「手取り25万円」は一般的に給与をもらっている部類か?手取り25万円の生活とは?

手取り25万転職コラム

もらっている級のひとつの基準が「手取り25万円」です。

多くの人が、ある程度の期間働いてもらえるのが手取り25万円という額ですが、果たしてこの手取り25万円という額は高い部類なのか?

そして、手取り25万円で送る生活はどのようなものか?

ふと立ち止まって、手取り25万円という現状について、一度考えなおしてみても良いでしょう。

そしてもし現状の生活に満足いってないと感じたなら、もっと生活、手取りを上向かせるためにはどうすればいいか、真剣に考えるべきでしょう。

どれくらいの月収で手取り25万円になるか?

もうすでにご存知でしょうが、サラリーマンは給与から税金を引かれた結果「手取り」が残ります。

つまり、そもそもの支給額は25万円より多かったということです。

具体的に、最初はどれくらいの金額だったのか。

手取り25万円の総支給額から調べていくことにしましょう。

サラリーマンは総支給から大きく天引きされる

繰り返しますが、サラリーマンは給与から多くのお金から控除をうけます。

具体的に基本給や手当から引かれるお金は、健康保険、厚生年金、雇用保険、所得税など。

ここで控除されるお金は、本人が既婚者か独身か、どこに住んでいるかなどでも多少変わります。

ですからサラリーマンは、自分の生活を考える上で「総支給額」ではなく「手取り」を起点にして考えるべきなのです。

手取り25万円はおよそ平均年収

先に結論を述べておくと、「手取り25万円」というと、限りなく日本の平均に近い手取りとなります。

手取り25万円ということは、年収換算すればだいたい400万円程度ということで、日本の平均年収とちょうど一致するのです。

実際手取り25万円で生活する独身者なんて、「自分の生活は普通だ」と感じている方も多いのでは。

生活が苦しすぎず、楽すぎず…。

手取り25万円で送る生活

具体的に、手取り25万円で送る生活について、詳しく考えていきましょう。

家賃は手取りの3分の1程度

一般的に、住む家の家賃相場は手取りの3分の1程度と言われています。

つまり、手取り25万円ならだいたい家賃8万円程度が適切でしょうか。

家賃8万円といえば、東京都心でもそれなりの広さで1K 賃貸が借りられるくらいでしょうか。

もっと地方の悪条件賃貸なら、さらに広い家に住めることでしょう。

食費も自由にできない

生活のなかでかかる食費も、人により多少異なりますが、独身男性なら月3万円~5万円といったところでしょうか。

なんでも好きなタイミングで好きなものを食べられる、というほど収入がないのもこの手取り相場です。

生活のなかでどこか切り詰めるのが、手取り25万円の生活なのです。

交際費・娯楽費も切り詰めるべき手取り相場

人間ですから、収入の中からあるていど遊ぶためのお金も捻出したいもの。

しかし手取り25万円では、好き放題誰とでも好きに遊べる…ともいきません。

飲み会のお金もある程度計算して、移動費もできるだけ節約して…という節制も多少必要でしょうか。

娯楽費に回せるお金は高くても3万円程度です。

余剰資金は貯金に回したい

どれだけ生活がいっぱいいっぱいでも、できるだけ将来への備えはしておきたいもの。

余ったお金は少しでも、貯金として残しておきたいです。

「収入すべてを生活のなかで使い切る」という思考では、いつまで経ってもお金が貯まることはありません。

手取り25万円で結婚できるか?

手取り25万円で働く人の多くは、20代や30代の結婚適齢期の方が、男女問わず多いのでは。

ですから、「自分の手取りで結婚できるか」を考えるのは普通のことです。

手取り25万円という収入帯の人が生活できるのか否か。

ここで考えておきましょう。

世帯年収で生活できるか?

結婚というものは1人で行うものではありません。

結婚は二人で行うものです。

もし配偶者が「専業主婦じゃないと無理」というのでない限り、夫婦ふたりで働いた収入で生活することになるはず。

つまり二人合わせた収入「世帯年収」で生活を考えることができるのです。

たとえ一人が「手取り25万円」の平均年収世帯でも、相手の収入と合算すれば十分結婚を視野に入れることができるようになるはず。

子供がほしいか?どんな生活を送るか?で条件が変わる

結婚の可否ですが、「二人がどんな生活を望んでいるか?」でも話が変わってきます。

子供は何人ほしいのか。

どんな生活を送りたいのか。

そうした将来のビジョンが合致した相手でないと結婚はできません。

世の中のお相手のなかには、きっと手取り25万円でも将来のビジョンに合致するお相手が存在するはず。

軽はずみに、将来のビジョンを大して話し合わず結婚して、後々のギャップで悩んだ夫婦が離婚という選択を行うのです。

手取り25万円もらえる仕事

手取り25万円を簡単にもらえる仕事もあれば、どれだけがんばっても給与が手取り25万円に到達しない仕事もあります。

ここでは、比較的簡単に手取り25万円へ達する仕事はどれか?

