登録者数の多い人気の転職サイト
高年収求人数No.1!「ビズリーチ」
ビズリーチ
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
公開求人数
80,000件
非公開求人数
非公開
対応地域
全国+海外
対象属性
30~50代の男女
強い業種
全業種
年収UP率
90%以上
年収600万円以上を望む方からの支持率No.1のビズリーチ!他社サービスに比べスカウト機能が充実しており、ハイクラス求人数も業界イチです。
ビズリーチの無料登録へ
転職者が選ぶ顧客満足度1位の「マイナビエージェント」
doda
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
公開求人数
15,492
非公開求人数
17,846
対応地域
全国
対象属性
20~30代の男女
強い業種
全業種
年収UP率
非公開
求人数は業界ナンバーワン!また、「初めての転職」におすすめの転職サイトです。サポート体制に定評があり、サービス利用者の満足度も業界トップクラス!
マイナビエージェントの無料登録へ

【40代教師】転職するなら最後のチャンス!成功の秘訣は?

教師の転職

40代教師となればベテラン勢に加わってくる年代のはずです。

20代から30代は教育に熱意をもち、子どもたちと向き合いながらがむしゃらに働いていたと思います。

しかし、40代にもなると段々教育への熱意も冷め、体力的にも厳しくなってきたと感じる人も多いのではないでしょうか。

身体を壊したり、病休に入ったりする教師も多い年代になります。

このまま無理に仕事を続けていても結果的に自分自身を壊してしまう可能性だってあるのです。

思い切って転職を考えてみるのもこれからの人生の選択に一つだと思います。

40代という年齢は転職するには最後のチャンスだと思ってください!

転職限界年齢は35歳と言われていますが、高齢化や年金引き延ばしなどにより転職限界年齢も引き延ばされています。

教師を辞めて新しいことに挑戦したい、転職したいという人はこの記事を参考にしてみてください。

40代教師の転職についてと転職を成功させるための方法をご紹介します!

40代教師が辞めたい理由

40代まで教師を続けてきたけど、辞めたいと思う気持ちも強まってきている方もいるはずです。

辞めたいと思う理由は人それぞれですが、どのような理由があるのかを見ていきましょう。

薄れた教育への情熱

教育への情熱が薄れてしまった人も多いのではないでしょうか。

「自分と同じ周りの40代は、今でも生き生きとバリバリ仕事をしているのに」と感じたことはありませんか。

正直、定年まで続ける気力がないという人が多いようです。

20代30代は学校の主軸となり、授業研究や部活など「自分にしかできないこと」を求めてバリバリ働くことができていたと思います。

定年まで25年あるので、モチベーション的にも低下してきますよね。

教育の熱が冷め、学校で働いている意味が分からなくなってくるのが転職の大きな理由として挙げられます。

体力的につらい

運動部の部活顧問は、メニューの考案やトレーニングなど児童・生徒の見本となって口だけではなく自分自身も一緒に動いていかなければいけません。

若いころは楽しかったが、40代になったら体力の衰えとともにつらくなることが多いですよね。

休日は遠征や練習など体を休める暇もないので、体調も崩しやすくなります。

体調が崩れたからと言って簡単に学校を休むことができないのが難しいところです。

足腰の負担も大きくなってくるので、無理は禁物です。

40代転職のチャンスを逃したくない

転職限界年齢が35歳と言われていますが、高齢化にともない定年延期、年金受給開始時期の延長により転職限界年齢が伸びてきました。

なので、40代でも転職することは可能であり、最後のチャンスとなります!

この機会を逃してしまうと今後転職のチャンスは難しいので、よく考えて行動していきましょう。

転職を躊躇している理由とは?

