転職者が選ぶ顧客満足度1位の「doda」
doda
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
公開求人数
60,000
非公開求人数
17,846
対応地域
全国
対象属性
20~30代の男女
強い業種
全業種
年収UP率
非公開
求人数は業界ナンバーワン!また、「初めての転職」におすすめの転職サイトです。サポート体制に定評があり、サービス利用者の満足度も業界トップクラス!
dodaの無料登録へ
登録者数の多い人気の転職サイト
高年収求人数No.1!「ビズリーチ」
ビズリーチ
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
公開求人数
80,000件
非公開求人数
非公開
対応地域
全国+海外
対象属性
30~50代の男女
強い業種
全業種
年収UP率
90%以上
年収600万円以上を望む方からの支持率No.1のビズリーチ!他社サービスに比べスカウト機能が充実しており、ハイクラス求人数も業界イチです。
ビズリーチの無料登録へ

40代で転職を考える薬剤師が知っておくべきこと

薬剤師のお仕事

薬剤師に限らず、どの業界のどんな職種でも40代で行う転職活動は不利です。

どの企業も、若い人材のほうが「長期的に働きてくれる」と印象を与えるなどして、転職に有利なのです。

まだ社会を知らない若者のほうが、余計な先入観を持っていないため、教育がしやすいという意味合いもあります。

20代薬剤師転職は有利なのか?不利か?転職成功のコツはある?

40代で転職する時点で、「40代でも転職可能」な求人探しから見定める必要があります。

ある程度キャリアを積み上げた40代は、20代のように徒手空拳での転職ができるほど若くないのです。

ですが、ある程度キャリアを積んだからこそ若者とは違う強みを活かして転職も可能です。

40代の薬剤師が転職を決意した時知っておくべきこと、なにより転職を成功させるコツを紹介します。

40代薬剤師は転職できるか

そもそものスタート地点、40代の薬剤師は転職可能なのか。

というところから調べていきましょう。

資格の効力が大きい薬剤師は40代でも転職可能

薬剤師資格は知っての通り、取得困難な国家資格です。

そして国家資格の効力は大きく、たとえ40代であっても薬剤師資格を持ってすれば転職も可能です。

もちろん、需要の高い20代、30代向け求人と比べると40代向け求人の数は少なくなります。

しかしそれでも40代薬剤師を求めている求人の数も多く、40代の薬剤師だからこその需要を感じる求人を見受けることもあります。

調剤薬局、ドラッグストアへの転職なら即管理職採用も可能

40代薬剤師が病院への転職を行うのは難しいとは、先程お伝えした通りです。

しかしこれが、チェーンの調剤薬局やドラッグストアへの転職ともなると、話は別です。

ただでさえ、そこまで難易度が高くない調剤薬局やドラッグストアへの転職。

これが、管理薬剤師経験の長い40代や、エリアマネージャー経験のある薬剤師の転職ともなると、一気に管理職薬剤師への転職が可能になることも。

これぞ、40代の薬剤師だからこそできる転職によるキャリアアップです。

管理職薬剤師ともなると、もらえる年収もそれなり。

以前より良い条件で働くことができるようになるはずです。

「長く働けない」「要望を聞いてもらいにくい」のが40代薬剤師のデメリット

40代薬剤師は当然、20代30代薬剤師と比べて働く期間が短くなります。

つまり20代、30代の薬剤師より採用コストがかかるということ。

中途採用を受け入れる企業としては、どうしても長く働いてもらいたいと考えるものですから、「長く働けない40代薬剤師」はお荷物になってしまいます。

ではどうすればいいか?

企業目線で、40代でも採用したい薬剤師が持っている特徴を考えていけばよいのです。

「どんな薬剤師なら40代でも採用したいか」

を考えて、その像に自分がなれば良いということです。

40代で病院への転職は少し難しい

40代の薬剤師が病院への転職を考えた時、その転職活動は成功するのか否か。

転職が可能かどうか考えた時、答えとしては「大きな病院への転職は難しい」となります。

大きな病院は、年齢で薬剤師採用が足切りされることも多くなります。

若い薬剤師のほうが、「低い年収で働いてくれる」「夜勤への対応も良くなる」などがその理由です。

しかし大病院への転職でなければ、十分転職は可能になります。

慢性期病院、精神科病院、小さなクリニックなどは、採用されやすくなります。

大病院や急性期病院などと比べ、慢性期病院や小さな病院は薬剤師の転職で人気がないので人が集まりません。

ということで、40代薬剤師の転職先としては「狙い目」なのです。

製薬会社への転職も難しい

40代薬剤師の転職先としては、製薬会社への転職はあまり現実的ではありません。

以前製薬会社で働いており、よほど高い経験があるならまだしも、以前ドラッグストアで働いていたような薬剤師が製薬会社で働くのは実質不可能です。

一般企業で働くと、MRや薬事申請、開発職などで働くことになります。

一般企業で働くのは薬剤師だけではないので、調合など薬剤師知識だけでなく一般業務の知識も求められるでしょう。

ですから、いくら過去薬剤師としてキャリアを積んでいたとしても、一般企業で働く時有利にはならないのです。

40代薬剤師の転職理由は?

