面接で短所を聞かれたらなんと答えるべきか

面接を受ける男性 面接対策

面接ではかなりの確率で自分の短所は何かという内容の質問をされることになります。

自分の人材としての優秀さをアピールすべき現場で短所を聞かれると戸惑いがちですが、適切な対処法を知っていれば問題はありません。

面接で短所を聞かれる理由とは

どうして面接官は、面接で「短所」を聞くのか?

人は弱点を持っているものである

面接で短所を聞かれるときにまず理解しておかなければならないのが、人は誰しも完璧であることはなく、必ず弱点を持っているということです。面接官が最も知りたいことの一つは自分の短所を認めて、他人にも正しく伝えられるかどうかです。

これは仕事をしてミスをしたようなときに抱え込んでしまわず、ミスを認めて周りに助けを求めたり上司に報告したりする誠実さを評価するのに役に立ちます。

問題解決のための解釈力の評価

人の持っている弱点は問題点と考えることができます。自分の短所に対してどのような考え方を持っているかを調べることで、問題解決のための解釈力があるかを評価するために短所についての質問をするのが一般的です。

そのため、短所はそのまま伝えれば良いのではありません。いかにしてその短所を問題として捉えてプラスな内容に転換できるかが評価されているのに留意して対策を立てるのが大切です。

短所を聞かれたときの基本的な対処法

まずは正直に答える

面接で短所について聞かれたらまずは正直に答えるのが基本です。人見知りをする、作業をするのに時間がかかりがちである、せっかちになりすぎる、お節介が過ぎてしまうといった端的な表現だけでまずは大まかな概要を想像してもらうようにするのが良い方法です。

短所と判断される理由づけをする

最初に答えた内容に対して理由づけをして確かに短所になっていることを理解してもらうのが次の手順になります。それによって正確に自己分析ができていて、客観性のある論理展開で話ができる人材だと評価してもらうことが可能です。

短所を長所に転じさせる

そのまま短所で話を終わらせてしまうとただ問題を認識できる人材という理解に留まってしまいます。重要なのは客観的に考えて短所と誰もが納得する弱点を持っていても、それを長所に転じさせて話を終えることです。どのような短所も解釈の仕方や活用する場面によっては長所になり得るという視点で話を転換して自己アピールにつなげると好印象を与えられます。

短所を長所とする戦略

“h3>短所を長所とするには根拠が必要

自分の短所を長所に転じるには戦略を立てるのが重要です。短所に十分な根拠を与えて説明しているので、それを覆すことは難しいと考えなければなりません。

別の観点から客観的な根拠を持って、自分の弱点が実は長所にもなっていると伝えるのが効果的です。同じ土俵の上で話をしていると短所は短所のままになってしまうため、発想の切り替えをすることが必須になります。

エピソードを交えるのが効果的

効果的に自分の短所を長所としても理解してもらえるようにするにはエピソードを交えるのが良い戦略です。

例えば、イベントの運営を任されたときに自分の神経質な性格のために必要以上の人材や物品の用意をしてしまい、余計に予算を使わざるを得ない状況になってしまった経験を伝えます。

これによって確かに企業の利益を減らしてしまったという失敗があったと理解してもらうことになり、短所の説明としては十分なものです。

その上で、顧客への訪問営業をする際に基本資料以外に膨大な量の資料を準備して臨んでいたために必要な情報を全て客観的な情報に基づいて説明できて、好評価を受けて契約を勝ち取れた経験があると伝えます。

これによって神経質になって周到すぎる準備をしていたことが功を奏した場面があると理解してもらうことが可能です。必要以上に準備をするのが問題になる場合もありますが、それがプラス効果を発揮することもあるから特長として生かしていきたいと伝えられればほぼ完璧な答え方になります。

長所に転じることができない短所は隠す

どうしようもない短所は隠すのが基本

面接で短所について答えるときに、時間にルーズ、コミュニケーション能力がないなどといった長所に解釈するのがほぼ不可能な点は隠すのが基本です。たとえ長所に転じさせることができたとしても、社会マナーとして必須とされている部分が欠けていてはならないという意識も持たなければなりません。

まずは事前に準備して確認

解釈の仕方によっては長所にできる短所も、自分の発想力や解釈力次第ではうまく説明できない場合もあります。

それが原因で面接で対応に困ってしまわないように、一度は自分でストーリーを作って話せるように準備しておくことが大切です。原稿まで作ってしまうと当日に戸惑ってしまうことが多いですが、伝えなければならない項目を箇条書きにして携えておくと安心して面接に臨めます。

短所を伝えるのは自己アピール

面接で短所を聞かれたら自己アピールのタイミングだと考えるのが大切です。短所を客観的に分析して正しく伝えられるようにすると共に、それを長所にもできると考えてアピールすれば高い評価を得られるようになります。

コメント