20代薬剤師の転職は早すぎる?20代でも薬剤師転職を成功させるためのポイントとは

20代薬剤師薬剤師のお仕事

何とか薬剤師として働き始めたけど、思っていたのとなんか違う…

新しい環境に転職したい…。

でもまだ20代なのに、もう転職活動なんてしてもいいのかな…

新卒で薬剤師として働きだしたものの、思っていた働き方と違った…など、転職を考える人も多いタイミングです。

特に20代は一番最初に働く環境下の薬剤師も多く、「本当に今の職場で良いのだろうか…」と悩んでしまいがちです。

「最初は3年働かないと、次の仕事が決まらない」なども言われている現代ですが、20代での薬剤師転職は難しいのでしょうか。

そこで今回は20代の薬剤師の転職について、20代での薬剤師転職は可能なのか、薬剤師転職活動を成功させるためのポイントなどを解説していきます。

POINT

  • 20代薬剤師が転職を考える理由とは
  • 20代で薬剤師の転職はできるのか
  • 転職失敗にありがちな理由
  • 20代での薬剤師転職活動を成功させるためのコツとは
  • 20代薬剤師におすすめの転職サービス
監修薬剤師 野本篤志
薬剤師、薬学博士、アール医療福祉専門学校講師、くぬぎ野ふぁーむオーナー。20年余大手製薬メーカーで研究開発業務に従事後退職し、地元茨城県土浦市で調剤薬局を開業。薬剤師として5年間勤務。その後大手薬局チェーンに薬局を売却し、3000坪の敷地にブルーベリー摘み取り農園「くぬぎ野ふぁーむ」を開設。
現在はブルーベリー栽培の傍ら専門学校で理学療法士と作業療法士に薬理学を教えています。今回は企業薬剤師、薬局経営者、薬剤師の経験を元に監修をさせていただきました。

目次

20代薬剤師が転職を考える理由とは

20代の薬剤師が転職を考えるきっかけには、どのようなものがあるのでしょうか。

ここでは、20代薬剤師が転職を考えるよくある理由を紹介していきます。

POINT

  • 職場の人間関係
  • 労働条件・待遇が聞いていたものと違う
  • 年収・給料が低すぎる
  • やりがいを感じられない
  • キャリアップ・スキルアップが期待できない

    職場の人間関係

    20代の薬剤師に限らず、職場での人間関係に悩み、転職を考える人が多いです。

    これは30代・40代の薬剤師の転職を考える理由にも挙げられており、転職を考えるきっかけに多いと言えます。

    毎日長時間同じ環境で働くとなると、同じ職場での人間関係は働いていく上で重視したいポイントですよね。

    気が合わないだけで済めば良いのですが、上司や同僚に嫌がらせをされたり、セクハラやパワハラを受けてトラブルになってしまったり…なんてことも決して少なくありません。

    そこで心身ともに病んでしまったら元も子もありません。早めの転職活動をおすすめします。

    【経験談】

    調剤薬局なかのお局さん的な先輩になぜか目を付けられてしまい、小さい嫌がらせをされていました。シフト制なので合わないときもあったんですが、同じシフトだと長時間その人と担当しなくてはならず、精神的にきつかったです。

    新人なので上司にもあまり取り合って貰えず、転職をすることにしました。

    (26才・調剤薬局勤務)

    職場の人間関係で悩む人へ。こうすれば人間関係は改善できる
    「職場で苦手な同僚がいて悩んでいる」 「上司が怒ってばかりいて、会社に行くのが辛い」 こんな風に悩んでいませんか? なるべく関係を持たないようにしたくても、仕事上でコミュニケーションが必要になってしまうのが職場というもの。 ...

