スギ薬局への転職は難しいのか?スギ薬局へ転職したいなら知っておくべき情報

スギ薬局 大手調剤薬局への転職

日本国内の調剤薬局グループの中でも大手にあたるスギ薬局には高い人気があり、転職先として選びたい人もいるでしょう。

他の調剤薬局と比べてみるとどのような体制が整えられていて、どんな待遇がある会社なのでしょうか。

薬剤師としてキャリアアップを考える上でも有用なサービスが提供されているのかも確認しておきましょう。

スギ薬局ってどんな会社?

スギ薬局はスギホールディングスが経営している調剤薬局です。スギホールディングスの本社の所在地は「愛知県大府市横根町新江62番地の1」です。

事業内容

スギ薬局が行っている基本的な事業は調剤を基盤とする薬局のチェーン展開です。

調剤併設型でOTC医薬品も販売しているドラッグストアを首都圏を中心として店舗展開しているのが特徴となっています。

年末年始やお盆などの期間も含む休日や夜間への対応もできるように経営方針を立てています。病院やクリニックとの連携を取る店舗もある一方、100施設以上もの医療機関から処方せんを受け付けている店舗もあり、店舗ごとの経営状況は多種多様です。

その他事業

スギ薬局では調剤以外にも多様な事業を展開していますが、その中でも筆頭に上がるのが在宅医療です。

調剤室にクリーンルームやクリーンベンチ、安全キャビネットを設置した調剤薬局を各地に増やしてきています。

チーム医療を実施できるようにするための薬剤師教育も徹底し、地域ごとの医療チームのカンファランスに参加して在宅医療を地域ぐるみで行うための貢献を行っているのが特色です。

この他にもヘルスケア事業としてOTC医薬品やサプリメント、健康食品などのカウンセリング販売も行っています。

ビューティーケアといてビューティーアドバイザーを設置し、美容機器や化粧品などのカウンセリングも実施しているのも特徴です。

そのニーズに応えられるようにするために豊富な商品数を抱えている店舗が多くなっています。

店舗数

スギ薬局は本社が愛知県にあることから東海地方を中心にした店舗展開を行っていて、店舗数も飛躍的に増えてきています。

愛知県内だけでも301店舗で、そのうち157店舗が在宅医療に対応しているというのが2017年2月末時点でのデータです。

中部エリアで418店舗、全国では912店舗であり、スギホールディングスの店舗であるジャパンとスギ訪問看護ステーションも含めると1,048店舗にも上っています。

ただし、スギ薬局は東海、関西、関東の首都圏に特化しているので北海道や東北地方、北陸地方などの北方や、中国地方、四国地方、九州地方には店舗がありません。

スギ薬局の平均年収

スギ薬局で働いている従業員の平均年収はどの程度なのでしょうか。

スギ薬局の平均年収は平成28年では694.0万円、平成27年では646.0万円になっています。700万円前後を推移してきているので安心して働ける大手調剤薬局です。

年代別の平均年収

年代平均年収平均月収
20~24歳412.1万円29.0万円
25~29歳590.3万円41.6万円
30~34歳668.6万円47.1万円
35~39歳736.5万円51.9万円
40~44歳775.1万円54.6万円
45~49歳793.9万円56.0万円

年代別に見ると年齢が上がると共に着実に年収が上がり、40代ともなればかなりの高年収を狙えることがわかります。

これだけ高い水準の年収を期待できるのは大手としての安定した経営基盤ができているからに他なりません。

他大手調剤薬局との平均年収比較

社名平均年収
スギホールディングス694.0万円
日本調剤557.0万円
メディカルシステムネットワーク607.0万円
ウエルシア薬局株式会社451.0万円
総合メディカル株式会社450.0万円

他の大手調剤薬局との年収比較をしてみると、スギ薬局は平均年収がかなり高い水準にあることがわかります。

調剤専門で事業を行っている企業に比べるとOTCやサプリメント、化粧品などの販売にも力を入れている点で事業利益を得やすく、それを従業員に還元して良い循環を作り出しているのが特徴です。

