転職の相談は転職のプロへ!転職エージェントのキャリアコンサルタントに相談しましょう

相談する人 転職の悩み

転職活動を成功させる上で重要なのは「独りよがりにならないこと」です。転職エージェントのキャリアコンサルタントを活用することで、豊かな人生をスタートできる可能性が高くなります。ここでは転職活動を成功させるキャリアコンサルタントの使い方について説明します。

ひとりで転職活動する場合の落とし穴

転職活動を行うとき、まず転職サイトから相性が良さそうな業種・職種を自分で選び、自分の判断で企業にアプローチを取る人が多くいます。最初のうちは多くの企業に応募するため、一次面接に進むケースが多くあります。

ただ、このアプローチには大きな落とし穴があります。その後の選考プロセスを自力で乗り切らなければならないという事です。ひとりでレジュメを作成し、選考面接の対策を立てるのは大きな労力と知識が必要です。また、転職活動のポイントも分からないので、選考面接での通過率が下がる傾向があります。

転職エージェントのサービスを活用して落とし穴を避ける

では、落とし穴に落ちないためにはどうすればよいのでしょう。転職エージェントを利用すれば良いのです。転職という課題を解決するためにはひとりで悩むよりも、深い専門知識と数多くの事例を持つ転職エージェントを利用することで、適切に対応することが可能となります。
また大手の転職エージェントは定期的にセミナーやイベントを行っている事が多く、それらに参加することで、転職のヒントを貰えることも多々あります。

ひとりでは得られない情報を入手できる

転職活動はひとりで行いますので、就職活動のように仲間から情報を得られません。そのためインターネットなどからコツコツと情報を収集するしかありません。

一方、転職エージェントは生の情報を持っています。企業の人事や役職者から情報収集したり、転職希望者と企業とのマッチングの中で企業の実情もいろいろと聞いたりしています。その情報網を生かさない手はありません。

企業の本音が聞けるのは転職エージェントだけ

企業側の意見を聞けるメリットは大きく、自力で転職活動を進める場合は、企業のフィードバックは得られません。しかし人材紹介エージェント経由であれば、企業の本音を聞けるチャンスがあるのです。

採用にあたって条件交渉を代行してもらえるのも大きなメリットです。ヘッドハンティングでない限り、企業側に有利な条件になることが殆どですが、転職エージェントを介する事で有利な条件を引き出す可能性が高くなります。

第三者の視点で意見をもらえる

転職について相談するとき、親しい人に相談を持ちかけがちです。しかし親しい人に本音で相談することは難しく、結果として具体的な話まで行き着かないケースが多くあります。

その点、転職エージェントのコンサルタントは今後どうすべきかを具体的にできますし、カウンセラーとしての一面も持っています。また個人情報保護の意識を持っていることも多いため、プライベートに関わることも安心して相談できます。

転職エージェントで自分の弱点を知る

その中で、辛らつな意見を聞かされることもあるかもしれませんが、選考面接に落とされる前にアドバイスされるのは弱点を克服できる大きなチャンスになります。

一人での転職活動は、自分の弱点にすら気がつかないでしょう。

書類選考を通過しやすいレジュメの作成

インターネットやハウツー本にあるような文章例を自分なりにアレンジする人が多いのですが、自分を客観的にプレゼンテーション出来ているかどうかは分かりません。

文章がまとまっていない、誤字脱字があるというだけで、書類選考で失敗するリスクもあります。

キャリアコンサルタントと相談して書類選考通過率を上げる

キャリアコンサルタントと相談しながらレジュメを作成することで、自分のキャリアを棚卸しする事ができます。また、選考面接で良くある質問に対する回答も一緒に考えてくれるメリットもあります。

またキャリアの棚卸しを行う中で採用に不利な項目が出るかもしれません。キャリアコンサルタントはウソをつかない範囲でレジュメを装飾するノウハウを持ち合わせていますので、安心できるという一面があります。

成功するには欠かせない面接の予行練習

採用面接を受けるのは誰でも緊張します。

特に想定外の質問をされたときは不安が高まっていきます。キャリアコンサルタントは数多くの転職希望者を見て来ていますので、面接前に何度も予行練習ができるメリットは大きいです。

面接の予行演習も可能

定番の自己PRや転職理由だけでなく、レジュメに書いてあることを根掘り葉掘り聞かれた時でも、事前に練習さえしておけば心に余裕ができ、冷静な反応を返す事が可能になります。

また質問に対する答えだけではなく、時には面接官の傾向まで教えてくれる場合があります。丁寧な説明を好むタイプの面接官もいれば簡潔な答えを求めるタイプの面接官もいます。事前に相手を知ることで緊張しながらも余裕のある面接が出来る可能性が高くなります。

まとめ

このように転職エージェントを利用することは、転職活動にとって大きなメリットを得られます。しかし中には素人同然の人材紹介エージェントが多いことも事実です。多くのエージェントの中から、自分のパートナーになり得るのは誰かを見極める冷静な目を持つことが転職活動には必要になります。

最期に転職活動の主人公はキャリアコンサルタントではありません。彼らはあくまで企業側から紹介料を得る目的で働いているのです。不安に覚える言動や行動があったら、遠慮なく話し合い、時には断る勇気を持つことも転職活動を成功に導くカギと言えるでしょう。

コメント