仕事の失敗からすぐに立ち直る方法!

転職コラム

仕事で失敗をしてしまったとき、思うように立ち直れないことがあります。

早く立ち直りたいのに気持ちが前向きにならなかったり、無駄に時間が過ぎてしまうこともあるでしょう。

どうすればすぐに立ち直ることができるのかわからず、日頃から悩んでいる人も多いと思います。

失敗からの立ち直り方は決して難しいことではありません。

意外と簡単な方法で気分がスッキリすることもあります。

仕事で失敗してしまったときに心がけておきたい対処法について解説していきます。

仕事上のミスを減らしていくための方法
仕事でミスをしてしまうと、取引先に迷惑をかけてしまうこともあり、上司などからきつく叱られることもあるでしょう。 そのため、落ち込んでしまいその後の仕事が思うように進まないこともみられます。 仕事のミスはどうすれば減らせるのでしょ...

自分一人で悩まないことが大切

自分一人だけであれこれと悩んでみても、無駄に時間を浪費するだけです。

結局は問題の解決につながらないことも多いので、自分一人で悩まず、信頼できる身近な人に相談を持ちかけましょう

他人に相談することのメリット

他人は自分と違う考え方を持っているため、相談することによって違うアイディアをもらうことができます。

また、他人なら自分のことを客観的に捉えることができるため、自分では気づかなかった部分を知ることができるでしょう。

上司や先輩に相談しよう

特に仕事に慣れないうちは失敗を起こしやすいので、経験者にアドバイスをもらいましょう。

上司や先輩に相談して、失敗を防ぐにはどうすればいいのか解決方法を教えてもらってください。

失敗からの立ち直り方やスキルアップの方法など具体的に聞いておくと、自分の成長も早くなります。

上司や先輩に相談することはコミュニケーションを取るいい機会にもなるので、気軽に相談してみましょう。

友達に相談しよう

上司や同僚に相談しにくい場合は、違う仕事をしている友達に相談してみましょう。

ひたすら愚痴を聞いてもらうだけでも、気持ちをリフレッシュするのに効果的です。

普段よりも多めに眠る

心や体が疲れていると、思わず悲観的な考えばかりが浮かんできてしまいがちです。

そんな時はいっそのこと眠ってしまいましょう。

普段よりも多めに睡眠時間を確保することによって、前向きな気持ちが抱けるようになります。

眠ることのメリット

睡眠にはストレス解消や生活習慣予防など、様々なメリットがあります。

夜は頭が疲れている状態なので、どうしてもマイナス思考になりがちですが、十分な睡眠を取れば脳の疲労が取り去られ、ポジティブな精神にリセットできます。

集中力が向上してモチベーションアップもできるので、結果的に仕事の効率が格段にアップし、夜更かしする必要もなくなるでしょう。

朝起きた時に考えをまとめる

目覚めたときは頭がスッキリしているので、考え事をしたり勉強するのに最適です。

何か悩み事があるのであれば、夜更かしして考え込むよりも、早起きして考えをまとめたほうがはるかに効果的です。

起床後3〜4時間は1日の中でももっとも集中力が高い時なので、この時間に仕事や勉強をすれば、普段以上の結果を出すことができるでしょう。

寝る前に問題点をリストアップする

寝る前に問題点をまとめておけば、朝起きたときにスムーズに問題に取り掛かることができます。

夜の時間に解決しようとせず、次の日の朝に答えを委ねましょう。

適度な運動をして汗を流す

適度な運動を行うことは健康に役立つだけでなく、ストレスの解消につながります。

なかなか時間が取れない場合でも、ヨガや筋トレなど室内でできる軽い運動を継続的に行ってみましょう。

運動を続けてストレス耐性をアップ!