スギ薬局への転職する方法

このような魅力がある調剤薬局であるスギ薬局に転職したいと考えたらどのような方法があるのでしょうか。

適切な手順で転職に挑まないと失敗してしまう恐れがあります。まずは何から取り組んだら良いのかを理解しておきましょう。

自分のスキルを棚卸ししてから店舗を選ぶ

薬剤師がスギ薬局に転職するときには自分のスキルを棚卸しておくのが大切です。

スギ薬局では調剤も行いますが、薬剤師はOTC販売でも力を発揮することになります。実際には現場ではOTCに関する知識が求められるだけでなく、サプリメント成分などにも理解が深いことが要求されることが珍しくありません。

また、無菌調剤のスキルがあれば在宅医療を行っている店舗でより高い待遇で雇ってもらえると期待できます。病院でチーム医療を経験してきていればさらに重宝されるでしょう。

このような視点から自分がスギ薬局でどのように活躍できるかを予め考え、最適な店舗への転職を希望するのが重要になります。

薬剤師転職サイトのコンサルタントに相談する

転職する上で重要なのが自分だけで求人を探して応募しようと考えてしまわないことです。

確かに転職は自分自身のことなので自分だけで取り組みたいと考える人も多いでしょう。しかし、企業情報の調査や店舗ごとの違いの把握、自分のスキルの棚卸しと比較といった準備を進めるだけでもかなり大変な作業になります。

さらに求人を探して履歴書などを作成して応募し、面接の対策をしていくとなるとかなりの労力がかかることは否めません。

このようなときに薬剤師転職サイトのコンサルタントに相談するのが有効な対策になります。コンサルタントは転職に関するプロなので一通りの作業をサポートしてくれるからです。

特に情報収集やキャリアに関する悩みの相談、書類作成や面接準備などについては長けているコンサルタントが多くて助けになります。

また、コンサルタントによるサービスは一切費用がかからないのが特徴であり、サポートとして活用するのにデメリットはほとんどありません。

転職を有利に進めるための戦略として有能なコンサルタントを味方につけるのは重要と言えます。

スギ薬局の採用方針

転職をする上で重要なのがスギ薬局でどのような薬剤師を採用しようとしているかを把握しておくことです。

どんな人材なら採用しようと考えているのかがわかると対策を立てやすくなります。

スギ薬局の求める人材

スギ薬局の採用活動では、単なる物売りではなく、お客様を理解して町の健康と美容を支えるエキスパートとして活躍できる人材を求めています。

スギ薬局では管理栄養士やビューティーアドバイザーなどの他の職種も募集していますが、特に薬剤師に対して求めている内容もあるので確認しておきましょう。薬剤師には以下の二点が求められています。

  • 知識だけでなくコミュニケーション能力がある方
  • お客様や患者様のことを最優先に考えて親身になって接することができる方
  • 地域で医療を求める人に対する顔になる存在だからこそ、高いレベルでの接客力があることが求められているのです。”

    スギ薬局の研修方針

    スギ薬局では人材育成に力を入れています。

    中途採用の際には集合研修を行って企業としての方針や現場の業務内容に関するレクチャーを受けられます。それに加えて個々の薬剤師のスキルに合わせて適切な研修を受けられる仕組みが整っているのが特徴です。

    資格・職位・職務別研修が薬剤師に限らずあらゆる職種で実施されています。

    また、社内大学(スギカレッジ)を用意しているのはスギホールディングスの特色であり、キャリアアップをしていきたい人にとって総合的なスキルアップを目指せるのが魅力です。

    また、通信教育補助も受けられるため、時間の合間を縫って少しずつ勉強していきたい人にとっても役に立つ待遇が与えられています。

    スギ薬局で働く社員達について

    それではスギ薬局ではどのような人が働いているのでしょうか。社員の特徴について確認しておきましょう。

    スギ薬局の社員平均年齢

    スギ薬局で働いている社員の平均年齢は2017年の時点では34.5歳でした。

    他の大手の調剤薬局と比べても平均的な値なので比較的安定して働きやすい環境が整っていると推定できます。

    スギ薬局へ転職・入社した社員からの評判・口コミ

    スギ薬局で働くのが良いかどうかを判断するには実際に働いている人からの口コミを確認するのが大切です。実際にどのような人がどんな感想を持っているのでしょうか。

    勤務薬剤師36歳男性正社員藤原均

    私は以前は調剤専門の薬局で働いていたのですが、もっと稼ぎたいと考えて転職しました。無菌調剤のスキルを高く評価してくれて在宅医療関連の業務を中心として行うという条件で高い待遇で雇ってもらえています。さらにスキルアップ研修も受けられるのでもっと活躍できるようになって稼げるようにもなると期待しています。

