登録者数の多い人気の転職サイト
高年収求人数No.1!「ビズリーチ」
ビズリーチ
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
公開求人数
80,000件
非公開求人数
非公開
対応地域
全国+海外
対象属性
30~50代の男女
強い業種
全業種
年収UP率
90%以上
年収600万円以上を望む方からの支持率No.1のビズリーチ!他社サービスに比べスカウト機能が充実しており、ハイクラス求人数も業界イチです。
ビズリーチの無料登録へ
転職者が選ぶ顧客満足度1位の「doda」
doda
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
公開求人数
77,778件
非公開求人数
61,365件
対応地域
全国+海外
対象属性
20~50代の男女
強い業種
全業種
年収UP率
非公開
求人数は業界ナンバーワン!また、「初めての転職」におすすめの転職サイトです。サポート体制に定評があり、サービス利用者の満足度も業界トップクラス!
dodaの無料登録へ

職場を変えるタイミングを見逃すな!好機の兆候とは?

スマホ 探す 悩む スーツ職場の悩み

職場を変えるという判断はとても大きなものです。

その後の人生を大きく変えてしまう決断なので、おいそれと結論を出すわけにもいきません。

職場を変えるつもりがあるなら、転職するのに最適な時期をしっかり見極めて、その好機のタイミングにしっかり乗って職場を変えることにしましょう。

今回は転職を考えている方のために、職場を変えるタイミングの見極め方について、詳しくご紹介したいと思います。

これが職場を変えるべきタイミング!

ずばり、「これが職場を変えるタイミング」というお話からしていこうと思います。

もちろん、職場を変えるタイミングというのは「いつでもいい」わけがありません。

長年働いてきた会社ならなおさら、職場を変えるべき適したタイミングは存在します。

あらかじめそのタイミングをしっかり見極めていきましょう。

会社の中であなたの存在意義がない

会社の中であなたの存在意義があるかどうか、そこが転職時期のタイミングを決める大きな要因です。

存在意義とは、あなた自身が所属している会社に対して求められた意義に応えられている実感です。

会社は社員へ成果や実績、そしてひいては売上を求めるものです。

そうした会社から求められている要素に応えられてない、社内に存在意義がないと感じた時、それは職場を変えるタイミングといえるでしょう。

ほかの社員の前で叱られる

他の社員の目がある中で、自分が犯した失態について叱られると、それだけで大きなストレスです。

上司はあなたの犯した失態が、たとえあなたの過失が大きいものだったとしても、それを他社員の前で叱るべきではないのです。

人前で失敗を追求された時点で、それはコーチングではなくなります。

「人前で叱られた」ストレスで、その後何を指摘されてもその内容が頭に入らないのです。

上司が部下の失態を責める時は個人的な場で、同時に前向きなフィードバックを行なうことが必要になります。

もしひと目で失態を責めてくるような上司がいたなら、その会社で長く働く必要はありません。

職場を変えるタイミングを見極めて、早めに転職してください。

仕事の先にある景色が見えない

簡単に言えば、仕事を続けてもその先に成長できそうにないと感じたその時が、職場を変えるタイミングかもしれません。

仕事を続けて、その仕事でスキルが身について、そのスキルでさらにステップアップすることができる職場が、「いい職場」だと言えます。

働いても働いても、日々を食いつぶすだけ。

そんな毎日を送るだけの職場なら、なるべく早く転職して別の職場に移ってください。

上司と話が通じない

上司が自分のことばかり考える場合、自分の上司のことばかり考えていた場合、その職場に長くいる必要はありません。

職場でのリーダーたる上司は、自分の部下に注意を配って適切に指示する責任があります。

しかし上司が自分のこと、自分より上のことばかり考えているようなら、早くその職場から離れるべきです。

上司を変えるのは難しいです。

一気に部署を変えられるなら良いですが、そうでないなら早めに転職してしまいましょう。

上司の時間の使い方は、自分が働く職場を考える上で大きなヒントとなります。

会社で働かされているだけ、という実感がある

大きな会社で働いてる場合、社員が多いので、多少社員が辞めたところで、会社には大きな影響はありません。

そこで働く社員、特に若手社員なら、「働かされているだけ」という感覚で仕事することになるかもしれません。

社員同士の繋がりが希薄、上司が社員をまったく気にかけてくれない、など、仕事しに来ているだけだと感じるようなら、その職場にい続けるメリットがありません。

そんな感覚でずっと働くことはできません。

そのときこそ、職場を変えるタイミングといえるかもしれません。

仕事行きたくなくて身体に変調を来した

職場に仕事へ行きたくなさすぎて、からに不調を来しているとしたらそれは、職場を変える絶好のタイミングです。

職場にいるのは、何も身体を壊すためではありません。

職場での仕事によって身体に変調を来していると感じたなら、早めに職場を変える決断をしたほうがいいと思います。

仕事することで健康被害を受けている人は社会のなかで意外と多いです。

仕事に行きたくなくて吐き気や涙が出るときは危険信号!最適な対処法とは
「仕事に行きたくない」 「吐き気がするし涙も出てくる。もう仕事したくない。」 このように毎朝起きて、仕事のことを考えれば考えるほど拒否反応を起こし、吐き気や涙が出てきて悩んでいませんか? はっきりいって非常に危険な状態です。 ...

