登録者数の多い人気の転職サイト
高年収求人数No.1!「ビズリーチ」
ビズリーチ
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
公開求人数
80,000件
非公開求人数
非公開
対応地域
全国+海外
対象属性
30~50代の男女
強い業種
全業種
年収UP率
90%以上
年収600万円以上を望む方からの支持率No.1のビズリーチ!他社サービスに比べスカウト機能が充実しており、ハイクラス求人数も業界イチです。
ビズリーチの無料登録へ
転職者が選ぶ顧客満足度1位の「doda」
doda
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
公開求人数
77,778件
非公開求人数
61,365件
対応地域
全国+海外
対象属性
20~50代の男女
強い業種
全業種
年収UP率
非公開
求人数は業界ナンバーワン!また、「初めての転職」におすすめの転職サイトです。サポート体制に定評があり、サービス利用者の満足度も業界トップクラス!
dodaの無料登録へ

どんな時転職活動に疲れたと感じるのか?転職活動に疲れたどうすればいい?

サボるサラリーマン転職の悩み

転職活動はお金も時間も労力も、すべてのリソースをうばっていくもの。

しかもまだ見ぬ未来に向かって働きかけていくことで、どんどんメンタルにダメージが蓄積していくものです。

そのため、転職活動が長引けば長引くほど、精神的なダメージが蓄積していくのでいずれ「転職活動に疲れた」ということが起こり得るのです。

ですがそんなメンタルが疲弊した状態で行う転職活動が成果に結びつくとも思えません。

転職活動を成功させるためにも、「疲れた」なんて思わない健全なメンタルの状態で転職活動を行うためにできることを調べていきましょう。

誰しも転職活動に疲れるタイミングはある

誰しも、転職活動に疲れてしまうタイミングは訪れるもの。

リクナビNEXTのアンケートによると、およそ半分のひとが「転職活動に疲れたことがある」と答えています。

どちらかと言えばある、と合わせるとその割合はなんと75%にも及びます。

7割以上の人が、転職活動に疲れたと答えているのですから、いかに転職活動が疲れるものかわかるはずです。

「転職活動で苦労しているのはきっと自分だけだ」なんて思い込みはやめましょう。

転職活動というのは基本的に疲れるもので、転職活動中の人はみな一様に疲れているのです。

転職活動中「疲れた」と思うタイミングとは?

それでは具体的に、どんなタイミングで人は転職活動中「疲れた」と思ってしまうのか。

具体的に、転職活動で疲れがたたるタイミングを考えてみましょう。

いくら転職活動が疲れるものだとはいえ、いつもどんなときも疲れるわけではないようです。

不採用が続く

転職活動をおこなっているなかで、採用される不採用続きの時、精神的に堪える人が多いようです。

不採用とはつまり、応募先企業から「お前はいらない」と否定されているのと変わりません。

人格、人間性を否定されて、その状態を平気で過ごせる人がいるはずないのです。

不採用が続いて、うまくいかないことが続くと、「もう疲れた」なんて状態になってしまってもおかしくないですよね。

転職活動を続けても、家に届くのは不採用通知ばかり。

そんな生活は疲れがたたってしまいますよね。

転職活動中に落ち込むことは多い!転職を成功させるにはコツがあります
不採用通知でいちいち落ち込んでいては、転職活動を成功させることはできません。一度や二度の失敗は、よく反省して次回に活かしましょう。