    労働条件・待遇が聞いていたものと違う

    実際には働きだしてみると、最初に聞いていた労働条件・待遇が違った…というケースもあります。

    いわゆるブラック企業状態と言えるでしょう。

    このような企業の場合、今後働き続けていても「待遇が聞いていた内容と違う」とか「日常的にサービス残業が続く」なんてことになりかねません。

    今以上のリスクを背負う羽目にならないためにも、早めに環境を変える準備を行うことが大切です。

    【経験談】

    最初に聞いていた内容と待遇が違いました。正社員で入社だったのに、なぜか入社前に契約社員に変わっていたし(この時点でおかしいと思うべきだった)、試用期間の給料もきいていた金額よりも多く徴収されていて、色々とごまかされることが多かったです。

    新卒だったし、よく社会のことを理解できていなかったので「こんなこともあるだろう」って簡単に流してしまいました。もっと早く気付くべきでした。

    (30才・職業選択未回答)

    年収・給料が低すぎる

    労働条件・待遇と少し重なりますが、年収・給料が低すぎるため、転職を決めるケースも多いです。

    特に多いのが病院勤務の薬剤師で、薬剤師の中では待遇が悪すぎたり、長時間の業務・宿直や学会発表の準備など無給で拘束される時間が多すぎるのも、理由の一つと言えるでしょう。

    もちろん他の労働環境に比べて、医療現場に直接関わることができるため、やりがいを感じることはできるでしょう。

    しかし給料面で納得ができていないのであれば、早めの環境を変えることも一つの選択肢として進めていくことが大切です。

    あこがれていた大学病院で勤務出来ましたが、給料に対してきついと感じることが多かったです。いろんな人が来るし、同僚も多いし、時間外の拘束も結構多い。

    やりがいはあるけど、やっぱりそれなりに給料がもらえないと続けられない。

    (28才・病院薬剤師)

    年収アップする方法!年収アップしたいあなたが毎日やるべきこと
    「年収アップ」という言葉。 聞いたり言ったりするよりずっと難しいです。 年収を上げたいとしても、願うだけでは叶わないその状況。 しかし実は、年収アップというのはコツを掴めばそれほど難しくありません。 年収アップする方...

    やりがいを感じられない

    20代の薬剤師に多いのが、今の環境にやりがいを感じられないという点です。

    本当にこの選択で良かったのか・貢献できているのか・他にも自分にできることはないのだろうか・同僚に比べて自分は全然仕事をまかせてもらえない…

    と言ったように、今の環境に満足ができず、転職を決める薬剤師も多いのです。

    逆を言えば、薬剤師は他の環境でも資格を生かして活躍できる選択肢が多いです。

    どうしても今の環境でやりがいを感じられないのであれば、より自分の求める環境を目指して転職活動を決めるのも良いでしょう。

    キャリアップ・スキルアップが期待できない

    新卒の期間も落ち着き、ふと自分の今後を考えたとき。

    キャリアアップやスキルアップを見込めず、転職を決めるケースも多いです。

    同じタイミングで卒業した大学の同期はどんどん昇給とか昇進をしているのをみているなかで焦りを感じて、転職を決めました。

    資格はあるから安泰だと思われがちですが、同じ給料でやりがいも無く働き続けることに意味を見出せないです…。自分はモチベーションを重視するタイプなんだな気づけたのは良かったかもしれない。

    転職先では比較的大きな企業で教育制度もととのっているので、これからバンバン働いていきたいと思います。

    (29才・MR)

    20代で薬剤師の転職はできるのか

    今の職場に入ってくる中途の人はほとんどが経験豊富な30代ばかり。

    20代でも薬剤師転職はできるのだろうか…

    ここまでは、20代の薬剤師が転職を決める理由を紹介してまいりました。

    20代での薬剤師経験のある方の経験談も併せてご紹介しましたが、そもそも20代薬剤師の転職は可能なのでしょうか。

    結論から申しますと、20代薬剤師でも十分に転職を成功させることは可能です。

    むしろ20代こそ、薬剤師が転職するぴったりの時期とも言えるのです。

    その理由をチェックしていきましょう。

    POINT

    • 若いほどポテンシャルでカバーしてもらいやすい
    • 年収が低いうちは転職しやすい
    • 異業種にも挑戦がしやすい
    • 前向きな転職理由なら評価が高い
    • 早い段階でキャリアチェンジすることで高年収を狙える

