登録者数の多い人気の転職サイト
高年収求人数No.1!「ビズリーチ」
ビズリーチ
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
公開求人数
80,000件
非公開求人数
非公開
対応地域
全国+海外
対象属性
30~50代の男女
強い業種
全業種
年収UP率
90%以上
年収600万円以上を望む方からの支持率No.1のビズリーチ!他社サービスに比べスカウト機能が充実しており、ハイクラス求人数も業界イチです。
ビズリーチの無料登録へ
転職者が選ぶ顧客満足度1位の「doda」
doda
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
公開求人数
77,778件
非公開求人数
61,365件
対応地域
全国+海外
対象属性
20~50代の男女
強い業種
全業種
年収UP率
非公開
求人数は業界ナンバーワン!また、「初めての転職」におすすめの転職サイトです。サポート体制に定評があり、サービス利用者の満足度も業界トップクラス!
dodaの無料登録へ

ベンチャー企業に転職するメリットとは?転職前に知っておくべきこと

転職コラム

様々な事情があり行った転職活動。

当初抱いていた希望はある程度叶えられ、転職活動におけるトラブルもある程度予測の範疇に収まった…。

ということは今後は明るい未来が待っている!とは単純に行かないのが人生です。

特に転職活動は、当初の予測と実際の結果で剥離が起きやすい事象でもあります。

とはいえ予測の難しい未来に対応するのも実は簡単です。

「未来の予測を正しく行って、その対応策をしっかり考えておく」

だけで良いのです。

転職活動で思ったような結果にならないのは、「そもそも予測が甘かった」「未来への対策ができていなかった」などが理由です。

わかっているなら簡単です。

未来への備えをしっかりしておけば良いだけのこと。

ベンチャー企業への転職という、人生において大きな転機を活かすも殺すも、あなたのスキルと未来の見通し次第です。

ベンチャー企業で感じるであろう不安

あなたが現在ベンチャー企業への転職で悩んでいるのには当然理由があります。

当然ですがベンチャー企業転職前に、その心配にアプローチするための行動ができれば、心配という靄は晴れて明るい未来が待っています。

前述の通りベンチャー企業転職で失敗を避けるためには、「心配に対して事前に準備しておく」ことが何より大切です。

具体的にベンチャー企業で思いがちな心配にはどんなものがあるか、具体的に見ていきましょう。

不安の正体は「あるかもしれない未来」

どうしてあなたはいつも心配な気持ちを抱いているのかというと、「あるかもしれない未来に悪い想像をしているから」です。

誰に言われたわけではない「悪い予想」に対して、「現実になるのでは」という不安な気持ちでストレスを感じているのです。

ここで考えるべきなのは「どんな悪い未来が起こるかもしれないか」ではありません。

「起こるかもしれない悪い未来に対して今どんな対応ができるか」です。

どんなに悪い未来があなたを待っていたとしても、その未来に対してしっかり準備しておけば、何も恐れることはないのです。

何はともあれ行動すること。

それがより良い未来を迎えるために必要なことです。

「仕事がハードでうまくやれないのではないか」

具体的にベンチャー転職で心配になることを一つずつ考えていきましょう。

まずありがちなのはやはり「仕事内容」です。

転職先の会社は仕事がハードでうまく馴染めないのでは…。

今の会社で行っている仕事の経験が活かせないのではないか…。

そんな心配を抱きがちです。

この心配に対してできることは、「どんな仕事にも対応できる柔軟性と、高いスキルを身につける」ことでしょう。

転職先の企業あなたに「利益を生む存在になってほしい」のです。

仕事できないお荷物な存在は、どんな企業からも求められません。

求められる仕事が多くなりがちなベンチャー企業へ転職する時は、事前にしっかり利益を生む人間になっておくことが大切です。

「職場に馴染めないのではないか」

職場に馴染めないのではないか。

特に新しい人間関係に放り出された時、対応できず職場内で孤立してしまうのではないか。

そんな心配を胸に抱く人も多いでしょう。

この心配も、はっきり言ってするだけ無駄です。

人間関係を円滑に構築するなら、事前にコミュニケーション能力を高めておく必要がありますが、大人になった今からそれをするのはかなり大変です。

それに転職先の同僚にどんな人がいるかは、大部分運に左右されます。

あなたが選べる分野の問題ではないからです。

ですから「新しい職場の雰囲気に馴染めるか」は、適正とあなたの今まで築いてきたコミュニケーション能力など、過去や性格で変わります。

あなたは心配するだけ無駄ということです。

「転職前との働き方とのギャップで苦しむのではないか」

確かに、特に大企業からベンチャー企業へ転職した人は、その働き方のギャップに苦しむかもしれません。

