転職者が選ぶ顧客満足度1位の「doda」
doda
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
公開求人数
60,000
非公開求人数
17,846
対応地域
全国
対象属性
20~30代の男女
強い業種
全業種
年収UP率
非公開
求人数は業界ナンバーワン!また、「初めての転職」におすすめの転職サイトです。サポート体制に定評があり、サービス利用者の満足度も業界トップクラス!
dodaの無料登録へ
登録者数の多い人気の転職サイト
高年収求人数No.1!「ビズリーチ」
ビズリーチ
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
公開求人数
80,000件
非公開求人数
非公開
対応地域
全国+海外
対象属性
30~50代の男女
強い業種
全業種
年収UP率
90%以上
年収600万円以上を望む方からの支持率No.1のビズリーチ!他社サービスに比べスカウト機能が充実しており、ハイクラス求人数も業界イチです。
ビズリーチの無料登録へ

はじめてのWEB面接!WEB面接のやり方は?基本的なマナーも解説

PC 操作 手元面接対策

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、多くの企業が面接を遠隔でできるWEB面接に切り替えています。

面接相手の企業まで赴いて、対面での面接は濃厚接触となり感染リスクが高まってしまうのです。

緊急事態宣言が延長することがほとんど決定した今、いよいよWEB面接が面接のスタンダートになるでしょう。

ここで、WEB面接をこれから受ける方のために、WEB面接の基本的なやり方を学んで、WEB面接を円滑に進められるようにしましょう。

WEB面接やり方基本説明

WEB面接をさっそくやっていきましょう。

対面面接とは違い、基本的に移動しなくて良いのが、WEB面接の良いところですよね。

スカイプ面接のやり方

Skype面接でまずやっておくべき準備は「skypeをインストール」しておくこと。

そしてIDを取得する。

このIDを企業に伝えないと、面接することができません。

Skypeで企業側のIDを登録しておけば、面接当日に企業から着信が入るので、着信を受け取ればWEB面接が始まります。

焦って直前でskypeを用意するなんて真似はぜったいにやめてください。

zoom面接のやり方

最近多くなっているのが、オンラインミーティングツールzoomを使った面接です。

zoomを使った面接が決まると、ミーティングルームのURLが送られてくるでしょうから、面接を受ける人はそのURLにアクセスしてビデオチャットに参加するだけです。

送られてきたのがミーティングID/パスワードの場合なら、zoom立ち上げ後「ミーティングに参加」を選んでミーティングIDと名前を入力してルームに参加します。

するとパスワードの入力を求められるので、そこでパスワードを入力すれば接続完了。

面接が始まります。

zoomなら背景を変えられる機能があるので、背景が白くない問題にも対応できます。

WEB面接の前準備

WEB面接で何より大事なのは「前準備」です。

もちろん、対面の面接でも前準備が大切ですが、WEB面接はそれとは違う種類の準備が必要になるのです。

WEB面接ではどんな準備が必要になるのか?

具体的に一つずつみていきましょう。

服装を整える

「オンラインで遠隔だし、服装適当でもばれないだろ」

なんて思ってはいけません。

時には「上半身だけ服を整える」なんて人がいますが、そんな態度では面接官に熱意の無さがバレます。

実際の面接と同じくぴしっとスーツで決めて、WEBだろうと気を抜くこと無く面接に臨んで下さい。

機材を整える

WEB面接ではオンラインコミュニティツールの種類などソフトウェアも大切ですが、ソフトウェアを動かすハードウェアも重要です。

WEB面接を行う前にしっかりと機材、ハードウェアを用意しておくことがとにかく重要です。

PCのスペックは高いに越したことはありません。

最低限ソフトウェアが動くか確認しておきましょう。

回線の準備を怠らない

WEB面接はネット上で行う面接です。

ですから最低限、ネット環境が整ってないと面接したくてもできないということです。

WEB面接がそもそもつながらないことで開始できない、WEB面接中に回線が切れてしまうなんてことになったら最悪です。

回線速度、回線状況もしっかり調べておきましょう。

ネット回線は、安定していれば安定しているに越したことはないです。

スマホでWEB面接はあり?

