未経験から人事に転職するには?転職を成功させるポイントを解説!

人事職①管理部門の転職

人事は、会社の根幹を担う重要な部署です。

社員の採用から労務、教育まで関わるので、未経験からの転職は難しいのではないかと思う方もいるかもしれません。

しかし、業界や企業によっては未経験でも人事への転職は可能です。

転職を成功させるためのポイントや、志望動機について解説していきます。

人事の仕事内容は採用だけではない

まずは、人事の業務について理解しましょう。

人事は採用のイメージが強いかもしれませんが、人事の業務は採用だけではありません。

具体的には、以下の4つの業務があります。

  1. 人事採用
  2. 労務
  3. 教育・研修
  4. 人事制度設計・運用・評価

大企業では、人事部の中で業務を課ごとにわけて専門的におこなう企業もありますが、中小企業やベンチャー企業では人事部としてすべての業務をおこなうこともあります。

そのため、それぞれの業務を理解しておきましょう。

①人事採用

新卒採用、中途採用、アルバイトやパート採用など、すべての採用活動を担当します。

会社の採用活動の全般を担っているのが人事部です。

まず、経営陣や各部門の責任者から人材ニーズを聞いて、部門・職種ごとの年間採用数の目標を策定します。

その後求人メディア・人材紹介会社の選定、求人要件・求人票の作成、会社説明会の企画・運営をおこないます。

新卒採用の場合には学校訪問や内定者フォローなども人事の仕事です。

人材の募集から採用、入社までのプロセス全体を担当しています。

会社をより発展させるためにどんな人材が必要なのか判断し、応募者に意思決定してもらうために会社の魅力づけをおこなうことも重要です。

採用した社員の成長を感じることもできますし、やりがいを感じやすい業務です。

②労務

社員の欠勤、遅刻、早退など、勤怠管理をおこないます。

勤怠データに基づいた給与計算、健康保険・厚生年金・雇用保険などの加入、退出手続きなどの業務もおこないます。

労務は法律の知識が求められるため、未経験の方は勉強が必要です。

知識をつけてしまえば、専門職として極めることができる職種です。

③教育・研修

新入社員研修、専門スキル研修、年次研修、マネジメント研修などを企画・実施します。

外部の教育研修企業へ委託する場合には、委託先との窓口となってやり取りを行います。

今後、より会社を成長させるためにはどんな教育が必要なのか、考えて経営者層に提案しなくてはいけません。

自分のことや人事部のことだけではなく、会社全体をみわたす能力が求められます。

④人事制度設計・運用・評価

評価や給与など、社員の処遇や働き方の制度の企画・設計、導入や運用などが人事制度の業務です。

主に、「現状分析」「基本思想」「詳細設計」「導入開始」の大きな4つのフェーズに分かれています。

この4つに基づいて、等級制度・評価制度・報酬制度の詳細を設計していきます。

会社の経営状況や従業員のニーズをくみ取り、反映させなくてはいけません。

労働法の改正に応じて人事制度の企画や見直しをおこなう必要がありますし、経営層とも相談しながらおこなう必要があります。

制度によって社員の意欲・能力を向上させるために、異動、転勤、昇進などの配置転換を実施します。

全従業員の人事を管理し、さまざまな人と関わりながら仕事をしていく部署です。

人事への転職に向いている人の特徴

人事職②

人事に向いているのはどのような人なのかを紹介します。

自分に当てはまると思ったら、志望動機や面接で積極的にアピールしていきましょう。

人事に向いている人の特徴は、以下の5つです。

  1. 人とのコミュニケーションが好きな人
  2. 調整能力が高い人
  3. 目標を達成する意欲がある人
  4. 仕事を正確にこなすことが好きな人
  5. 勉強・マニュアルを覚えるのが得意な人