職場を変えることに後ろめたさを感じる必要はない

職場を変えることによって、人によっては「会社に迷惑をかける」「会社に嫌がられる」という後ろめたさを感じる人もいます。

しかし職場を変えることで、何も後ろめたさを感じる必要はありません。

会社は組織です。

組織というのは、欠員が出てもその欠員を埋めることができるように仕組みが出来ているものです。

逆に、欠員が出てもその欠員に対して何もしないような会社は、いい会社ではありません。なんにせよ、その職場を変えるタイミングは今かもしれません。

考えてみてください。

会社というのは、あなた一人のちからで出来上がっているものではないのです。

あなたの代わりはいます

あなたが一人抜けたところで、企業の中でのあなたのポジションは他の誰かが埋めてくれます。

社会においてどんな場所でも、あなたの代わりになる人間はいます。

ですから、あなたが抜けることで誰にも、どこにも後ろめたさを感じる必要はないのです。

あなたが辞めることで「他人への影響」を嫌がってるとしたら、それはかなりお門違いです。

人はすぐ忘れるもの

「自分が抜けることで、ずっと自分の悪い記憶を引きずるのでは…」

そんな懸念がある方も多いでしょうが、それも杞憂です。

人間というのは、一つの記憶をすぐに忘れてしまうもの。

誰かに対して悪い記憶があったとしても、その記憶がずっと残るはずもなく、徐々にその記憶は薄れていくものです。

人から嫌われることを過度に気にする方も、人の記憶の曖昧さを理解すればすぐその気持も薄らいでいくはずです。

会社を変える決意が降りない時の教え

職場を変えるタイミングがわからず、実際に転職する決断を下ろせない方に、私から教えを授けたいと思います。

冷静に「職場を変えた後」をイメージしましょう

職場を変える決断を下ろせない理由は、転職した後の未来がわからないからでしょう。

ですからまずは、「転職して職場を変えた後の生活」をなるべく具体的に、現実的に想像しましょう。

その想像が現実的であればあるほど、職場を変えるハードルは下がっていくはずです。

自分が超えられるくらいハードルを下げたら後は、そのハードルを乗り越えるだけです。

職場を変えるメリットとデメリットのバランスを考えましょう

職場を変えることには、メリットもデメリットも両面存在します。

そうした転職のメリットとデメリットを考えてみて、職場を変えるメリットがデメリットを凌駕した時こそ、職場を変えるタイミングです。

もちろん短絡的に、「嫌なことがあった」などは転職の理由になりませんが、長い目で見てメリットのほうが大きいようなら無理せず転職をおすすめします。

職場を変える決意ができたら転職エージェントへ相談しましょう

転職することは決めたが、どうやって次の職場を決めたらいのかわからない…。

そんな方は、すぐに転職エージェントへと申し込みを行って下さい。

DODAエージェント

転職する方にまずおすすめしたいのが「DODAエージェント」です。

数ある転職エージェントの中で業界第二位の規模を誇るDODAエージェントは、テレビCMでもすっかりおなじみですよね。

DODAエージェントの強みはなんといっても、他の転職エージェントよりキャリアコンサルタントの対応が良いことです。

キャリアコンサルタントとしっかり二人三脚で転職したい方はぜひ、DODAエージェントのサービス利用を申し込んで下さい。

dodaの使い勝手は?サポートの充実性は?
dodaの利用を検討している方は特に、dodaエージェントのサービス、利用者の評判が気になりますよね。 転職エージェントの中でも、比較的大手転職エージェントであるdoda。 dodaを利用したサービスの使い勝手、特徴、dodaの...

リクルートエージェント

転職エージェント第一位の規模を持つリクルートエージェントもやはりおすすめです。

リクルートエージェントが優れているのはやはりその「求人の多さ」です。

他の転職エージェントとは段違いの求人数があるので、あなたにとって理想的な企業の求人がきっとあるはずです。

リクルートエージェントの使い勝手はいい?サポートの充実さは?
転職業界ナンバーワン転職エージェント、リクルートエージェントの紹介です。業界ナンバーワンの求人数と、業界ナンバーワンの実績を持つ転職エージェントですから、利用者の幸せな転職をきっとアシストしてくれるはずです。

会社を変えるタイミング まとめ

今回は現在の会社で働くことに何らかの不満を覚えている方が見極めるべき、「職場を変えるタイミング」について説明しました。

転職というのは、人生の方向性をまるっきり変えてしまうものなので、くれぐれも慎重に職場を変えるタイミングを見極めてください。

実際に職場を変える決断を下したとしても、くれぐれも慎重にその転職活動を進めてください。

コメント