20代薬剤師転職は有利なのか?不利なのか?転職成功のコツはある?

20代薬剤師薬剤師のお仕事

20代で転職する薬剤師のなかには、「はじめて転職する」という方も多いのではないでしょうか。

はじめての転職ならなおさら不安な点や疑問点が多く頭に渦巻くはず。

そんな、不安いっぱいな20代薬剤師転職。

そもそも、20代で転職するのは有利か不利か。

転職を成功させるにはどうすればいいか。20代薬剤師転職のコツまで学んでおきましょう。

  1. 20代薬剤師が転職を考えるきっかけ
    1. 人間関係
    2. 仕事内容
    3. 年収が低い
    4. 未来がみえない・キャリアアップできない
  2. 転職で20代薬剤師は年収を上げられるか?
    1. 20代薬剤師の平均年収
    2. 20代薬剤師が年収を上げるためにできること
      1. 資格取得
      2. 薬剤師不足の地域への転職
  3. 20代転職は有利?不利?
    1. 20代転職が有利なポイント
      1. 若さで転職できる可能性がある
      2. まだ考えに柔軟性がある
      3. 社会人経験もあり教育しやすい
      4. まだまだ別業種への転職できるチャンス
        1. 自分の未来に繋がる転職をしましょう
    2. 20代転職が不利なポイント
      1. 転職回数によって難易度が変わる
      2. 転職理由が固まってないと採用されにくい
  4. 20代薬剤師はキャリアプランを考えて転職すべき
    1. 年収だけでなく「福利厚生」を見ながら転職する
    2. 勤続年数が短すぎる転職は危険
    3. 20代で何度も転職を繰り返すべきではない
      1. 目的をもって転職すれば転職を繰り返さない
  5. 20代薬剤師が転職を成功させるコツ
    1. 転職エージェントを活用する
    2. 独りよがりな転職をしない
    3. 転職前に調査を欠かさない
    4. 雇用主が20代薬剤師に何を求めているか考える
    5. 転職活動の優先順位を決める
      1. ルールを決めて転職活動を円滑に進める
  6. 「採用されること」が転職活動のゴールではない
    1. まだ20代…薬剤師としてのキャリアは長い
    2. 将来を見据えた転職活動をする
  7. 20代薬剤師転職のためには転職エージェント登録が必須
    1. マイナビ薬剤師
    2. ファーマキャリア
    3. 薬キャリ
  8. 20代薬剤師転職まとめ

20代薬剤師が転職を考えるきっかけ

そもそも20代薬剤師が転職を考えるきっかけ、転職を考える理由から学んでいきましょう。

人間関係

薬剤師のしごとは、その職場で働く職員同士のチームプレーで行います。

職場の人間関係が悪いと、そこで働く薬剤師も「転職したい」と思っても仕方ありません。

をれに20代の薬剤師は、社会に出てまだ日が浅いこともあり、人間関係で起こるストレスをうまく対処できないのです。

人間関係で悩みながらの仕事は、自分のポテンシャルを発揮できず、本人のキャリア形成のためにもよくありません。

人間関係で悩んでいる20代薬剤師は、無理せず転職を行って下さい。

仕事内容

年収など求人の勤務条件だけで仕事を選んだ薬剤師にありがちですが、「仕事にやりがいが感じられない」という理由で転職する薬剤師も多いです。

仕事でもらえるお金は大事ですが、お金のためだけに仕事するわけではありません。

薬剤師としての仕事にやりがいを感じられてない薬剤師も十分転職する資格を持っています。

年収が低い

病院薬剤師が抱きがちな問題として「年収が低い」というものがあります。

他の業種と比べると年収水準が低いことから、今より年収アップを考えて転職を考える20代薬剤師も多いです。

確かに病院薬剤師は仕事にやりがいもあり、キャリアアップやスキルアップにも繋がりますが、それによって仕事が苦しくなってしまってはいけません。

現在の仕事と年収が釣り合ってないと感じるなら、無理せず転職を考えてください。

未来がみえない・キャリアアップできない

仕事内容への不満と似ているのが、現在の職場には薬剤師としての未来がみえない・キャリアアップできないという悩みもあります。

自身のキャリアプランをしっかり考えている20代薬剤師なら、未来が見えないという理由で転職するのも無理なしといったところでしょう。

転職して、自分の未来をしっかり形成できる未来を描ける仕事を探しましょう

転職で20代薬剤師は年収を上げられるか?

