面接で退職理由を聞かれたらなんて答えたら良い?

悩む面接 面接対策

これから転職を検討している方の中では、面接の際に聞かれる退職理由をどのようにこたえたらよいか悩んでしまう方も少なくありません。

ここでは、転職に失敗しないための退職理由の良い答え方や悪い答え方をご紹介します。転職回数が多く、その理由の答え方に悩んでいる方は是非参考にしてください。

回数の多い退職は少なからずマイナスイメージにつながる

面接の際には前職の退職理由を聞かれることが多いですが、その答え方には注意する必要があります。

それは、どのような理由があるにしても、何度も退職するのはマイナスのイメージをもたれてしまうことが少なくないからです。

勿論転職する方においては、キャリアアップが目的であったり、より難易度の高い課題に挑戦したいという強い意気込みで転職する方や、どうしても致し方の無い理由や、誰もが納得する理由で退職する方も沢山います。

しかし、自分勝手な理由で退職する方が少なからずいるのも現実であり、面接官の方にとってはそのような方との区別をつけることが簡単ではなく、判断が難しくなる現状があるのです。

面接官は何故退職理由を問うのか

面接官が問う退職理由に対して適切な回答を行うためには、面接官が何故退職理由を問うのかを理解する必要があります。

応募に来ている方は、その新しい職場で今後頑張っていこうとしているわけなため、以前の職場をどうして退職することになったのかは直接は関係ありません。

しかし、面接官が以前の職場の退職理由を確認するのには、いろいろな理由があるのです。

面接官が退職理由を知りたい訳

面接官が応募者が以前の職場を退職した理由を確認する目的は、今度も同じ理由で退職してしまうことにならないか、を確かめる目的が強いです。

企業が新しい人材を採用した場合、採用してから1年から2年は実際には教育期間であり既存の社員と同じパフォーマンスを発揮することは難しいのが現実です。また、仮に以前の職場が全くの同業種であったとしても、職場におけるルールや条件等には少なからず違いがあるため、それでも数ヶ月は覚えることが中心となるでしょう。

このように企業が新しい人材を採用した場合、少なくても数ヶ月は企業側にとって教育のための投資期間となります。よって、採用してから短い期間で退職されることは企業側にとっては大きなマイナスなのです。

このため、企業側は転職を繰り返している応募者に対しては、また同じように転職してしまわないか、という視点でチェックします。よって、応募者が退職理由を答える際に何より一番大事なのは今度の職場では長く働いていきたい、腰掛ではない、という意気込みをしっかりと伝えることなのです。

面接官がマイナスイメージを持つ退職理由

面接の際には前職の退職理由を聞かれることが多いですが、その答え方には注意する必要があります。

それは、どのような理由があるにしても、何度も退職するのはマイナスのイメージをもたれてしまうことが少なくないからです。

勿論転職する方においては、キャリアアップが目的であったり、より難易度の高い課題に挑戦したいという強い意気込みで転職する方や、どうしても致し方の無い理由や、誰もが納得する理由で退職する方も沢山います。

しかし、自分勝手な理由で退職する方が少なからずいるのも現実であり、面接官の方にとってはそのような方との区別をつけることが簡単ではなく、判断が難しくなる現状があるのです。

面接官にプラスイメージを持たれるための答え方

退職理由を答える際において、面接官にプラスイメージを持たれるためにはとにかく批判をしないことです。

その批判がどれだけ正しかったとしても、何かを批判的に主張する応募者に対しプラスのイメージはどうしても持てないからです。よって、退職理由を答える際は批判的に言い回しは絶対に行わず、ポジティブな表現になるよう考えて発言するようにしましょう。

例えば、時間外や休日出勤が多かったことが理由であったとしても、それが嫌だったから辞めたというのではなく、もっとメリハリのある勤務環境で自分のパフォーマンスを発揮したかった、等のような言い方の方がマイナスに感じられるリスクは少ないのです。

そして、前職の退職自体をプラス要素として伝えることも重要です。転職というのはマイナス面だけではなく、いろいろなスキルを積みキャリアアップできるプラス面も十分にあります。

つまり、転職を繰り返したことでいろいろなスキルを積み、このスキルを新しい職場で発揮できることを具体的にアピールすればよいのです。

応募者の今までの職場が今度の新しい会社で最大のパフォーマンスを発揮するための下積みであったと印象付けることさえできれば、面接官に対し強い好印象を与えることもできなくないのです。

まとめ

このように、面接官から退職理由を問われた際に気をつけなければならないのが、とにかくポジティブな対応を行うということです。

本質的な理由がどうであれ、会社側を批判するような答え方は絶対に得策ではありません。

あくまで自分自身の考えで今後の未来に向けて前向きに判断したということと、その転職によって得たスキルが新しい環境で発揮できる可能性があることを具体的に伝えることが大切なのです。

コメント