障害者雇用バンク(エラビバ)の評判の真相は?口コミをもとにサービスの特徴を徹底解説

障害者雇用バンク転職エージェント

障害者雇用バンクは、障碍者向けの求人サービスです。

これまで『-働く障害者のトビラ-エラビバ』として親しまれていましたが、2021年5月より障害者雇用バンクとして生まれ変わりました。

そんな業界最大級のサービスとして名高い障害者雇用バンク(エラビバ)ですが、実際の利用者の評判や口コミなども気になりますよね。

今回はエラビバの実際の利用者の声や、ネットに寄せられている評判を元に、サービスのメリット・デメリットなどを解説していきます。

障害者雇用バンク(旧:エラビバ)とは

障害者雇用バンク(旧:エラビバ)は、障碍者向けの転職支援・求人サービスです。

運営会社株式会社スペシフィック(SPECIFIC,INC)
本社所在地〒150-0011 東京都渋谷区東3丁目21-1 スペシフィックビル
設立年月日2016年4月1日
求人数5000件以上

大手や特化型の転職エージェントの紹介や、就職転職のサポート、終了移行支援や就労継続支援などを受けることができます。

2021年5月に『障害者雇用バンク』として生まれ変わった

もともと障害者雇用バンクは、『-働く障害者のトビラ-エラビバ』として知られていましたが、2021年5月6日より『障害者雇用バンク』としてうまれかわりました。

サービス内容などに変更はありませんが、サイトのURLなどが変更されているため、注意が必要です。

障害者雇用バンク(旧:エラビバ)の評判から見るメリット・デメリット

さっそく障害者雇用バンク(旧・エラビバ)の利用者の評判や口コミをもとに、サービスのメリット・デメリットを解説していきます。

障害者雇用バンクの評判から見るメリット

障害者雇用バンクの評判から見るメリットは下記の通りです。

POINT

  • 障碍者向けのサービスでは業界トップの求人数
  • 大手エージェントの紹介もしてもらえる
  • カウンセラーとのweb面談も可能
  • 就労移行支援事業所の検索もできる
  • 面接練習や書類の添削などのサポートも充実
  • 障害者の転職に役立つコラムも充実

    各ポイントをさっそく解説していきます。

    障碍者向けのサービスでは業界トップの求人数

    障害者雇用バンクは求人数が約4000件と、障害者向けの就職・転職サービスの中では業界トップクラスの求人数を誇ります。

    また障害者雇用バンクが独自に取り扱う求人だけでなく、ハローワークなどの求人チェックすることが可能です。

    そのためわざわざ民間のサービスとハローワークにそれぞれ出向く必要がなく、手間が省けるでしょう。

    大手エージェントの紹介もしてもらえる

    障害者雇用バンクでは、自社で取り扱う求人紹介の他にも提携しているエージェントへ紹介も行ってます。

    その人の強みに合ったサービスを紹介してもらえるため、自分に合った転職活動を行うことができます。

    カウンセラーとのweb面談も可能

    エージェントを利用時には、担当のコンサルタントとの面談が行われます。

    就職・転職支援のプロに就職に関する悩みなどを相談することができるでしょう。

    また障害者雇用バンクでは、WEB面談に対応しています。

    POINT

    • 自宅の近くにエージェントの拠点がない
    • 遠方でなかなか転職活動を進めるのが難しい…
    • 電車など公共機関での移動が難しい

      という方でも、安心して転職活動を行うことができます。

      就労移行支援事業所の検索もできる

      就職・転職に関するキャリア相談や求人紹介の他にも、障害者雇用バンクでは『就労移行支援事業所』を検索することが可能です。

      就職・転職に向けて、まずは就労移行支援事業所で力をつけたいという方に、自分が通いやすい支援事業所を検索することができます。

      取り扱い支援議場所は約19000件にも上ります。

      面接練習や書類の添削などのサポートも充実

      障害者雇用バンクでは、就職・転職活動に重要な面接や書類といった選考の対策も一緒に行ってもらえます。

      就職・転職活動を進めたいけど、面接に自信がない…書類の書き方がイマイチ分かっていない…というかたでも自信をもって選考に臨めるようにしっかりと指導を行ってもらえます。

      障害者の転職に役立つコラムも充実

      障害者雇用バンクでは、就職・転職に役に立つコンテンツが充実しています。

      具体的には下記のようなコンテンツが公開されています。

      • 現役エージェントに聞いた『障害者の転職を成功させるポイント』
      • 障がい者求人の探し方
      • 面接時に注意事項のマニュアル

      引用障害者雇用バンク

      就職・転職サポートと併せて、コラムからも勉強を行うことが可能です。

      障害者の就職・転職支援を行っている障害者雇用バンクだからこそ提供できるコラムのため、信頼度も高く、利用しておきたいサービスと言えるでしょう。

      障害者雇用バンクの評判から見るデメリット

      ここまでは障害者雇用バンクのメリットを解説してい参りました。サービスも充実していますが、併せてデメリットもチェックしておきたいところです。

      ここからが障害者雇用バンクの評判から見るサービスのデメリットについても触れていきたいと思います。

      POINT

      • 障害者手帳が無いと利用できない
      • 働く意思がないと難しい
      • ハローワーク求人が多め
      • 求人は都市部に集中している

        一つずつ解説していきます。

        障碍者手帳が無いと利用できない

        障害者雇用バンクは、利用するにあたり障碍者手帳が必要となります。

        そのため障碍者手帳を持っていない場合、障害者雇用バンクに登録を行うことができません。他のサービスを利用しましょう。

        該当する障碍者手帳の種類

        • 身体障害者手帳
        • 精神障害者 保健福祉手帳
        • 発達障害
        • 療育手帳

          働く意思がないと難しい

          障害者雇用バンクは就職・転職を希望する障害者を支援するサービスです。

          そのため前提として働きたい・転職したいという意思がないと、利用が難しいでしょう。

          ハローワーク求人が多め

          障害者雇用バンクでは、ハローワークの求人もチェックすることができます。

          しかし時期によってはハローワーク求人の件数の方が多いケースもあります。

          すでにハローワークを利用していて、新たな求人を求めて利用を行った場合、同じような求人ばかりだった…となってしまうことがあります。

          また障害者雇用バンクに掲載されているハローワーク求人に応募を行う場合、求人票に記載されている求人番号を控えて、ハローワークに問い合わせる必要がありるため注意が必要です。