      若いほどポテンシャルでカバーしてもらいやすい

      薬剤師に限らず、転職市場では若い年代の需要が高い傾向にあります。

      その理由はいくつかありますが、大きな理由として若いほどなにかとポテンシャルでカバーできると考えられているためです。

      採用する側にとって、今のメンバーに馴染めるか・新たに覚えることも素直に吸収してもらえるかというようなポイントをチェックする傾向にあります。

      20代のような若い世代の場合、多少心配な面があってもポテンシャルでどうにかなるケースが多いです。

      そのため、環境を変えるタイミングとしては、20代での薬剤師転職でも成功の可能性があると言えます。

      第二新卒枠は転職市場でも有利

      20代の場合、第二新卒枠を狙って転職活動を進めることも出来るでしょう。

      第二新卒枠は、新卒で十分な人材を確保できなかった・新卒と同等のポテンシャルだが、新卒よりは基本的なマナーなどはカバーされている人材として、転職市場からも需要が高い枠と言えます。

      実際に転職サイトなどでも第二新卒求人に絞って検索が可能であったり、第二新卒専用の転職エージェントサービスも提供されていたりすることも。

      第二新卒枠を狙って転職活動を進めるのも、一つの対策としておススメです。

      例文を押さえよう!第二新卒者の自己PRの書き方
      入社したもののやりたい仕事とは違っていた、もっとスキルアップできる会社に移りたい、などさまざまな理由から転職を考えている人も多くいるでしょう。 その中でも企業からの需要が高いのが第二新卒です。 しかし、同じように転職を考えている...

      年収が低いうちは転職しやすい

      他の年代に比べて、まだ年収が低い20代は転職がしやすい傾向にあります。

      企業としては、低いコストで教育をして長く活躍してくれる人材を育てたいという思惑があります。

      そのためまだ年収がそこまで高くはない20代は、企業としても長い目で育成をすることを考えると需要が高いと言えるのです。

      また年収アップを目指した転職や、将来的にキャリアアップを狙っている場合でも、比較的年収が高くない若いうちに転職活動を進めることも、ひとつの戦略としておススメです。

      異業種にも挑戦がしやすい

      20代での転職活動の場合、異業種への転職活動にも挑戦がしやすい傾向にあります。

      単純に薬剤師からまったくの別業種に転職にも当てはまりますし、調剤薬局からMR・病院薬剤師から企業薬剤師など、同じ薬剤師でも違った職種にも挑戦しやすいと言えます。

      理由としては、ポテンシャルやコスト面を考慮しても企業として長期にわたって育成がしやすいと言えるためです。

      むしろ異業種への挑戦やキャリアアップを検討しているのであれば、20代こそ転職に挑戦しやすい時期と言えるでしょう。

      未経験でもできる仕事はある?未経験でもチャレンジできる職種・業界まとめ
      せっかく転職するのに、前の仕事と同じような仕事で働くのはもったいない…。 そんな思いを抱いている方も多いのではないでしょうか。 しかし一定の年齢に達していると、それまで経験したことのない仕事で働くのは問題がついて回るものです。 ...

      前向きな転職理由なら評価が高い

      20代でそんなに経験もなくすぐに転職活動をするなんて、本当に転職なんてできるのかな…

      確かに20代薬剤師の転職時に懸念されることは「前職のようにすぐに辞められてしまうのではないか」と判断されてしまうことです。

      採用側としても、採用活動にはコストがかかってしまうため、すぐに辞めてしまうような人材は採用をするのにも躊躇してしまう原因にもなります。

      しかし、たとえ前職での期間が短かったとしても、転職理由はが前向きであれば評価がは高くなります。

      キャリアアップを目指したい・スキルアップできる環境で働いていきたいと言ったように、前向きな理由での転職理由を伝えることができれば、転職活動時にも「ポテンシャルがある・向上心がある」と評価されるため、転職できる可能性が高くなるのです。

