職場でのコミュニケーションが苦手なら絶対にやるべき5つのこと

職場の悩み

会社で働いていると、職場で同僚や上司、その他同僚とのコミュニケーションを取るのを避けられません。

人と関わっていると必ず、「この人とは話が合わない」「話が通じない」と感じる人がいるものです。

そんな、生きている上で避けて通れない「職場のコミュニケーション」に対して苦手意識があるなら、なんとか対策して職場のコミュニケーションに対する苦手意識を払拭しなくてはいけません。

コミュニケーション自体に苦手意識を持っている人も多いですが、コミュニケーションというのはコツを掴めば簡単です。

コツさえつかめば誰でもできるようになる「コミュニケーション」を職場でも円滑にこなすための秘訣を、今回はお話したいと思います。

知らないと苦労する!職場に馴染めない人の特徴と馴染む為の方法
「明日から新しい職場だけど、馴染めるか不安」 「入社して1か月、自分もしかして馴染めてない?」 こんなことを思って一人で悩んでいませんか? 転職したばかりや、就職したばかりのときは、なかなか職場に馴染めずに悩むことも多いですよね ...

コミュニケーション力が高い人とは?

具体的に「コミュニケーション」や「コミュニケーション能力」といった、ぼんやりした言葉をしっかり定義して考えていきましょう。

意味のしっかりわかってない言葉に関して、深く考えることはできません。

コミュニケーション能力が高い人の定義

そもそもコミュニケーション能力とはどんな能力なのでしょうか。

これは私も個人的に長年悩んでいたのですが、有名ブロガー「シロクマ」さんの記事を読んで納得しました。

シロクマさんいわく、コミュニケーション能力とは「他人の行動の確率を変化させて自分または双方に適応的状況をもたらす能力」のことだということです。

これは納得です。

コミュニケーション能力の高い人は、会話や身振り手振り、表情などを使って、結果的に自分にとって都合のいい環境を作ります。

営業なんてそのいい例です。

上手に自社の製品を売り込んで、契約や購買に至る。

結果的に会社にいい結果をもたらして、自分の利益にもつなげる。

これができる人がコミュニケーション能力の高い人だと言えるでしょう。

参照:【コミュニケーション能力=他人の行動確率を変化させて自分にとって適応的な状況をもたらす能力】

たくさん話すのがコミュニケーション能力の高い人ではない

コミュニケーション能力の高い人は、単純に人よりたくさん話す展なんてイメージがあります。

しかし実はそうでもありません。

たくさん話しても、実は内容のないうすっぺらいことしか言ってない人も多いです。

本当にコミュニケーション能力が高い人というのは、「今話すべきことだけを、的確に取捨選択して話すことができる人」のことを指します。

ただペラペラ話すだけの人は、ただのおしゃべり好きでしかありません。

現代はコミュニケーション能力を求められる時代

現代日本は特に、コミュニケーション能力を求められる時代だと感じています。

新卒を採用する条件でも、「コミュニケーション能力」をあげる企業がほとんど。

それはやはり、事業を円滑に進めるためには、職場で円滑にコミュニケーションを行う能力が絶対に必要だからに他なりません。

普遍的に、どんな場でも役立つスキルですから、コミュニケーション能力をつけておいて困るということはありません。

職場のコミュニケーションが苦手な人の特徴

職場でのコミュニケーションに対して苦手意識がある人というのには共通点があります。

具体的にどんな共通点なのか?

職場のコミュニケーションに苦手意識があり、うまくコミュニケーションが取れない人の特徴を調べてみましょう。

同僚や上司の顔を伺いすぎる

基本的にコミュニケーションが苦手な人というのは、相手の顔色をすごく伺います。

上司や先輩など目上の人の顔色を伺うこと自体は全然悪くないのですが、顔色を伺いすぎて結果的に言いたいことも言えなくなっては意味がありません。

職場でコミュニケーションを取ることは、「程よく顔色を伺う」ことを心がけてください。

自己肯定感が低く自信がない

基本的にコミュニケーションが下手な人は、自己肯定感が低いです。

自己肯定感が低く自分に自信がない人は、自信がないゆえに自分を出して話すことができません。

自分の話ばかりしている

よく話すコミュニケーションが下手な人がこれです。

コミュニケーションは基本的に、キャッチボールとも例えられるように投げて返しての連続です。

投げて投げてを繰り返していては、円滑にコミュニケーションは取れません。

というか基本的にコミュニケーションがうまい人は、相手の言葉を受けてばかりです。

人間は誰しも相手に自分の話を聞いてほしいものです。

コミュニケーションが苦手な人は、このキャッチボールを成立させる気が基本的にありません。

基本的に話を聞いてない

そもそもとして、相手の話に興味がない、とも言えます。

コミュニケーションを円滑に進めるためには、まず相手の話す言葉に興味を抱くことが何より大切です。

職場の人間関係を円滑にするためのコミュニケーション術

職場の人間関係を円滑にするコミュニケーション術にはコツがあります。

逆に言えば、コツさえ抑えれば誰でもコミュニケーション術が上達するはずなのです。

はきはき話すことを心がける

聞き取りにくい声で話す人の言葉なんて、誰も聞いてくれません。

はきはきと語尾までしっかり話す人の声と言葉に、人は心動かされるのです。

コミュニケーションでこちらが話すときに考えるべきなのは、こちらが何をどう話すか、です。

自分の好きなことを好きなように話しているようではいけません。

ボディランゲージを駆使する

人間はボディランゲージをまじえて話す人に「熱意」を感じるものです。

熱意を感じて、「自分としっかり向き合って話してくれていると思うもの。

それにより好感を覚えるのです。

上司に話を聞いてほしい時、同僚に意見を聞いてほしい時、いずれも会話時にボディランゲージを交えて話すことでよりあなたの言葉を聞いてもらいやすくなります。

誠意を持って相手の言葉を聞く

相手の言葉を、誠意をもって聞くこと。

相手の言葉を受けて、その言葉を受けて自分の話すことを決めること。

会話のコツは、まず相手の言葉を聞くことからです。

しっかり聞いて、慎重に話して、その連続がコミュニケーションです。

社内でコミュニケーションを取る必要性

社内で、職場という限られた環境でコミュニケーションを取る大切さをお話します。

評価されない

まず、上司としっかりコミュニケーションを取って、上司としっかり関係を築けてないとなると、上司からの評価を受けるに至りません。

上司は、心を許した相手をしっかり見ようとするもの。

上司としっかりコミュニケーションを取ってないとなると、どれだけ成果を上げてもその仕事の評価を期待できません。

仕事を理解できない

職場で上司や先輩とコミュニケーションを取っていかないと、振られた仕事を理解できなくてもその疑問を解決できません。

わからないことがあったら気兼ねなく聞ける関係性を作っておけば、仕事で「わからない」なんてケースを無くすことができるというわけです。

逆に、仕事でわからないことがあって困り果てている人の多くが、「上司や先輩と気兼ねなく話せる関係性を築けていない」ということが言えます。

職場のコミュニケーション苦手 まとめ

職場のコミュニケーションが苦手な人には、一定の共通点があります。

職場で円滑にコミュニケーションを取れてないと、上司から評価されない、評価を適切に受けることができないなど多くの問題が出てきます。

誰にとっても、職場でのコミュニケーションは円滑にしておくべきで、そのためのコツはしっかり抑えておくべきです。

コメント