一般的に、継続して運動を続けている人はストレス耐性が高いといわれています。

ストレス耐性が高くなれば、仕事でストレスのたまらない体になるので、結果的に悩みも少なくなります。

適度な運動はメンタル面に効果的なので、毎日続けやすい運動を日常生活に取り入れてみましょう。

効果的な運動はウォーキング

激しい運動だと逆に体が疲れてしまうのでオススメできません。

軽い運動であれば気分もリフレッシュできて、健康にも役立ちます

中でも一番効果的な運動はウォーキングです。

ウォーキングであれば通勤や通学などの時間に手軽に取り入れることができるため、毎日手軽に運動を続けていくことができます。

ストレッチでストレス解消

仕事で忙しい時は、運動したくてもできない時があります。

そんな時は数分でもいいので、仕事の合間にストレッチをしてみましょう。

ストレッチをすることによって血行が促進されて、ストレス解消や気分のリフレッシュに役立ちます。

思いきって休暇を取ってみる

気持ちが定まらないまま仕事を続けていても、時間が無駄に過ぎていくだけです。

気持ちをリフレッシュしたいのであれば、期限を区切って休暇を取ってみるのも良いでしょう。

効果的な休暇の過ごし方

失敗したときに無理をして頑張ろうとするのではなく、まずは自分の健康を労わることが大切です。

その時の気分に応じて、効果的な休暇の過ごし方を実践してみましょう。

何もせずに過ごす

休暇を取って旅行に出かけるのも良いですが、部屋で何もしないのもおすすめです。

テレビや音楽なども聞かずに、静かな部屋の中でリラックスしてみましょう。

そうすると、自分の内なる声が出てきやすくなります

自分の素直な気持ちを認めてあげるだけでも、随分と気が楽になるはずです。

自分の生き方はこのままで良いのか、自分とじっくり対話してみましょう。

外出する

いつも休日を寝て過ごしていた人は、外出して新しい刺激を受けてみましょう。

まだ行ったことのないカフェに立ち寄ったり、イベントに参加するなど、いつもと違う行動をするだけで脳をリフレッシュできます。

好きなことに集中してみる

失敗から立ち直りたいのであれば、失敗したことを忘れてしまうのが一番です。

自分の好きなことであれば、時間が経つのも忘れて取り組むことができるので、立ち直りも早くなります。

気持ちを切り替えることが大事

失敗したことでいつまでも悩んでいても、気持ちがネガティブになるだけです。

失敗からなるべく早く立ち直るには、気持ちを切り替えることが大事です。

すぐに立ち直れない人は、趣味など自分の好きなことに没頭してみましょう

趣味など仕事以外の部分で夢中になれるもののために時間を使ってみると、気持ちが上向いてくるため、失敗に対しても前向きな気持ちで向き合えるようになります。

旅に出かける

日帰りでもいいので、どこか知らない土地に出かけるだけで、気持ちをリフレッシュすることができます。

旅行好きな人なら、週末を利用して見知らぬ土地に出かけてみましょう。

映画を観る

映画を観てドキドキしたりハラハラするだけでも、気分のリフレッシュになります。

映画で様々な人の人生を疑似体験することによって、自分のことを慰めたり、気分を払拭することができるでしょう。

思い込みを捨ててみる

たった一度や二度の失敗で、自分に対する評価をむやみに下げてしまう必要はありません。

「失敗したから、自分はダメ」という思い込みを捨てて、次に同じ失敗をしないために何をすればいいのかを考えてみましょう

発想を転換する

これまで「失敗することが悪」だと考えてきた人は、発想を転換してポジティブに考えましょう。

そうすれば、失敗したときも前向きに受け止めることができるようになります。

失敗は自分が成長できるチャンス

「ピンチはチャンス」とよく言いますが、失敗は成功するチャンスでもあります。

失敗には必ず学びがありますから。

その学びを次に活かすことによって、成功を手にすることができるのです。

失敗する数が多ければ多いほど、成功するチャンスも多くなります。

自分を成長させたいのであれば、失敗を怖がらずに、何事にも積極的に挑戦してみましょう

結果として失敗を受け止めてみる

失敗をしたこと自体は、結果として真正面から受け止めてしまったほうが気持ちもスッキリします。

「失敗は誰にでも付き物」くらいの心境で振る舞ったほうが、気持ちも軽くなり前向きな気分になるので、結果的にストレスも溜まりません。

失敗から立ち直るきっかけになる

失敗を忘れてしまうと、また同じ失敗が繰り返されるだけで、失敗するたびに落ち込むことになります。

苦しみから解放されたいなら、失敗を忘れようと努力するのではなく、失敗を思い切って認めてあげましょう。

失敗を認めることによって次のステップに進むことができ、落ち込むこともなくなります。

自分を責めないことが大事

人間である限り失敗はつきものです。

いくら気をつけていても、失敗することは誰にでもあります。

失敗のたびに落ち込んでいては、いくら時間があっても足りません。

「起きてしまったことは仕方がない」という割り切った気持ちを持って、前に進みましょう。

自分を励まそう

失敗のたびに自分を責めていては萎縮してしまい、次の失敗が怖くなってしまいます。

失敗しても自分を否定せず、肯定してあげましょう。

鏡に向かって「自分はできる」と言い聞かせて、励ますことが効果的です。

周りの評価を意識しすぎない

周りからの評価を意識しすぎてしまうと、がんじがらめになってしまって身動きが取れなくなってしまいます。

「自分は自分、他人は他人」という心持ちで過ごすことが大切です。

他人の評価はあくまで参考程度

他人の評価も役立つことはありますが、あくまで参考程度にとどめるのが無難です。

他人の評価に一喜一憂しているようでは、他人に振り回される人生になってしまいます

自分と他人は区別して考えましょう。

自分の評価基準を定める

