転職活動に疲れた方がやるべきこと5つ

サボるサラリーマン 転職の悩み

エントリーシート執筆や面接を繰り返す日々、長期間就活していることに気づき、嫌気がさして疲れてしまう方も多いでしょう。そんな時は一度立ち止まり、気分転換をしましょう。さらに今回は、一息つく間にやっておきたい事をいくつか紹介します。

1.転職活動に疲れたら一旦停止

転職活動に嫌気がさしたら活動を一旦停止し、全て放り出してしまいましょう。

気にしていると気疲れが溜まるものです。自分の趣味や好きなことに打ち込み、転職に関する情報をシャットアウトしましょう。集中しすぎてしまうと思考が凝り固まり易くなってしまいます。

脳科学的にも普段考えている事から一旦遠ざかり、別のことに取り組むことで、ふと新たなアイデアが生まれやすくなります。休むことも転職を成功させるために必要なステップと言えるでしょう。

同僚の転職成功で焦らない

気にするなと言っても気になってしまうのが同僚の転職動向でしょう。

確かに早く進路が決まれば羨ましさと精神的焦りを感じるものです。ただ、良い就職先を見つけるには時間をかけることが必要です。様々な企業を見て面接を繰り返し、相性を見定めることも大切ですので他者は関係なく自分の活動に専念するべきなのです。

焦って適当に会社を決めてしまっては本末転倒でしょう。受からなくてもそれは縁がなかっただけ、と楽観的になることが大事です。

2.自分の向き不向きを見直す

立て続けにエントリーシートや面接で落選してしまった場合、一旦自分を見つめ直してみてはいかがでしょうか。

人との相性はあれど自身の経験や人間性が応募した企業に不向きの可能性も考えられます。自分の強みや経験が本当に活かせるのかどうか、また自分で気づいていない長所が埋もれているかもしれません。

自己分析やマインドマップを使い自分が本当にやりたいこと、求める環境、人間性を見直すことが、成功への近道となるでしょう。

友人に相談してみましょう

客観的に自分がどういう人間かを知るには友人に相談するのが一番でしょう。

自分自身をよく知る友人なら例え耳の痛い話でも受け入れやすいものです。その友人が転職を経験しているならはどのようなスケジュールで活動していたのか、内定がもらえない時期はどのように乗り切ったかなど苦労話を聞くことも自らの糧となるでしょう。

業界の知見や友人のさらに友人の話など、インターネットでは拾いきれない情報も入手できる可能性すらあります。

3.転職成功者と話してみる

自分と同じ道をいろんな人に話を聞くのも良いでしょう。

具体的にどの転職サイトを活用し、面接対策はどのように行ったかなど方法論を聞き出すことが期待できます。自分と同じような社会人歴や志望業界ならば、より即効性のある情報を得られるでしょう。

物事を上手に進めるコツは、如何に相手を真似できるかです。作り方を間違えなければ美味しいご飯が作れるように転職を成功するための秘訣を自分に照らし合わせ、出来ていない部分は正していく必要があるでしょう。

4.未来の自分をイメージしてみる

前述の通り、自分が何をしたいのか、将来どうなりたいのかを明確にしておく必要があります。

年収はどれくらい必要か、会社の立地条件はどうか、どんな家に住みどんな家族を持ちたいのかなど、将来を具体的にイメージすることが大切です。目標が決まればそれを逆算し今何が必要か、自分に最適な職場環境はどこなのかが自ずと絞り込めるはずです。

どんな生き方をしたいのか分かれば、必要な経験やスキルも見えてくる事でしょう。

5.転職エージェントのキャリアコンサルタントに話を聞く

キャリアコンサルタントは業界の知識のみならず読者のような悩みを持った転職志望者を数多く扱われています。この人にはどんな仕事がマッチするのか、経験とヒアリングから導き出してくれます。

転職初心者なら、転職サイトよりもキャリアコンサルタントを利用しろと世間で言われるのはこのためです。自分の強みとやりたいことをより具体的にすることで、企業の紹介もしやすくなりますし、マッチング度合いがグッと高まるのです。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは扱っている企業数10万件以上と、転職市場でトップクラスを誇ります。エージェント一人一人が親身に対応してくれるため、活動を効率的に進められる工夫がなされています。

平日はもちろん、土日にも面談対応をしてくれます。企業の紹介のみならずエントリーシートの添削や面接対策セミナーの開催も行っており実践的シミュレーションを積めるのも魅力的です。

面接後のフィードバックや、伝えきれなかったことを代わりに伝えてくれるなど、アフターフォローも万全です。

まとめ

転職活動を一人でやると行き詰まりやすくなります。友人やエージェントなど人の手を借り複数人で取り掛かりましょう。客観的視点が転職成功の鍵を握ります。

時間が刻々と過ぎていく焦りはありますが、一旦立ち止まる勇気を持ちましょう。頑張りすぎてはどんな人でもスタミナが切れてしまいます。こま目に息抜きすることも大切です。

リフレッシュし終えたら、自分が何をしたいのか、長所はどこか、自分自身を洗いざらいする時間を設けましょう。そして場数をこなしていけば、転職の成功につながります。

コメント