転職をしたいけど、今の状況から大きく変化するのを恐れ躊躇しているのではないでしょうか。

もちろん環境の変化や給料面での変化など不安要素は大きくあると思います。

給料がいい

公務員であるが教育公務員という位置づけで、行政職の公務員(地方公務員)よりも給料が高く設定されています。

40代ですと、給料は額面だけみると40万から50万円ほどです。

主任教諭や管理職だと手当がさらに付くので、給料面は安定していると思います。

なので、ここから給料が下がると考えるとなかなか転職するのを躊躇する要因になると思います。

子どもの教育費が高いので家族に反対される

40代で子供がいるとしたら中学生から大学生ぐらいになり、教育費が一番かかる年になってくるのではないでしょうか。

大学だと年間100万円以上の学費がかかるので、収入が下がるのは正直厳しいと感じるのも無理はありません。

子どものために年収が下がることに家族が反対するケースが多いです。

退職金の大幅減額

40代で教師を辞めれば定年で満額支給されるはずの退職金からかなり減額されることも転職を躊躇する理由の一つです。

定年退職した際はおよそ2000万円の退職金が支給されるのですが、そこから大きく減額されることで将来設計が狂ったり、老後への不安を抱えたりする人もいるはずです。

老後は介護付きの有料老人ホームに住んだり、海外などで家族とのんびり暮らしたりするなどの将来設計がなくなることへの不安も大きいようです。

やっぱり子供が好きで教師として生きていきたい

誰もが教師を志したのは子どもが好きであり、子どものために何かをしてあげたいと感じているからでしょう。

教師を辞めたくても教師になったきっかけが子どもならなかなか辞められないのも事実です。

子どもに教えるのがいきがいになっている人も多く、それが教師本来の姿だと感じているはずです。

また、子どもたちに囲まれ安心する人も多いのではないでしょうか。

教師一人一人が誇りをもっているので、辞めることを躊躇する気持ちはよく分かります。

他の職業に転職は難しいと感じている

40代で教師を辞め、転職するにも難しいと感じている人が多いはずです。

しかし、実際には転職して新しい人生を歩みだす人もいます。

この先の未来を見据えて行動してみましょう。

年金はあてにならない

公立学校の教師は、健康保険や年金については、共済組合に加入していますよね。

現行の制度では年金は他の業種より多く金額が支給されています。

老後は、年金機構の計算では2カ月に35万円程もらえることになっています。

現在40代であり年金支給が65歳ですと25年は働かなければいけません。

そこまでの気力と体力があるのかと言われると厳しいですよね。

最近では、65歳まで働いても年金は満額もらえるとは限らないと言われています。

仮に退職金が2000万円以上もらえるにしても退職後に5年で使い切ることが予想されます。

無理に定年まで働き身体を壊すようだと医療費などの負担が増えて生活は苦しくなる一方です。

自分自身が健康でいるためにも負担を減らすことを優先してください。

40代転職は難しいのか

一般的に企業は業務ごとに精通していることや業務に対する即戦力として40代以降を求めています。

教職のように潰しのきかない職歴を一般企業は求めていないことが多いです。

40代以降で転職に成功されている方は、2つのタイプに分かれています。

今までの経験を活かして、より高待遇の職業に転職する人タイプ。

同じ業界の、同じような職業に就く方タイプ。

教員はどちらのパターンも難しいように感じます

転職を考える方は教育業界から出ていくことを考えていると思うので教育に関する職を目指すわけではありません。

戦略的な転職活動が必要

40代教師が転職するには戦略的な就職活動が必要になります。

まずは、自分の望む働き方や状態を明らかにしてください。

目標をもつことは大切なことです。

どうせ転職するなら満足のいく転職をするためにもやりたいことを明確にしましょう。

そして、目標が決まったら自分をアピールしていくために作戦を立てていきます。

  • 職歴から出る強みを言語化する
  • 強みを活かせる業界・職種に絞る
  • 相手の望むスキルと自分の持つスキルがマッチしているか検討する
  • その業界に自分の強みを売り込む

上記の4点を考慮し、戦略を立てていくことをおすすめします。

いくら主任をやっていたなどとアピールしても他の企業にはあまり響きません。

そこで、若手を育てるためにやった手立てや学校をよくしていくための計画などを具体的に話すようにしましょう。

相手が求めている人材であることを意識して話していくことが大切です。

教員人生で今までやってきたことは必ず活きてきます。

自分の人間性や会社にどのくらい貢献できるかなどを積極的にアピールしていきましょう。

どんな仕事に就けるの?

