職場で嫌われている女性はこんな人!もし嫌われてしまったらどうする?

仕事が嫌な女性 職場の悩み

職場での人間関係、ささいなことで「もしかしたら自分は嫌われているのでは?」と感じる人も多いでしょう。

会社では多くの人が関わり合うなかで、人間関係に支障をきたすのはある意味当然のことです。

しかしそんな「人間関係に問題が起きてるかも」と感じながら毎日職場に向かうのは、はっきり言って苦痛です。

職場で嫌われているともなれば、仕事のなかでも問題が置きかねないのです。

そんな、様々な問題に発展しかねない(心と身体のバンスも崩れるかも)「職場で嫌われているかもしれない」問題。

今回はまず、そんな「嫌われているかもしれない」疑問に対してはっきり嫌われているかどうか結論を出した上で、嫌われていた場合どうすればいいかその対応策についてもお話していきたいと思います。

仕事するうえでも、職場は自分にとって快適で居心地のいいものでないといけないのです。

こんな女性は職場で嫌われる!

さっそく、「こんな女性は職場で嫌われる!」という、職場で嫌われやすい女性の特徴をみていきましょう。

喋る内容が人の悪口ばかり

例えばランチで、または職場の飲み会で話す話題が「人の悪口」な女性は嫌われやすいです。

人が話す陰口なんて、聞いていて楽しいものではありません。

ましてや職場の人の悪口となると、「自分も同じように言われているのでは」なんて考えてしまいます。

人の悪口ばかり話して、信用を置くことができない女性は、どうしても同僚から嫌われてしまいがちです。

覚えておいてほしいですが、誰かの悪口を言うとき、同じ熱量で悪口を言われていると思ったほうがいいです。

悪口、愚痴などネガティブな内容ばかり口にする人は同僚から嫌われやすいのです。

自己中である

自己中な女性も同僚から嫌われてしまいます。

仕事する上でも、なんに関しても考えるのは自分の都合ばかり。

これでは同じ職場の女性に嫌われてばかりです。

職場全体の雰囲気を読み取って、みんなの都合をまんべんなく考えてくれる女性が、職場でみんなに好かれる人です。

時間を守らない

職場の始業時間ギリギリに出社する、頼んだ仕事の時間制限を守らない、その他仕事の約束を守らない女性は嫌われやすいです。

仕事する上で時間を守るのはとても重要なこと。

しっかり時間を守る女性でないと、いろんな人に迷惑をかけるだけでなく、間違いなく嫌われます。

協調性がない

職場の人間関係を考える上で、周囲の人間との協調性はとても重要です。

全体の雰囲気を考えて、バランス良く立ち振る舞う人ほど、職場でうまくやっていけます。

めちゃくちゃ高いコミュニケーション能力を求めているわけではありません。

ただ、職場の人と上手にコミュニケーションを行ってくれ、とそう願っているだけなのです。

自分が嫌われているのでは?と感じたら、自分の協調性について一度考えてみるべきでしょう。

実力が伴わないのにマウンティングしてくる

「自分のほうが上だぞ」という態度でのコミュニケーション。

それがマウンティングです。

職場の女性は、同じ職場で働く女性にマウンティングしがち。

それも、実力の乏しい人ほど、他人にマウンティングしがちです。

「自分には実力が乏しい」という意識があり、その意識がマウンティングに駆り立てているのでしょう。

しかし当然、マウンティングするような女性は、同じ職場で働く人に嫌われます。

男性社員相手だと露骨に態度が変わる

ありがちですが、男性社員相手と女性社員で接し方が変わる女性は嫌われます。

同じ女性相手にはきつい対応なのに、男性社員には媚びるような態度をとっていると、女性社員の間で嫌われます。

無意識に、あなたはそのような「相手で態度を変える」ようなことをしていないでしょうか?

嫌われる女性社員と接した人の口コミ

職場の人が人の悪口ばかり言う人でした。その人と一緒の職場で働くだけで疲れるし、なるべく関わらないようにしてました。はっきり言って、いろんな人に嫌われていたと思います。

私自身がかつて嫌わていました。理由は時間を守らないからです。気を抜くと約束の時間、定刻を忘れがちで、それで多くの人に迷惑をかけたと思います。必死にメモする、PCに付箋を貼るなどして、なんとか時間を守る癖を身に着けました。

職場で嫌われていたら考えるべきこと

あなたが職場で嫌われていることに気がついたなら、それはショックなことだろうと思います。

嫌われるのにはいろんな要因が考えられます、。

そんな「嫌われている」という事実に気づいたなら、今からあなたがやるべきことがあります。

なんとかここから、嫌われている現状を打破するために動き出しましょう。

嫌われている原因は?