①人とのコミュニケーションが好きな人

人事は全社員と関わりますし、社内の人だけではなく、社外の人とも関わる機会が多い仕事です。

新卒の採用活動では学生とも関わりますし、年齢層も幅広いです。

求人への応募者は、会社にとってはお客様にあたります。

会社に対する印象がよくなるような、コミュニケーションと振る舞いが求められます。

労務関係なら、社会保険の申請のために必要な書類を期限までに提出してもらわなければいけません。

人事制度設計なら経営層とやり取りして方向性をまとめていく必要があります。

どの業務もコミュニケーションスキルがないと円滑に業務をおこなえません。

②調整能力が高い人

人事はどの業務でもスケジュールの調整をおこなわなくてはいけません。

スケジュールだけではなく、意見の調整もおこないます。

採用業務では各部署の担当者と募集要件をすり合わせる必要がありますし、人事設計制度では経営層と意見をすり合わせる必要があります。

全員が同じ意見なわけはないので、意見や利害が異なるさまざまな人との調整をおこなうことが重要です。

相手が言うことをただ聞いて合わせるのではなく、自分の意見もしっかりと主張して、意見をまとめるスキルが求められます。

③目標を達成する意欲がある人

採用の場合は、目標採用人数があります。

そのため、営業職のノルマと同様に目標を達成する意欲がある人に向いています。

ノルマを達成するためにどんなアクションをおこなっていくか、計画的に考えるスキルも重要です。

営業でノルマを追うのが嫌だから事務職である人事職を志望しているという場合には、人事職もノルマがあるということを忘れないでください。

④仕事を正確にこなすことが好きな人

特に労務関係は、社員の給与に関わる重要な仕事です。

従業員の給与や社会保険などについて細かい仕事が多いので、ミスは決して許されません。

細かい仕事でも正確にこなしていける人が人事に向いています。

⑤勉強・マニュアルを覚えるのが得意な人

法律が変わると、新しい法律に合わせて会社の制度を変えなくてはいけません。

関連する法律は多いので、すべて把握して運用させる必要があります。

また、社内規則の制定・運用もおこないますので、自分で理解を深めなければいません。

自分から勉強する姿勢が求められますので、制度を理解したり法律を勉強したりすることが好きな方に向いています。

人事へ未経験からの転職が難しいと言われる理由は3つ

人事への転職を検討して調べていると、「未経験からでは難しい」「転職はできない」という声を多く聞くかもしれません。

このような声が多くあるのは、以下の3つが原因です。

  1. 人気の職種
  2. 募集人数が少ない
  3. 人事だけではなく各部署一括で募集している

それぞれ詳しく解説していきます。

①人気の職種

最初に述べた通り、人事は会社の根幹を担う影響力を持った部署です。

経営者層と距離が近いことから、事務職の中でも花形とされています。

採用や人事評価などで多くの社員とも関われますし、自分が採用した社員の成長を間近で見られることは嬉しいですよね。

必ず社員が関わる部署であることと、やりがいを感じやすいことが、人事部の人気が高い理由です。

②募集人数が少ない

人事職は求人倍率が0.5倍以下です。

人気の職種なだけあって安定しているため、辞める人も少ないうえに辞めても社内の別の部署から補充しています。

社内の人材すべてに関わる業務ですので、会社のことをよく知る経歴の長い人が最適と考えられるからです。

また、社内の採用や労務を任せるので、中途で雇うのではなく企業の中から補充したほうが、信用度も高いですよね。

人事部は直接利益をあげることはない間接部門です。

営業部などのようにそもそも人数がそこまで多くないため、結果として求人募集も少なくなっています。

③人事だけではなく各部署一括で募集している

多くの企業は人事としての募集ではなく、経理・総務・財務などを一括で募集するか、総合職としての募集をおこなっています。

中途からの採用で人事職だけの求人が相対して少ないです。

また、人事以外の幅広い知識を持った人材が求められるため、未経験での募集が少なくなっています。

人事未経験でも転職しやすい業界と企業

採用活動

転職が難しいと言われている人事職ですが、その中でも比較的転職しやすい業界と企業があります。

それは、中小企業やベンチャー企業と、IT業界と人材業界です。