      早い段階でキャリアチェンジすることで高年収を狙える

      より高い年収を狙う場合や、キャリアチェンジを考えている場合、スタートが早ければ早いほど転職成功の可能性が高くなります。

      20代薬剤師が陥りやすい転職失敗にありがちな理由

      悩む薬剤師

      20代薬剤師の転職は決して難しくはなく、むしろねらい目であるということが分かりました。

      しかしだからといって、丸腰で転職活動に挑んでも、転職失敗してしまった…なんてことになりかねません。

      そこでここでは、20代での薬剤師転職をより確実に成功に導くためにも、転職失敗にありがちな理由をまとめてまいりました。

      失敗となる理由は同じような原因が多いです。あらかじめチェックをしておき、先回りして失敗を防ぎましょう!

      POINT

      • 転職をする目的が明確ではない
      • 転職先に対する優先順位が決められていない
      • 合わなかったらすぐ辞めればいいやと思っている
      • 転職市場の情報収集が甘い

      転職をする目的が明確ではない

      なぜ転職をしたいのか、何を目的として転職活動を行いたいのかを明確にしていないと、転職活動も失敗に転じてしまいやすいです。

      特に今の環境がブラック・人間関係に悩んでいる場合、今の職場を辞めることが目的となってしまっていることが多いです。

      そうなっていると、転職先のことをよく調べずに転職を決めてしまい、「思っていた転職先じゃなかった…!」なんてことになりかねません。

      その結果、せっかく転職ができたのにすぐ再転職活動に…なんてことになりかねません。

      したがって何を目的として転職をするのかを明確にして、転職活動を進めることが大切です。

      薬剤師が転職する際の志望動機の書き方と具体例5選!
      薬剤師に限らず、転職において「志望動機」は、必ず問われる重要なものです。 売り手市場が長らく続いた薬剤師の世界では、「志望動機なんて無難なことを書けば大丈夫」と言われるかもしれません。 しかし、医療費削減が続くだけでなく、新卒薬...

      転職先に対する優先順位が決められていない

      転職先に対する優先順位がしっかりと決められていない場合、いざ入社をしても「こんなはずではなかった…!」と後悔することになりかねません。

      転職をする目的にも少しかぶりますが、転職先に求める優先順位をしっかりと決めておくことで、入社後のギャップやミスマッチを防ぐことが大切です。

      特に何も決めずに転職活動を進めていくと、給料の高さや福利厚生などに目がくらんでしまいがちです。

      もちろんそこが優先事項があるのであれば良いですが、しっかりと順位を明確にしておきましょう。

      自分が何を目的で転職をするのか、一番優先したいことは何なのかを明確にしておくことが大切です。

      合わなかったらすぐ辞めればいいやと思っている

      転職してみて合わなかったら、また転職活動をすればいいや

      合わないときはまたすぐに転職活動をやればいいや、と思っていると危険です。

      確かに20代薬剤師は他の年代に比べて需要が高いのは事実。

      しかし転職市場の場合、転職回数が多すぎると採用担当者としては「すぐに辞められてしまうのではないか」とリスクが高くなってしまいます。

      その結果、転職がしにくくなってしまう傾向にあります。

      職務経歴は転職活動において特に重視されるもの。

      確実に転職成功を目指すためにも、次の転職先でずっと働くことを考えて求人先を吟味しましょう。

      薬剤師が転職を繰り返すメリット・デメリット 転職回数が多いほど不利か?
      何度も何度も転職を繰り返している薬剤師は、薬剤師の転職市場において不利です。 これは、薬剤師業界以外でも同じですが、転職を繰り返していると「またすぐ仕事を辞めてしまうのでは」と警戒されてしまうので採用率が下がってしまいます。 よ...

