転職で求められるスキルとは?そもそも転職にスキルは必要なのか?

転職コラム

「転職しよう」

と思い立った時考えるのが、「転職できるほどのスキルがあるか」ということです。

必要なスキルがない状態で転職するのは、まるで丸腰で戦場に出るようなもの。

しかし実際に企業側としては、転職希望者にスキルを求めているのでしょうか?

そして具体的に、どれくらいのスキルを求めているのでしょうか?

実際の採用担当者に、「転職で求めるスキル」はどの程度のものか聞いてみましょう。

そもそもスキルとは?

転職、仕事にはスキルが必要、とは皆一様に口をそろえて言います。

しかしそもそもスキルとは?

それをあなたはしっかり理解できているでしょうか?

なんとなく「技術」とか「技能」といった、ぼんやりした意味で使っていませんか?

スキルとは「訓練で身につけた能力」

コトバンクの言葉を引用すれば、スキルとは、
一般的には、訓練を通じて身に付けた能力のことで、技能とほぼ同義で用いられる。
という意味のようです。

つまり、スキルをたくさん持っている人というのは、過去たくさんの訓練を積んで、たくさんの能力を身につけた人ということです。

企業としては、「訓練に耐えうる精神」と、「訓練で身につけた能力」の両面を評価するのです。

高いスキルの保有者=いい人材

つまり、企業が評価する「高いスキルの保持者」というのは、単純に企業への貢献度が高く「良い人材」と言えます。

それを考えれば、どうして転職する時「スキル」が求められるかわかります。

野球のピッチャーで例えるなら、「高いスキル保持者」は「多彩な変化球の投げられるピッチャー」とても言いましょうか。

企業が求めるスキル

それでは、もっと具体的に転職で「企業が求職者に求めるスキル」を調べてみましょう。

どんなスキルがあれば、転職しやすくなるのでしょうか?

これは逆に言えば、今から言うスキルが無いと、転職するのが難しくなるということに他なりません。

コミュニケーションスキル

転職においてとても強いスキルです。

コミュニケーションスキルに関しては、また後ほど説明しますが、現代ではとにかく求められる素養です。

特に仕事上でコミュニケーションを求められる営業職への転職では、このコミュニケーション能力は必須のスキルだと言えるでしょう。

高いアンテナ

身の回りのことに気を配ることができるスキルも、転職する上で企業から求められるスキルです。

企業としては、常に周囲の変化に敏感で、柔軟に社会へ適応できる人材が欲しいと思っているものです。

そんな、周囲に気を配ることのできる「高いアンテナ」を持っている人を、企業は欲しがっているのです。

課題発見能力

特に営業職や、コンサルタントにも求められるスキルが「課題発見能力」です。

クライアントとの会話から、「どこに問題があるのか」「何が課題なのか」を見つけるスキルがあると、転職においてかなり有利です。

課題発見能力は、情報から様々な仮説を組み立てることができる、「自頭の良さ」も表しています。

会話から課題やニーズを聞き取る力は、誰でも持ち得る能力ではありません。

業界特有のスキル

転職先特有の、他の業界では活かせない特化したスキルもありますよね。

IT業界で言えば、エンジニア特有の開発スキル、看護師で言えば、看護業界特有の医療スキルなど。

転職活動において必要になるスキルは、転職先の業界によって多少変わってくるのです。

「これだけは負けない」分野への自信

転職活動でも何でも、人に魅力を感じさせるのは「自信」です。

自信なさげで、ネガティブに過ごしていると、転職、仕事関係なく人から悪い印象を受けてしまいます。

転職活動をする時に考えて欲しいのは、「過去の自分の成功体験から生まれる自信」です。

他人は持ってない、自分しか持ちえない自信、それもまごうことなきスキルです。

コミュニケーション能力とは何か?

さて、転職活動で役立つ「コミュニケーションスキル」について考えていきましょう。

そもそも、最近よく聞く「コミュニケーションスキル」とは、どんなスキルなのか?