大企業というのは、社員が多いこともあり役割の区分が明確に決まっています。

対して人が少ないベンチャー企業では、一人ひとりの仕事の配分が大きく、任される責任も大きくなるもの。

この仕事のギャップで悩む人が多くなるのも確かにそうかもしれません。

しかし、この心配に対してできることも少ないです。

あなたにできるのはせいぜい、「どんな仕事をふられたとしても、精一杯仕事すること」。

仕事環境が変わって、業務環境が変わったとしても、上手に柔軟していくことだけが、あなたが転職前にできることです。

大企業に転職すればいいってものじゃない!大企業で働くデメリット
大企業に転職さえすればそれだけで幸せ…?そんなことはありません。大企業には大企業なりの、そこで働くデメリットがあります。仕事にやりがいを求める方は特に、大企業への転職は避けましょう。

「会社に倒産リスクがあるのでは」

確かに経営が安定している大企業と比べれば、ベンチャー企業の倒産リスクは高いです。

基本的にベンチャー企業の企業方針というのは、大企業が追ってないニッチな分野で事業展開を狙うところが多いからです。

ニッチな分野の事業で成功すれば良いですが、事業が失敗することで会社の経営は一気に傾いてしまう。

そして倒産してしまう。

これでは幸せな未来を過ごすことはできません。

この心配を取り払うには、「経営が安定しているメガベンチャーへ転職する」もしくは「経営が安定している会社に転職する」などすれば良いのです。

そして現代は、たとえ大手企業に勤めていたとしても一生安泰ではありません。

この先何が起こるかわからない時代において、遠い未来の心配をするのはあまりにも無駄というもの。

「あるかわからない未来」を心配する余裕があるなら、今目の前に集中してください。

ベンチャー転職が抱くリスク

確かにベンチャー企業への転職には、一定のリスクが伴います。

転職という行為自体リスクがあるものですが、企業体制が違う会社への転職となるとリスクもひとしおです。

具体的に、ベンチャー転職で影響を受けかねないリスクについて、具体的に考えていこうと思います。

倒産

前述の通り、ベンチャー企業には倒産リスクがあります。

事実こうしている今も、多くの企業が経営破たんで倒産に追い込まれています。

大企業と比べると経営が安定しないベンチャー企業。

何か一つのトラブルから経営が追いつかなくなることだって珍しくないのです。

ベンチャー企業で働くということは、倒産しかねないリスクを念頭に置いて仕事することという認識を常に持っておきましょう。

社風が独特

人が増えるごとに、安定するように社風が大人数にあわせた無難な社風になっていくことが多い大企業。

それに比べて、新進気鋭で「これから仕事するぞ」という気概をもったベンチャー企業は、社風が独特なところも多いです。

独特な社風に馴染めないことも多々あるので、大企業思考の人はまず要注意です。

転職において「社風が合わない」というのは致命的です。

転職前に、できるだけ転職先の情報を集めておきましょう。

福利厚生が乏しい

ベンチャー企業というのは、大企業より比較的福利厚生が乏しくなりがち。

大企業が住居や家族などで手厚い手当をつけてくれるのに対し、ベンチャー企業は最低限の保険をつけてくれるだけ、なんてことも多いです。

企業の資本が弱いので、福利厚生も弱くなるのは当然と言えば当然。

手厚い福利厚生で働きたい、という方はベンチャー企業で働くべきではないかもしれません。

収入面も含めて、ベンチャー企業で働くのは経済状況的には弱いです。

ベンチャー企業で働くべき人

ベンチャー企業での勤務に向いている人の特徴も考えていきましょう。

大企業とは違う常識で経営が行われるベンチャー企業。

当然のことながらそこで働く人には「向き不向き」が表れてきます。

仕事が好きな人

まず、ベンチャー企業には仕事がたくさんあります。

人手が少ないこともあり、やる仕事には困らない状況でしょう。

その中で働くということは、仕事が嫌いな人ではとてもこなせるものではありません。

ですからまずベンチャー企業で働くひとには「仕事が好きなこと」という条件が求められます。

社員一人にたくさん舞い込む仕事に対して、「面倒だな」とか感じる人は、ベンチャー企業で働くべきではないでしょう。

仕事を探してこれる人

仕事が好きな人と少し似ていますが、たくさんこなすことがあるベンチャー企業において、「自分で仕事を探してこれる人」という条件も求められます。

言われた仕事をするだけの「指示待ち人間」は、仕事で成果をあげてなんぼのベンチャー企業での勤務は不向きかもしれません。

「なんでも仕事する」の姿勢で仕事する人

記事の中で説明した通り、ベンチャー企業での仕事は量が多く、種類も多いです。

日々決まった仕事だけでなく、イレギュラーな仕事を任されることも多くなるので、ベンチャー企業で仕事する人は「任された仕事はなんでも仕事する」気概で業務にあたる必要がありそうです。