      転職市場の情報収集が甘い

      転職時の情報収集が甘いと、転職失敗になりやすいです。

      正直、転職先の情報は働いてみないとわからないことも多いですよね。

      求人票に乗っている情報だけで判断をして、内定をゲットできたとしても、実はすごいブラックで有名な会社だった…!なんてことになりかねません。

      転職失敗となってしまわないためにも、応募する薬局の情報は自分でもしっかりと調査を行い、納得のいく転職活動をするようにしましょう。。

      転職口コミサイトなどをチェックすることもおススメです。

      ネットの情報を鵜呑みしすぎるのも良くないですが、しっかりと調査をしておくことでミスマッチ減らすことはできます。

      20代での薬剤師転職活動を成功させるためのコツとは

      20代の薬剤師が陥りがちな転職失敗となりやすい理由を解説してい参りました。

      しっかりとチェックをしておき、万全の対策で転職活動に打ち込むことが大切です。

      そこでさらに、20代薬剤師転職の成功率を上げる為に、転職活動を成功させるコツを解説していきます。

      POINT

      • 何のために転職をするのか明確にする
      • 転職先に求める条件に優先順位をつける
      • ポジティブな理由とポテンシャルをアピールする
      • プロの手を借りて活動をする

      何のために転職をするのか明確にする

      転職成功のためには、何のための転職活動であるのかを明確にすることが大切です。

      転職失敗の理由にも上がっていますが、この部分がしっかりと決まっていないと、転職活動時にリスクを背負いやすいです。

      例えば、人間関係に悩み転職を決めた場合

      POINT

      • 規模が大きい薬局に転職する
      • シフトがある程度融通が利く環境にする
      • 家から通える範囲にする

        といったように、自分が重視したいポイントを箇条書きでもよいのでまとめておくと良いです。

        いざ転職活動がスタートすると、他のポイントに惑わされてしまい、なかなうまく転職活動が進まない…なんてことになりかねません。

        自分の中でもしっかりと重視したいポイントを決めておき、転職活動を進めていきましょう。

        転職先に求める条件に優先順位をつける

        転職先に求める条件の優先順位を決めておきましょう。

        優先順位が明確になっていることで、求人検索時に迷うことが無くなります。

        また入社後に「思い描いていた企業と違った…」というようなギャップが起こることも防ぐことができるでしょう。

        ポジティブな理由とポテンシャルをアピールする

        応募企業に提出をする書類や面接時には、転職理由にポジティブな文言を使ったり、自分のポテンシャルをアピールするようにしましょう。

        とにかく20代はまだ経験が少ない分、ポテンシャルとポジティブさが求められることが分かりました。

        そのため転職を成功させるためには、ポテンシャルがあることをアピールするとともに気持ちを込めてポジティブな転職理由を伝えることが大切です

        より欲しい人材であることをアピールできるように、志望理由や転職理由・自分の強みをしっかりと洗い出しておき、対策を行いましょう。

        プロの手を借りて薬剤師転職活動を行う

        転職活動は自分との戦いでもあります。

        一人きりで進めていくなかで、どうしても壁にぶつかってしまうこともあるでしょう。

        しかし一人で進めるとなると、面接などの振り返りなども自分で行う必要があり、独りよがりになってしまうことも。

        そのため、より転職成功を目指すのであれば、プロの力を借りて転職活動を進めていくことも大切です。

        そこで薬剤師向けの転職エージェントの利用を考えてみてはいかがでしょうか?

        特に20代薬剤師の転職こそ、転職エージェントの利用がおススメと言えるでしょう。

        理由としては、下記のようなポイントがあります。

        POINT

        • プロの立場からアドバイスをもらえる
        • 非公開求人や独占求人などを紹介してもらえる
        • 書類や面接対策なども充実

          このため、20代薬剤師の初めての転職活動でも、安心して転職活動に打ち込むことができるのです。

          薬剤師転職を成功させるコツなどを使っていきながら、プロの手も借りて転職を成功させましょう。

          20代薬剤師におすすめのサービスは?