他人の目を気にしないようにするためには、自分の中に強い信念と目標を持つことが大事です。

最終的に自分はどうなっていたいのか、どういう人生を送りたいのか、自分の評価基準を事前に定めておきましょう。

きちんとした目標さえあれば、他人の評価も気にならなくなります。

失敗を自分だけの財産だと捉えてみる

失敗をマイナスの面だけで捉えてしまうと、どうしても気持ちが沈んでしまいがちです。

失敗といえども、自ら経験したことに変わりはないので、自分だけの貴重な財産として捉えてみましょう。

失敗は将来の資産になる

職場の上司や先輩も、最初からうまく仕事ができたわけではありません。

失敗を糧にして今の仕事に活かしているのです。

失敗しても目を背けることなく、きちんと向き合って対応策を考えましょう

失敗を乗り越えることができれば、いつか後輩ができたときにサポートしてあげることができます。

人生の経験量を増やす

じっとしていれば失敗することはありませんが、自分を成長させることもできません。

自分を成長させるには、失敗を恐れずに人生の経験量を増やすことが大事です。

豊富な経験があれば判断材料も増えるため、仕事やプライベートなど様々な場面で活かすことができます。

失敗が大きな財産となって、自分の人生を豊かにしてくれるでしょう。

仕事のモチベーションが上がらない人に試してほしい8個の対策
同じ仕事を続けているとモチベーションは下がってしまいがちですが、そもそもなぜやる気を失ってしまうのか。その原因と、モチベーションを上げるために試しておきたいことをお伝えします

失敗点を紙に書き出してみる

頭の中だけですべての物事を考えようとすると、どうしても主観的になってしまいます。

主観的になると、いつまでも落ち込みから抜け出すことができません。

そして、また同じ失敗を繰り返してしまうのです。

紙に書き出すメリット

同じミスを繰り返さないためには、いったん思いつくことをすべて紙に書き出して、客観的に捉えることが大事です。

どんどん紙に書いていくことによって、自ずと失敗したポイントも明らかになっていくので、結果的に失敗から立ち直りやすくなります

小さな失敗を書き出す

大きな失敗は記憶が残りやすいので自然と避けようとしますが、小さなミスはすぐに忘れてしまいます。

毎日同じミスを繰り返していると、仕事の効率が悪くなり、いつまで経っても成長できません。

ノートに小さな失敗点を書き出すには、仕事を効率アップするメリットもあるのです。

失敗のたびにいちいち書き出すのは面倒ですが、その分メリットは大きいといえます。

これを習慣化していくことによって、将来起こる結果も確実に変わってきます。

まずは失敗をノートに書き出す習慣を身につけましょう。

ノートに書き出すと脳に記憶され、同じ失敗を防ぐことができるようになります。

to doリストを作る

同じ失敗を繰り返さないために、to doリストを作りましょう。

どうすれば同じミスが発生しないのか、どのような対応をすべきなのか、ノートにリストアップしてみてください。

事前にやることをリストアップしておけば、意識が集中して、仕事の遅れやミスの発生を防ぐことができます

to doリストを作ることによって優先順位も明確になるので、仕事の段取りがつきやすくなるでしょう。

自分に合った仕事なのかを冷静に見つめてみる

仕事上の失敗がいつまでも繰り返される場合は、そもそも自分に合った仕事ではない可能性があります。

今後長く続けていく仕事について、転職も含めて改めて考え直してみましょう。

転職するタイミング

仕事で何か嫌なことがあったり、失敗したときにすぐに転職するのはよくありません。

なぜ嫌な思いをするのか、なぜ失敗したのか、その原因を追求してからでないと、転職後も同じ過ちを繰り返してしまいます。

まずは自分を変える

仕事で嫌なことがあったら、自分に改善できる部分がないか考えてみましょう。

自分がいくら努力しても状況が改善されない場合は、その仕事が自分に向いていない可能性があるので、転職を考えてみるといいでしょう。

プロの専門家に相談する

転職サイトに登録すると、プロのアドバイザーから転職に関するアドバイスを受けることができます。

自分に向いている仕事などについても客観的にアドバイスしてもらうことができるので、仕事で悩んでいる時に効果的です。

誰に相談していいかわからず困ったときは、転職サイトを積極的に活用してみましょう。

転職の相談は転職のプロへ!転職エージェントのキャリアコンサルタントに相談しましょう
転職の相談を行いたい時には、ぜひ転職エージェントのキャリアコンサルタントを訪ねてください。キャリアコンサルタントに相談すれば、面接の適切なアドバイスから、書類作成のコツまで細かく教えてくれるはずです。

誰にでも失敗は付き物であることを忘れない

どんな人であっても仕事上の失敗は付き物なので、それほど気にする必要はありません。

失敗を恐れるのではなく、失敗とのうまい付き合い方を知っておくことが大事です。

自分なりの立ち直り方を身につけて仕事とうまく向き合っていけば、自分の成長も早くなります。

失敗してもクヨクヨせず、すぐに行動に移しましょう。

いつまでも同じことで悩んでいるよりも、「次にどうすべきか」ということを考えたほうがはるかに効率がよくなります。

人生の時間は限られているので、限られた時間をいかに有効に使うかが大事です。

失敗して悩むことに時間を浪費するよりも、ポジティブな時間を作る方が人生も豊かになります。

失敗からの立ち直り方には様々な方法がありますが、大事なことは気持ちを切り替えることと、客観的な視点を持つことです。

ポジティブな気持ちで自分を冷静に見つめ直せば、失敗を防ぐことができるとともに、自分を成長させていくことができます。

仕事でストレスを溜めやすい方とストレスの危険性
仕事や生活の中でストレスを溜めてしまう人がいますが、ストレスを溜め込んでしまうと、様々な症状が出てしまいます。上手にストレスと付き合っていきましょう。

コメント