    勤務薬剤師35歳女性非常勤吉原和子

    復職を考えたときにスギ薬局でパートで働くのを考えました。研修も充実しているのですぐにブランクは埋められましたが、時給があまり上がらないのが悩みになっています。正社員に比べると仕事の量が少なめなので楽ではあるものの、近々正社員を目指そうと思うようになっています。

    スギ薬局への転職で役立つ転職サイト

    スギ薬局に転職したいと決めたらどの転職サイトを使うのが良いのでしょうか。

    転職サイトによって性質が違うので、どのサイトを使うのが最適かは転職先によっても転職したい人の能力によっても左右されます。

    代表的で使いやすい薬剤師向けの転職サイトとして定評があるサイトにまずは着目してみましょう。

    マイナビ薬剤師

    転職や求人における最大手企業の一つであるマイナビグループが運営している薬剤師専門の転職サイトがマイナビ薬剤師です。

    マイナビ薬剤師はコンサルタントによるカンセリングの質の高さで評判が良く、これから初めて転職活動に挑む人でも細かなところまでサポートしてもらえます。

    大手とのつながりも比較的強いのでスギ薬局への転職でも行き届いた配慮をしてもらえるでしょう。コンサルティングを受けてみると自分にとって理想的な働き方もはっきりしてくると期待できます。

    マイナビ薬剤師は使うべき?利用者の口コミから強みを解説
    マイナビが運営する薬剤師転職サイト、マイナビ薬剤師の使い勝手について説明したページです。マイナビ薬剤師のコンサルタントは優秀か、マイナビ薬剤師の求人情報は多いのか、質は高いのか、それぞれ解説します。

    リクナビ薬剤師

    マイナビグループと同様に転職業界の最大手として知られるリクルートが経営している薬剤師専門の転職サイトがリクナビ薬剤師です。

    やはり大手として高いレベルのコンサルティングを受けられるのが魅力であり、行き届いたサポートを受けたいという人にとって魅力があります。

    特にリクナビ薬剤師はドラッグストア系列に強いことから、スギ薬局への転職では有利になれると期待できるでしょう。

    書類の作成や面接などのサポートも充実しているので、不安をなくした上で転職に挑めるのが特徴です。

    リクナビ薬剤師は使うべき?利用者の口コミから強みを解説
    転職業界でも最大手の一つとしてよく知られるリクナビが運営している薬剤師専門の転職サイトがリクナビ薬剤師です。 就職や転職をする上で多くの人が利用している企業だからこそ、薬剤師専門のサイトにも安心できるサポート体制が整っていると期待でき...

    ファーマキャリア

    スギ薬局に転職したいという気持ちがあるけれど、待遇に若干気になる点があるという人に魅力的なのがファーマキャリアです。

    ファーマキャリアではオーダーメイド求人を作成しているのが特徴であり、必ずしも公開求人に記載されている内容にこだわる必要はありません。

    大手から中堅レベルの調剤薬局やドラッグストアを中心として強いつながりを持っているのがファーマキャリアの強みです。

    コンサルタントが徹底した交渉を行ってくれて、給与や勤務時間などの待遇について改善した上で雇用契約を締結できるように取り計らってくれます。転職の条件にこだわりがある人ほど選んでおくと良い転職サイトです。

    まとめ

    このようにスギ薬局では高い待遇を与えられる良好な職場があります。キャリアアップにも向いているので薬剤師にとって魅力が大きい優良企業です。転職に挑む際には転職サイトをうまく活用して有利に進めるのを心がけましょう。

    コメント