          20代にオススメの薬剤師転職サイト

          20代薬剤師の転職には、転職エージェントなどを利用して転職活動を進めていくことが大切とご紹介してまいりました。

          しかし薬剤師向けの転職エージェントはたくさんあります。どのエージェントがおすすめなのかイマイチ分かり辛いですよね。

          そこでここでは、20代薬剤師にも自信をもっておススメしたい薬剤師向けの転職エージェントをご紹介していきます。

          20代の薬剤師転職にオススメの転職エージェント

          1. 薬キャリ
          2. マイナビ薬剤師
          3. リクナビ薬剤師

          20代薬剤師転職におすすめ①薬キャリ

          総合評価
          対応エリア全国
          公開求人数61,743件
          雇用形態正社員、契約社員、派遣、パート
          対応施設調剤薬局、病院、調剤薬局・OTC販売、OTC販売のみ、企業、その他
          登録・利用料無料
          運営会社エムスリーキャリア株式会社

          20代の薬剤師転職におすすめしたい転職エージェント、第1位は薬キャリエージェントです。

          POINT

          • 薬剤師の総合満足度ナンバーワン!
          • 転職までスピーディーで進めやすい
          • 病院・調剤薬局の転職に強い

            薬キャリは求人数や質・コンサルタントのサポート力や利用者の満足など総合満足度がナンバーワンの転職エージェントです。

            コンサルタントの対応もスピーディーかつ丁寧と評判が高く、働きながらでも転職活動を進めることができます。

            すぐにでも転職をしたいけど、今の職場を辞めて転職活動をするのはちょっと心配…

            という20代の薬剤師でも、安心して転職活動に打ち込むことができます。

            また運営会社のエムスリーキャリアは、薬剤師や医師転職に強い会社のため、病院や調剤薬局だけでなく製薬会社などの企業系求人も強い傾向にあります。

            初めての薬剤師転職活動のときにこそ、利用しておきたい転職エージェントです。

            薬キャリエージェントの口コミ・評判の真相とは!本当におススメなのか
            数ある薬剤師転職サイトの中でも、薬キャリエージェントに目をつけて、これから利用しようかと検討中の方も多いのではないでしょうか。 薬キャリエージェントは実際転職を考えている薬剤師にとって使いやすいのか。 他の薬剤師転職サイトと何が...

            20代薬剤師転職におすすめ②マイナビ薬剤師

            総合評価
            対応エリア全国
            公開求人数49,931件(※非公開求人を除く)
            雇用形態正社員、契約社員、パート・アルバイト、業務委託その他
            業種調剤薬局、病院・クリニック、ドラッグストア(調剤併設)、ドラッグストア(OTCのみ)、臨床開発モニター(CRA)、治験コーディネーター(CRC)、臨床開発(QA、QC、DM、統計解析など)、学術・企業・管理薬剤師、薬事、営業(MR・MS・その他)
            登録・利用料無料
            運営会社株式会社マイナビ
            • POINT人材大手のマイナビグループのため安心感は抜群
            • コンサルタントのサポート体制が丁寧
            • 求人情報が詳細に記載されている

            人材大手のマイナビグループが提供しているマイナビ薬剤師も、20代薬剤師の転職におすすめです。

            各業界とのつながりも深いため、納得のいく求人を見つけることができるでしょう。

            またマイナビ薬剤師では「話そう」をテーマとしており、キャリアアドバイザーとの面談を特に大切にしています。

            利用者の希望などをしっかりとヒアリングした上で、納得のいく転職となるようサポート力が充実しています。

            他にもサイトで確認できる求人票には、キャリアアドバイザーによる求人のレポート・インタビューなども充実しているため、応募企業について深く知ることができます。

            安心感のある転職エージェントを利用したい・色々相談をしながら転職活動を進めたい!という20代の薬剤師におすすめです。

            マイナビ薬剤師の評判の真相は?口コミから分析するメリットデメリットを徹底解説
            「マイナビ」といえば、転職サイトをはじめあらゆる分野のサイト運営でおなじみの一大企業。 そのマイナビが運営する薬剤師向け転職支援サイトが「マイナビ薬剤師」です。 人材関連事業の古株マイナビの薬剤師専門転職サイトということで、その...