時間のやりくりが大変

特に、今の職場で働きながら転職活動を行っている人なら、「時間のやりくり」で疲れてしまう人が多いです。

どうしても就業中の時間に面接が行われたりして、仕事を早く抜ける必要がある。

でも仕事が溜まっていて、下手したら残業…。

なんて時は面接の日程をリスケせざるを得ません。

そんな、「転職活動の日程を決めることすらままならない」状況は、ストレスを感じて「疲れた…」となっても不思議はありません。

転職活動のスケジューリングは、実はストレスの元です。

意外と転職活動にお金がかかる

転職活動の準備や、転職活動中にも意外とお金がかかるもの。

特に大変なのが、退職してから転職活動を行うケースだ。

転職活動でかかるお金を賄うには、いかに転職活動をはじまる前に貯金を準備しておけるか、というところにかかっています。

転職活動でかかるのは主に、転職活動中着る服装の準備、移動にかかる交通費がここにかかります。

転職活動の期間にもよりますが、ある程度転職活動が長引くケースも考えて、ある程度転職活動に使えるお金を貯めておくのは大切です。

応募先企業が遠く、会社に出向くだけで多くのお金がかかってしまう…なんてケースは、Skypeでの面接に切り替えられないかなどを検討してください。

バレないように転職活動するのに意外とストレス

在職中の転職活動は、現職にバレないように行う必要があります。

バレないようにこっそり転職活動を進めるのは、ストレスがかかってきます。

普段スーツで出勤してないのに、面接のある日だけスーツで出勤。

しかもスーツで出勤した日は午後休…。

そんなことをしているとバレバレです。

現職で転職活動を行っていることを周囲にばれないように、こっそり動く生活が長引けば長引くほど、ストレスがかかってきます。

転職活動で疲れたらどうする?

実際に転職活動を行っていくなかで、メンタルに大きなストレスがかかってしまったらどうするのか…。

ストレスの対処法についても、ここで学んでおくべきでしょう。

疲れたら焦らず一度休む

当然のことながら、疲れた時は一旦そこで立ち止まって転職活動は一時停止しましょう。

だらだらと転職活動を続けていても、その転職活動が想定していた成果につながらないとしたら、思い切って休むのは大切です。

転職活動が長引いて、次の職場が決まらずにいる現実は、本人にとってプレッシャーの材料でしょう。

しかし転職活動がうまくいっているとしたら、活動は長期化せずすぐに転職が決まるはずなのです。

その活動が長引いてしまっている時点で、転職活動への認識が若干ズレている可能性が高いということです。

一度立ち止まって、自分の転職活動についてよく考え直すのも大切です。

友達と話しながら適職を探す

転職活動がうまくいってないということは、自分の適職をしっかり理解できていない可能性があります。

自分の能力、ポテンシャルを活かせる仕事に応募しているならば、問題なく採用されているだろうはずだからです。

ここでもう一度、古くから自分を知っている友人と話すことで、自分の適職を見直すことが有用かもしれません。

「自分に本当にあっている仕事はなんなんのか」
「自分の強みは何なのか」

友人と話していくなかで、それらに気づいて、転職活動を成功させる糸口が見えてくるはずです。

ここで大切なのは、「昔から自分を知っている友人と話す」ということです。

古くから自分を知っている人の目線からなら、今までなかった新たな目線で自分を見つめることができるようになるはず。

どうして転職活動がうまくいかないのか考える

すべての物事には原因があります。

「なぜそれが起こったのか」

それを正しく理解することで、その原因を解決するための行動も見えてくるというわけです。

あなたは現在、転職活動がうまくいっていないわけですから、「どうして転職活動がうまくいかないか」を考えるとその問題を解決するための手立ても見えてくるというわけです。

自分のスキル不足で転職できない?

自分で転職活動がうまくいかない原因を考えた時、その原因が「スキル不足」であると結論づけた場合、それを解決するには「資格を取る」のが有効です。

スキルというのは、一朝一夕で身につけられるものではありません。

しかし、少なくとも知識がある、という表明は資格を持っておくことで可能になります。

スキル不足を感じた時は、まずは転職で役立ちそうな資格の取得からはじめてみてはいかがでしょう。

面接でトチってしまっている?