進化生物学者のジャレド・ダイアモンド博士によると、コミュニケーションの定義について語ってくれています。

行動学で言うコミュニケーションとは、他個体の行動の確率を変化させて自分または自分と相手に適応的な状況をもたらすプロセスのことである

つまりコミュニケーションスキルとは、他人に働きかけることで、自分や自分に親しい人にとって適応的な状況を作る能力のことです。

確かにそうですい。営業職で言えば、営業先で自社との契約を結ぶためにコミュニケーションをはかり、その結果契約をむすぶことができれば「コミュニケーションは成功」です。その人には、高いコミュニケーション能力があるということに他なりません。

企業にとって、コミュニケーションで「自社に適応的な状況を作ってくれる人材」が欲しいのは、当然といえば当然です。

情報処理能力が低くともコミュニケーション能力が高ければ採用されることも

新卒採用ほどではないものの、業務の処理能力など、単純なスキルより「コミュニケーション能力」を強く求める企業は少なくありません。

多少仕事が遅くとも、仕事ができなくとも、「相手を思いやったコミュニケーションが出来る人」が採用されやすいのは確かです。

それもそのはず、「高いコミュニケーション能力」の裏には「相手の心情を慮る能力」など、企業にとって多くのプラス要素があるからです。

「コミュニケーション能力が高い」ということは「会社にフィットしやすい」ということ

企業が求めるスキル、条件の中には、「自社にフィットすること」というものがあります。

いくら仕事に気がまわり、情報処理が得意な人でも、「自社に馴染めない人」は良い人材とは言えないのです。

コミュニケーション能力が高い人は、むしろ自社を自分に都合よく動かすことができるほど。

自社にとっても、その人にとっても、コミュニケーション能力があるというのはかなりのプラスになりうるのです。

スキルを企業に表明するためにはどうすればいいか

では、転職活動において、自分のスキルを採用担当者など、企業側に表明するためにはどうすればいいのか。

「自分のスキルを表明するための方法」をお教えします。

資格を持っておく

資格は目に見えてわかりやすい「スキル」です。

コミュニケーションスキルを表す資格はないですが、仕事で役立つ知識を有していることを表す資格はたくさんあります。

資格によって、取得難易度は変わります。

少しでも取得が難しい資格を持っていれば、転職活動においてかなりプラスになります。

特に、それまで仕事していた業界とは違う業界へ転職するなら、「資格」を持っているのは必須条件となります。

転職には「資格」が有利!中途採用面接官がおすすめする8つの資格
転職をするなら「資格」を持っていた方が有利です。このページでは、応用の効く資格を8つ紹介しています。ただ、転職先の企業に必要のない資格を持っていてもあまり意味はありませんので、闇雲な資格ホルダーにならないようご注意ください。

年齢に合わせてアピールする

年齢によってアピールするべきスキルは違います。

例えば20代なら何より「ポテンシャル」、30代での転職ならば「マネジメントスキル」など、年齢に合わせたアピールが必要となります。

難易度の高い30代男性の転職!成功のチャンスを見逃さないで!
30代で転職を考える男性は多いです。 20代で酸いも甘いも知って、仕事でスキルや知識が身につき、ある程度人生の見通しもついてきた…。 そんなタイミングで、「自分の成長のため」「自分の生活向上のため」など、様々なモチベーションで転...

向学心があることをアピールする

業界をまたいで転職するときには特に「違う業界の知識を勉強する意思がある」という「向学心」のアピールが必要です。

とはいえ、この「向学心」を一番アピールできるのは「学歴」なのですが…。

企業が「採用したい人材」を考えて転職する

今回は、転職活動を成功させやすくなる「スキル」について説明をしてきましたが、転職活動で一番大切なのはやはり「想像力」です。

「企業にとって採用したくなるのはどんな人物像か」

その人物像に自分を近づけるためにはやはり「コミュニケーション能力」が必要です。

だから、転職活動でコミュニケーションスキルが求められるのです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

転職活動で役立つスキルについて、今回は詳しく説明しました。

転職活動で最初にやるべきなのは「スキルの棚卸し」だとは、よく言われる話です。

なぜなら、持っているスキルを活かさないと、転職活動を成功させるのが難しいからです。

コメント