具体的にお教えします。

ITエンジニア

IT業界は全体的に盛り上がっている業界です。

それもコロナウイルス以後も、多くの企業が業績を戻しています。

つまり、多少の災害があっても、IT業界全体は被害が小さいということになります。

もはやIT技術は生活の中でかかせないものになっています。

もはや、「インフレ」と言ってもいいくらいですよね。

ITで人手が足りない「エンジニア」として働くことで、手取り25万円くらいはすぐです。

システムエンジニアは転職で年収アップできる?転職を成功させる方法とは
システムエンジニアは、他の仕事と比較しても平均年収が高い職業です。 しかしながら、エンジニアの中には年収800万円〜1,000万円以上稼いでいる人も存在するため、それと比べて自分の今の給料に満足していない人は少なくないでしょう。 ...

営業職

どの業界でも、「営業職」はインセンティブで、成果に基づいた給与をもらうことができます。

ですから営業職として働いて、それなりに仕事で成果を出しさえすれば、手取り25万円もすぐ到達するはずです。

しかしとはいえ実力主義の営業職。

成果をあげられない人は、会社内でもお荷物扱いになってしまうことだけ注意しておきましょう。

「営業はやめとけ」営業がつらいなら無理せず転職!営業がつらい人へのアドバイス
営業は仕事の向き不向きが大きく、日々の仕事のなかで「つらい」と感じている人もたくさんいると思います。 人生のなかで大きなウエイトを占める「仕事」が、日々プレッシャーで苦しいなら、それは大きな不幸です。 自分に向いていないと感じる...

手取り25万円はもらっている方?

社会全体でみたとき、手取り25万円という給与のラインは、果たしてもらっている方なのか?

自分の人生を考える上において、他の人の人生を気にする必要は本来無いですが、「転職の目処をつける」などのために必要です。

日本における年収帯について、ここで一度考えておくべきでしょう。

業界、年齢による

すでに記事でも述べた通り、「手取り25万円」というのは、全体でみると「普通」です。

多すぎず、少な過ぎもしない。

普通の年収帯でしょう。

局地的に、業界で考えること、年齢で手取りを考えるのも大切です。

例えばIT業界で働いていて、手取り25万円しかもらってないならそれは手取りが少ない、ということになります。

しかし保育士業界で手取り25万円なら、それは普通か普通より上となります。

また、新卒で手取り25万円もらっているのか、40歳で手取り25万円なのかなど、年齢を考えるのも大切です。

「限界まで昇給して手取り25万円」だとしたら転職を考えるべき

もしすでにあなたが、給与が上がりきった段階ですでに手取り25万円に達している場合。

またはあなたの上司が手取り25万円もらっているとしたら、それはあなたの未来の姿ということで、転職を視野にいれるべきでしょう。

まだこれから給与が右肩上がりに上がっていく段階で、その途中に「手取り25万円」という到達点があるのだとしたら、それはその後もがんばって働くのを継続するべきです。

しかしどれだけがんばっても「手取り25万円」が頭打ちなら、早々に次の仕事を考え始めたほうが良いでしょう。

手取り25万円から転職で手取りアップする方法

もしあなたの現在の手取りが25万円で、「もっと手取りを上げたい」と思っているとしたら、転職を真剣に考えるべきです。

転職のためには手順がいくつもあります。

あなたは「手取りを上げるための転職活動」を行う必要があるのです。

ハイキャリア向け転職エージェントのサービスを利用する

まずは、転職活動で重要な「転職エージェント」への登録を行いましょう。

転職エージェントにも種類がありますが、ここでは手取りアップしやすい転職エージェントの利用を行いたいです。

具体的に、いくつか紹介します。

ビズリーチ

年収アップのハイキャリア転職といえば「ビズリーチ」です。

ビズリーチは、登録者に企業からスカウトをかける「ヘッドハンティング」型の採用サービスを行っているエージェントです。

それなりのスキルや実績のある方なら、ビズリーチへ登録しておくことで、高年収の優良企業からスカウトを受けることができるはずです。

ビズリーチの評判を徹底解説!メリットデメリットや口コミもご紹介
『即戦力!』というCMでも話題のビズリーチ、高年収や役員向けの求人に特化した転職サービスですが、本当にハイクラスな求人が見つかるのだろうか?と、評判が気になりますよね。 そこで今回は、ハイクラス向けの転職求人サービスのビズリーチの評判...

