職場で孤立して居場所がない…どうして孤立しているのか?今度どうすればいいのか?

職場の悩み

普通の社会人ならば、職場は1日のうちで多くの時間を費やす空間です。

そんな多くの時間過ごす空間である職場で孤立したとしたら。

それはかなりのストレスだと、想像するのは難くないはず。

しかしそうした「孤立」には、必ずなんらかの原因があるはずです。

なんの理由もなく、職場で孤立してしまうような人は、この世界のどこにも存在しないはずです。

そして原因があるということは同時に、孤立シてしまうことに対して対策を打てるということです。

職場で孤立してしまっているという現状、決していいことではないです。

今回は私と一緒に、「どうして孤立してしまっているのか」「どうすれば孤立しなくなるのか」を一緒に考えてみましょう。

仕事のストレスを効果的に解消する方法一覧
自分で気をつけておかないと、仕事上のストレスは知らず知らずのうちにどんどん溜まってしまいます。 仕事をしていれば大なり小なりストレスはあるものですが、普段の生活の中で上手に解消していくことができれば、新たな気持ちで仕事に取り組めますよ...

職場で孤立するのはなぜ?職場で孤立してしまう原因を解明

なんの理由もなく、ある日突然職場で孤立してしまう…なんて人は存在しません。

当たり前ですが、もしいまあなたが職場で孤立してしまっているとするならば、そこには当然理由があります。

「どうして孤立してしまっているのか」がわからないと、その後の対処法もわからないままです。

まずは細かく「職場で孤立してしまっている理由」から洗い出していきましょう。

身だしなみがだらしない

身だしなみがだらしない人は、職場で孤立しがちです。

例えばシャツが皺だらけ。

スーツが汚れていたり穴が開いてるなど、清潔感に欠ける服装をしていると、同僚が近寄らなくなり、職場で孤立する原因になります。

服装、髪型などがしっかりしていると、その見た目だけで「この人は人間的にしっかりした人だ」という印象を与えます。

身なりにしっかり気を配るのは、ビジネスマンとして当然です。

マナーをしっかり守って、職場でしっかりと立ち位置を築いてください。

コミュニケーションが苦手

これは性格の部分が大きいですが、コミュニケーションが不得手で周囲の人とうまく馴染めないと、職場で孤立してしまいがちです。

ネガティブな人、マイナス思考な人ほど、コミュニケーションで角が立って、職場の人とうまく馴染めない…ということが起こりがちです。

職場で孤立しがちな性格というのは色々あります。

はっきり言わない、人の悪口ばかり言う、主張が強すぎるまたは弱すぎる。

そうした性格の人は、周囲の人と上手にコミュニケーションが取れないかもしれません。

社会に出ると、同世代以外の色んな人と関わることになります。

それぞれ違った状況の人、違った生き方の人とも、うまくコミュニケーションを取ることを社会では求められます。

そこで上手に話せないとなると、孤立してしまう…というわけです。

問題を起こしている

会社にとって痛手となるトラブルを起こしている場合はもちろんのこと、遅刻や欠勤を繰り返しているなど、問題行動を起こしている人は職場で孤立してしまうでしょう。

自分の行動によって信頼、信用を損ねてしまうと、その損ねた信頼を取り戻すのは至難の業です。

なるべく会社で波風立たないように気をつけておくべきでしょう。

円滑に仕事するのは、職場で孤立しないようにするためにも気をつけておくべきことです。

会社の行事に参加しない、付き合いが悪い

会社で定期的に行われる行事、例えばバーベキューなどに参加しない、同僚の飲み会の誘いを断る…などを続けていると、いずれ職場で孤立してしまうでしょう。

「つまんない奴」の烙印を押されてしまうと孤立してしまうのは、大人の社会でも同じです。

