転職者が選ぶ顧客満足度1位の「doda」
doda
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
公開求人数
60,000
非公開求人数
17,846
対応地域
全国
対象属性
20~30代の男女
強い業種
全業種
年収UP率
非公開
求人数は業界ナンバーワン!また、「初めての転職」におすすめの転職サイトです。サポート体制に定評があり、サービス利用者の満足度も業界トップクラス!
dodaの無料登録へ
登録者数の多い人気の転職サイト
高年収求人数No.1!「ビズリーチ」
ビズリーチ
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
公開求人数
80,000件
非公開求人数
非公開
対応地域
全国+海外
対象属性
30~50代の男女
強い業種
全業種
年収UP率
90%以上
年収600万円以上を望む方からの支持率No.1のビズリーチ!他社サービスに比べスカウト機能が充実しており、ハイクラス求人数も業界イチです。
ビズリーチの無料登録へ

知らないと苦労する!職場に馴染めない人の特徴と馴染む為の方法

職場の悩み

「明日から新しい職場だけど、馴染めるか不安」
「入社して1か月、自分もしかして馴染めてない?」

こんなことを思って一人で悩んでいませんか?

転職したばかりや、就職したばかりのときは、なかなか職場に馴染めずに悩むことも多いですよね 。

最初は慣れなくて当然と思っていても、しばらく経って気づいてみるとなんだかまだ居心地が悪い、なんてことも 。

馴染めないことがストレスとして蓄積していって、疲弊してしまい、最終的にはその職場を去らなければいけなくなる可能性もあります 。

どうせ仕事をするのであれば、なるべく早く馴染んで、ストレスなく働きたい 。

この記事では、派遣会社で10年間勤務し多くの派遣社員を担当する中で見てきた「馴染めない人の特徴」や「馴染むためにできること」を具体的に解説していきたいと思います 。

一日も早く、職場に馴染んでストレスフリーで仕事に励むための、一助となれば幸いです 。

【職場のストレス】もう苦しまない!ストレスとの付き合い方
「ストレスが溜まりすぎて、職場に行くのが辛い」 「ストレス解消したいけど、何をすればいいかわからない」 こんな風に悩んでいませんか? 職場でのストレスは、多かれ少なかれ誰でも感じるもの。 ただあまりに強いストレスだった場...

そもそも馴染むとは

職場に馴染む、と言いますが、そもそも馴染むという状態はどういう状態なのでしょうか?

馴染むとは、大きく3つに分けられると思います 。

仕事に馴染む

まずは「仕事=業務」に馴染むこと 。

つまり自分に担当する業務を、一人称でできるようになることです 。

この仕事が覚えられるかどうかというのが、入社したての時期に悩む人はかなり多いようです 。

転職サイトやエージェントのサービスを提供する「doda」が行った調査で、「転職後、不安を感じていたことはなんですか?」という質問に対し、「仕事についていけるか」と回答した人が85.2%もいました 。
参考:転職1カ月、「職場に溶け込む」ためにしたい5つのこと

はじめのうちは、仕事を一人でできないのは当然のことで、わからないことがでてきたときは、必ず上司や先輩に聞きながら仕事を進めなければなりません 。

上司が忙しそうなときは聞きづらいでしょうし、先輩も快く教えてくれる人もいれば、そうでない人もいるでしょう 。

そもそも誰に聞けばいいのかわからない、ということもあるはず 。

「覚えることも多くて、初めてのこともたくさん、、、自分はこの仕事をしっかりできるようになるのだろうか」と、しばらくは不安な気持ちを抱えながら職場に行かなければいけません 。

