転職活動中に引っ越すならいつがベスト?引っ越しのタイミングとリスクまでを解説

転職コラム

転職活動中に引っ越しを考えていないでしょうか?

しかしながら、転職活動をしている最中に引っ越すならどのタイミングがベストなのか、また引っ越しするときにどんなリスクがあるのかわからないという人も少なくないはずです。

結論からいえば、転職活動中は引っ越しすることをオススメできません。

「早く引っ越したい!」「希望エリアに引っ越して、そこで転職活動をしたい」という声もあるかとは思いますが、基本的に転職活動中に入居審査に通過するのは難しいですし、リスクもあります。

たとえば、決まった転職先がエリア外だった場合、また入社後にエリア外の支部へ配属になると、再度引っ越しをしなければいけません。

そこで以下では、転職活動中に引っ越しを考えている人へ向けて、引っ越しができるベストなタイミングと、その具体的なリスクについて紹介していきます。

転職活動中にアルバイトをするのはあり?なし?メリット・デメリットを紹介
「アルバイトをしても転職活動はできる?」 「転職活動中にアルバイトをするメリットやデメリットが知りたい」 このように、アルバイトをしながら転職活動ができるのか気になっていませんか? 中には、すでに会社を辞めて転職活動をしている...

転職活動中でも引っ越しはできる?

転職活動中でも引っ越しすることは基本的に可能です。

しかしながら、転職活動のタイミングによっては引っ越しできないこともあるので注意しなければいけません。

たとえば転職活動中で正社員として働いていなければ、収入が安定していないということで物件の管理会社等から断られることがあります。

そこで以下では転職活動中の3つのケースで紹介していきます。

  • 転職先が決まっている>引っ越しできる
  • 転職先が未定で退職している>引っ越しできない可能性がある
  • 転職先は未定だが退職していない>引っ越しできる

転職先が決まっている>引っ越しできる

転職先がすでに決まっている状態なら、引っ越しできることがほとんどです。

実際にまだ働いておらず、給料がない状態でも「内定証明書・内定通知書」などを提示することで、将来的な安定収入が認められます。

内定決定した状態で通知書などが手元にない場合は、事前に準備しておきましょう。

転職先が未定で退職している>引っ越しできない可能性がある

転職先が未定で、かつ正社員として働いていなければ、管理会社から契約を断られる可能性が高いです。

なぜなら管理会社側は安定収入のない人を入居させることになり、しっかり家賃を払ってもらえるという根拠がないからです。

そのため、すでに会社を辞めてしまっている方は、引っ越しの前にまずは転職先を見つけなければいけません。

しかしながら、絶対に入居できないということではありません。

たとえば日商簿記や宅建、弁護士、公認会計士など、就職に有利な資格を有している場合は、すぐに転職先が見つかることが予想されるので契約させてもらえる可能性があります。

また、貯蓄や資産が十分にある人は、家賃未払いの心配性が低いので入居審査を通過できることが多いです。

基本的に転職先が未定で定職に就いていなければ、引っ越しは難しいですが、その人の資格や貯蓄による信頼性があれば不可能ではないといえるでしょう。

転職先は未定だが退職していない>引っ越しできる

転職先は未定でも、現役で仕事を続けている人は引っ越しできることがほとんどです。

入居審査で特に注目されるのは、現在の収入状況です。

毎月一定の収入を安定して得ており、さらに勤続年数が長ければ家賃未払いになる心配性がほとんどないと評価されます。

そのため正規雇用で働きながら転職先を探しているという人は、引っ越しが基本的に可能といえます。

転職活動中に引っ越しするベストなタイミングとは?

結論からいえば、転職活動中に引っ越しするのはオススメできません。

なぜなら、ベストなタイミングはすでに転職して仕事のペースがわかってからだからです。

転職活動中に引っ越していざ仕事を始めるというときに、違うエリアでの勤務を支持されることがあります。

また、転職活動中に希望のエリアへ引っ越ししても、近くで転職先が見つかるとは限りません。

そのため、転職をして仕事のペースがわかってからが、引っ越しのベストタイミングといえます。

それでも早いうちに引っ越しをしたいという人は、まずは転職が決まってからにしましょう。

転職活動中に引っ越しにはリスクがある

転職活動中に引っ越しするのにはリスクがあることを理解しておきましょう。

その理由は主に以下の2つです。

  • 転職先が希望エリアとは違うところに決まる可能性がある
  • 仕事の内容によっては別支部へ配属になることがある

これらの場合、転職先が決まる前に先に引っ越してしまうと、再度引っ越しする必要性が出てきます。

そのため、転職先に入社した後、仕事のペースがわかった段階で住む場所を決めた方が、結果的に最適な生活を送れる可能性が高いのです。

このように、転職活動中は実際にどこの会社に勤めるのか、どのような働き方かがわからないので、転職活動中に先に引っ越ししてしまうのはリスクがあるといえます。

しかし、転職活動中の引っ越しがリスクがあり、かつ入居審査が厳しいといえど、どうしても引っ越したいという人も少なくないでしょう。

そこで以下では、転職活動中の人が入居審査を有利にする方法に就いて紹介していきます。

転職活動中の人が入居審査を有利にする方法

転職活動中でも入居審査を有利にする方法には主に以下の5つがあります。

  • 今の状況を正直に伝える
  • 貯蓄残高を見せる
  • 連帯保証人をつける
  • 一時的にアルバイトをする
  • 内定がすでにでていれば内定通知書を提出する

入居審査を行う管理会社は、申込者の収入の安定性をはじめ、提出した申込書から感じられる人間性も注目しています。

転職活動中は基本的に引っ越しが困難とはなりますが、自分の状況を正直に伝え、貯蓄残高を見せたり、連帯保証人をつけるなど誠意を見せることで入居を認めてもらえる可能性は十分あります。

そのため、転職活動中にどうしても引っ越しがしたいという人は、これらの方法を試してみてください。

まとめ

基本的に転職活動中の引っ越しはオススメできません。

転職先が決まっていないまま引っ越しをすると、転職先がエリア外のところに決まったり、入社後に別エリアへ配属されたときに、再度引っ越しする必要が出てきます。

また、転職活動中のタイミングによっては引っ越し自体が難しくなることもあります。

そのため、どうしても転職活動中に早めに引っ越しをしたいという人は、転職する会社が決まってからにしましょう。

コメント