日本は特に、飲み会や食事会でのコミュニケーションを重要視します。

そこで参加しないとなると、「出る杭は打たれる」の法則で、職場に孤立するというわけです。

仕事ができない・だらしない

仕事ができない人や、仕事がだらしない人も、職場で孤立してしまいがちです。

考えて見てください。

仕事の態度がだらしない人よりも、仕事をバリバリ真面目にこなしている人のほうが、頼りがいがありますよね。

人から信頼を得たいと思ったら、仕事を真面目にこなすのも大切だということです。

上司からも嫌われて、同僚からも煙たがられる、それが「仕事ができない人」です。

ミスするなと言うわけではありませんが、何度も同じミスがあるとすれば、それはやめたほうがいいです。

会社で孤立しているときの対処法

現在自分が会社で孤立しているという自覚があり、そしてその状況をよしとしてないなら、なんとか状況改善のために動くべきです。

具体的に、どうすれば孤立している現在の状況を変えられるか、その具体的な方法を紹介します。

まずは「どうして孤立しているか」を考える

まずは、「どうして孤立しているか」がわからないと、状況も改善しようがありません。

「同僚との人間関係」によって孤立しているのか。

「過去犯したミス、トラブル」が職場での孤立を招いているのか。

できれば同僚に相談できる相手がいれば望ましいですが、相談相手がいる場合も少ないでしょう。

相談できないとなると、なんとか自分の力で孤立問題を解決しなくてはいけません。

自分の一日の行動を思い出してみて、その時の状況、周囲の人の様子を思い出してください。

その中に、あなたが職場で孤立していることの原因があるかもしれませんよ。

周りの人との付き合い方を見直す

孤立する要因としてやはり考えられるのが、「周囲の人との付き合い方」です。

周りの人との関係性がうまくいってさえいれば、職場で孤立することなんてないはずなのです。

周囲の人とコミュニケーションを取るときは、なるべく謙虚な気持ちで、お互いに敬意を持ちながらコミュニケーションを取ることで、周囲の人と良い関係性を築けるかもしれません。

周囲とうまく折り合いをつけないと、孤立してしまっている状態を改善することなんてできません。

真摯な態度で仕事する

あなたの仕事態度が、周囲から孤立してしまっている原因を招いている可能性もあります。

孤立してしまったとしても、職場で孤立しているからこそ、仕事に集中する段階でしょう。

真面目に仕事して、しっかり成果を上げることで、その姿勢をみた同僚からの評価で職場からの孤立を防ぐことができるはずです。

「職場で孤立している」のは、仕事の姿勢を見直すチャンスです。

人間関係を考えず、仕事で成果を上げるチャンスでもあるのです。

プライドを捨てる

プライドに縛られていても、職場での孤立を深めるばかりです。

プライドが積み上がった状態で職場で同僚と接していてもいいことはありません、

「自分はもっと評価されるべき」

「どうして自分はこんな目にあってるのか」

「自分が活躍するのはここじゃないんじゃないか」

など、余計なことを考えながら仕事することになり、結果的に職場での孤立を深めてしまうでしょう。

一度まっさらな気持ちで、職場での立ち振舞を考えてみては?

自分の時間が増えたと考える

逆転の発想を選ぶのも一つの手です。

職場で孤立してしまって、一人で過ごす時間が多くなっているなら、どのように過ごせば一人の時間を有意義にできるかを考えるのもです。

仕事中も自分の仕事だけに集中できる。

仕事終わりも余計な付き合いに関してあれこれ考えることもない。

あらゆる面倒な人間関係から、きれいさっぱり開放されると考えれば、職場で孤立してしまうのも悪いことばかりでもないと思いませんか?

