルタントが求人先に交渉してくれるのです。

ファーマキャリアの評判の真相を徹底解説!口コミから分かるサービスの全貌とは
ファーマキャリアは、株式会社アデブティマが運営する薬剤師専門の転職エージェントです。 独自の「オーダメイド式」というシステムを採用している、独自の転職エージェントとして、多くの薬剤師から高い人気をほこっています。 薬剤師のみなさ...

ファルマスタッフ

ファルマスタッフは株式会社メディカルリソースが運営する薬剤師転職サービスです。

メディカルリソースはあの日本調剤のグループ会社のため、自社グループでの医療機関とのパイプを生かした薬剤師転職支援を行ってくれます。

またファルマスタッフの他にも医師転職に特化したサービスの「ドクタービジョン」なども運営していることから、大元がメディカルに強い会社のため色々情報を教えてもらいながら薬剤師転職活動を行うことが出来ます。

ファルマスタッフの評判の真相は?口コミをもとにメリット・デメリットを徹底解説
薬剤師転職サイトのファルマスタッフですが、実際の利用者するとなると、評判や口コミも気になるところ。 また口コミ評判を解説しているサイトもありますが、評判の良い口コミばかりをピックアップしていいて、なんとなく怪しい気もします。 今...

リクナビ薬剤師

最後はリクナビ薬剤師です。

CMでもよく見かける新卒採用や、薬剤師の他にも同じメディカル系の医師転職サービスの「リクルートドクターズキャリア」なども運営しています。

人材大手のリクナビが運営する薬剤師専門の転職サイトです。人材大手ならではの転職支援実績や各業界とのパイプなど、自社でのノウハウを生かし薬剤師の転職活動も支援しています。

またリクナビ薬剤師はドラッグストアの求人に強いので、ドラッグストアでの転職を希望している方にはおすすめしたい転職サービスです。

リクナビ薬剤師の評判の真相とは?口コミから調査した特徴を徹底解説
転職業界でも最大手の一つとしてよく知られるリクナビが運営している薬剤師専門の転職サイトがリクナビ薬剤師です。 就職や転職をする上で多くの人が利用している企業だからこそ、薬剤師専門のサイトにも安心できるサポート体制が整っていると期待でき...

50代の薬剤師でも転職はできる

今回は50代の薬剤師は転職をすることができるのか?をテーマに、50代の薬剤師転職にまつわることをご紹介してまいりました。

    同じ薬剤師でも平均年収も大きく違って来たり、転職しやすい職場も違ったりすることから、きちんと計画を練って活動を行うことが大切です。

    そして50代で薬剤師の転職を考えているのなら、今すぐ行動を起こすことが重要です。

    転職対策を練り、薬剤師転職サービスのコンサルタントにも相談をしながら、50代の薬剤師転職を成功させましょう!

    貴方の薬剤師転職活動が上手くいくことを願っております。

    監修薬剤師 五冷ヒロ 
    薬剤師→フリーライター
    薬学部卒業後、調剤薬局の保険薬剤師として内科・外科・小児科・皮膚科・肛門科、脳神経内科に従事。20年よりライター業に転向し、薬剤師転職や旅行記事のほかに、スパイス&ハーブの解説なども執筆経験があります。
    大学時代から続けている写真撮影を組み合わせた、オリジナル記事の執筆が得意。
    幅広い科目での経験を元に、皆様の知りたい!に応えられる、信頼性と分かりやすさを両立した情報をお届けします。
    薬剤師の離職率はどれくらい?職種ごとにデータ比較
    薬剤師はすぐに転職してしまう。 そんな話を誰もが1度は聞いたことがあるはず。 労働環境、年収アップ、スキルアップなどと転職理由はさまざまです。 ところで薬剤師の離職率ってどれくらいなのでしょうか。 周囲の薬剤師の転職...
    独学で薬剤師資格は取れるのか?薬剤師になるため必要な条件とは?
    薬剤師は魅力的な資格です。 持っていれば普遍的につぶしが利く、働く場所を選ばないなど、薬剤師の魅力は多いです。 人によっては、ある程度大人になってから「薬剤師になりたい」と思う人もいるのでは。 そんな人が、果たして自分の力...
    50代におすすめ転職サイト・転職エージェントランキング!50代が転職成功させるコツとは
    50代での転職活動となると、一人進めていくのには中々難しい所もあります。 そこで転職エージェントなどプロの力を借りて、転職活動を進めていくことが大切。 しかし何も考えずにただ人気の転職エージェントを利用するだけでは、50代の転職...

    コメント