一人で業務ができないうちは、なにかとストレスを感じることが多く、気持ち的にも「馴染んだ」という感覚にはなれないと思います 。

人に馴染む

そして同様のdodaの調査で最も多かった悩みが「人間関係がうまくいくか」というもの 。

人間関係がしっかり作れないうちは、馴染んだという感覚を持つのは難しいでしょう 。

逆に周囲との人間関係がしっかり作れれば、仕事のことも聞きやすくなったり、積極的に教えてくれたりするので、業務習得も早くなるはず 。

アドラー心理学では、人間の悩みはすべて対人関係の悩みであると言っています 。

全てとは言いませんが、職場に馴染めたかどうかの9割はこの人間関係を築けたかにかかっているといっても過言では無いと思います 。

社風(雰囲気)に馴染む

会社によって、驚くほど違うのが社風 。

いわゆる職場の雰囲気ですね 。

業務中に平気で談笑している会社もあれば、一言も話さずにシーンとした中でパソコンのキーボードをたたく音だけが響いている会社もあります 。

どんな社風が良いかは、その人によって合う・合わないがあると思いますが、転職者の場合はどうしても前職と比較してしまいがち 。

この前職とのギャップや、入社前のイメージとのギャップは多かれ少なかれほぼ確実に発生するでしょう 。

このギャップを埋めて社風に馴染むためには、会社を変えるのは難しいので自分が慣れるしかありません 。

一定の時間が必要かもしれませんが、会社の雰囲気が苦にならなくなってきたら、職場に馴染んだといえるでしょう 。

職場に馴染めない人の6つの特徴

前章ではまず「職場に馴染む」ということを、3つに分類してみました 。

この章では、多くのウェイトを占めるであろう「人に馴染む」「仕事に馴染む」という2つの要素において、馴染めない人の特徴をあげていきたいと思います 。

自分が当てはまっていないか、考えながら読んでみてください 。

挨拶をしない

挨拶をしない人は、職場に馴染むことはできません 。

これは、多くを語る必要は無いでしょう 。

もし自分が新しく入ってきた社員から挨拶されなかったら、どういう印象を持つでしょうか?

人間関係を築くうえで、最も基本的で最も大切なのは、挨拶です 。

挨拶をしないと、職場に馴染むスタートラインにすら立てませんので、気を付けていきましょう 。

自分の話をしない

自分の話をしない人は、職場に馴染みにくい傾向があります 。

どんな人かわからない人を、相手は信用しづらいからです 。

「出身はどこ?」「趣味は?」「休日は何をしているの?」「血液型は?」など、仕事に関係ないからと、自分の個人的な情報は何も言わずに仕事の話だけをしていると、人間関係を築くのは難航するでしょう 。

自分の話をしすぎるのは良くないと思って、あまり自分のことを話さない人もいるかもしれませんが、これは逆効果の可能性があります 。

確かに人と話をするときは、聞くのが7割、話すのを3割くらいにした方が、相手に好印象をもってもらいやすいという研究結果があるようですが、言い方を変えれば3割は話す必要があるということ 。

3割も話さなかったり、話したとしても自分の情報をいれずに話している人は、相手からしてみると「なんかよくわからない人だな」「私と仲良くなりたくないんだな」などと思われてしまい、馴染むのは難しくなるでしょう 。

名前を呼ばない

職場の人の名前を呼ばない人は、職場にはなじみにくいでしょう 。

誰かに初めて名前を呼んでもらって、うれしかった経験はありませんか?

名前を呼ぶというのは、その人の存在を認めていることになりますし、しっかり名前を憶えて関係を築こうとしていると捉えられます 。

逆に言えば、名前も呼ばずにいつも「すみません」や、「ご相談なのですが」などといって話しかけると「私がだれかわかっているのかな」「僕の名前を覚えてくれてないのかな」と思われてしまう可能性が 。

相手の名前を呼ばない人は、その人と人間関係を築こうとしていないと捉えられ、相手からも同様の態度で接してこられるかもしれません 。

そういう状況では、職場に馴染むのは非常に困難になるのは言うまでもありません 。

相手に質問をしない

相手に質問をしないということは、「相手のことを知ろうとしていない=相手と仲良くなろうとしていない」と捉えられます 。

自分と仲良くなろうと思っていない人と、仲良くなりたいと思いますか?

自分にものすごい魅力が備わっているなら、勝手に相手から仲良くなろうと歩み寄ってくれることはあるでしょう 。

ただ、そうでない大多数の人は、こちらから仲良くなろうという姿勢を見せないと、相手から関係を築こうとはしてくれません 。

また、質問をしないと相手のことを知ることができず、共通点が見つけられないので、話も盛り上がりませんよね 。

さらに、心理学では「自分のことを知ってくれている人に好感を持つ」という研究結果もあります 。

逆に言えば、自分のことを知ってくれていない人には、好感を持ちづらいということも言えると思います 。

質問をしないと相手を知ることはできません 。

これらのことから、相手に質問をしない人は、職場に馴染むことが難しいのです 。

表情がない

挨拶をしても、相手に質問をしても、自分の話をしても、そのすべてのコミュニケーションを無表情でしていたら、職場に馴染む日は遠いでしょう 。

「人は見た目が9割」という本が、一昔前に流行りました 。

これは端的にいうと、メラビアンの法則のこと 。

「メラビアンの法則」
人の行動が他人にどのように影響を及ぼすかというと、話の内容などの「言語情報」が7%、口調は話の早さなどの「聴覚情報」が38%、見た目などの「視覚情報」が55%の割合で会った 。