ものの見方を変えるだけで、あんなに辛いと思っていた事象も好転させることができるようになるはずです。

同僚と付き合う時間を自分の勉強の時間に費やすことで、自分の将来のためにすることもできるのです。

孤立している現実についてウジウジ悩むくらいなら、すっぱり職場の人間関係を切り捨てるというのも判断の一つでしょう。

根本的に孤立問題を解決するなら転職するべき

付け焼き刃の解決策で、多少状況を変えるくらいなら、「転職」で根本から問題解決を目指すのもいいでしょう。

働く現場、職場をまっさらに変えてしまうことで、あなたの思考も変わり、行動も変えることができるでしょう。

転職で職場をリセットできる

人間が自分の性格を変えたいと思ったら、そのためにできることは少ないです。

「住む場所を変える」か「会う人を変える」か「時間の使い方を変える」しかありません。

転職によって、「会う人を変える」のと「時間の使い方を変える」ことができるので、手っ取り早く自分の人間性を変えることができるようになるはず。

多くの時間などのリソースが求められますが、転職するのは問題解決のための有効なアプローチです。

人間関係の悩みで転職する人は多い

職場で孤立している…という理由で転職するなんて、そんなの転職理由としてアリなのか…。

そんなことを考える人もいるでしょうが心配いりません。

転職理由として「職場の人間関係」を上げる人はとても多いです。
転職理由
参考:転職理由(退職理由)のホンネとタテマエ

なんと、エン・ジャパンの調査によると、人間関係を苦に転職を考えるのは、転職する全体の人のなかで「18%」にも登ります。

それほどありふれた問題ではありますが、「人間関係がうまくいかない」というその理由だけで転職してしまうのも、リスクがあることも理解しなくてはいけません。

転職で「リセット」されるのは、あなたの悪い評価だけでなくいい評価も同じくゼロになってしまうのです。

転職で役立つ転職エージェント3選

転職を考えた場合におすすめなのはやはり「転職エージェント」です。

転職エージェントの強みはなんといっても、キャリアコンサルタントが在籍しており、コンサルタントが利用者の相談に逐一乗ってくれることです。

キャリアコンサルタントに「前職は職場で孤立してしまっていた」と伝えることで、人間関係で悩まなくていい職場を一緒に探してくれるはずです。

どの転職エージェントを使えば、転職活動が円滑に進むのか、具体的におすすめの転職エージェントをいくつか紹介します。

リクルートエージェント

転職エージェント最大手「リクルートエージェント」はおすすめです。

リクルートエージェント一番の強みはやはりその求人数。

他の転職エージェントより2倍、時には3倍にもなるその求人数のなかには、きっとあなたが探している仕事があるはずなのです。

過去数々のビジネスマンを転職に導いてきた実績もあります。

どの転職エージェントに登録するか悩んだら、まずはリクルートエージェントに登録してみてはいかがでしょうか。

リクルートエージェントの使い勝手はいい?サポートの充実さは?
転職業界ナンバーワン転職エージェント、リクルートエージェントの紹介です。業界ナンバーワンの求人数と、業界ナンバーワンの実績を持つ転職エージェントですから、利用者の幸せな転職をきっとアシストしてくれるはずです。

マイナビエージェント

マイナビエージェントも、リクルートエージェントに負けず劣らず優秀な転職エージェントです。

マイナビは特に、20代など若手の求人取扱が得意なので、特に若者の転職活動に強い味方です。

20代は特に今の転職市場においてとても有利です。

「職場で孤立している」なんてくだらない悩みで若い時代を無駄にするくらいなら、マイナビエージェントで転職してしまったほうが良いかもしれません。

マイナビエージェントの使い勝手は?サポートの充実性は?
マイナビエージェントは実績のある、大手転職エージェント。キャリアコンサルタントの質も評判が高く、求人の数、質ともに優良です。

DODAエージェント

DODAエージェントは、リクルートエージェントに次ぐ業界第二位の位置にいる大手転職エージェント。

転職エージェントはいくつか併用しても問題ないので、リクルートエージェントと合わせてDODAエージェントにも登録しておくのは、とてもいい考えです。

業界別に分けられているキャリアコンサルタントとの丁寧な面談には定評があります。

dodaの使い勝手は?サポートの充実性は?
dodaの利用を検討している方は特に、dodaエージェントのサービス、利用者の評判が気になりますよね。 転職エージェントの中でも、比較的大手転職エージェントであるdoda。 dodaを利用したサービスの使い勝手、特徴、dodaの...

転職前に「転職で職場から孤立しなくなるか」をよく考えてみて

ここまで「職場で孤立しているなら転職しろ」という流れで説明してきましたが、人によっては転職するべきでない人もいます。

転職したところで、同じことをして失敗したなら、別の職場で孤立するだけです。

今の職場で最大限努力した結果、その努力が実らないようならそこで「転職」を考えてみるべきでしょう。

会社で孤立した人の口コミ

以前働いていた職場はとても人数が少なくて、ささいな噂があっという間に広がるようなところでした。
そこは飲み会に一度こなかっただけで「付き合いが悪い」なんて言われたりして、どんどん居場所がなくなっていって…。

いつからか職場で孤立するようになりました。

今はもっと社員が多くて飲み会が強要されない会社で働いています。

以前働いていた職場で孤立していました。あることないこと噂をたてられてとても働きにくくなって、その会社はやめました。

今ではフリーランスとして、一人のちからで働いています。とても働きやすいです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

意外と多い「職場で孤立している」人について、どうして孤立しているのか、どうすればその孤立を晴らすことができるのかについてお話しました。

孤立してしまっている職場が働きやすいわけがありません。

「別の職場に移る」ことも念頭に置きながら、今後の自分についてよく考えてください。

コメント