40代の薬剤師はどんな時「転職しよう」と思い立つのでしょうか。

40代が転職を考えるタイミングを調べてみましょう。

同い年と比べて年収が低い

転職する多くの人が「年収アップ」を考えるはず。

同窓会など、同年代と会う機会において、同い年に聞いた年収が自分の年収と大きな剥離が会った場合、40代薬剤師の頭に「転職」の二文字が浮かぶでしょう。

年収アップする方法において、「転職」が年収アップのために一番手っ取り早いからです。

現在の職場でこれ以上年収が上がらないと感じたなら、別の年収が高い職場に転職する判断も必要でしょう。

やはり40代にもなると、ある程度もらっていて当然という空気ができてきますよね。

体力的に辛い

例えば夜勤ありの病院薬剤師の仕事は、40代薬剤師なら辛いと思ってしまっても無理ありません。

当直ありの仕事なら、当直が終わって半日後再び出勤なんてこともザラです。

若いならまだしも、40代にもなってこの働き方は少し身体に響きます。

夜勤が辛いと愚痴をこぼすわけにもいかず、じっと我慢して勤務します。

本格的に辛くなってきたなら、勤務環境がいい職場へと早めの転職を行って下さい。

ちなみに24時間のドラッグストアでも夜勤ありの仕事があります。

病院以外の仕事でも夜勤があるので、転職活動を行う際には気をつけておきましょう。

仕事がルーチンワークでやりがいがない

薬剤師に限らず、仕事はお金のためだけにやるものではありません。

仕事によって得られるのはお金の他にも、「達成感」「自己肯定感」「やりがい」など様々です。

そんな中でも「やりがい」は、かなり重要な立ち位置です。

どれだけお金がもらえる仕事でも、まったく人のためにならないやりがいのない仕事なら、誰もやりたいとは思わないはず。

やりがいばかりあってお金がもらえないのもそれはそれで困りますが、やはり「やりがい」と「お金」のバランスは上手に取れているのが望ましいですよね。

スキルアップもキャリアアップもできない

誰でもできる仕事を続けていても、薬剤師としてスキルアップすることはできません。

また、それに伴いキャリアアップもできません。

いくら働いても自分のキャリア形成にまったく良い影響を出さないなら、その時間ははっきり言って無駄です。

人間たるもの、日々少しずつでも成長していきたいものです。

調剤への憧れ

それまで製薬会社やOTC専門のドラッグストアで働いていた薬剤師でありがちなのが、「やっぱり調剤をやりたい」という理由で転職するというものです。

薬剤師たるもの、やっぱりメインの仕事は調剤がやりたい、と思う方や「調剤経験がないのは今後やばいのでは」と思う方様々です。

40代というのは、未経験で転職するのはもはやギリギリの年代。

調剤経験のない薬剤師は、「このままでいいのか」という葛藤といつも戦うことになってしまうのです。

40代薬剤師が転職に失敗しないためのコツ

40代ともなると、何も考えない徒手空拳の転職はできません。

しっかり事前に転職の道筋を考えて、自分の転職したい職場に特化した転職対策を行うことで、ようやく転職を成功させられるのです。

いくら薬剤師の転職はそれほど難易度が経っ買うないとはいえ、油断は禁物です。

薬剤師人生最後の職場を探す

30代の転職でも言われることですが、転職する40代は「次が最後の転職」であることを覚悟してください。

人生最後の職場を選ぶとなると、より働きやすい職場を考えるはずです。

人生最後の職場となると、多くの年収をもらえるだけが選択条件ではないはず。

今まで手に入れた知識と経験をフルに活かして、その仕事ぶりを評価してくれる職場。

そして人間関係も円滑な職場。

つまり、「替えがきかないベストな職場」を探してそこに転職するべきなのです。

薬剤師専門転職サイトを活用する

転職する薬剤師にはぜひ、薬剤師業界専門の転職サイトの活用をおすすめします。

薬剤師専門転職サイトにはキャリアコンサルタントがおり、登録者一人ひとりに専属のコンサルタントがつきます。

その専任コンサルタントに、今回転職する40代薬剤師から「転職活動のアドバイス」などをもらってください。

今後転職する職場へと面接前に、「面接対策」でもかまいません。

コンサルタントは、登録した薬剤師の転職ニーズを聞いてそのニーズに応えた求人を紹介してくれます。

「40代向け薬剤師求人がみたい」と伝えることで、そのニーズに対応した求人の提案を受けられるはずです。

キャリアプランより働きやすさを重視する

40代ともなると、もう「これからのキャリアプラン」を考える年齢でもありません。

