「紹介予定派遣」とは?基本的なルールと派遣との違いを詳しく解説!

転職のつなぎ派遣社員 派遣会社の分析・評価

フリーランスの時代と言われる昨今ですが、安定した雇用を求めるのであれば、やはり企業の正社員が一番です。

しかし、先行き不透明な時代において、企業は正社員を雇用する負担が大きくなっているので、負担の少ない「派遣社員」を雇う状況になっています。

「派遣社員のわたしではとても無理だ」と、あきらめかけているあなたにおすすめなのが、「紹介予定派遣」です。

紹介予定派遣とは、どんなシステムでどんなメリットがあるのか、この記事では「紹介予定派遣」について、詳しく解説します。

そもそも「紹介予定派遣」とは?

「紹介予定派遣」にはどんなルールがあるのでしょうか?本項では「紹介予定派遣」の初歩について紹介します。

「紹介予定派遣」の基本ルール

「紹介予定派遣」とは、直接雇用を前提とした派遣のことです。

派遣期間終了後に、派遣先の企業と直接雇用を結ぶことができます。

派遣期間を「試用期間」として捉え、本人は企業との相性を見極めることができ、企業は直接雇用をすべきかの判断ができます。

正社員雇用のように、最初から直接契約を結んでしまうと、相性が悪くてもそのまま入社することになるので、退社のリスクが高まります。

紹介予定派遣であれば、双方の相性を見極めることができるので、このミスマッチを解消することができます。

「紹介予定派遣」のメリット・デメリットとは?

直接雇用が保証されている「紹介予定派遣」ですが、他にもメリットがあります。それが次の3つです。

①派遣先の企業を体験できる
期間中に、職場の雰囲気や社内のしくみなどが分かります。実際に働くことができるので、相性や職場の雰囲気を判断することができます。

②就業のチャンスをもらえる
未経験や経験の浅い人でも、就業のチャンスがもらえます。

派遣期間中に仕事を覚えたり、職場の人間関係を築けたりと、正社員登用されたら即戦力になれます。

③派遣会社のサポートがある
期間中は派遣会社のサポートを受けられるので、派遣先企業との間に入って交渉してくれるメリットがあります。

デメリットは「確実に正社員になれるわけではない」という点です。

あくまでも「直接雇用」であって、「正社員」になれる保証はありません。

派遣元から派遣先の会社へ「直接雇用」となるだけなので、「契約社員」からのスタートという可能性があります。

ここが紹介予定派遣における注意点です。

「派遣」と「紹介予定派遣」ってどこが違うの?

直接雇用を前提とした紹介予定派遣ですが、通常の派遣どんな違いがあるのでしょうか?

「派遣」と「紹介予定派遣」の違いは主に次の2つです。

① 事前面談がある
「派遣」は、派遣の前に相手先企業と面談をすることは禁止されています。

しかし、「紹介予定派遣」は、派遣の前に相手先企業と事前面談が行われます。

直接雇用を前提とした派遣なので、企業側が事前審査を行う必要があります
② 派遣期間
「派遣」は、派遣期間が最長3年以内という定めがあります。

「紹介予定派遣」の派遣期間は最長6ヵ月という定めがあります。期間が短いのは、直接雇用を目的とした派遣であるため、試用期間という捉え方となっているためです。

「紹介予定派遣」の特徴を知る

メリットの多い紹介予定派遣ですが、そのシステムは、派遣会社と企業で成り立っています。

派遣会社としては、登録者に安定した企業を紹介できる場として、企業としては将来有望な人材を確保できる場として、相互に依存する形となっています。

本項では紹介予定派遣の特徴と、流れについて解説します。

「紹介予定派遣」には手数料が必要

働く人にとってメリットの多い紹介予定派遣ですが、実は派遣先である企業側には、手数料が発生しています。

定められた派遣期間を終え、採用決定となった際に「紹介手数料」を、派遣会社に払う必要があります。

紹介料の相場としては、派遣希望者がその企業に勤務した時の年収の「約20%~35%程度」です。

想定年収が400万円であれば、企業から派遣会社へ支払われる紹介料は、「80~130万円程度」となります。

このことから、企業側は大きな負担をしながら採用を決めるので、派遣希望者としては、不退転の覚悟で努める必要があります。

「紹介予定派遣」の流れを知る

では、紹介予定派遣を実際に利用する場合、どんな流れになるのでしょうか?