リクルートエージェント

転職エージェント最大手の「リクルートエージェント」も手取りアップにおすすめです。

なぜなら、リクルートエージェントが優れているのは「とにかく豊富な求人数」。

方墳あ求人数の中には、利用者の年収が上がる求人がきっとあるはずだからです。

そしてリクルートエージェントは過去の実績も十分。

豊富な実績も利用して、利用者の手取りアップ目的の転職をし成功させてくれます。

リクルートエージェントの評判は?口コミから見るメリット・デメリット・使い勝手を徹底解説!
転職業界ナンバーワン転職エージェント、リクルートエージェントの紹介です。業界ナンバーワンの求人数と、業界ナンバーワンの実績を持つ転職エージェントですから、利用者の幸せな転職をきっとアシストしてくれるはずです。

儲かっている業界へ転職する

くれぐれも、金回りの良い、儲かっている業界への転職を行ってください。

儲かっている業界で、実績が上がっている会社へと転職すれば、それだけで「手取りアップ」が可能です。

金回りの良い業界というと、IT業界、金融業界、不動産業界などがその代表です。

手取りをふやさず資産を増やすことはできるか?

現在の手取りを増やすためにはどうすればいいか?

で今回考えていましたが、手取りを増やさなくても、出ていくお金「出費」をへらすことで相対的に手取りを増やすことができます。

つまり最終的には、「自由に使えるお金」を増やせばいいのです。

出費を減らす

日々のなかで支払っているお金「出費」を減らすことを考えてみましょう。

例えば家賃。

他にも電気代など水道光熱費。

または娯楽費など。

削れる出費はすべて削ることで、自由に使えるお金の額を少しでも多くしましょう。

資産運用で資産を増やす

記事の上では、「貯金」に回すと言いましたが、何も考えずお金を銀行に預けるだけ、というのはやめたいです。

少しでもまとまって自由に使えるお金があるなら、そのお金を資産運用で増やすことで、結果的に手取りを増やさずとも自由なお金を増やせます。

投資など、資産運用は若い頃からはじめたほうが有利です。

少しでも早く、資産運用も考えてみてください。

手取り25万円の生活 まとめ

日本人の中で多くの割合を占める「手取り25万円」の生活について考えました。

手取り25万円の生活は平均的なものですが、できればもっと「自由なお金がほしい」と思うなら、転職するなどしましょう。

それと同時に、出費を減らしたり、資産運用するなどすれば、今後の生活を豊かにすることができます。

本当にオススメの稼げる資格ランキング!給料が多い仕事に就きたいなら資格取得だけが選択肢ではない!
「稼げる資格って何があるの?」 「給料が多い仕事がしたい」 このように、給料が多い仕事にはどんなものがあるのか気になっていませんか? 年収1,000万円を超えるような仕事には、たとえば医師や弁護士など、難易度の高い国家資格を必...
転職理由を年収アップにすると危険な理由と転職理由の上手な伝え方
「年収アップ」は、転職理由の定番です。 現在の年収に満足してない方が、手っ取り早く年収アップする方法、それが転職です。 転職すると、まったく違う場所で働くことになります。 勤務環境がいっさい変わるので、それまでもらっていた...
年収500万円の女性は勝ち組なのか?手取りや生活実態を把握しないと生活が回らない
「年収500万」というと、働く女性からすると稼いでいる人として一つの基準です。 しかし年収500万でも、税金や保険料が引かれたあとの金額はおよそ「390万円」です。 額面年収が500の大台に乗っていたのに、実際の手取りにすると3...
平均残業時間が20時間って多い?多いと感じたらするべきこと。
残業20時間と聞いて皆さまはどのように感じますか? 「まあ、普通じゃない?」と考える人もいれば「いやいや、20時間は少なすぎるよ!」と思う方もいるでしょう。 この記事を書いている私的にはそれぐらいなのでは?と思ってしまいます。 ...

コメント