転職することで、20代の薬剤師は年収を上げられるかについても考えておきましょう。

転職活動の大きな目的に「年収アップ」を掲げる薬剤師も多いと思います。

しかしそもそも、薬剤師は転職することで、年収を上げることができるのか?

20代薬剤師と年収について、考えていきましょう。

20代薬剤師の平均年収

まずは、20代の薬剤師がどれくらい年収をもらっているか。

20代薬剤師の平均年収から学んでいきましょう。

ずばり、20代薬剤師の平均年収は、

20~24歳:487万円
25~29歳:536万円

となっています。

まず現在働いている20代薬剤師は、自分のもらっている年収が相場と比べて高いかどうかを考えておきましょう。

20代薬剤師が年収を上げるためにできること

今回は、20代薬剤師の転職について考えているわけですが、単純に転職するだけで自動的に年収が上がるかというとそんなことはありません。

しっかり自分の中で目的を持って転職したり、年収アップのための行動をしないと、転職することはできません。

「年収を上げたい」という確固たる願いがあるのに関わらず、てんで無駄な行動をしないように、しっかりと年収アップのための正しい手立てを理解しておきましょう。

資格取得

資格を取る。

つまりスキルアップすることで、年収を上げることができます。

薬剤師免許というベースに、他のスキルを表明できる資格を取得することで、ひいては昇進、そして年収アップにも繋がるということです。

例えば代表的な資格が「認定薬剤師」など。

薬剤師が年収アップのために取れる資格は種類が多いです。

ここでいくつか薬剤師のスキルアップのための資格を紹介しておきます。

  • がん薬物療法認定薬剤師
  • 外来がん治療認定薬剤師
  • HIB感染症薬物療法認定薬剤師
  • 漢方薬・成約認定薬剤師

など、自分の仕事に合わせて資格を取得すれば、年収アップも夢ではありません。

薬剤師不足の地域への転職

年収アップという確固たる目的があるなら、年収相場が高い職場への転職ではなく、「薬剤師不足の地域へ転職する」のも一つの手です。

薬剤師のニーズが高い地域の転職は、高待遇を受けられるので高い年収相場で転職できます。

やっている仕事が同じでも、転職する地域で、もらえる給与がぜんぜん違うということです。

20代転職は有利?不利?

それでは果たして、20代で転職する薬剤師は、果たして有利なのか不利なのか?