            20代薬剤師転職におすすめ③リクナビ薬剤師

            総合評価
            対応エリア全国
            公開求人数41,119件
            雇用形態正社員、アルバイト・パート
            対応施設調剤薬局、ドラッグストア(調剤併設)、病院、企業、漢方薬局、ドラッグストア(OTCのみ)、クリニック、その他
            登録・利用料無料
            運営会社株式会社 リクルートメディカルキャリア

            POINT

            • 調剤薬局やドラッグストア求人に強い
            • 最短3日で転職可能
            • 人材大手のリクルートが運営
            • 求人の75%が非公開求人

              リクルートグループが提供しているリクナビ薬剤師も、おすすめの転職エージェントです。

              リクルートグループが提供している転職関連サービスはどれも業界トップの求人数を誇っており、豊富な求人数が強みとも言えます。

              そのため、多岐に渡る業界の薬剤師案件を見つけることができる・多くの求人を探せるメリットがあります。

              またリクナビ薬剤師では、取り扱う求人に調剤薬局やドラッグストアの求人が多いことも特徴です。

              薬局などの求人を探している人にはおすすめのエージェントでしょう。

              またリクナビ薬剤師では転職活動を開始してから最短で3日で転職可能と公表しており、とにかくすぐにでも転職をしたい…!という人にはもってこいのサービスと言えるでしょう。

              リクナビ薬剤師の評判の真相とは?口コミから調査した特徴を徹底解説
              転職業界でも最大手の一つとしてよく知られるリクナビが運営している薬剤師専門の転職サイトがリクナビ薬剤師です。 就職や転職をする上で多くの人が利用している企業だからこそ、薬剤師専門のサイトにも安心できるサポート体制が整っていると期待でき...

              薬剤師転職で年収を上げる為に20代でやっておくべきこと

              せっかく薬剤師として働いているのだから、少しでも年収をアップさせたい。

              将来的に年収を上げるために、20代のうちに何をしておけばいいのかな?

              将来的に年収を上げるには、どのようなポイントがあるのでしょうか。

              一般的に勤続年数が長くなるほ年収は上がっていく傾向にありますが、より確実に・はやく年収を上げる為には自己研鑽を怠らないこと大切です。

              それでは具体的にどのようなことを行っていけばよいのでしょうか。

              ここでは、将来的に20代薬剤師の年収を上げる為のコツをご紹介していきます。

              • より専門的な資格を取得する
              • 薬剤師が足りない地域で働く

              より専門的な資格を取得する

              薬剤師として年収を上げる為のコツとしては、専門的な資格を取得することが最も効果的です。

              自己研鑽にもなりますし、自分が対応できる領域が広がることで、手当やキャリアアップを見込むことができるためです。

              そこで認定薬剤師として、より専門性の高い資格習得を目指すことがおススメです。

              • がん薬物療法認定薬剤師
              • 漢方薬・生薬認定薬剤師
              • 小児薬物法認定薬剤師
              • 在宅療養支援認定薬剤師
              • 緩和薬物療法認定薬剤師
              • プライマリ・ケア認定薬剤師

              他にも、多岐に渡る専門性の高い認定薬剤師資格はあります。

              早くからこのような認定薬剤師としての資格習得にむけて動いていくことで、年収アップへに向かうことができます。

              転職活動を行いつつ、こういった自己研鑽もしっかりと行っていきましょう。

              転職した方がいい薬剤師の転職理由とは?転職せずに今後の生活を順調に送ることはできる?
              薬剤師の転職市場は活発です。 現在の職場に何らかの問題を抱えていれば、その問題を解決するために転職すればいい、という判断を下す薬剤師は少なくないです。 今回は、「こんな薬剤師は転職したほうがいい」という転職理由を紹介します。 ...

