ワークポートのサポート内容・口コミ評判

転職エージェント

転職活動を行っている人の中には「ワークポート」を活用して転職を行おうと思っている方も多いはず。

転職活動はその後の人生を大きく左右する決断。

なるべく慎重に、そして確実に転職活動を進めていきたいと思うのは当然です。

大手転職エージェントのうちのひとつ「ワークポート」について調べてみて、自分は果たしてワークポートを使った転職を行うべきか。

よく考えてみることにしましょう。

ワークポートは特に、時間をかけないスピーディな転職を得意としており、中でもIT・Web業界の求人取扱が多いです。

転職成功実績も多く、過去多くの利用者の転職を助けてきた過去があります。

客観的にあらゆる麺からみて、多くの方におすすめできる転職エージェントです。

ワークポート詳細情報

  • 求人数 約24,000件
  • 非公開求人数 未公開
  • 対応地域 全国

ワークポートは他のエージェントと比較して優秀か

ワークポート利用者が気になるのはやはり、他の転職エージェントと比べてワークポートはどうなのか?

という点ではないでしょうか。

誰しも、どの転職エージェントと比べても優秀さに遜色ない、少しでも優れた転職エージェントを利用したいと思うもの。

その点、客観的にデータで見たとき、ワークポートは優秀な転職エージェントだと言えるのでしょうか。

求人数は多い?

ワークポートの公開求人数は現時点で24,000件。

非公開求人を足すと全体の求人数は35,000件を越します。

まずこの全体の求人だけでも多いですが、ワークポートは特にIT業界の求人取扱が得意です。

IT業界に転職を考えている方は特に、求人数が少ないと感じることも少ないはずです。

キャリアコンサルタントは優秀?

ワークポートのキャリアコンサルタントは、「事務的」なんて言われることがあります。

人情溢れた、手取り足取りサポートしてくれるキャリアコンサルタントを期待するなら、ワークポートは少し物足りないと感じるかもしれません。

ワークポートは使うべき?

ワークポートは、求人がIT分野に一部特化しているなどクセがあることを除けば、基本的に利用しやすい転職エージェントです。

求人数も多いので、他の転職エージェントと併用することで、ワークポートのメリットをさらに大きくすることができるはずです。

ワークポートのメリット

ワークポート利用で感じられるメリットから調べていきましょう。

IT・Web業界の転職に強い

上でも触れたように、ワークポートはIT・Web業界の求人取扱が多いです。

これからITエンジニア、その他IT業界従事者への転職を考えている方なら、ワークポートを使った転職がぴったりだということです。

もちろんその他業界求人の取扱者豊富です。

ワークポートを利用することで、多くの求人の中から、広い選択肢から自分の転職先を考えることができるのです。

キャリアコンサルタントの対応が早い

ワークポートは時に、キャリアコンサルタントの対応について言及されます。

利用者が言うには、求人を紹介される段になって、多くの求人をいっぺんに紹介してくれるとのこと。

他の転職エージェントは、利用者の意見を聞きながら、それにあった求人を紹介するところが多い中、ワークポートは数にものをいわして転職を促します。

これは一見雑でいけないことのようにも聞こえますが、この求人紹介の中で自分にあったものがあれば滞りなく転職活動が終わるということでもあります。

スピーディな転職を行いたいなら特に、ワークポートの利用は最適かもしれません。

他の転職エージェントより、対応がとにかく早かったです。話しながら…というよりは、転職活動を進めながら修正していくような転職活動は、私の性分にあっていました。

だらだら転職したくない方にはおすすめできるかもしれません。

ワークポートの転職ツール「e コンシェル」が優秀

転職活動の進捗状況がひと目でわかる「e コンシェル」が優秀です。

自分の求人応募状況や、選考の進行状況などをひと目で確認することができます。

求人閲覧機能もついており、e コンシェル上でワークポートの扱う非公開求人を見ることも可能です。

そこで気にある求人があれば、もちろん担当のコンシェルジュに問い合わせ可能です。

e コンシェルはスマホでも操作可能。

移動中でも転職活動の管理を簡単に行うことが可能です。

ワークポートを使った転職活動は、管理が容易になるということです。

ワークポートのデメリット

ワークポートを利用することによって被るデメリットも知っておきましょう。

コンシェルジュの対応がいまいち

利用者の多くが「コンシェルジュ」の対応がいまいちだという口コミを残しています。

転職エージェントの優秀さを決めるのが、コンシェルジュの対応の良し悪しであることを思えば、コンシェルジュの対応がいまいちなのは不安になってしまいます。

コンシェルジュに手厚いサポートを期待しない、適度な距離感を期待している方には、ワークポートを使った転職活動がおすすめです。

キャリアコンサルタントにあれこれ口出して欲しい…なんて方は、別の転職エージェントを使ったほうが良いかもしれません。

キャリアコンサルタントの提案力が低い

キャリアコンサルタントの役目は、利用者にぴったりの求人を提案することです。

利用者は、最初の段階でコンシェルジュに「こういった求人を知りたい」と希望を出します。

コンシェルジュは、その要望に沿った求人提案を行います。

しかしこの求人提案が、ワークポートは大雑把です。

「質より量」の求人提案は、人によってはちょっと不満を抱く要因になるかもしれません。

こっちの要望もろくに聞かず、求人をテキトウにばんばん出してくる印象。「早く転職しろ」とでも言いたげな対応で正直どうかと思った。じっくり転職したい人、とくにキャリアを考えた転職をしたい人はワークポートをおすすめできない。

キャリアコンサルタントが転職を急かす?