20代の薬剤師が転職するという観点から情報を調べていきましょう。

20代転職が有利なポイント

基本的に20代薬剤師は転職で不利になることはありません。

適切に転職活動を進めれば、たとえまだキャリアや経験が乏しい20代でも、いくつかの有利なポイントを得ながら転職できるはずです。

若さで転職できる可能性がある

実は、20代の若者が持つ一番の武器が「若さ」です。

若いということはつまりポテンシャルがあるということ。

そして、採用側に「長期的なキャリアプランが描ける」と感じてもらうことができるということです。

採用側は、少しでも長く働いて欲しいと思うはず。

その点、20代でまだ若い薬剤師は、転職活動においてかなり有利だと言えるのです。

まだ考えに柔軟性がある

まだ社会人経験も乏しい20代薬剤師は、余計な先入観や他人の意見を取り入れていません。

そのため、年上の薬剤師も教育しやすいというメリットがあります。

ある程度キャリアを積んだ薬剤師は、即戦力で働くスキルこそあるかもしれませんが、仕事において不要な「プライド」も併せ持っているかもしれません。

その点、教えた事を従順に守る20代薬剤師は、「使いやすい」と思われることでしょう。

社会人経験もあり教育しやすい

新卒の薬剤師よりも、多少働いた薬剤師の方が有利とも取れる部分があります。

それは、20代薬剤師として働いていたその社会人経験です。

社会人経験がまったくない人に対して、企業や調剤薬局はまず社会人マナーから教えることになります。

この手間が省けるのは、採用側にとって大きなメリットです。

薬剤師の採用担当が考えるのは、「少しでも小さいリソースで良い人材を採用したい」ということです。

20代薬剤師を採用するリソースは小さくて済むはずです。

まだまだ別業種への転職できるチャンス

20代は、まだまだ未来が開けている状態です。

薬剤師としてのキャリアもまだまだ始まったばかり。

自分の未来を決めるのも、あなた自身の選択と行動に依るところが大きいです。

現在調剤薬局で働いている薬剤師も、次は病院薬剤師として働くことができますし、ドラッグストアでのキャリアをはじめることもできます。

薬剤師というのは、働き方によって仕事も、年収も、仕事内容もまったく変わってくるものです。

長い目で見て、自分の理想とする未来に繋げられるキャリアを描いて、そのキャリアに繋がる転職をしてください。

自分の未来に繋がる転職をしましょう

転職活動に至る理由は人それぞれです。

前述の通り、人間関係や、給与の低さ、仕事内容に不満があるなど、その人によって異なる動機で転職を考えるものです。

しかしどれだけ現職に不満がある薬剤師でも、短絡的な理由で、条件反射的に転職するべきではありません。

転職という決断は、その後の人生に大きな影響を及ぼすものです。

クールな頭で、情熱さも持ち合わせた心で、転職先企業を選んで転職活動に動き出してください。

20代転職が不利なポイント

20代転職が不利になるポイントも考えられます。

20代で転職を考える薬剤師は、どんな部分が不利に働くのでしょうか。

転職回数によって難易度が変わる

転職を何度か繰り返しているなら、その人は要注意です。

20代という若さで転職を繰り返しているということは、採用側から「一つの職場で長く働けない」という烙印を押されてしまうのです。

長く働けない薬剤師を採用するのは、採用側からすると高いリスクがあります。

できれば転職回数を少なく抑えるために、今後はしっかり転職先の下調べを行って下さい。

転職理由が固まってないと採用されにくい

20代で転職を考えた時、大事になるのが「転職理由」です。

転職理由がぼんやりしたものだと、「未来のビジョンが乏しい」と判断されて、採用されにくくなります。

採用する側はいつも、「将来のビジョンをしっかり定めた薬剤師」を求めているものです。

20代で転職を考えた薬剤師は、面接でしっかり話すために転職理由をしっかり固めておきましょう。

20代薬剤師はキャリアプランを考えて転職すべき

20代薬剤師が転職において考えるべきなのは、「将来のキャリアプラン」です。

自分が薬剤師として働いていく上でどうなっていきたいのか。

どのような場所で、どんなキャリアを歩んでいくのか。

それに沿った転職を行うべきです。

もし今の職場が自分のキャリアプランにあってないと思ったら、時間を無駄にしないためにもすぐ転職するべきですよね。

年収だけでなく「福利厚生」を見ながら転職する

20代というのは、世間から見てもかなり若い年代。

これから未来はいかようにも広がっています。

だからこそ、慎重に仕事を選んで、働く職場を考える必要があります。

もしあなたの転職する理由が、「年収を上げたい」だったとしても、次転職する時は年収以外の部分「福利厚生」や「人間関係」に注目する必要があります。

薬剤師は転職市場が活発な業界ではあるものの、職場を転々とするのはデメリットが多いからです。

まだ若いからといって油断せず、次転職するときは、「長く働けそうな職場か」を考えながら転職するのをおすすめします。

勤続年数が短すぎる転職は危険

今の職場は何年働いたのでしょうか。

薬剤師資格取得後、就職してまもなくすぐ次の職場…という20代薬剤師は転職活動において不利です。

