特養への転職における志望理由を紹介!書き方やポイントも解説

特養への転職における志望理由を紹介!書き方やポイントも解説 介護士転職コラム

「特養への転職を考えているけど、志望理由ってどう書けば良いの?」
「特養の転職を成功させる志望理由を知りたい!」

特養とは特別養護老人ホームの略称であり、介護職としてのキャリアや利用者との関わり方から転職したいと考える方は多いですよね。

特養への転職を成功させるには、志望理由が重要になります。

しかしいざ志望理由を考えると、書き方が分からない、何を書けば良いか分からないという悩みも出るでしょう。

そこで今回は、特養に転職したい方に向けた志望理由について、書き方やポイントを徹底解説します。

記事の後半では面接で気を付けるポイントや前職別の志望理由の例文も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

介護士向けの転職サイト・転職エージェント!後悔しない転職をしよう

特養って何?

特養とは特別養護老人ホームの略称であり、特別養護老人ホームとは要介護3以上の高齢者が対象の施設です。

特別養護老人ホームの主な特徴は以下の通りです。

  • 特徴初期費用が不要で費用が安い
  • 長期的な入所が前提
  • 終身の介護や看取りも可能

特養は要介護3以上の常時介護が必要な高齢者が入居するため、終身までの介護や看取りも行います。

長期的な入所が前提で24時間体制の介護が必要となるので、入所する高齢者と長く関われる施設です。

また、特養は公的な介護保険施設なので民間の有料老人ホームと比べて費用が安いことが大きな特徴です。

そのため経済的に厳しい方でも入りやすいですが、入居までの待機期間も長くなる可能性があります。

待機期間は地域や種類によって大きく異なるということも覚えておきましょう。

特養は身体介護の割合が大きく介護スキルも磨かれるため、介護の実務経験を積みたい方にもおすすめですよ。

特養には種類がある!

特養には以下の2つの種類があります。

  • 種類従来型
  • ユニット型

従来型とは、数人で相部屋し共有部分は大人数で利用するタイプの特養です。

ユニット型では10名前後の少人数で介護を行い、入所者一人ひとりに個室や準個室が用意されています。

従来型では大人数の高齢者を多数のスタッフで協力し介護するという働き方ですが、ユニット型では専任のスタッフが介護をします。

そのため同じ特養でも、種類によって働き方は大きく変わるので覚えておきましょう。

大勢の高齢者と関わりスタッフと助け合いたいのであれば従来型、自分の責任が大きい仕事で一人ひとりとの関わりを重視したいのであればユニット型がおすすめですよ。

自分に合った働き方が出来る種類の特養を選ぶことも重要ですね。

特養に転職するなら志望理由が大切!