PCが家にないという人も多いでしょう。

オンラインコミュニケーションツールなら、スマホアプリでも代替できるので、PCが無い方は「スマホでもいいのか?」と思ってしまいますよね。

しかしスマホでのWEB面接は、「手持ちでブレる」「スマホのスペックによってはカメラの画質が悪い」など問題があります。

スマホ固定すればいいなど対応策はありますが、やはりカメラがついたPCを用意しておくことに越したことはありません。

WEB面接の注意点

WEB面接で失敗する人は多いです。

当然WEB面接で失敗はしたくないもの。

WEB面接を受ける前にしっかり「WEB面接の注意点」を押さえておきましょう。

回線の調子は確認しておく

前述したように、PCなど機材の調子、ネット回線の調子はしっかり前もって確認しておきましょう。

ギリギリになって準備するのでは遅すぎます。

前もってWEB面接のリハーサルをしておく

時間があるなら、実際に知り合いや友人相手に、オンラインコミュニケーションツールを使ってWEB面接のリハーサルをしてください。

手取りをしっかり整えていても、実際にツールを立ち上げてみたら「想像していたのと違う」ことが十分あり得ます。

あとあと困るくらいなら、先にリハーサルしておきましょう。

部屋の明るさに注意

WEB面接で映るカメラ越しの世界が、面接官から見るあなたに対するすべてです。

暗い部屋で過ごしていれば、当然面接官にも暗い印象を与えてしまいます。

それにカメラ越しに世界を写せば、若干暗く写ってしまうもの。

面接の時間なども考慮しながら、部屋の明るさ調節もしっかり注意しながら準備してください。

WEB面接のマナーは?

WEB面接で気をつけておくべきマナーもあります。

実際の対面で行う面接と同じく、WEB面接にも、WEB面接特有のマナーがあるのです。

時間に余裕をもってスタンバイ

WEB面接では、時間に余裕を持ってスタンバイしておくことが大切です。

面接のツールを立ち上げる時間が自分の予想よりかかってしまうリスクもあります。

基本的に、「ちょっと早めに準備する」のはWEB面接において鉄則です。

背景は白い場所で

現段階WEB面接を受けるのは基本的に自宅になると思いますが、WEB面接で映る画面の背景は白い背景にしておきましょう。

もしzoom面接なら、自分で背景を変えられるので簡単ですね。

カンペは用意しない

よくWEB面接ならカンペを用意できると考える人がいますが、カンペを用意するのはやめてください。

カンペは、カメラに映らなければばれないと思いきや、カンペを見る目線でバレることもあれば、カンペを読んでいる熱意のない声でバレることもあります。

そもそも、「カンペを持っておけばいい」ってその気持ちの緩みが、面接における失敗を誘発します。

WEB面接におけるカンペを持っていて良いのか問題は、別の記事でも説明しています。

WEB面接のカンペはバレる!悩んだ時は熱意で押し切るべし
新型コロナウイルスの影響で面接の基本スタイルとなっている「WEB面接」。 すでに実施している会社はありましたが、今回のことで一気に広まりました、 それも、世界中に。 そして今回就職面接、転職面接どちらでもしっかり備えておく...

WEB面接で実際にあった失敗談/h2> すでに多くの場所でWEB面接が行われており、その中で「多くの失敗談」が溜まっています。

実際にWEB面接で失敗した人の失敗談を聞いてみましょう。

PCトラブルで慌ててしまった

面接の受け答えもばっちり。実際なんの質問がきても大丈夫!(例えば、あなたにとって仕事とはなんですか?とか…)

でも実際本番になってみたら、PCが予期せぬトラブルにみまわれて…。そこからは面接どころじゃないことに。

その前に友達につないだ時は上手くいったんですが…。

面接の準備をしながら、PCの準備もして…なんてやってたら時間が足りなくなりますよ。

質問の返答がうまく伝わらない事態が起こる

私とデバイスの距離が遠すぎたのか、面接官に私の声が届かないことがありました。謝って今度はかなり近くで喋っていたら、今度は「声が大きすぎる」と言われて…。

デバイスとの適度な距離感については、それまで考えていませんでした…。

WEB面接攻略法

WEB面接をクリアしやすくする、WEB面接攻略法もここでしっかり学んでおきましょう。

対面の面接よりハキハキ喋る

WEB面接では、声が伝わりにくいことがよくあります。

実際に対面で面接するときよりも、「声のトーン」をあげてより伝わりやすくすることに気を使って下さい。

ちょっとやりすぎかな、くらいがちょうどいいです。

目線をカメラに固定

目線にも要注意です。

面接を受ける側としては、画面の面接官を見ながら面接したいですが、

面接ではWEB面接とはいえ「目と目を合わせながら面接」が基本。

ですから、あなたの目線は「画面に映る面接官の目」ではなく「カメラ」が基本です。

「目と目が合わない」のは面接において致命的です。

WEB面接のお礼を忘れない

WEB面接とはいえ、面接を受けたらしっかりお礼を言いましょう。

遠隔で面接を受けると、自宅で受けることが多いので面接が終わった瞬間気を抜きがちです。

しかし通常の面接と同じく、終わったらすぐに面接のお礼を出して下さい。

WEB面接のやり方 まとめ

今回は、緊急事態宣言延長もあり、これからの面接のスタンダートになりつつある「WEB面接」についてお話しました。

WEB面接も、普通の面接と同じくマナーや、やり方があります。

しっかり前準備を怠らないで、面接の場数も踏んでリハーサルも重ねて、WEB面接の本番に備えましょう。

緊急事態宣言延長の方針!仕事、生活に影響は出る?
政府から緊急事態宣言が出されてから3週間以上が経過しました。 相変わらず国内の新型コロナウイルス感染は完全に治まったとはとても言えない状況です。 再三の外出自粛要請などが出されているにもかかわらず、新たに確認新型コロナウイルス感...

コメント