確かに新卒の薬剤師や、第二新卒の薬剤師は、あらゆる職場で重宝されます。

しかしあまりにも短い職務経験は、薬剤師の勤務経験とはカウントされず新卒と同じ扱いの転職となることに注意してください。

「若くして中途の採用を活かした転職をしたい」

薬剤師にとって短すぎる職務経歴は、あまり有利には働かないということです…。

20代で何度も転職を繰り返すべきではない

薬剤師の将来性

上でもお伝えしたとおり、何度も転職を繰り返している薬剤師は転職成功率が低くなってしまいます。

どうして転職を繰り返してしまうのか自分でしっかりわかっていれば、転職後の職場で再び「転職したい」と思うようなことはなくなるはずです。

不安なら、転職エージェントのキャリアコンサルタントと話して、転職を繰り返してしまう原因を探ってみても良いかもしれません。

目的をもって転職すれば転職を繰り返さない

しっかり自分の中で転職する目的を決めて、次の職場の情報収集もしっかり行っておくことで、転職に失敗して何度も転職を繰りかえしてしまうなんてこともなくなります。

転職を繰り返す薬剤師は得てして、「将来のことについてあまり考えなしで転職してしまう」ことがその特徴です。

なるべく少ない転職回数におさえることを目標にしてください。

薬剤師が転職を繰り返すメリット・デメリット 転職回数が多いほど不利か?
何度も何度も転職を繰り返している薬剤師は、薬剤師の転職市場において不利です。 これは、薬剤師業界以外でも同じですが、転職を繰り返していると「またすぐ仕事を辞めてしまうのでは」と警戒されてしまうので採用率が下がってしまいます。 よ...

20代薬剤師が転職を成功させるコツ

それでは具体的に、どうすれば20代薬剤師が転職を成功させられるのか。

20代薬剤師が転職を成功させるためのコツをここでご紹介します。

転職エージェントを活用する

これにつきるとも言えるのですが、転職を考えた20代薬剤師は「薬剤師専門の転職エージェントに登録する」ことで転職を成功させることができます。

転職エージェントにはキャリアコンサルタントが在籍しており、登録者一人ひとりに専任のコンサルタントがつきます。

キャリアコンサルタントは、利用者の転職における様々な相談に乗ってくれます。

求人探しから、求人情報に書かれている情報のさらに詳細な情報まで。

逆に、キャリアコンサルタントに頼らない転職を行ってしまうと、前述したような「繰り返す転職」を行ってしまいがちです。

独りよがりな転職をしない

一人よがりな転職を行うと、転職活動が後悔につながりがちです。

後悔しない転職のためにも、頼りになる相談相手を一人身近においておきましょう。

もちろん、転職エージェントのキャリアコンサルタントでもこの相談相手の役割を担うことができます。

転職活動ではいつも「俯瞰した目線」が必要です。

自分の置かれている状況、自分の持っているスキル、自分の経歴、そういった自分の資産をどのように転職活動で活かすか。

そうした判断にはいつも俯瞰した第三者目線が必要になるのです。

転職前に調査を欠かさない

20代の貴重な時間を無駄にしないためにも、転職活動は成功させたいもの。

そのためには、転職する薬剤師は転職先に目星をつけたならその転職先の調査を欠かさないことです。

転職先の仕事内容、人間関係、年収の上がり方など、働く前に知っておくべきことを転職前にしっかり調べておくことが大切です。

雇用主が20代薬剤師に何を求めているか考える

転職活動は、「雇用主が求めていることは何か」を考えることがとても大切です。

なぜなら、その雇用主のニーズと転職したいニーズがマッチしないと、マッチング、すなわち転職は果たされないからです。

「ある程度キャリアのある、即戦力で働いてくれる人材が欲しい」と思っているところに、働き出したばかりの20代薬剤師が行っても採用されるわけがありません。

面接でも同じです。

面接でどれだけ自分のスキルをアピールしても、採用側は「ポテンシャルが欲しい」と思っていたなら、その面接でのコミュニケーションはミスコミュニケーションとなってしまいます。

転職活動の優先順位を決める

転職活動で大切なのは、個人が転職に対して求める「優先順位」です。

転職する20代薬剤師が、転職することで得たいものは何でしょうか?

「年収」なのか、「キャリアアップ」なのか。

はたまた「やりがいのある仕事」のあのか。

「お互い助け合える人間関係」という人もいるでしょう。

自分の中でそれらの目的で優先順位をはっきりさせておかないと、求人選びの段階で、「どうしよう」という、転職活動における躓きが発生してしまいます。

転職活動で考えるべき要件は多いです。

ですからなるべく、考えなくて良いところは考えないようにする努力をしましょう。

ルールを決めて転職活動を円滑に進める

「想定年収が○○万円以下の求人は申し込まない」

「病院薬剤師求人しか見ない」

「土日出勤がある求人は申し込まない」

など、自分の中でルールを決めておくことで、求人選びがとても円滑に進みます。

なるべく自分のニーズにあった求人に1件でも多く、申し込める仕組みを作っておきましょう。

「採用されること」が転職活動のゴールではない

転職活動が功を奏して、目当ての求人に無事採用された!