40代教師が転職した際にいったいどのような仕事に就くことができるのか気になりますよね。

教師という経験を活かすことのできる職種を踏まえてご紹介したいと思います。

塾講師・予備校講師

授業での指導経験を活かせることは大きなメリットではないでしょうか。

しかし、学校の教師とは違い授業が厳しく評価され、給料にも影響がでてくるので中途半端な覚悟ではいけません。

その分人気が出れば給料は上がるので、やりがいを感じる人も多くいます。

部活業務や校務もなく授業研究に集中できるためより質の高い授業ができるのです。

教員を辞めても授業をしたり、子どもと関わったりしていきたい人にはおすすめです。

教材開発・予備校講師

授業研究で対話的で主体的な深い学びを実現するためにあらゆる試行錯誤を考えてきたと思います。

その経験を活かし、教材などの商品として形にして販売する仕事に転職する人も多いです。

教科書や問題集、参考書の制作業務に携わる人も多いので検討してみてください。

ITエンジニア・SE

実は、ITエンジニア・SEの転職は一番多いです。

転職を機に業界をガラッと変えてみるのもいいかもしれません。

ITといってもサポートデスクのような人に関わる仕事やアプリ・セキュリティ開発といったプログラマーのような仕事もあります。

これからの先を見据えてIT業界に挑戦するのもおすすめです。

多少パソコンを操作できるのであれば、未経験者でも募集している企業があるので調べてみましょう。

人材エージェント

進路指導経験を活かして、将来に関わる仕事をしたいと感じる教師には人材業界がおすすめです。

教師の経験を活かして、教師の転職専門の人材エージェントという働き方も考えられます。

自分の体験を語ったり、教職の悩みを聞いたりなど人と関わりながら仕事ができ、感謝されるので、やりがいはあると思います。

コンサルタント

人と関わる仕事をしたいという人はコンサルタント業界がおすすめです。

クライアントの気持ちを汲んで適切なアドバイスをすることで成果を上げられます。

売り上げを気にして仕事をするのは今まで経験したことのない分野だと思うんで、新鮮に感じるはずです。

人の相談に乗ることが多い教師だからこそ力が発揮できるかもしれません。

教室経営

自分自身で教室経営をするのも選択肢の一つです。

現場で働き、指導の方針や教育の在り方に疑問をもち、自身の教育理念を発揮できる場を作る人も多いです。

子どもとの料理教室を開いたり、英会話や習字教室など自分の強みを活かして運営したりする人もいます。

何をするにも自分の目標を明確にして決めていきましょう。

40代おすすめの転職サイト

転職する際には、自分から気になる企業に直接応募する人もいると思いますが、転職サイトを利用する人も多くいるはずです。

正直、転職サイトも多すぎてどのサイトを利用すればいいのか分からないですよね。

40代教師におすすめの転職サイトをご紹介しましょう。

リクナビNEXT

リクナビNEXTは国内最大級の転職サイトとなっています。

毎週新着の求人情報が1000件以上あるのは驚きですよね。

転職サイトでは珍しいスカウトサービスも優秀です。

スカウトサービスとは、自分の履歴書や自己アピールなどをリクナビNEXTに登録しておけば、企業の方からスカウトが直接くるシステムのことです。

うまく利用すれば転職率が上がることは間違えありません。

企業からの条件ごとに異なる3つのオファーが届くこともあるのでおすすめです。

doda

豊富な求人数、入社後のアフターフォローなどケアが行き届いている印象です。

入社してからもその後の進捗状況や会社とのマッチなどを考えていれるので安心です。

転職の幅が広がるスカウトサービスも備えているので、dodaエージェントサービスと合わせて活用してみてください。

マイナビ転職

マイナビ転職は転職サイトとは思えない転職活動を助ける豊富なサービスが魅力的です。

履歴書や書類などの添削サポートや面接対策のサポートまで丁寧に行ってくれるので安心して活用できます。

エン転職

エン転職は、求人情報に会社の評判として口コミが掲載されるのが特徴です。

求人の情報で現場の雰囲気が分かりやすいと働いてみたい気持ちも変わってきますよね。

サービス業界やメーカー、IT求人の扱いが非常に多いです。

未経験でもITやマーケティングなどに興味がある人が多いので、見比べながら企業を選ぶことができます。

転職活動がはじめてで不安が多い人にはおすすめです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

40代でも転職することは可能です。

そして転職を成功させるためにも戦略をよく練っていきましょう。

教師の転職市場価値はそこまで高くありません。

しかし、人間性やスタンスを評価される可能性が高いので、自分がどういう人間であり、会社にどれだけ貢献していけるのかをアピールしてください。

不安な気持ちはあると思いますが、これからの先を考えれば40代転職は最後のチャンスです。

目標をもち信念をもてばきっと成功するはずです。

コメント