ベンチャー企業が向いていない人

逆に、ベンチャー企業で働くのが向いていない人もいます。

当然ですが、自分の適性を考えた上で「ベンチャー企業で働くかどうか」を考えるべきです。

具体的に、ベンチャー企業で働くべきではない人の特徴もみていきましょう。

安定志向の人

あまり経営が安定しない会社で働きたくない方は、ベンチャー企業で働くほうが良いかもしれません。

いつの時代も「大企業志向」の人はいるものです。

自分が所属するコミュニティの規模が大きければ大きいほど安心する人、ブランド志向の方などは、ベンチャー企業で働くのは向いていないでしょう。

決まった仕事だけしたい人

ベンチャー企業はやる仕事が多いです。

部をまたいで、自分の担当外での仕事をすることも多くなるので、「決められた仕事だけしたい」方には不向きでしょう。

あまり仕事を広げることに集中したくない方や、決められた仕事「のみ」やってたい方なんかは、ベンチャー企業で働くのは向いていないかもしれません。

ベンチャー企業に「色んな仕事のスキルを身に着けたい!」と思っているような、精力的な人が多いのは仕事の幅が広いからですね。

ベンチャー企業への転職失敗を防ぐためにできること

ベンチャー企業への転職を行ったとして、その転職活動を「失敗した」と感じる人も少なくありません。

ベンチャー企業への失敗で簡単に思いつくのは、「前職とのギャップに苦しむ」「年収の大幅ダウン」などでしょう。

そのわかりやすい「転職失敗」を防ぐためにはどうすればいいのか。

確実に、今回の転職活動を良い方向に導くために何ができるか。

転職活動で失敗してしまうことのないように、転職活動を成功させるために何ができるかを学びましょう。

最悪の想定をしておく

あなたが心配するのは「転職で最悪の未来が訪れること」です。

それではあらかじめそのような「最悪の想定」をしておくことで、その想定以上に悪い未来は来ないという安心を得ることができます。

想定した通りの最悪の未来があなたを襲うこともあるでしょうが、だとしてもそれは「想定の範囲内」ということで、十分対処できるはずです。

転職活動はいつも、様々なケースを想定して、想定したケースに合わせて行動していくことが大切です。

転職における準備を徹底的に

ベンチャー企業への転職で大切なのは、やはり「徹底的な準備」です。

ベンチャー企業と一言で言っても数は多いです。

その企業は、他の企業と何が違うのか。

どんな社風があるのか。

そもそも経営は安定しているのか。

ベンチャー企業へ実際に転職活動のアプローチをしかける前に、「この企業はどんな企業なのか」を徹底的にリサーチしておくこと。

その中で問題を感じたら、転職活動を始めるのを一度止まって考えてみることも大切です。

転職活動において慎重すぎることはありません。

失敗した時のリスクを考えたら、「準備をやりすぎた」ということもないはずなのです。

第三者目線で転職する

転職活動はいつも、客観的な視点を持つことが大切です。

自分の強みはなんなのか。

自分の持っているスキルは何か。

それら自分の能力を活かして転職できる会社はどこなのか。

客観的に自分のことを理解する必要があるのです。

ベンチャー企業へ転職するという判断は、果たして他人から見てどのように見えるのか。

自分以外の人間がもし「ベンチャー企業へ転職する」と言い出したら、自分はそれについてどう思うのか。

一度自分からはなれて、客観的な視点でベンチャー企業転職について考えてみましょう。

転職におすすめなベンチャー企業の特徴

ベンチャー企業の数は多いです。

どこに転職するか?