介護士の女性 ワンポイント

特養に転職するのであれば志望理由が非常に重要になります

志望理由は履歴書や面接において重視されるので、内容や書き方は慎重に考えましょう。

また、特養への転職を死亡する理由だけでなく、その事務所を志望する理由も必要です。

志望理由としては以下の内容を入れるようにしましょう。

  • 志望理由の内容特養やその事務所を志望する理由や根拠
  • 自分の活かせる強みやキャリアプラン

しかし志望理由がなかなか上手く作れないという方もいますよね。

志望理由を考える前に必要な準備として以下があるので、最初に取り組むようにしましょう。

  • 取り組むこと自己分析
  • 業界・企業研究

ではそれぞれの方法について詳しく解説します。

介護士が考える転職理由TOP5!最適な転職先の探し方を徹底紹介

①自己分析

志望理由を考える前にまずは自己分析を行いましょう。

自己分析とは過去の自分の経験や考えを書き出すことで、自分の強みや弱み、将来どうなりたいのか、何に興味があるのかなどを明確にすることです。

自己分析を行うことで、自分の価値観や言動の根拠などを理解できるので、志望動機も作りやすくなるでしょう。

また今までの自分の経験も把握できるので、特養で働く上で活かせる経験も分かりますね。

特養に限らず転職を成功させるためには、自分の強みを明確に理解し、相手に伝えることが大切です。

具体的な経験を加えた自分の強みを見つけて、志望動機をより具体的にしましょう。

②業界・企業研究

そもそも介護業界とはどのような特徴があるのか、中でも特養はどのような施設なのか、詳細を把握するようにしましょう。

業界や企業の研究を深める事で、自分の強みをどのように活かせるのかが明確になります。

また、業界研究や企業研究を行うことで、自分が本当に働きたい場所なのか再度確認できるので、転職してみると想像と違ったなどのギャップも減らせますよ。

特養についてだけでなく、中でもその事務所について特に研究しておきましょう。

特養ならどこでも良いのではなく、その事務所が良い理由を見つけることも大切ですよ。

自己分析と企業分析は同時に行うことで、より深い志望理由が完成します。

これまで自己分析などをしたことがない方は、志望理由を作る前にまず自分や企業について詳しく理解することが重要ですよ。

特養に転職する際の志望理由の書き方

女性

上記では志望理由を作る前に必要な準備を紹介しました。

しかしいざ志望理由を作るとなっても、書き方や書く内容に困ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこでこのトピックでは、特養に転職する際の志望理由の書き方について以下を紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