これで確かに転職活動は一段落でしょう。

しかし、転職する側にとって、「採用されること」をゴールとするべきではありません。

本当に仕事がはじまるのは、採用された後だからです。

採用された後、どこまでポジションを上げられるか。

しっかり自分の希望通りの仕事ができるか。

そうした未来のことを考えながら転職するのが大切なのです。

まだ20代…薬剤師としてのキャリアは長い

20代薬剤師は、今回が初めての転職だという方も多いでしょう。

まだ働き始めたばかりだという方も多いでしょうから、これから先どうなるかは、自分自身の行動と決断でいかようにもなります。

実際新卒で採用されるよりも、ある程度社会に出てからスキルを身に着けた状態で、中途採用を狙うほうが大企業にも採用されやすいと思います。

20代薬剤師のキャリアはまだまだこれからです。

将来を見据えた転職活動をする

「若さ」というお金では買えない、絶対的に強い武器を持った状態で転職する20代薬剤師。

せっかく他には代えがたい武器があるのですから、長い目でみてゴールを見据えた転職をしましょう。

例えば、病院薬剤師としてスキルを磨いてから、調剤薬局に転職していずれ独立して薬局を開業するだったり、製薬会社で働くための知識と経験を身につけるだったり。

時間を無駄にしないように、冷静で前向きな判断で転職するための努力をしてください。

20代薬剤師転職のためには転職エージェント登録が必須

20代という若さで転職するなら、その貴重な時間を無駄にしないように転職しなくてはいけません。

適切な転職先を見つけるのはやはり、薬剤師転職エージェントの利用がおすすめだと再三お伝えしていますが、具体的にどの転職エージェントがおすすめか、具体的にご紹介します。

マイナビ薬剤師

人材大手のマイナビ薬剤師はおすすめです。

求人数こそ、他の薬剤師転職サイトに勝てないものの、そのキャリアコンサルタントの優秀さがよく引き合いに出されます。

キャリアコンサルタントの手厚いサポートを希望している薬剤師はぜひ、マイナビ薬剤師を活用してください。

マイナビ薬剤師は特徴とは?利用者の口コミ・評判から強みを解説
マイナビが運営する薬剤師転職サイト、マイナビ薬剤師の使い勝手について説明したページです。マイナビ薬剤師のコンサルタントは優秀か、マイナビ薬剤師の求人情報は多いのか、質は高いのか、それぞれ解説します。

ファーマキャリア

ファーマキャリアも多くの薬剤師に支持されている転職エージェントです。

キャリアコンサルタントに連絡するとそのレスポンスが早く、何より利用者の希望通りの求人を交渉で作ってくれる「オーダーメイド求人」が魅力な転職エージェントです。

時に熱心すぎて「しつこい」と言われるほどのキャリアコンサルタントのアシストを受けながら転職を行って下さい。

ファーマキャリアは使うべき?利用者の評判・口コミから強みを解説
ファーマキャリアは、株式会社アデブティマが運営する薬剤師専門の転職エージェントです。 独自の「オーダメイド式」というシステムを採用している、独自の転職エージェントとして、多くの薬剤師から高い人気をほこっています。 薬剤師のみなさ...

薬キャリ

薬キャリの自慢はその豊富な求人数。

企業薬剤師求人が特に多いので、企業への転職を考えている薬剤師にはイチオシの転職エージェントです。

特に他の転職サイトよりもキャリアコンサルタントの求人提案が的確で、転職のミスマッチが起こりにくいと言われているのもメリットの一つでしょうか。

薬キャリエージェントは使うべき?利用者の口コミ・評判から強みを解説
数ある薬剤師転職サイトの中でも、薬キャリエージェントに目をつけて、これから利用しようかと検討中の方も多いのではないでしょうか。 薬キャリエージェントは実際転職を考えている薬剤師にとって使いやすいのか。 他の薬剤師転職サイトと何が...

20代薬剤師転職まとめ

いかがだったでしょうか。

20代という若さで転職を考える薬剤師のために、今回は必要な情報を集めました。

20代の転職は、その後のキャリアにも大きな影響が出ます。

転職するときは、くれぐれも慎重に行って下さい。

コメント