表情は、人の印象を左右する半分以上を占める要素である「視覚情報」です 。

この表情でマイナスな印象を与えてしまうと、いくらそのほかのことを頑張っても、逆効果にすらなり得ます 。

無表情な人は、相手に良い印象をもってもらえず、職場には馴染めないでしょう 。

仕事を積極的に覚えない

仕事を積極的に覚えようとしない人は、2つの側面から職場には馴染めません 。

1つは、仕事に馴染めないから 。

分からない仕事をやらされることほど、ストレスなことはありません 。

仕事を覚えずに、ところどころわからないまま遂行しようとすると、ミスも起きるでしょうし、精神的も安定しないので馴染んだという実感は得にくいです 。

2つめは、仕事を覚えようとしないことから、周囲からやる気がないとみなされて、良い関係を築けないから 。

先輩や上司も、やる気がない人に仕事を教えるのは嫌ですし、そのような人と仲良くなろうともしないはずです 。

そもそも仕事をしてもらうために入社してもらっているので、その最低ラインをクリアできない、またはクリアしようとする意識が低い人は、職場に馴染む以前の問題でしょう 。

職場に馴染むためにできること〇つ

職場に馴染めない人の特徴をみてきましたが、今度は馴染むためにできることをご紹介していきます 。

結論から言えば、馴染めない人の特徴の逆をすればOK 。

それぞれ見ていきましょう 。

自己開示をする

誰かわからない人を、信用はしにくいですよね 。

ありませんか?相手に意外なギャップを発見して、急に親近感がわいたという経験 。

例えば、「ものすごく真面目な人ただと思っていたが、趣味がお笑い番組を観ることだと知って親近感がわいた」などというものです 。

「お笑い番組好き」という自分のキャラクターが職場に知れ渡れば、話したことのない人からも「お笑い番組」という話題で話しかけてもらえたり、いじってもらえたりするので、後の関係構築がとても楽になります 。

さらに、話をしている中で「同じ県の出身だった」「趣味が同じだった」「誕生日が一緒だった」などという共通点を見つけた瞬間に、すごくその人を身近に感じたという人も多いと思います 。

このような共通点は、自分のことを開示しないと見つけられないもの 。

7割は聞き役に徹しながら、自分が話す3割の中に情報を小出しにして、自分がどんな人間かわかってもらうことは、職場に馴染むためには効果的でしょう 。

笑顔で挨拶をする

「人は見た目が9割」のとても重要な部分を占めるのが表情 。

笑顔は、「あなたと良い関係を築きたいです」という相手へのメッセージです 。

挨拶も同様です 。

「本日からお世話になる〇〇です 。宜しくお願い致します 。」「おはようございます 。」「お疲れ様です 。」「お先に失礼します 。お疲れさまでした 。」

などなど、挨拶をするタイミングはたくさんあります 。

何か共通の話題が無くても、挨拶はできます 。

気分が乗らない日もあると思いますが、そんなときでも少し頑張ってみてください 。

職場に入る前にトイレにいって鏡の前で笑顔を作って、その笑顔のまま積極的に挨拶をしていけば、きっと職場に馴染むのに時間はかからないでしょう 。

相手に質問する

相手に適度に質問をする人は、相手を知ろうという姿勢が好感され、周囲と良い人間関係を築けます 。

また、基本的に人は「聞く」よりも「話したい」と考えてます 。

質問をして、相手の話をしっかり聞くことで、「この人は自分の話をしっかり聞いてくれる」と思ってもらえるので、同じく良い印象を持ってもらえるでしょう 。

もちろん、人によって質問されたくない内容もあると思うので相手をよく見ながら、突っ込んだ質問などは、少し関係を築けてからにするようにしましょう 。

名前を憶えて呼ぶ

また挨拶をするときや、相手に声をかけるときは、できるだけ名前を呼びましょう 。

自分の名前は、他人から言われて最もうれしい言葉の一つだそうです 。

また相手の名前を呼ぶことは、その人のことを覚えているということにもなりますし、それはすなわち、その人と関係を築こうとしているとも捉えられます 。

はじめのうちは仕事を覚えるのも頑張る必要がありますが、職場の人の名前を覚えることにも注力して、一日も早く顔と名前を一致させて、スッと名前が出てくるようにしておきましょう 。