  1. 書き方結論
  2. 根拠
  3. キャリアプラン

結論

志望理由について、はじめになぜその施設に入りたいのかを書きましょう。

結論から入ることで、1番伝えたい内容を完結に採用担当者に知ってもらうことが出来ます。

採用担当者が知りたいことは、なぜこの施設を選んだのかという志望理由ということを覚えておきましょう。

基本的には自分が応募する施設ならではの特徴を書くことが必要です。

他の施設にはない魅力をかくことで、その施設が良い理由を強調できるため、志望度の高さも伝えられますよ。

また入りの結論において良い印象を与えられれば、志望理由をより詳しく読んでもらえます。

少しでも自分に興味を持ってもらうには、結論を重視して作りましょう。

根拠

結論を書いた後はなぜその結論に至ったのか、根拠や過程を書きましょう。

これまでの自分の経験や考え方などのエピソードも書くことで、根拠に具体性を持たせることも必要です。

エピソードにおいて、どのように考えてどのように行動したのか、分かりやすく書きましょう。

根拠となる自分の経験やエピソード、考え方は自己分析を参考にすることで簡単に作れますよ。

根拠部分が薄い内容になってしまうと、志望理由の説得力が欠けてしまうため気を付けましょう。

志望理由に繋がる明確な根拠があることで、採用担当者にもやる気を見せられますね。

また、根拠として福利厚生や給与面について書くことは避けましょう。

仕事内容において働きたいと考える根拠でないと、入ってもすぐに辞められる可能性を考えられてしまいますよ。

キャリアプラン

志望動機の締めくくりとしては、実際に入職したら何をしたいか、どのように活躍したいか、といったキャリアプランを書きましょう。

特に志望している施設で活かせる強みやキャリアアップを調べておくことが重要です。

より具体的なキャリアプランがあることで、企業研究できていることや意欲をアピールできますよ。

キャリアプランとしては、どのようなスタッフになりたいか、どのように高齢者と関わりたいか、などもおすすめです。

入職だけでなく入職した後の動き方について詳しく伝えることで、やる気や姿勢を伝えられますね。

また、即戦力をアピールできる経験があれば積極的に書きましょう。

すぐに力になる人材や活躍が期待できる人材は、あらゆる施設で需要が高いので、有利になるでしょう。

介護資格の種類と介護士が就くことができる職業

特養に転職する際の志望理由を書くポイント

転職のポイントを指す女性

これまで志望理由の書き方について紹介しました。

ここではさらに志望理由を良くするためのポイントについて以下の点を紹介します。

  • ポイント施設の理念や取り組みへの共感を書く
  • どのように貢献するかを明確にする

転職回数が多いと介護士の転職で不利になるか?転職回数が多い介護士のためのアドバイス

施設の理念や取り組みへの共感を書く

志望理由で強調したいポイントは、特養で働きたい理由よりも、その中でもなぜこの施設を選んだのか、という点です。

特養は全国にも多数ありますが、なぜそこの施設でなければならないのか、という理由を明確にしましょう。

そのためには、他の施設との差別化が必要なので、その施設ならではの理念や取り組みへの共感を伝えることがおすすめです。

事前に施設研究を徹底することで、どのような特養なのかどのような特徴があるのか、把握できますよね。

施設研究を元に、自分が共感した点、魅力を感じた点を書くことで、その施設でなければならない理由が完成します。

すでに働いているスタッフと同じ視点をもって働ける人材は、施設にとってもメリットとなるでしょう。

また、理由に説得力を持たせるために、できるだけ自分のエピソードと絡めることが大切です。

施設がどのような人材を欲しているのかを考えてみると、分かりやすいですよ。

どのように貢献するかを明確にする

施設側からすると、採用することでメリットがある人材が欲しいと考えますよね。

自分たちに必要な人材だと伝えるためには、自分が入職することでどのように貢献できるのかを具体的にアピールする必要があります。

例えば介護業界での経験がある方は、自分が即戦力として活躍できるということを伝えるようにしましょう。

特養での介護にはスキルも必要なため、特に経験者だと助かる施設も多いでしょう。

未経験者の場合でも、介護業界への理解や施設への共感を強くアピールすることで、成長を期待してもらえます。

特養は長期的な入所を前提とした高齢者を介護する施設なので、長く働ける人材は採用されやすいです。

経験者も未経験者も、自分の強みを明確にした上で、その強みをどのように業務に活かすのかを具体的に伝えましょう。

採用者側が貢献度をイメージしやすいような話し方の工夫も必要ですね。

特養ならではの転職理由って?

これまで志望理由の書き方やポイントを紹介しました。

特養ならではの転職理由を知ってくとより志望理由もイメージしやすいですよね。

そこでこのトピックでは特養の志望理由にも使える、介護業界の中でも特養ならではの特徴を紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

  • 特養の特徴長期的に高齢者と関われる
  • 介護スキルを高められる

介護士のベストな転職時期はいつ?転職するときの注意点まで紹介!

