総合商社に転職する方法とは?仕事内容や転職に必要なスキルを紹介!

総合商社職種別転職サイトランキング

就活をしたことがある方であれば、一度は総合商社に入社をしたいと考えたことがあるのではないでしょうか?

しかし、転職をして、中途で総合商社に入社したということはあまり聞かないですよね。

そこで今回の記事では、総合商社に転職する方法について紹介します。

仕事内容や転職に必要なスキルについてまとめているので、総合商社に転職をしたいと考えている方は、ぜひ参考にしてくださいね!

文系にオススメの給料が高い仕事5選!文系でも高収入の仕事に就職するコツとは?
「文系でも稼げる仕事って何があるの?」 「文系でも年収1,000万円を目指したい」 このように、文系でも給料が多い仕事について気になっていませんか? 結論からいえば、文系でも給料が多い仕事に就職できる可能性は十分にありますし、...

総合商社に転職する方法!求められるスキル編

ではさっそく、総合商社に転職する方法を紹介します。

まずは、求められているスキルから紹介しますね!

総合商社に転職をする際に、求められているスキルは以下のとおりです。

  • 海外でも働ける語学力
  • 柔軟な考え方
  • コミュニケーション能力
  • マネジメント能力
  • 粘り強い忍耐力
  • 国内外を飛び回る体力

これらについてそれぞれ紹介します。

海外でも働ける語学力

総合商社ともなると、海外まで展開をしていることが多いです。

海外支部に行くこともあるため、ある程度の語学力が必要になります。

英語はもちろんのこと、中国語など様々な語学スキルを持っていると、その分転職が有利になります。

日本語以外にしゃべることができないという方は、英語の勉強だけでもしておきましょう!

柔軟な考え方

総合商社では、複数の企業を結びつけて仕事をおこないます。

そのため、いろいろな企業の考え方をインプットしなければなりません。

1社だけの考えに傾いてしまうような方は難しいと言えるでしょう。

そのため、既成概念にとらわれずに、柔軟に物事を考えられるような人が求められています!

事業面でも、今後の流れを読んで殉難な発送ができなければいけませんね。

コミュニケーション能力

総合商社で働くとなれば、仕入先や販売先などとコミュニケーションを取る機会がとても多いです。

そのため、利害の関係を調整することができるくらいのコミュニケーション能力が求められます。

相手の心情を読み取るスキルが必要になるので、コミュニケーションスキルが重要ということを覚えておきましょう!

マネジメント能力

総合商社では、プロジェクト全体を見渡す必要があります。

全体を見渡した上で、適切なマネジメントをしなければいけないので、かなりの技量を求められます。

大きなプロジェクトを適切に管理できるマネジメント能力が必要ということを覚えておきましょう。

粘り強い忍耐力

総合商社で働くとなれば、粘り強い忍耐力を求められます。

複数の企業と交渉をしなければいけないとなった場合には、それぞれの商談をスムーズに進めることが難しくなりますね。

そんなときでも、最大限のパフォーマンスを発揮できるように、粘り強い忍耐力をもっていなければなりません。

プロジェクトを予定通りに進行させるためにも、粘り強い気持ちを持っておきましょう。

国内外を飛び回る体力

総合商社だと、複数の企業と交渉をすることがありますよね。

そうなると、日本や海外の企業のところに出張をしなければなりません。

世界中を飛び回っても問題ないくらいの体力を持っている必要があります。

体力がないと、飛行機に乗っている間だけでも疲れてしまう可能性があります。

仕事に支障をきたしてしまうので、体力をつけておくことがおすすめです。

総合商社に転職する方法!年代別編

続いては、総合商社に転職する方法を年代別に紹介します。

ここでは、20~40代をそれぞれ紹介します!

20代が総合商社に転職する際に求められるもの

20代が総合商社に転職する際に求められるものは、組織に適合できるかどうかです。

総合商社の歴史は長いので、独自のルールなどがたくさんありますよね。

そのような中に入っていって、適応することができるかどうかが見られます。

また、その人のポテンシャルが重要視されることもあると、覚えておきましょう!

30代が総合商社に転職する際に求められるもの

30代が総合商社に転職する際に求められるものは、専門性の高いスキルです。

30代にもなれば、社会人歴も長いですよね。

そうなると、ポテンシャルだけではやっていけません。

専門性の高いスキルを持っていて、即戦力になると判断されなければ採用されないでしょう。

総合商社が求めていることは、即戦力として働けるようなスキルだということを覚えておいてくださいね。

40代が総合商社に転職する際に求められるもの

40代が総合商社に転職する際に求められるものは、即戦力として働けるような専門的な知識に加えて、マネジメントができる能力です。

40代にもなれば、上の立場に立っていることが多いですよね。

その経験を活かしてマネジメントができるような方が求められています。

専門的なスキルも必要なので、難易度は高くなるということを覚えておきましょう。

総合商社に転職できる人はどんな人?

続いては、総合商社に転職できる人の特徴について紹介します。

総合商社に転職できる人の特徴は以下のとおりです。

  • 前職の経歴
  • 専門的な知識

これらが重要です。

それぞれ紹介しますね!