あなたはまず、「なぜ嫌われているのか?」から考えなくてはいけません。

自分が嫌われている原因を考えるのは確かに苦しいです。

しかし、「どうして嫌われているのか」がわからないと、今後の行動指針も立たないのです。

自分の行動を思い返して、なにか他人の気に障ることはなかったか。

自分と接していた人がなにか嫌な顔している人はいなかったか。

今一度考えてみてください。

自分のせいなのか他人のせいなのか

嫌われている理由は、なにか自分の不手際なのか、それとも勝手に他人が自分に対して嫌な感情を抱いているのか。

それも重要です。

自分が悪いなら単純にその原因を取りさらえばいいのですが、問題は他人が勝手に自分を嫌いになっているパターンです。

勝手に嫌われているとしたら、こちらからできることは何もないからです。

自分は悪くないのに職場で嫌われているような人はいっそ、転職で職場を変えてしまうことを一度考えてみるべきでしょう。

職場の人間関係で悩む人へ。こうすれば人間関係は改善できる
「職場で苦手な同僚がいて悩んでいる」 「上司が怒ってばかりいて、会社に行くのが辛い」 こんな風に悩んでいませんか? なるべく関係を持たないようにしたくても、仕事上でコミュニケーションが必要になってしまうのが職場というもの。 ...

仕事に集中する

職場で嫌われているなら、もういっそ人間関係は諦めて仕事に集中してください。

しょせん職場の人間関係です。

仮に働く職場が変わったらその人とも会わなくなるのです。

そんな一過性の人間関係を心配したり気に病む時間は無駄です。

仕事に集中しましょう。

明らかに自分に問題があるなら問題を改める

明らかに自分のなにかに問題があるなら、それを手早く見つけて問題を解決しましょう。

自分では普通の言動でも、それが他人にどのように受け止められているかは、はっきとわからないもの。

自分のこれまでの過ごし方を考えて、問題がなかったか今一度思い返してみてください。

嫌われている人から無理して好かれる必要はない

結論めいたことを言ってしまえば、はっきり言ってあなたは無理して他人に好かれる必要はないのです。

どうしたってあなたを好きにならない人はいます。

その事実を一度認めて、その人から好かれることを一度諦める。

これで、職場は一気に過ごしやすくなるはずです。

上でも言いましたが、どうにもならない人間関係に直面したら、転職という2文字を一度考えてみてください。

職場で嫌われているときやるべき対処法

もう少し詳しく、「嫌われている」と感じたときの対処法を考えていきましょう。

あなたは「嫌われている」と感じただけでも、それは大いなる一歩なのです。

誰かに相談する

難しいかもしれませんが、あなたが今誰かに嫌われているかもしれない事実について、誰か第三者に相談してみてください。

上司や、同僚、その他第三者に相談することで、「皆に好かれる努力をしている」という印象を与えることができます。

自分一人の判断で動くのは、独りよがりな行動となるので何かと失敗しがちです。

フリーランスの生き方も検討する

あなたはそもそも会社で生きるのに向いてないのかもしれません。

企業で働かないで、自分ひとりの力で仕事する「フリーランス」としての働き方を模索してみましょう。

フリーランスとして働くのは、仕事以外にも多くの能力を求められるものですが、人間関係で悩むことはなくなります。

最近はフリーランスで働く人の割合も増えているので、以前より日本はフリーランスで働きやすい土壌が整っています。

職場で嫌われている人が読むべき本

職場で嫌われていると感じたなら、本からその対応策を学ぶのも良いでしょう。

読書によって、人間関係の対処法を学ぶだけでなく、自分の姿を本の内容から映し出すこともできるでしょう。

具体的におすすめの本を紹介します。

嫌われる勇気

ベタですが、アルフレッド・アドラーの心理学を学べる本「嫌われる勇気」はおすすめです。

人間関係で大切なのは、「好かれないで平気なメンタルを手に入れること」だという目からうろこの知見を授けてくれる本です。

人間関係で悩む読者に、「人間関係の改善案」ではなくて人間関係についての正しい価値基準を教えてくれるはずです。

その悩み、哲学者がすでに答えを出しています

この世のあらゆる悩みに対して、過去哲学者の残した言葉から解決を狙う本です。

タイトルの通り、現代人の悩みの多くは、過去哲学者が哲学で問題にアプローチ済みです。

本では、人間関係以外の問題も扱っていますが、人間関係についても多くの学びがある本でおすすめです。

職場で嫌われているまとめ

いかがだったでしょうか。

今回は「自分は職場で嫌われているのでは」と思っている女性に向けて、嫌われている女性の特徴、さらに嫌われているときの対処について学びました。

人間関係に問題を抱えながら、毎日職場で仕事するのはかなり苦痛です。

どうしても無理そうなら、一度転職も含めて検討してみましょう。

コメント