長期的に高齢者と関われる

特養は、長期的な入所を前提としている施設のため、高齢者と長い期間関わることができます。

入所する高齢者は要介護3以上なので、常に介護が必要な状態であり他の施設よりも身体的介護も増えますね。

看取りにも対応していることから、一人ひとりの高齢者とより密な関係性を築けるのは、特養ならではの特徴です。

また、特養の種類によっては高齢者に専任のスタッフがつくため、より特定の高齢者と向き合った介護が可能です。

ひとりの高齢者に合わせた介護方法を経験できることは、介護職としても役に立ちますよ。

介護スキルを高められる

特養には要介護の高齢者の介護が必要となるので、必然的に介護スキルを高められます。

特養で身につけた介護スキルは、他のどこの介護現場に行っても通用するでしょう。

一人ひとりに合わせた長期的な介護によって、着実にキャリアを築けることも特養ならではの特徴ですね。

高齢者に合わせた介護が分かることで、何通りもの介護スキルを経験できるため、今後護業界で活躍したい方にもぴったりです。

また、特養には経験豊富なスタッフが多く在籍しているため、スタッフを見習うことで自分も成長できますよ。

特養での介護経験があると、他の介護現場で介護のプロとして認識されることも多いため、貴重な強みにもなるでしょう。

特養に転職する際に面接で気を付けること

メリットを考える女性

これまで志望理由の書き方やポイントについて詳しく紹介しました。

しかし特養に転職したいと志望理由を伝える場面は、履歴書だけでなく面接がありますね。

そこで今回は面接における志望理由の話し方について解説します。

ぜひ面接前にチェックしておきましょう。

  • 面接で気を付ける点結論から話す
  • 話す時間は1分程度にまとめる
  • 自分自身の言葉を使う

結論から話す

面接でも同じように結論から伝えましょう。

話す順番は志望動機の書き方と同じように、結論、根拠、キャリアプランです。

結論から入ることで、面接官にとっても内容が分かりやすくなり、興味も持ってもらいやすくなります。

しかしここで気を付けたいこととして、履歴書に書いた内容をそのまま覚えて話すことはやめましょう。

履歴書と全く同じだと、面接官に良い印象を与えられません。

エピソードを変える、より具体的に話す、など面接の際はより面接官に伝わるよう話すことが重要ですよ。

話す時間は1分程度にまとめる

面接の場合、話したいことが多くどうしても長くなってしまうこともありますよね。

しかし話が長いと面接官の集中力も下がるため、何が言いたいのか上手く伝えられない可能性が高いです。

面接では、基本的に1分以内で完結に話すようにしましょう。

自分が本当に伝えたい要点をまとめて、時間調整することが重要ですよ。

また一つ一つの話を完結にすることで、面接官も質問がしやすく話を続けられるでしょう。

質問されそうな内容も想像しやすくなるので、最初に全てを話さないように注意が必要ですね。

自分自身の言葉を使う

面接では人柄や熱意も見られます。

そのため、感情のこもっていない話し方や暗記した文章だと、面接官の欲している情報が伝わらないのでやめましょう。

自分自身の言葉を使い、感情を込めて話すことで、そこの施設に入りたいという思いも伝わります。

また今後一緒に働く場合、他のスタッフや高齢者と上手く関係を築けるかなどの人柄も判断できますね。

面接では履歴書では分からない自分の人間性をアピール出来る場面なので、緊張せずにありのままの自分で挑むことが大切ですよ。

特養に転職する志望理由の例文を紹介!

これまで特養に転職するための志望理由について、書き方や伝え方を紹介しました。

しかしいざ志望理由を作ろうとすると、どのように書けば良いのか分からず悩んでしまう方もいるのではないでしょうか。

特に初めて転職する方や介護業界未経験の方だと、志望理由を考えるのも難しいですよね。

そこでこのトピックでは、特養に転職するための志望理由について、例文をいくつか紹介します。

困っている方もぜひ参考にしてみてください。

有料老人ホームから特養への転職理由例文

私が貴施設を志望する理由は、入居者一人ひとりと向き合った介護をできると考えるからです。
私はこれまで有料老人ホームで働いていました。有料老人ホームでは、丁寧な介護や入居者の方を考えた介護スキルを身につけましたが、働いているうちにより入居者との関係性を深められる施設で、長期的に介護をしたいと思うようになりました。
貴施設はユニット型なので、アットホームな空間で入居者とコミュニケーションが取れることに魅力を感じています。
有料老人ホームで培った丁寧な介護を活かしつつより親密な介護を行うことで、入居者の方が安心して過ごせる空間作りに貢献したいと考えています。

デイサービスから特養への転職理由例文

私はこれまでデイサービスのスタッフとして、一人ひとりの利用者と関わってきましたが、より利用者を日常的に支えられる場で働きたいと考え、貴施設を志望します。
デイサービスでは、介護度が低い利用者の方において入浴介助やレクリエーションを行いました。その中で、より介護スキルを磨くことで日常的に利用者の方を支えられるようになりたいと考えるようになり、特別養護老人ホームで働きたい気持ちが強まりました。
デイサービスで身につけた一人ひとりの利用者に合った介護スキルを活かしながらも、スキル向上を目指して全ての利用者が満足できる介護を行いたいと考えています。

大規模施設から小規模の特養への転職理由例文

私は一人ひとりの利用者に向き合った介護を行いたいと考え、貴施設を志望します。
私はこれまで大規模の施設において介護を行っていました。しかし多くの利用者の方の介護をスムーズに行うために、スタッフ同士で連携を取る働き方では、一人ひとりの利用者と関係性を築くことは難しいと分かりました。自分の中で、特定の利用者の生活を全面的に介護することで、しっかり向き合えるような関係性を作りたいと考え、小規模の貴施設に魅力を感じました。
これまでの経験から身につけた協調性や視野の広さを活かしながら、少人数の利用者に寄り添った介護を行うことで、利用者にとって安心できるスタッフになりたいと考えています。
自分の持っている介護スキルや経験を最大限活用し、即戦力として貴施設に貢献します。