前職の経歴

総合商社に転職をしたいのであれば、前職の経歴が重要になります。

ただ、どの程度の職歴があればいいのかわからないですよね。

そこでここからは、具体的な総合商社に転職した方の経歴を紹介します。

ここでは、以下の3社を紹介します。

  • 三菱商事
  • 三井物産
  • 住友商事

それぞれ紹介します。

三菱商事に転職した人の前職

プラント・エンジニアリング
国内大手エネルギー会社
公認会計士
投資銀行
証券会社
自動車メーカー
ゼネコン
総合商社
政府系金融機関
Sier
コンサルティング・ファーム
メガバンク
大手広告代理店

三井物産に転職した人の前職

コンサルティング・ファーム
Sier
税理士
法律事務所
外資系ベンチャー
投資銀行
証券会社
自動車メーカー
ゼネコン
https://tenshoku-center.com/mitsuibussan/

住友商事に転職した人の前職

ゼネコン
総合商社
政府系金融機関
Sier
コンサルティング・ファーム
メガバンク
https://tenshoku-center.com/sumitomocorp/

専門的な知識

続いては、専門的な知識について紹介します。

総合商社には、前職の経歴で入れるわけではありません。

専門的な知識・経験を持っている方が優遇されます。

総合商社では、メーカーの社員の人と比べると、専門性が高いわけではありませんね「。

そのため、業界に対する知識が深い人を採用したいと考えます。

具体的には、エンジニア、エネルギー会社、メーカーについての知識を持っている方だと転職しやすいです。

ただし、それらの知識を持っている部署に配属されることになる点に注意です。

総合商社の仕事内容とは?

クエスチョンマークを持つビジネスマンそもそも、総合商社の仕事内容について知っているでしょうか?

総合商社と聞くと、いろいろなことをやる仕事のように思われるかもしれませんが、幅広く仕事をするわけではありません。

代表的な仕事としては、製品を売りたい業者と買いたい業者を結びつけることです。

商社ごとによって、扱う品物が違うということも注意しましょう。

また、メーカーや流通業に投資をする事業もあります。

基本的には、品物の貿易や販売を扱うのが総合商社です。

わかっている方がほとんどかと思いますが、再度確認しておきましょう。

総合商社で働くやりがいとは?

続いては、総合商社で働くやりがいについて紹介します。

総合商社で働くやりがいは以下のとおりです。

  • 企業同士の仲介役になれる
  • 海外で活躍できる
  • 大きなビジネスに関われる
  • 商品に対する知識がつく

これらについてそれぞれ紹介します。

仕事を楽しいと感じるための秘訣!やりがいを持つ方法とは?
社会人となり会社で過ごす時間は、学生の頃に比べると長く感じます。 実際、会社員は家族と過ごす時間よりも同僚たちと過ごす時間のほうが多くなるでしょう。 働く時間が人生の大半を占める事実は、新入社員でもベテランの社員でも同じです。 ...

企業同士の仲介役になれる

総合商社ならではの仕事として、企業間の仲介人になれることが挙げられます。

2つの企業の仲介をして、双方が利益を得られるようにすることが、総合商社で働く、最も大きな面白さと言えるでしょう。

企業間を結ばなければいけないので、その分難しさもありますが、それをやり遂げたときの達成感はそれ以上に大きいです!

海外で活躍できる

総合商社のほとんどが、海外進出をしています。

そのため、日本だけでなく海外で活躍をすることができますね。

世界を股にかけて働くことができるので、グローバルな舞台で仕事ができるでしょう。

海外に行くことで、様々な価値観に触れることができるという点もメリットです。

大きなビジネスに関われる

総合商社で働くとなれば、日本だけでなく海外に進出しているような大きなビジネスに係ることができます。

ときには、数十億円というお金を動かすことにもなるでしょう。

勤続年数が浅くても、このような規模の案件に関わることができるので、若いうちから挑戦をしていきたいと考えている方におすすめです!

その分プレッシャーも大きくなりますが、やり遂げられたときの達成感はとても大きいですね。

商品に対する知識がつく

総合商社にいれば、幅広い分野の商品知識を身につけることができます。

それ以外にも、商社の仕事をすることによって、最先端の技術を取得できたり、市場調査のスキルが身についたりと、いろいろなメリットがありますね!

総合商社に転職する方法まとめ

この記事では、総合商社に転職する方法をまとめました。

最後にもう一度まとめておきます。

  • 海外でも働ける語学力
  • 柔軟な考え方
  • コミュニケーション能力
  • マネジメント能力
  • 粘り強い忍耐力
  • 国内外を飛び回る体力

これらの能力を持っておきましょう。

また、総合商社に転職するとなれば、前職の経歴も大事です。

いろいろな要素によって、総合商社に転職できるかどうかが決まるので、しっかりと対策をしておきましょう。

中小企業への転職は後悔に終わることがほとんど?リスクを回避して成功させるのコツとは
一念発起して中小企業に転職をしたものの、めっちゃ後悔している… しかし大企業から中小企業への転職して後悔してしまう人には、共通した理由があります。 また中小企業の転職は運ではありません。 し...

コメント