仕事を積極的に覚える姿勢

大前提として忘れてはいけないのは、あなたは「仕事をするために採用された」こと 。

いくら良い人でも、笑顔が素敵でも、仕事をしない人は職場に馴染む資格を得ることはできません 。

そのため、仕事ができるようになることが、職場に馴染むためのベースになりますが、当然はじめのうちは一人称で完結できる仕事はないでしょう 。

そんなときでも大切なのは「覚えようとする姿勢」 。

例えば、積極的に質問をするとか、教えてもらったことはノートにまとめておくとか、時には休みの日にも勉強をして、一日も早く仕事を覚えようとすることが大切です 。

早く会社の役に立ちたい、と思っていることを周囲が感じ取れば、まだ仕事ができなくてもあなたに好感を持ってくれます 。

そうすればあなたを仲間として認め、職場に受け入れてくれるようになるでしょう 。

飲み会への参加は最短ルート

「自己開示」や「相手に質問する」機会が最も多いのが飲み会です 。

仕事中は、私的な話をするのが少しはばかられることもあるでしょう 。

飲み会は、私的な話を存分にできます 。

しかも、アルコールが入ることでお互い普段より饒舌になり、仕事中は聞けない話をしてくれることも多々あるでしょう 。

「仲良くなってない人ばっかりで楽しめない」「会費の3500円がもったいない」「早く帰って観たいドラマがある」など、気が乗らないこともあるかもしれません 。

ただ職場に馴染むということを考えれば、飲み会には多少無理をしてでも参加したほうが、圧倒的にその後のストレスは減ります 。

入社してすぐの飲み会への誘いは、極力断らずに参加することを強くオススメします 。

「さしすせそ」はやっぱり効果的

魔法の「さしすせそ」って聞いたことはありませんか?
これは、相手に好印象を持ってもらいやすい単語の頭文字をとったもの 。

  • さ・・・さすがです、最高です
  • し・・・信頼してます、知らなかったです
  • す・・・すごいですね、素敵ですね、素晴らしいですね
  • せ・・・尊敬します、相談に乗ってください
  • そ・・・そうなんですね、その通りです、尊敬します、相談に乗ってください

単語によってはあまり目上の人に使わない方が良いものや、万人受けしないものもあるかもしれませんが、おおむね使えます 。

はじめのうちは単語が出てこなかったり、照れ臭かったりすることもあるでしょうが、使っていくうちに慣れてきて、違和感なくスッと言葉が出てくるようになります 。

人間は意外に単純にできているので、たとえ「あ、これ“さしすせそ”だな」と相手がわかっていても、言われて気を悪くすることはないはず 。

意識して使えるようにしていきましょう 。

職場に馴染むときに持つべきマインド

職場に馴染むために、一生懸命になるのは良いことです 。

ただ、頑張っても期待通りの結果が得られなかったときや、空回りしてしまうことが無いように、以下のようなマインドを持ちつつ、徐々に馴染んでいくと良いと思います 。

一定の期間は必要と心得る

今まで様なことをすべて完璧に行っても、そうすぐには職場には馴染めるものではありまません 。

やはり一定の期間は必要になります 。

職場によっても、どのくらい時間がかかるかはまちまち 。

規模も違えば、社風もいろいろ、働いている人も全く違うでしょう 。

あまり焦っても良いことはありません 。

「馴染むのは時間がかかるものだから」と、割り切って目の前のことを一生懸命やることに集中したほうが、結果的に自然体でいられて馴染めるのは早いと思います 。

正直合わない人もいると割り切ることも大切

また、どれだけ頑張っても「合わない」人は、どの職場にも必ずいるもの 。

それは自分が悪いわけではなく、相手が悪いわけでもありません 。

ただ「合わない」だけ 。

「合う」人がいれば「合わない」人も必ずいるのです 。

なので、合わない人がいたとしても気落ちせずに、挨拶や笑顔など最低限のことはしながら一定の距離を保ち、合う人を見つけて仲良くなることが職場に馴染む近道だと思います 。

まとめ

いかがでしたか?
職場に馴染めない人の特徴と、馴染むためにできることが、具体的にお分かりいただけたと思います 。

職場に馴染むのは、少しでも早いほうがストレスのない会社生活を送れます 。

始めは努力が必要かもしれませんが、早めに馴染んでしまえば、そのあとがとても楽になります 。

あなたが一日も早く職場に馴染めることを願っています 。

コメント