口コミの中には、「キャリアコンサルタントが転職を急かしてくる」というものも見られました。

転職活動は自分のペースで、じっくり行いたいという方も多いでしょう。

その点でやはり、ワークポートを使うべきなのは、転職活動にあまり多くの時間をかけたくない方ということになりそうです。

ワークポート利用に向いている人

ここまでワークポートの特徴を説明してきましたが、その説明を受けてどんな人がワークポートの利用に向いているのか?

ワークポートを使って転職するべきなのは、どんな人なのか。

IT・Web業界への転職を考えている方

繰り返すようですが、ワークポートはIT業界への転職に強いです。

IT業界へ転職を考えている方は、ワークポート独自のIT求人を見る目的でも、ワークポートへの登録をおすすめします。

ワークポートとあわせて、IT業界への転職に特化した転職エージェントを使うのをおすすめします。

転職活動に時間をかけたくない方

スピーディな転職を得意としているワークポートは、転職活動に時間をかけたくないと考えている方にぴったりの転職エージェントです。

何らかの都合で転職活動に多くの時間をかけられない方はぜひ、ワークポートを使った転職を。

キャリアコンサルタントと適度な距離感を取りたい方

ワークポートのキャリアコンサルタントは、多くの人が「ドライ」で「事務的」だと言っています。

つまり、あまりガツガツ距離を詰めてくることなく、適度な距離感を保ちながらサポートを行ってくれるということ。

在職中に転職活動を行う方は特に、頻繁に連絡を入れてくるなどキャリアコンサルタントと密に連絡をやり取りしたくない方が多いはず。

適度にキャリアコンサルタントと距離感を保ちながら転職したい方にとってワークポートはピッタリの転職エージェントです。

ワークポート利用の流れ

ワークポートを利用した内定、勤務開始までの転職活動の流れを先に調べておきましょう。

ワークポート登録

まずは登録フォームから情報を入力して登録を行います。

ワークポートへの登録は簡単で時間がかからないと言われています。

まずは転職活動のスタートライン、ワークポート登録を手早く済ましてしまいましょう。

登録が済んだら、担当コンサルタントから電話があり、面談の日程調整が行われます。

キャリアコンサルタントと面談

登録情報を素に、キャリアコンサルタントと面談を行います。

転職活動における目的、今後のキャリアなど、今後の転職活動の足がかりをここでつかみます。

求人提案

利用者から出た希望に沿った求人が紹介されます。

面談で求人を紹介されることもありますが、時間がかかりそうなら後日求人の提案を受けることになります。

書類添削

求人に応募するにあたり、提出する書類の添削、面接の対策を受けます。

求人応募

自分の希望にあった求人に応募します。

書類選考後、面接の日程調整をコンサルタントが行います。

面接

ここで応募先企業と面接を行います。

キャリアコンサルタントから受けた面接対策を思い出してください。

内定・交渉

面接が認められたら、内定が出ます。

内定が出たあとは、キャリアコンサルタントが給与や勤務開始日時の交渉を行ってくれます。

ワークポートとの面談

ワークポートに登録すると、か習う担当コンサルタントとの面談を受けることになります。

担当コンサルタントとの面談、どこで行われるのか、そして何を面談で話すのか、前もって調べておきましょう。

面談場所

面談を行うのは、ワークポート本社、もしくは地方支社内で行われます。

東京しか面談場所がない転職エージェントも多いので、この点は安心ですよね。

面談可能なワークポート支社はいかの地域です。

  • 東京本社
  • 五反田オフィス
  • 埼玉オフィス
  • 横浜オフィス
  • 仙台オフィス
  • 名古屋オフィス
  • 大阪オフィス
  • 神戸オフィス
  • 福岡オフィス

