主婦の働き方は派遣社員がベストである説を検証

派遣社員の基本情報

子供がいても働き口を探さなくてはならない主婦は多いです。

少し子供が大きくなったので、空いた時間を利用して無理せず働きたい。
夫の稼ぎだけで暮らしていくのは少し不安なので、自分なりの働き方を考えたい。

そんな主婦の働き方として思いつくのは、「パート」「派遣社員」など、自分の自由が効く仕事です。

いくつか思いつく主婦が働きやすい「非正規雇用」の中で、特に私は派遣社員として働くことを、主婦の皆さんにはおすすめしています。

今回は、そんな働き方の違いと、私がとくに「派遣社員」を推す理由についてもここでご紹介しておきます。

それでは早速、「主婦の働き方としてベストなのは派遣社員説」を検証していきましょう。

パートと派遣社員の違い

まずは、少ないリソースをやりくりして働く必要がある主婦のために、パートと派遣社員の働き方の違いから紹介していきます。

派遣社員とパート社員、言われてみれば明確にその違いを説明できない人も多いのではないでしょうか。

雇用形態が違う

そもそも、パートと派遣社員は雇用形態が違う場合が多いです。

パートは、自分で勤務先を見定めてその企業へ申込み、その企業の選考を受けます。

選考で認められれば、応募先企業と雇用契約を結ぶことになり、その企業が雇用主となります。

対して、派遣社員のほとんどが、雇用主は「派遣会社」となります。

あくまで働く企業は「派遣先企業」なのです。

派遣会社に雇用されて、派遣先企業で働く。

これが派遣社員の働き方です。

派遣社員とは?正社員との違いは?どうして「安定しない」と言われがちなのか
「これから派遣社員として働こうかな」 なんて気持ちの方も多いでしょう。 自由度が高く、職種を変えるのも比較的カンタンな派遣社員は、特に女性人気の高い働き方です。 しかし派遣社員は、時折「安定しない」と表されるなど、派遣社員...

パートは契約期間に制限なし

パートの雇用期間は、特に決められてないことがほとんど。

対して派遣社員は「最長3年」という雇用期間の制限がつきます。

比較的短期間で勤務先が変わるのが、パートと派遣社員の違いでしょう。

しかし例外もあり、無期雇用派遣として働くことで、「最長3年」の制限を超えて働くことも可能です。

勤務時間の拘束度は派遣社員のほうが高い

勤務時間や休日などの設定は、パートも派遣社員も基本的に自由度が高いです。

しかし派遣社員の多くが、正社員と同じくフルタイムで働くことを条件に出されていることばかり。

勤務時間、拘束時間は、派遣社員のほうが比較的長いといえるでしょう。

より自由度の高い働き方を希望する方は、パートとして働くほうが良いかもしれません。

福利厚生が充実しているのは「派遣社員」

派遣社員は非正規雇用であるものの、契約している派遣会社の福利厚生を受けることができます。

派遣社員はパートと違い、社会保険や独自の制度を利用しながら働けるので、パートより派遣社員のほうが安定した働き方だと言えるでしょう。

しかし正社員などとことなり、賞与や退職金制度はありません。

会社までの交通費も支給されないことがほとんどです。

主婦に派遣社員をおすすめする理由

派遣社員とパートの違いについてわかってもらったところで、私が「派遣社員のほうが主婦におすすめ説」を出す理由を紹介します。

派遣社員はプライベートを圧迫されない

派遣社員は、派遣先企業で、定められた期間内、定められた働き方で、提示された仕事をこなす働き方。

パートは、休んだ同僚の穴埋めなどで、会社都合な働き方を強いられてしまうことが多いです。

派遣社員はその点派遣会社がしっかり社員の面倒を見てくれるので、余計なトラブルを避けることができます。

派遣社員は土日出勤なし

派遣社員は土日出勤を求められないので、しっかり家族との時間を得ることができます。

契約社員、パートも、会社の繁忙期には土日の仕事に駆り出されることも多いので、土日休みを絶対キープしておきたい人は派遣社員として働きましょう。

派遣社員は残業なし

派遣社員の雇用主はあくまで派遣会社。

派遣会社の指示通り働くことができるので、派遣会社から残業しろなんて指示でも来ない限り、残業なしで働くことができるのも派遣社員の良いところでしょう。

週3日から無理せず働ける

派遣社員に人気の働き方こそ、「週3勤務」です。

派遣社員は週に3日、一日5時間から勤務することができます。

フルタイムで働く社員なら、拘束時間で考えると10時間以上…なんてこともザラですよね。

自分のできる範囲で、自分にあった働き方を選んで働けるのも、派遣社員のメリットです。

社員同士の面倒な付き合いもなし

派遣社員は、付き合いの飲み会も、面倒な会社のレクリエーションにも参加する必要はありません。

なぜなら、雇用期間が終われば、その派遣先企業とはもうおさらばだからです。

社員間の人付き合いも、社内営業も考える必要はありません。

派遣社員求人の多くが「座り仕事」!