介護職未経験から特養への転職理由例文

私は一人ひとりの利用者と親密なコミュニケーションを取り、長期的な介護を行いたいと考え貴施設を志望しました。
私はこれまで介護業界での経験はありませんが、日常生活の中で祖母の介護を任されることがありました。しかし介護におけるノウハウがない私は、苦戦する場面も多く、自分にもっと介護スキルや知識があれば良かったと、後悔することもありました。その中で、一人ひとりの利用者と向き合って支えられる特別養護老人ホームでこそ、自分のしたい介護を行えると考えます。
貴施設において、あらゆる介護スキルをみにつけてどのような場面でも動けるスタッフになりたいと考えています。
介護職としての経験はありませんが、祖母の介護で身につけた知識や意欲を持って、いち早く介護職として一人前になり、貴施設に貢献したいと考えます。

特養への転職に関するよくある質問

ここでは特養の転職に関するよくある質問について、以下の3つを紹介します。

  • 特養で働くのに必要な資格ってある?
  • 特養への転職理由以外に聞かれることって何?
  • 特養への転職で見るべきポイントってある?

特養で働くのに必要な資格ってある?

特養で働くために必須の資格はありません。

そのため無資格の方や未経験の方でも、特養で働くことは可能です。

しかし、特養の求人には資格や経験が必要とする場合や優遇される場合多くもあります。

特に特養は高い介護スキルも必要になるため、即戦力となる経験者などは歓迎されやすいでしょう。

資格も経験もないけど特養で働きたい場合、求人が見つかりにくい可能性もあるので注意が必要です。

ちなみに特養への転職を成功させるためにおすすめの介護資格は以下の通りです。

  • おすすめの介護資格介護職員初任者研修
  • 介護職員実務者研修
  • 介護福祉士

転職まで時間がある方は、上記の資格取得に向けて勉強すると良いでしょう。

特に介護職員初任者研修は介護業界で働くための基礎知識を身につけられるので、初めての方におすすめですよ。

特養への転職理由以外に聞かれることって何?

特養への転職の際志望理由以外に聞かれることとしては、主に前職の退職理由があります。

そのため、志望理由以外に前職の退職理由を考えておくことも必要です。

退職理由として事実がネガティブな場合、そのまま伝えずにポジティブな内容に言い換えましょう。

例えばスタッフとの人間関係が良くなかったという場合は、より利用者の方とのコミュニケーションが必要になる環境で働きたい、というように書くことが大切です。

前職での退職理由は、採用しても問題なく馴染める人材か、長く働いてくれるか、という部分も見られます。

マイナスな理由ではなく、特養で働きたい理由に繋げて考えることがおすすめですよ。

特養への転職で見るべきポイントってある?

特養への転職の際見るべきポイントは主に以下の通りです。

  • 見るべきポイント給与
  • 労働時間
  • 休暇や働き方

自分が働ける時間内か、残業や休日出勤はあるのか、給与はどれくらいか、という点を見るようにしましょう。

また、特養は1日中の介護が必要なので、日勤と夜勤があります。

夜勤の仕事がどれくらいできるかも考えておくと良いでしょう。

しかし、面接で給与や残業について質問すると、やる気がないと考えられがちなので、避けるようにしましょう。

口コミなどを参考に、自分で情報を集めることが重要ですよ。

特養への転職には志望理由が重要!

特養への転職を成功させるためには、志望理由が大切になります。

自己分析や企業研究によって自分の強みを明確にして、なぜその施設で働きたいのかを考えましょう。

また面接では自分の言葉で熱意を伝えることが非常に重要です。

特養では、ここで働きたい意欲も重視されるため、話すことをある程度まとめておいて、本番では感情を込めてありのままの自分で臨みましょう。

ぜひ今回の記事で紹介した書き方やポイントを参考に、面接官に良い印象を与えられる志望理由を完成させてください。