中小企業・ベンチャー企業

大企業ではある程度経験を積んだ人が人事に選ばれることが多いですが、中小企業やベンチャー企業では未経験での人事担当者の求人が増えています。

中小企業やベンチャー企業では、新規ビジネスや組織拡大が活発です。

そのため、人数を増やすために採用活動にも力を入れており、それに伴って人事職の増員を行っています。

未経験者も積極的に採用活動をおこなっているため、未経験からは中小企業やベンチャーがおすすめです。

IT業界・人材業界

業界ではIT業界と人材業界が未経験でも人事職に転職しやすいです。

IT業界では特にエンジニア不足のため、各社で採用強化をおこなっています。

人材業界では人材不足のため、人事部門もポテンシャル重視で未経験も採用しています。

採用に力を入れている会社は人事部の増員を検討している会社が多いので、未経験からでも採用される可能性が高いです。

未経験から人事へ転職するための志望動機

転職において志望動機はとても重要です。

なぜ人事で働こうと思ったのかを明確に伝えることで、採用される可能性が上がります。

未経験でも、現職で人事の仕事は企業組織の中で重要だと気付いたエピソードがあるはずです。

待遇や給与など人によって重視するポイントは違いますが、どのような点に魅力を感じているのか志望動機を伝えられれば評価されます。

「残業が多かったから」「業務が大変だったから」というネガティブな理由でも、「自分のスキルアップに使う時間がなかった」「新しい業務に挑戦する機会がなかったから」などとポジティブな理由に変換しましょう。

志望動機の例文を3つ紹介いたします。

例文を参考にして、自分らしい志望動機を完成させましょう。

未経験者の志望動機例文①

私が貴社の人事を志望したのは、これまでの〇〇での営業経験を活かしたいと思ったからです。
前職では、新入社員研修や年次研修などで人事の方と接する機会が多々ありました。
そのたびにひとりひとりに声をかけてくれ、気にかけてくれたことを鮮明に覚えています。
特に、スキルアップ研修の内容はいつも具体的で、新人のわたしにわかりやすいように詳しく教えてくれました。
そのような経験から、私も人事としての企業の人材育成や、経営戦略に携わりたいと思うようになりました。

未経験者の志望動機例文②

私は5年間総務として働く中で、より、人事の業務に携わりたいと思い貴社の人事を志望いたしました。
採用から昇進まで関われる人事の業務に大変魅力を感じております。
貴社は事業拡大のために、人員募集をおこなっているとホームページで拝見いたしました。
日々挑戦を続ける貴社の姿勢に大変感銘を受けました。
採用業務や労務はもちろんのこと、社員ひとりひとりに寄り添い力を発揮できる環境を整えて貴社の事業拡大に貢献したいと思い、志望いたしました。

未経験者の志望動機例文③

私が現職で、転職をサポートする企業でコンシェルジュを担当しており、その経験を活かして人事採用や人材教育に携わりたいと思い、貴社を志望いたしました。
これまでに何人もの転職者と面談をしてきたため、人を見る目には自信があります。
貴社は採用活動に大変力を入れていると聞き、私の経験で貢献できればと思いました。
今後は貴社の企業理念の理解を深め、貴社が求めている人材を発掘できるように努力すると共に、教育制度も充実させていきたいと考えております。

未経験から人事に転職するために資格があると有利

仕事に打ち込む女性

資格は、スキルを客観的にアピールすることができるものです。

必須というわけではありませんが、持っていると重宝します。

特に、国家資格である「社会保険労務士」、実践的な法律の知識を学べる「ビジネス能力検定」は人事労務のスキルのアピールに効果的です。

求人によっては、未経験でも資格取得必須の場合がありますので、資格を持っていて損はありません。

未経験からでも志望動機を明確にすれば人事に転職できる

人事職は全社員に関わる業務ですので、未経験では難しい職種です。

しかし、企業の求めている人材を理解して、当てはまるスキルをアピールできれば採用の可能性も高まります。

「なぜ人事職で働きたいのか」「人事職のどこに魅力を感じているのか」を明確にして、積極的に応募していきましょう。

人事職はほとんどが欠員補充のため、求人サイトに登録してこまめに求人情報を確認することが大切です。

転職が初めてでよくわからない、自分に合った求人がわからないという方は、エージェントサービスも利用しましょう。

コメント