それを考える上において知っておくべきポイントがあります。

これから紹介する条件に当てはまらないベンチャー企業に転職する際には、大きなリスクを把握した上で転職する必要があります。

会社設立からある程度経っている

企業から5年間で、およそ半数の企業は倒産すると言われています。

そこから年を追うごとに企業は倒産していき、やがて10年が経つ頃には企業生存率は26%にもなると言われています。

引用:起業後の年数ごとの生存率と主な廃業理由、起業する時の注意点

すなわちこのデータからわかるのは、設立から時間が経っている企業ほど経営が安定しているということ。

経営が安定しないベンチャー企業。

なのでベンチャー企業への転職を考える時には、目当ての会社が「設立からどれくらい時間が経っているか」を調べることが必要になります。

業界全体の景気がいい

目当ての企業が属する業界全体の規模感も調べる必要があります。

一つの企業の経営が調子いいとしても、業界全体の景気が悪いとしたら、今後その会社の経営が急に傾くことも十分考えられます。

会社を取り巻く動向を全体的に把握しておくことが、ベンチャー企業への転職を成功させる秘訣です。

社員のことを考えてくれている風土があるか

会社経営の方針が、どれくらい社員のことを考えてくれているかも重要です。

ベンチャー企業というのは、会社の経営で手一杯なこともありますから、社員一人ひとりの生活まで考えてくれてないことも多いです。

社員のことを考えてくれてない会社が、働きやすい会社のわけもありません。

働きやすい会社で働くためには、事前にしっかり、「この会社はどれくらい社員のことを考えてくれているか」を調べておくことが必要になるのです。

ベンチャー企業へ転職する時役立つ転職エージェント

前述の通り、ベンチャー企業への転職には「客観的な視点」が求められます。

しかし一人で行う転職活動は得てして、客観的な視点を見落としてしまいがちです。

それなら、転職活動のプロを頼ってベンチャー企業への転職を行えば良いのです。

知り合いに「転職活動のプロ」がいないとしても大丈夫。

そのような方は、「転職エージェント」のサービスに登録すればいいのです。

転職エージェントに登録すれば、キャリアコンサルタントが担当してくれるので、キャリアコンサルタントと二人三脚の転職活動を行うことができるようになります。

キャリアコンサルタントこそ、「転職活動のプロ」です。

キャリアコンサルタントに相談すれば、第三者目線で冷静なアドバイスをくれます。

以下に、おすすめの転職エージェントを具体的に紹介します。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、転職エージェント業界最大手です。

運営するのがリクルートグループという一大グループなので、他の大企業との繋がりも強固です。

もちろん大企業だけでなく、中小の優良ベンチャー企業求人の扱いにも強いので、ベンチャー企業へ転職したいと思っているあなたにもぜひ使ってもらいたいです。

転職を考えたらまずは「リクルートエージェント」を使うところからです。

リクルートエージェントの使い勝手はいい?サポートの充実さは?
転職業界ナンバーワン転職エージェント、リクルートエージェントの紹介です。業界ナンバーワンの求人数と、業界ナンバーワンの実績を持つ転職エージェントですから、利用者の幸せな転職をきっとアシストしてくれるはずです。

パソナキャリア

パソナキャリアもおすすめです。

パソナキャリアが優れているのは、キャリアコンサルタントの対応です。

キャリアコンサルタントが丁寧で、利用者の転職活動がスムーズになるようにアシストしてくれるので、あなたの転職活動をとてもスマートに運ぶことができます。

パソナキャリアのキャリアコンサルタントに「優良ベンチャー企業へ転職したい」と伝えれば、必ずやその転職活動を良い形に導いてくれるはずなのです。

パソナキャリアの使い勝手は?サポートの充実性は?
転職サイトや転職エージェントへの関心が一段と高まる中、パソナキャリアもその一角として人気があります。業界内でも、その歴史の長さには定評があり、これまでにも多くの転職希望者の求めに応えてきた実績があります。 パソナキャリアの詳細 求人...

ベンチャー企業 転職 まとめ

今回お話したのは、「ベンチャー企業への転職について」でした。

大企業ではなく、中小の新進気鋭ベンチャー企業へ転職するというのは、一定のリスクがあります。

やはり経営が安定しないベンチャー企業ですが、「いろんな仕事がしたい」「会社を大きくする実感を得たい」など考えている方にはおすすめです。

ただでさえ安定しない日本社会。

その中で「安定したい」気持ちだけで大企業のなかにいるのは、もはや意味ないのかもしれません。

それなら、ベンチャー企業で働いて「いろんな仕事ができるスキル」を身に着けたほうが、今後どんな状況になっても対応できる人材になることができるかもしれませんよね。

コメント