地方にお住まいの方でも、ワークポートは転職活動をサポートしてくれるということです。

これはありがたいですよね。

面談に行く際はスーツである必要はありません。私服で大丈夫です。

筆記用具を忘れず持っていきましょう。

面談内容

面談の内容ですが、まず基本的なワークポートのサービス内容についての説明のあと、利用者のヒアリングが行われます。

ヒアリング内容を受けて、ワークポートの担当はすぐにでも利用者への求人紹介を行ってくれます。

とはいえ、面談内容は担当コンサルタントの裁量で適宜変わることもあります。

相手は転職のプロです。安心して、任せてください。

コンシェルジュはとても丁寧に対応してくれるので、はじめて今回転職を行う人でも安心です。

前もって転職に関する考えの整理とスキルの棚卸しを

ワークポートの担当者と面談を行う前に、自分が転職に関してどんな考えを持っているのか。

転職した先の企業でどんな働きができるのか。

それらの情報をしっかり整理しておくことをおすすめします。

面談にて担当者は、利用者に詳しくヒアリングを行ってくれますが、前もって情報を整理シておいたほうが遥かに時間もかからず効率的です。

良くも悪くもシステマティックなキャリアコンサルタント

確かにワークポートのキャリアコンサルタントは丁寧ですが、他のエージェントはもっと人間臭いサポートを行いところがあります。

ワークポートは、よく言えば教育が行き届いた、画一的なサポートを行います。

必要以上のことは聞いてくることはなく、決まったルール通りの面談を行うようです。

確かに転職に必要ない情報を聞かれても仕方ないです。

ここを割り切れる方が、ワークポートの利用に向いていると言っていいでしょう。

ワークポートの気になるポイントQ&A

ワークポート利用者が抱きがちな疑問にお答えしていきます。

電話面談は可能?

可能です。

本社やその他支店に足を運べない人は、電話にて担当コンサルタントからヒアリングを受けられます。

面談内容も、基本的に顔を合わせた面談と変わりません。

これなら、地方にお住まいの方や、在職中に転職活動を行う方でも、問題なくワークポートを使った転職を行うことができます。

利用料は?

ワークポートを使った転職活動には、利用料がいっさいかかりません。

転職が成功したとしても、あとで報酬を請求されるようなことはありません。

どうしてこのようなビジネスが成り立っているかというと、転職先の企業からワークポートへと仲介料が支払われているので、利用者に利用料が請求されることはないというわけです。

退会したいときは?

ワークポートを退会するときには、面倒な手続きは必要ありません。

担当コンサルタントに、「退会したい」という意思を伝えるのみです。

たとえワークポートで転職の途中でも、なんらかの事情で転職したいと思ったときには問題なく退会できます。

しかしくれぐれも、大会時の連絡は丁寧であることを心がけてください。

またいつワークポートのお世話になるかわかりません。

ワークポートと併用するべき転職エージェント

ワークポートは特にIT求人の扱いが得意な、優秀な転職エージェントです。

しかしやはり、上で説明した通り弱点もあります。

その弱点を打ち消すためには、ワークポートと異なる特徴を持つ転職エージェントを併用するのがおすすめです。

具体的にどの転職エージェントを使うべきなのか?

ここで具体例を紹介したいと思います。

リクルートエージェント

転職エージェント最大手「リクルートエージェント」は併用するのにおすすめです。

やはりその強みである、圧倒的に豊富な求人数と過去の転職成功実績は、他のエージェントには遠く及びません。

どの転職エージェントで転職するか決めかねているなら、圧倒的求人数のリクルートエージェントに決めてはいかがでしょうか。

キャリアコンサルタントの質にばらつきこそあるものの、基本的に弱点のない転職エージェントです。

リクルートエージェントの使い勝手はいい?サポートの充実さは?
転職業界ナンバーワン転職エージェント、リクルートエージェントの紹介です。業界ナンバーワンの求人数と、業界ナンバーワンの実績を持つ転職エージェントですから、利用者の幸せな転職をきっとアシストしてくれるはずです。

マイナビエージェント

20代~30代の求人取扱に強いマイナビエージェントもおすすめです。

特にマイナビは、利用者への対応、サポート内容が手厚いことでも有名です。

「事務的」と言われることも多いワークポートとの併用もおすすめです。

特に若手の転職におすすめ。

マイナビエージェントとワークポートのキャリアコンサルタントを比較してみても良いですね。

マイナビエージェントの使い勝手は?サポートの充実性は?
マイナビエージェントは実績のある、大手転職エージェント。キャリアコンサルタントの質も評判が高く、求人の数、質ともに優良です。

ワークポート口コミまとめ

ワークポートの求人でWebのエンジニア転職を行いました。最初からWeb一本に絞った転職だったので、別の業種の求人がどうとかはあまり考えませんでした。担当してくれた人の、Web業務への知識が豊富で驚きました。この人なら安心して任せられると思いました。

広告関係の転職をワークポートで成功させました。最初に紹介してくれた求人の多さには驚きましたが、それぞれの求人が私の要望どおりのものだったので、あまり不満はありません。キャリアとか年収とかにこだわる人はちょっと向いていないかもしれませんが、私はワークポートは優秀な転職エージェントだと思いました。

対応はとても早いです。

でも全然要望を聞くこともなく、淡々と求人を紹介してくるばかり。

数撃ちゃ当たるの求人提案は、良いと思う人もいればあんまりだと思う人もいるはずです。

いい人にはいいんじゃないかな。

ワークポート総評

いかがだったでしょうか。

今回は、IT・Web業界への転職に強い転職エージェント「ワークポート」の紹介を行いました。

ワークポートは担当者の対応が義務的だと言われることがあるものの、その豊富な求人は魅力的です。

転職活動に時間をかけたくない方、IT・Web業界への転職を主に考えている方にはぜひ、ワークポートを使った転職を行ってもらいたいです。

コメント