トヨタ自動車へ転職するなら絶対知っておくべき情報!社員の平均年収は?

大企業への転職

日本が誇る大手自動車メーカー、トヨタ自動車。

トヨタ自動車は「転職したい企業」第一位ということからも、転職希望者が多いことは見て取れます。

とはいえ、世界的な自動車メーカートヨタ自動車。トヨタ自動車への転職は容易ではありません。

そんなトヨタ自動車への転職成功確率を上げるには、どんな事に注意しておくべきなのか?この記事では、トヨタ自動車への転職を希望する時、知っておくべきポイントをご紹介します。

トヨタ自動車の基本情報

世界的自動車メーカー、トヨタ自動車の基本情報から学んでいきましょう。

トヨタ自動車は日本を代表するグローバル企業。4輪車の売上では世界第二位の企業であることを考えると、かなりの大企業ですよね。

自動車の開発拠点は9カ国に渡るなど、かなり広い拠点で開発している企業でもあります。

トヨタ自動車設立年月日、創始者

1933年の9月、豊田佐吉が豊田自動織機製作所内に解説された自動車部こそ、トヨタ自動車の起源。

その後自動車部は自動織機の制作ノウハウなどを活かして、自動車製造業を発展させます。その後石田退三社長時代にクラウンやコロナなどのロングセラーカーを次々生み出します。

現在は日本一の企業、世界一の自動車メーカーとなるべく、様々な分野から自動車製造業の発展を目指しています。

トヨタ自動車事業内容

トヨタ自動車の事業内容は言うまでもなく「4輪自動車の製造・販売」です。

トヨタグループの中核であるトヨタ自動車は、2016年には売上日本国内首位の実績を残しています。

トヨタ自動車社員データ

それでは、トヨタ自動車ではどんな社員が働いているのか。

トヨタ自動車社員データを調べていきましょう。

平均年齢

トヨタ自動車社員の平均年齢は、2016年時点で38.9歳です。

その周辺の歳でも数字はあまり変わりません。

平均勤続年数

トヨタ自動車の平均勤続年数は、2016年のデータで15.2年でした。

トヨタ自動車の技術職は激務なのか

インターネット上などで、時たま「トヨタ自動車の技術職は激務」という意見を目にします。

これは本当なのでしょうか?

トヨタ自動車のライン工にはみなし労働時間制が適用される

トヨタ自動車のライン工には、近年裁量労働制の適用が広がっています。

この裁量労働制が適用されると、定時以降働いても、残業だとみなされず残業代も支払われなくなります。

いくら働いても、8時間分の給与が支払われるだけ。トヨタ自動車のライン工は、そんな少ない労働量だとも思えないので、それなりの仕事量を、限られた時間でさばくことになります。

これは確かに考え方によっては「激務」と言えるのでしょう。

トヨタ自動車平均年収

トヨタ自動車の平均年収も調べておきましょう。

トヨタ自動車の平均年収は「851万円」です。日本の平均年収は420万円であることを思うと、倍以上の平均給与で働くことができるということですね。

大企業らしい年功序列で給与が上がっていき、ボーナスもかなりの額だと言われています。

年齢別平均年収

年代別に、トヨタ自動車の平均年収を調べておきましょう。

年代平均年収
20~24歳310万円
25~29歳605万円
30~34歳690万円
40~44歳800万円
45~49歳890万円
50~54歳1000万円
55~59歳900万円
60~65歳600~1000万

トヨタ自動車中途採用

ここからは、具体的にトヨタ自動車への転職、トヨタ自動車の中途採用という観点で情報をみていきましょう。

トヨタ自動車へ転職は可能なのか?どれくらい難しいのか?調べていきましょう。

トヨタ自動車への転職難易度

わかりきっていることではありますが、トヨタ自動車への転職は、かなり難易度が高く難しいです。

トヨタ自動車は新卒採用だけでなく、転職エージェントなどを介した中途採用にもかなり積極的です。しかし転職企業の人気ランキング第1位の企業は、応募者の数もかなりの数になります。

中途で採用されるにはかなりの難関をクリアする必要がありそうです。

筆記試験

まずトヨタ自動車への転職で最初に待ち構える難関が「書類選考」です。書類の情報で、トヨタ自動車が求める人材の条件に見合った人材かを、しっかりと見極められます。

学歴、経歴…この時点でかなりの人が中途採用試験に落とされてしまうことを覚悟してください。

その後難しい筆記試験をクリアしてようやく、その後の面接にたどりつくのです。

面接

当然面接も難しいです。中途採用でも面接が3回ほど実施されると言われており、かなり慎重に選考が行われることがわかります。

質問の内容は、
「なぜ他の自動車会社ではダメなのか?」
「どうしてこの職種に応募したのか?」
「今の会社の退職理由は何か?」
これらの質問は必ずされると想定して、返答を考えておきましょう。

応募者が多いため、会社が求める返答ができなかった時点で落とされると思っておきましょう。

トヨタ自動車への女性転職

トヨタ自動車はダイバーシティを尊重しており、女性の採用も積極的に行っています。

女性の総合職採用も行っており、女性の勤務時間短縮措置や託児所完備など、長期的に働きやすい仕組み作りが整っています。

過去には女性のみ募集するという「ポジティアクション募集」を行われていた実績もあります。

トヨタ自動車への転職で役立つ転職エージェント

トヨタ自動車ほどの大企業への転職も、適切な転職エージェントを活用することで成功確率が上がります。

とはいえどの転職エージェントを使えばよいのか。具体的にトヨタ自動車への転職に役立つ転職エージェントを紹介します。

リクルートエージェント

すべての年代に対応できる求人情報、過去の実績から積み重ねたノウハウを持っているリクルートエージェントがまずおすすめです。

求人展開が広すぎるというのも、ターゲットが絞りにくいという理由もあり、良い面と悪い面がありますが、様子見もかねてリクルートエージェントへの登録はおすすめです。

dodaエージェント

リクルートエージェントに次ぐdodaエージェントもおすすめです。

dodaエージェントが優れていると言われるのは、キャリアコンサルタントの対応。転職エージェントの利用で良い悪いを決めるのは、「キャリアコンサルタントとの相性」です。

自分にぴったりのキャリアコンサルタントに会えるまで、色んな転職エージェントを渡り歩くのは賢明です。

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、高年収などいい条件の求人を扱う転職エージェント。

トヨタ自動車の求人は間違いなく、「ハイクラス求人」です。特にトヨタ自動車の管理職求人などを探しているなら、JACリクルートメントなど、ハイキャリア転職のための転職エージェントを活用しないと、転職できないと言ってよいほどです。

ビズリーチ

ビズリーチもハイクラス求人の扱いが得意な転職エージェント。

企業が教育の必要がない「即戦力採用」のために利用する転職エージェントのため、トヨタ自動車の管理職求人など、ハイクラス求人が集まる転職エージェントです。

まとめ

トヨタグループの中核を担う、日本国内最大の自動車メーカー「トヨタ自動車」。

トヨタ自動車は転職したい企業第1位であることもあり、かなり転職の難易度が高い企業ですが、転職エージェントの力を借りれば転職は不可能ではありません。

転職エージェントを併用して、転職のためのアドバイスをもらってください。

コメント