面接での内容で転職活動を失敗している自覚がある方は、単純に面接の準備をすればいいだけです。

面接でなにをきかれるか、イレギュラーな質問にはどんな種類があるか。

それらの簡単な台本を作ってみて、声に出して読んでみるだけで、頭の中で面接が成功するイメージを組み立てやすくなるのです。 

面接は受け答えの内容だけでなく、喋り方などから「人間性」も見られることになります。

面接というのは実は、多くの要素を同時に審査されているのです。

自己分析をやり直す

実はわかっているようでわかってないのが「自分」です。

自分の強みは何か、今までどんな仕事をしてきて、どんな場面で実力を十全発揮できるのか。

そうした自分のスキルの棚卸しを、今一度徹底的に行うのをおすすめします。

自己分析をやり直すことで、自分の正しいアピール法なども見えてくるかもしれません。

転職活動で疲れてるのは思うようにいかないから

転職活動が自分の想定通り成功すれば、転職活動で何もストレスを受けないはずです。

精神がぐったり疲れてしまうほど、転職活動のストレスに追い込まれているとしたらそれは、「思うように転職活動が進んでないから」に他なりません。

転職活動はそもそも困難がつきもの

最初から「きっとうまくいくだろう」なんて甘い認識で転職活動を行っていたとしたら、その認識は甘いです。

転職活動はそもそも、そんなにポンポンうまくことが運ぶものでもありません。

誰でも転職活動を円滑に進められるとしたら、みんなもっとポンポン転職しているはずです。

そもそも転職活動は辛く厳しいもの。

そんな認識を持ち直してください。

焦りから行動があやふやになってない?

「早く転職したい」
「早く転職しないと」

そんな焦りに追い立てられた気持ちで行う転職活動はうまくいきません。

退職してから転職活動している人は特に、「早く転職しないと」という焦りがあるかもしれませんが、転職活動において焦りは禁物です。

昔から「急いては事を仕損じる」と言われています。

成功させたいならなおさら、焦っている気落ちを落ち着けて、転職活動に臨んでください。

転職エージェントに相談しても良いかも

転職活動で疲れてしまうほどストレスを感じているなら、転職活動のプロに相談するべきかもしれません。

相談しやすい転職活動のプロとは、転職エージェントに在籍しているキャリアコンサルタントでしょう。

キャリアコンサルタントは今まで多くの求職者の転職活動を助けてきた、いわば本当の「転職活動のエキスパート」です。

転職活動におけるありとあらゆる相談に、適切な答えを返してくれることでしょう。

リクルートエージェント

転職成功実績が一番多い、業界ナンバーワン転職エージェント「リクルートエージェント」はやはり信頼できます。

過去多くの求職者を助けた経験と実績から、リクルートエージェントのキャリアコンサルタントは利用者を的確にアシストします。

しかし人によっては、「合わなかった」等、キャリアコンサルタントの質にバラつきがあることがわかる口コミも見受けられます。

リクルートエージェントの使い勝手はいい?サポートの充実さは?
転職業界ナンバーワン転職エージェント、リクルートエージェントの紹介です。業界ナンバーワンの求人数と、業界ナンバーワンの実績を持つ転職エージェントですから、利用者の幸せな転職をきっとアシストしてくれるはずです。

マイナビエージェント

「キャリアコンサルタントの質」でいえばマイナビエージェントに適うところはありません。

「転職に親身なブレーンを」のキャッチコピー通り、マイナビエージェントは親身になってその転職活動を助けてくれます。

特に強いのが20代など若手向け求人、なかでもIT・事務の求人です。

求人も8割が非公開求人となっており、求人の質の高さを伺うことができます。

マイナビエージェントの使い勝手は?サポートの充実性は?
マイナビエージェントは実績のある、大手転職エージェント。キャリアコンサルタントの質も評判が高く、求人の数、質ともに優良です。

転職活動の疲れ まとめ

転職活動を行っている人の多くが、その活動中のストレスで「疲れた」という状況に追い込まれてしまっています。

現状を打破するためにも、転職活動がうまくいってない原因を追求して、転職活動を円滑に進められる手立てを見つけてください。

コメント