ある程度の年齢に達していたとしたら、そこから昇進するのは難しいです。

最初から40代管理職で転職して、さらにそこから昇進するとなると、かなり多くの成果を上げて会社に評価される必要があります。

転職した時点で、そこまで積み上げたキャリアは一旦リセットになる覚悟をして、「1からキャリアスタート」を覚悟してください。

そして、1からスタートということは、そこから上の立場に上がるのは難しいということですね。

過去の薬剤師経験から自分が重要視するものを決める

40代の薬剤師ともなると、過去の仕事経験もそれなりのもの。

人によっては、何度も転職を繰り返している薬剤師もいるかもしれません。

そんな、過去の薬剤師経験のなかで、何を重視して仕事してきたのか。

年収よりも仕事内容の面白さなのか。

勤務条件より、時間の自由が効くことなのか。

自分の中で仕事する意義をしっかり考えて、その意義を叶えるための転職を行いましょう。

40代無資格未経験で転職は可能?

ここまで、すでにある程度経験をそなえた40代のために情報を提供しました。

しかし無視できない存在として、「無資格」「業務未経験」の40代薬剤師がいます。

はたして未経験の40代薬剤師は、その状態で転職できるのか。

40代薬剤師の未経験分野への転職は要注意

薬剤師に限らず、40代人材に求められるのはいつも「即戦力」です。

転職してからすぐにでも第一線で働いてくれることを期待して、企業側は薬剤師を採用します。

ある程度長く働いていれば、それなりに知識と経験を身に着けており、すぐにでも職場へ貢献してくれるだろうと期待して採用するのです。

それなのに、例えばドラッグストアから病院薬剤師への転職を行う場合はかなり難しくなるはず。

新卒でも教育が難しいと言われている急性期病院への転職となると、未経験ではほとんど不可能と言ってもいいほど。

現実的に自分でも転職できる条件の求人をしっかり見定めた上で、転職活動を行って下さい。

企業
  • 薬剤師求人自体が少ない
  • 40代向け求人には企業薬剤師としてのキャリアが必須
病院新卒採用がメイン
調剤薬局実務経験なしの40代でもチャレンジしやすい
ドラッグストアOTC薬剤師求人なら資格さえあればOKなところも多く40代でも転職しやすい

調剤薬局とドラッグストアなら未経験の40代薬剤師でも転職可能

人間の可能性は、悔しいですが加齢と共にすり減っていくもの。

病院薬剤師や企業薬剤師に転職するための求人自体がまずそもそも少ないです。

その中から40代でも転職できる求人となると、さらに数が限られてきます。

未経験でも、薬剤師資格さえあれば働けるのは「ドラッグストア」や「調剤薬局」です。

もちろん実務経験があるのが望ましいですが、人手不足などが理由で40代の未経験薬剤師でも採用されやすいです。

40代にもなると、転職先にあまり贅沢は言ってられません。

薬剤師として働けることを最低条件に下げて、転職活動を行いましょう。

40代向け薬剤師求人はどんあものがあるか

40代向けに出される薬剤師求人にはどんなものがあるか?

具体的に見ていきましょう。

企業求人

企業求人自体が少なく、そもそも年代に関わらず企業求人への転職は狭き門です。

40代薬剤師求人には、「管理職経験」が必須です。

病院求人

病院薬剤師に求められるのは体力です。

40代薬剤師は若者より体力が落ちているので、病院薬剤師への転職も難しいです。

調剤薬局求人

調剤薬局への転職は比較的簡単です。

実務経験があれば、簡単に転職できます。

しかし例え実務経験がなくとも、資格があれば転職できる求人も多いです。

調剤薬局で働くメリットとデメリットについて考えてみた
資格・検定講座などでも有名な調剤薬局でのお仕事。 憧れる人も多いです。 しかし、求人は多くは無いため、周りに勤めている人が少ないのも事実。 調剤薬局で働いたら、どんな利点があるのかな? 仕事はきつくない? そん...

ドラッグストア求人

OTC求人と調剤薬局併設型求人があります。

OTC求人なら資格さえあれば経験が問われないケースが多く、現場へカムバックする薬剤師にもおすすめです。

ドラッグストア勤務者が語る!登録販売者の給料実態と将来性
ドラッグストアで薬を買おうとしたら、沢山あって迷ったことはありませんか。 そんなときは、登録販売者に相談できます。 登録販売者は、医薬品を扱うドラッグストアには必ずいます。 登録販売者はドラッグストアで販売している薬につい...