              薬剤師が足りない地域で働く

              薬剤師が足りない地域で働くことも、年収を上げる為に効果的と言えるでしょう。

              特に人手が足りていないエリアの場合、人材確保のために他よりも好待遇での募集が多い傾向にあります。

              しかしその分、人手不足のため自己裁量も多く大変であることを頭に入れておく必要があるでしょう。

              年収を上げるにはどの調剤薬局に行けば良い?調剤薬局で働く薬剤師の年収について
              薬剤師が働く上でポピュラーな場所のひとつに、調剤薬局での仕事があります。 調剤薬局は全国にあり、待遇も様々です。 そのため、年収が低い調剤薬局の薬剤師の求人も沢山存在します。 職を探す時には、通勤時間や福利厚生なども確認し...

              薬剤師転職20代まとめ

              今回は20代薬剤師での転職活動は可能なのかについてご紹介してまいりました。

              20代の薬剤師でも、転職自体は難しくありません。むしろ20代は転職市場としては需要が高く、転職がスムーズに進みやすいとも言えます。

              しかし丸腰で転職活動をすすめて上手くいくわけではありません。

              転職失敗となりやすい理由などをしっかりと理解した上で、転職を成功させるコツなどを駆使していくことが大切です。

              POINT

              • 何のために転職をするのか明確にする
              • 転職先に求める条件に優先順位をつける
              • ポジティブな理由とポテンシャルをアピールする

              20代での転職活動を成功させるためにも、成功させるためのポイントを押さえて戦略的に進めていきましょう。

              また加えて転職エージェントなどプロの力を借りることも効果的です。

              あなたの薬剤師転職活動が上手くいくことを願っています。

              監修薬剤師 五冷ヒロ 
              薬剤師→フリーライター
              薬学部卒業後、調剤薬局の保険薬剤師として内科・外科・小児科・皮膚科・肛門科、脳神経内科に従事。20年よりライター業に転向し、薬剤師転職や旅行記事のほかに、スパイス&ハーブの解説なども執筆経験があります。
              大学時代から続けている写真撮影を組み合わせた、オリジナル記事の執筆が得意。
              幅広い科目での経験を元に、皆様の知りたい!に応えられる、信頼性と分かりやすさを両立した情報をお届けします。
              30代で薬剤師に転職は難しい?転職にオススメの薬剤師とは?
              新卒で薬剤師として働き始め、仕事にも慣れてきた30代は、ふと立ち止まって新たにキャリアを見直す人も多いと思います。 今回は、30代で薬剤師に転職をすることはできるのか? また国家資格は持っているものの30代まで一度も薬剤師として...
              薬剤師の離職率はどれくらい?職種ごとにデータ比較
              薬剤師はすぐに転職してしまう。 そんな話を誰もが1度は聞いたことがあるはず。 労働環境、年収アップ、スキルアップなどと転職理由はさまざまです。 ところで薬剤師の離職率ってどれくらいなのでしょうか。 周囲の薬剤師の転職...
              現役薬剤師が語る!薬剤師に向いている人、いない人
              理系女子高生の間で人気な進学先のひとつが薬学部。 白衣を着てカッコいい! 手に職があって働きやすそう。 そんな気持ちで受験を目指し始める子も多いはず。 薬剤師が仕事をする業界は、他の業界とは全然違った特殊な世界です。...
              薬剤師転職サイトライブラリー!転職サイトのベストの選び方と活用方法も紹介!
              薬剤師の転職サイトは、一般的なリクナビやdodaなどの転職サービスではなく、薬剤師専用の転職サイトが用意されていることが特徴です。 薬剤師が転職を考えるとき、これらの転職サイトを使うことが、一般的な方法となっています。 ただ、転...

              コメント