派遣社員の職種のほとんどが事務仕事です。

そのため、座りながらカンタンなデスクワーク…なんてことが多いです。

これなら、体力に自信のない主婦でもしっかり働くことができます。

また、しばらく社会から離れていた主婦のカムバックという働き方にも対応しています。

主婦の働き方で考えるべきなのが「扶養内で働けるか」

主婦が、自分の働き方を考える時、忘れてはいけない重要な要素が「扶養内で働けるかどうか」です。

あまりにも多くの収入を得ている主婦は、配偶者控除を得ることができなくなってしまい、所得税を取られてしまうリスクがありますが、派遣社員はどうなのでしょうか。

かつてあった「103万の壁」

かつては、主婦の年収が「103万円以下」であればそこからすべての人が「給与所得控除」と「基礎控除」をゼロにできるので、主婦に対して所得税が請求されることはありませんでした。

また、夫も「配偶者控除」として、一律38万円の控除を受けることができました。

103万円の壁は「150万の壁」へ

2018年1月の所得税改正で、配偶者控除が適用される年収が103万円から150万円までとなりました。

主婦の年収が150万円以下かつ、夫との合計所得金額が900万円の場合、夫の所得から配偶者控除として38万円を差し引かれることになりました。

この上限アップによって、比較的時給が高く年収が上がりがちな派遣社員の主婦でも、扶養内で働くことができるようになるのです。

派遣社員の時給は高い…

どんな主婦でも、カンタンな仕事で、なるべく多くの収入を得たいと思っているもの。

派遣社員の時給相場はパートより高いので、以前の「103万円の壁」はすぐ超えていました。

しかし制限が150万円までとなれば、時給相場が高くともそうやすやすと配偶者の控除制限をこえないはず。

比較的時給相場が高い派遣社員であっても、扶養内で働けるのは主婦が嬉しいポイントですよね。

実際の主婦向け派遣求人をチェック

具体的に、主婦の派遣求人に強い「しゅふJOB」で、主婦向け派遣求人を調べてみましょう。

株式会社シャロンテック

  • 時給:2000円 または1900円
  • 1日交通費500円まで支給
  • 就業時間:10:00~16:00 (休憩60分)

【業務を任せて頂ける環境】
もっともっとスキルアップしたい方必見!業務を任せて頂けるので、やりがい・責任感持って行えるお仕事です。例えば、中小企業などで一人経理や労務など幅広く担当して来られた方におすすめです。

【派遣スタッフ活躍中!お休み相談柔軟なので安心】
同部署には派遣スタッフが活躍しているので、わからないことがあればすぐに確認できる安心環境!また、小規模環境なので家庭事情やお子様都合のお休み相談も柔軟可能!家庭と無理なく両立しながらも、経理・労務経験のキャリアを継続させることが可能です。

サイエスト株式会社

  • 時給:時給1,600円(交通費なし)
       時給1,500円(交通費上限500円/日)
  • 就業時間:10:00~16:00(休憩60分)

▼今回は、管理部門にて受注データの整理や契約書との確認、請求書の作成をお願いします。未経験でも営業事務のお仕事が経験できます!時短・短日数で働きながら、事務スキルを磨きたいという方におすすめです!

▼当社しゅふスタッフが現在5名活躍中!長い方だと2年以上就業している方もいます・*:.女性の働き方に理解があるので、突発的な家庭の事情やお子様都合のお休み相談も可能です。また、シフト制なのでお子様都合のご予定も立てやすく、家事・育児と両立させながらの就業が可能です!

検証結果「自分にあった働き方を」

今回は、私のほうから「主婦の働き方は派遣社員がベスト説」を提唱しました。

私は今でも自信をもって、派遣社員は働きやすい割に時給相場が高く、主婦におすすめできると思っています。

しかし、派遣社員という働き方と対になる存在「パート」にも良いところがあり、一概に派遣社員がパートよりすべての面で優れているとは言い難いです。

私個人の意見としては、主婦には派遣社員という働き方を推す一方、自分の働き方を決める際はしっかりと条件を検討してからにしてください。

コメント