転職面接の服装って絶対にスーツ?オフィスカジュアルはダメ?

面接対策

今後転職を検討する方の中では、転職面接時の服装をどうすればよいのか考えてしまう方は少なくありません。

転職面接は新卒ではないので、堅苦しいリクルートスーツよりは普通のスーツの方がよいと考えている人も多いでしょう。ここでは転職面接時の服装について、いろいろなシチュエーションに合わせてご紹介しますので参考にしてください。

転職面接時の服装は新卒のようにはいかない

転職面接時にはどのような服装で行けばよいか悩んでしまう方も少なくありません。

何故なら、新卒であれば無条件にリクルートスーツと決められていますが、転職面接の場合は一概にはそうではないからです。

転職面接とは既に何らかの社会人経験を持った方が受ける面接であるため、面接官も応募者に対しては最低現の社会人経験は積んでいるという目で見ています。

よって、服装だけでなく身だしなみや挨拶、話し方1つにとっても社会人としての基礎が身についているか、という視点でチェックされているのです。よって、転職面接時の服装についても適当に決めるのではなくしっかりと調べて考えたほうがよいのです。

服装はとにかく失敗しないことが大切

転職面接時の服装をどうするかにおいて、まず大事なことは失敗しないことです。

というには、服装は確かに身だしなみにおいて重要な部分を占めますが、それが採用において大きくプラスに影響する要素ではないからです。

例えば、服装がとても清潔で好印象を与えるものであったとしても、それが応募者のキャリアであったり、保有資格等のようなファクターと同レベルのポイントになりえることはありません。

あくまで服装は最低限のマナーであり、ちゃんとしていて初めてスタートラインに立てるのです。よって、服装で人より一歩前に出ようと考えるのではなく、とにかく悪く思われない、変に思われない、というように失敗しないことが大切なのです。

転職面接において失敗しないための服装とは

転職面接において失敗しないための服装はやはりスーツです。

とはいっても、リクルートスーツのように初々しいものではなく、普通のビジネススーツがよいでしょう。

よく、採用されてからの懇親会のような場において、カジュアルな服装で来てください、という旨の案内があるケースがありますが、そのような場はざっくばらんに懇親を深めることを目的としている場であるため、カジュアルな服装の方がよいケースもあります。

服装はTPOに合わせて

しかし、転職面接の場は応募者が初めて面接官と会う場のため、礼儀正しいスーツが何より無難なのです。ただ、勿論会社によっては通常勤務時の服装がスーツではなくカジュアルな服装のところもあり、そのような会社の面接にカジュアルな服装で臨むことで企業研究をしっかり行っている、という姿勢をアピールできる場合はあります。

しかし、だからといってそのような会社にビジネススーツで行ったとしても減点ということは全く無く、カジュアルな服装で行った方が採用面で具体的に有利となることも一般的にはあり得ないからです。

このように、服装自体は自分を価値を著しく高めることができるものではないため、とにかく無難なスーツが一番お勧めであるといえるでしょう。

スーツのデザインはどのようなものがよいか

転職面接時の服装に無難なスーツを選んだとして、そのスーツのデザインに悩む方も少なくありません。

転職面接時において、面接官に好印象を与える要素は何と言っても清潔感です。よってカラーは白や薄いブルー等、清潔感が伝わるようなデザインがお勧めです。

間違っても、シワになっていたり汚れているシャツを着ていくということは絶対に避けたほうがよいでしょう。そして、年齢に見合ったデザインを選ぶことも重要です。30代になっているのにリクルートスーツに見えるような初々しいデザインにするのはあまり好ましくなく、40代、50代において特別に若々しく見えるようなデザインにする必要もないのです。

また、着こなしというのも社会人のおいては重要なテクニックです。

いくら良いスーツであったり高価なスーツであっても自分に似合っていなければ意味がありません。サイズや体型、丈、いろいろな部分で自分自身に合ったスーツを選びましょう。

オフィスカジュアルは絶対に駄目か

このように、転職面接には清潔感が表れて年齢に見合ったスーツが一番無難です。

しかし、オフィスカジュアルが絶対に駄目というわけではありません。上記でも記載した通り、応募している会社がオフィスカジュアルを採用している場合はオフィスカジュアルでも問題無いことは十分あり得ます。

また、スーツの場合はどうしても畏まった雰囲気になりますが、既存の社員と同じようなオフィスカジュアルで臨むことで、親近感を与えることができる場合もあるのです。

その他にも、畏まったスーツは人によっては経験浅に映る場合もあり、オフィスカジュアルを着こなしている雰囲気が、社会人経験の豊富さを醸し出し、面接官に頼もしさをアピールできることもあるのです。

まとめ

このように、転職面接時の服装は堅苦しいリクルートスーツではなく、社会人経験があることをさりげなく醸し出したビジネススーツが一番無難であるといえます。

しかし、絶対にビジネススーツでなければいけないというわけではなく、応募する会社によってはオフィスカジュアルでも問題ないケースはあるのです。

ただ、それは応募する会社がそのような会社かどうかを正しく見極めることができていたらという仮定での話です。よって見極めを間違ってしまうリスクを考えれば、ビジネススーツだからいけないということは基本的には無いため、ビジネススーツが一番無難であることに変わりはないのです。

コメント