          求人は都市部に集中している

          障害者雇用バンク独自の求人の多くは首都圏や大阪に集中しています。

          そのため都市部以外のエリアでて就職・転職を検討している場合、ハローワーク求人ばかり…ということになってしまうこともあります。

          そのため首都圏・大阪以外のエリアで利用する場合は他の障害者向けのサービスと併せて利用することをオススメします。

          障害者雇用バンクの利用の流れ

          実際に障害者雇用バンクを活用して就職・転職活動を進めていく場合、登録開始から内定までどのようなフローで進められていくのでしょうか。

          サービスの利用の流れを詳しく解説していきます。

          POINT

          1. 障害者雇用バンクの会員登録
          2. プロフィールの登録
          3. WEB面談
          4. 求人紹介・求人検索
          5. 選考
          6. 内定・入社
          7. 入社後のアフターフォロー

            各フローをもう少し詳しく解説していきます。

            ①障害者雇用バンクの会員登録

            まずは障害者雇用バンクの会員登録を行う必要があります。

            登録自体は約3分程度で済むため、簡単にできます。

            利用にあたり必要な情報を入力していきます。

            入力項目

            • 現在の就業状況(現職・離職・求職・在学中など)
            • 障害の種類の申告(身体・精神・発達・療育など)
            • 障害手帳の等級の申告(未所持の場合は申請中・申請前などと申告)
            • 障害内容の申告(具体的な障害の内容を申告)
            • 都道府県
            • 生年月日・性別
            • 電話番号
            • 名前
            • メールアドレス
            • パスワード

              会員登録にあたり費用は発生しないため、安心して利用が可能です。

              ②プロフィールの登録

              会員登録が完了したら、指示に従いプロフィールを入力していきます。

              ③WEB面談

              登録が完了したら、ついにアドバイザーとのWEB面談となります。

              これまでの経歴や保有するスキルを始め、現在の状況などを踏まえて面談を行います。

              また転職先の希望条件や就職・転職活動時に気になるポイントなどもここで詳しく相談をすることが可能です。

              ④求人紹介・求人検索

              コンサルタントとの面談が完了したら、いよいよ求人紹介です。

              希望する条件に合った担当のアドバイザーから求人を紹介してもらったり、自分で求人検索を行うことも可能です。

              ⑤選考

              気になる企業が見つかった後は、企業への応募に入ります。

              提出書類や面接に不安がある方でも、障害者雇用バンクからサポートを受けることができます。

              ⑥内定・入社

              選考に通過し、見事内定をゲットしたら、いよいよ入社です。

              入社にあたり準備をしておくことや、心得ておくことなども障害者バンクからサポートを受けられます。

              また現職に就業中である場合、スムーズに退職処理を行うためのアドバイスなどももらうことができます。

              ⑦入社後のアフターフォロー

              障害者雇用バンクでは、内定を得たら終わりではありません。

              入社後に困ったことがあれば、いつでも気軽に相談をすることが可能です。

              障害者雇用バンクの評判は概ね問題ない

              障害者雇用バンクの評判を元にメリット・デメリットなどを解説してまいりました。

              しかし評判の傾向としてはどのようなものがあるのでしょうか?

              障害者雇用バンク(旧:エピラバ)は、2019年にサービスを開始したばかりでもあり、ネット上の口コミも少ない傾向にあります。

              多くのサービスの場合、開始直後はネガティブな口コミが集まりやすい傾向にありますが、そのような内容の口コミもあまり見受けらません。

              また弊サイトが独自に行った利用者の経験談から見ても、ネガティブな内容も見受けらません。評判自体はそこまで心配をする必要はないでしょう。

              障害者雇用バンクの評判はそこまで心配いらない

              今回は障害者雇用バンクの利用者の評判を元に、サービスのメリット・デメリットを解説してまいりました。

              メリットデメリット
              • 障碍者向けのサービスでは業界トップの求人数
              • 大手エージェントの紹介もしてもらえる
              • カウンセラーとのweb面談も可能
              • 就労移行支援事業所の検索もできる
              • 面接練習や書類の添削などのサポートも充実
              • 障害者の転職に役立つコラムも充実
              • 障害者手帳が無いと利用できない
              • 働く意思がないと難しい
              • ハローワーク求人が多め
              • 求人は都市部に集中している

              まだ新しいサービスではあるものの、取り扱い求人数は業界トップクラスを誇る転職サービスです。

              評判自体もそこまで心配をする必要が無いと言えるでしょう。

              それでも心配…という方は、障害者雇用バンクと併せて複数の転職サービスを活用することをオススメします。利用していく中で自分に合っていると感じるサービスのシフトしていくと良いでしょう。

              医療事務の転職におすすめのエージェント5選!転職時にチェックしておきたいポイントとは?
              憧れの医療事務に転職したい…! それならば、医療事務の転職に強いエージェントを利用することが大切です。 今回は、医療事務への転職を考えている方向けに、おススメのエージェントをご紹介していきます。 この記事で分かること ...

              コメント