40代薬剤師が転職で使うべき転職サイト

40代薬剤師が転職活動を行う際は、薬剤師転職サイトをしっかり活用するべきなのはすでにお伝えしたとおり。

とはいえ、薬剤師転職サイトは一つではありません。

多くの種類があり、サイトごとに違った特徴を備えています。

ここからは具体的に、どのサイトを使って転職するべきなのか、具体的なおすすめをご紹介します。

ファーマキャリア

40代の薬剤師だけでなく、多くの薬剤師にファーマキャリアがおすすめです。

ファーマキャリアのキャリアコンサルタントは優秀で、メールや電話のレスポンスが早いと好評です。

さらに、希望の求人条件を出せば、スタッフがなるべくその条件に近い求人を作ってくれる「オーダーメイド求人」も魅力的。

時にしつこいと言われるほど熱心なキャリアコンサルタントの助けを得ながら、転職活動を成功させてください。

ファーマキャリアは使うべき?利用者の評判・口コミから強みを解説
ファーマキャリアは、株式会社アデブティマが運営する薬剤師専門の転職エージェントです。 独自の「オーダメイド式」というシステムを採用している、独自の転職エージェントとして、多くの薬剤師から高い人気をほこっています。 薬剤師のみなさ...

薬キャリ

特に病院薬剤師求人の多い薬キャリもおすすめ。

薬キャリもキャリアコンサルタントが優秀で、利用者の求人ミスマッチが起こりにくいという強みもあります。

しかし利用者によっては、「担当者の対応が悪い」という意見もちらほら。

対応の良いキャリアコンサルタントと当たれば、かなり優秀な転職サイトなのですが…。

薬キャリエージェントの口コミ・評判から強みを解説!本当におススメなのか
数ある薬剤師転職サイトの中でも、薬キャリエージェントに目をつけて、これから利用しようかと検討中の方も多いのではないでしょうか。 薬キャリエージェントは実際転職を考えている薬剤師にとって使いやすいのか。 他の薬剤師転職サイトと何が...

マイナビ薬剤師

ご存知人材大手マイナビの運営する薬剤師転職サイト「マイナビ薬剤師」もおすすめです。

利用者満足度が高く、担当者のアドバイスがいかに優秀かを伺いしれます。

最初のヒアリングに力を入れていることで、その後の求人提案でミスマッチが起こりにくいのです。

求人数こそほかの転職サイトにかないませんが、サポートの優秀さでは他よりひとつ頭が抜けているサイトです。

マイナビ薬剤師は特徴とは?利用者の口コミ・評判から強みを解説
マイナビが運営する薬剤師転職サイト、マイナビ薬剤師の使い勝手について説明したページです。マイナビ薬剤師のコンサルタントは優秀か、マイナビ薬剤師の求人情報は多いのか、質は高いのか、それぞれ解説します。

40代薬剤師の転職まとめ

いかがだったでしょうか。

40代で転職を考えた薬剤師のみなさんは、今回の記事が役に立ったでしょうか。

40代で転職するということは、その後少なくとも何度も転職するとは考えにくいです。

それならば、限られた転職という人生の起点を無駄にせず、しっかりその後の人生に活かすことができるように転職活動を行いましょう。

40代転職におすすめなのはやはり、調剤薬局やドラッグストアへの管理職転職でしょうか。

40代向け転職サイト・転職エージェントランキング
40代の転職活動は、20代・30代のような若さ重視の市場とは違い、よりスキルや能力を生かしたキャリア採用が重要視されます。 そのため40代での転職活動こそ、転職エージェントを利用してプロのサポートをして貰いながら転職活動を進めていくこ...
薬剤師の離職率はどれくらい?職種ごとにデータ比較
薬剤師はすぐに転職してしまう。 そんな話を誰もが1度は聞いたことがあるはず。 労働環境、年収アップ、スキルアップなどと転職理由はさまざまです。 ところで薬剤師の離職率ってどれくらいなのでしょうか。 周囲の薬剤師の転職...
独学で薬剤師資格は取れるのか?薬剤師になるため必要な条件とは?
薬剤師は魅力的な資格です。 持っていれば普遍的につぶしが利く、働く場所を選ばないなど、薬剤師の魅力は多いです。 人によっては、ある程度大人になってから「薬剤師になりたい」と思う人もいるのでは。 そんな人が、果たして自分の力...
薬剤師が転職する際の志望動機の書き方と具体例5選!
薬剤師に限らず、転職において「志望動機」は、必ず問われる重要なものです。 売り手市場が長らく続いた薬剤師の世界では、「志望動機なんて無難なことを書けば大丈夫」と言われるかもしれません。 しかし、医療費削減が続くだけでなく、新卒薬...

コメント