ここでは、紹介予定派遣の登録から、就業までの流れを見ていきます。大まかな流れは次の通りです。

〈紹介予定派遣の手順〉

  • 派遣会社に登録
  • 派遣会社から仕事の紹介
  • 派遣社員として就業
  • 意思確認・正式採用or契約終了
  • 派遣先へ入社

紹介予定派遣を取り扱っている派遣会社に登録します。

登録の際には、希望の職種、スキルなど、自分の基本情報を派遣会社のフォーマットに登録します。

登録しておいた情報とうまくマッチした場合、派遣会社から仕事が紹介されます。

会社名や仕事内容など、派遣社員としての条件が提示されるので、就業を希望するかどうかを決めます。

就業を決めたら派遣会社と雇用契約を結ぶ

就業を決めた場合、派遣会社と雇用契約を結ぶことになります。

派遣期間中は、派遣先企業が自分に合っているか、職場の雰囲気はどうかを確認します。

同時に、自分もどんな仕事振りかを査定されている期間なので、自分の希望の会社であればアピールする必要があります。

派遣期間終了と同時に、派遣社員と派遣先企業の双方合意の意思確認が行われます。

派遣社員は、「社員として働きたいか」、企業は「直接雇用したいか」を決定します。双方の合意にいたらなかった場合、派遣契約は終了となります。

直接雇用となった場合、派遣先企業と雇用契約を結ぶことになります。

面接はハードルが高い!?

紹介予定派遣は、派遣の就業前に「書類選考」「面接」が実施されるケースが多いです。

そこで気になってくるのが、「ハードルの高さ」ではないでしょうか?

やはり通常の派遣と比べると、直接雇用を目的としているのでハードルは高いです。しかし、正社員雇用ではないので、正社員採用の基準よりはハードルが低いといえます。

派遣<紹介予定派遣<正社員

といったイメージです。

紹介予定派遣は、直接雇用を目的としているので、正社員雇用と同じ気持ちで挑む必要があります。

しかし何か不安なことがあっても、派遣会社のサポートがあるので心強いです。

紹介予定派遣Q&A

ここまでくると紹介予定派遣について、疑問を持つ人が出てくるのではないでしょうか?

本項では、これから紹介予定派遣を利用する人が抱える疑問と答えを解説します。

Q.正社員になれる確率は?

一番気になるのが、紹介予定派遣から正社員になれる確率ではないでしょうか?

実のところ、紹介予定派遣を利用した就業者のうち、実際に正社員になるのは全体の約20%~30%だといわれています。

「低い…」と感じると思いますが、これには理由があります。

企業側の採用したい意志はもちろんのこと、本人がその企業で働きたい意志がなければ成立しません。

紹介予定派遣と直接雇用が成立するには、「双方の合意が必要」だからです。

紹介予定派遣制度は事前面談があるので、企業から直接雇用を断られることは全体的にみると少ないといわれています。

直接雇用にならないのは、そのほとんどが就業者側から辞退しているのが実態なのです。

Q.派遣先…断りたかったら?

紹介予定派遣で働こうと思っている人が気になることと言えば、「直接雇用を断っていいのか?」ということではないでしょうか?

答えはもちろん、断れます。

直接雇用を断ることでのペナルティはないので、遠慮なく断ることができます。

紹介予定派遣で働き出すと思っていた会社と違ったり、自分には合わなかったりと感じることがあります。そのまま働き続けても、双方共にデメリットしかないので、無理なら断ることが正当であるといえます。

Q.おすすめの派遣会社はありませんか?

やはり、案件や実績が豊富な大手の派遣会社がおすすめです。

とりわけ、口コミや評価の高い派遣会社が次の2つです。

「テンプスタッフ」
業績ランキング7年連続ナンバー1で、40年の歴史のある派遣会社です。

310,000件の仕事件数があり、500種以上の職種を取り扱っています。世界600拠点以上に展開しており、口コミランキングでも上位を位置しています。
引用元:中原中也 在りし日の歌より春日狂想
「スタッフサービス」
スタッフサービスは、幅広い業種・職種の案件が豊富にあります。未経験でも働ける案件が多数あります。

2018年3月時点で、取引先件数46,489件、有効登録者数、約 115万人の実績があります。

全国47都道府県で展開しており、こちらも口コミランキングで上位を位置しています。
引用元:中原中也 在りし日の歌より春日狂想

紹介予定派遣の求人数はどれくらいあるの?

メリットの多い紹介予定派遣ですが、実際の求人数はどれくらいあるのでしょうか?

結論から言うと、紹介予定派遣の求人は通常の派遣求人と比べると少ないです。

先述した、「テンプスタッフ」は、2019年1月時点で、15000件中「3000件」、「スタッフサービス」は、4万件中、「6000件」と数が少ないのがわかります。

しかし、紹介予定派遣のメリットの多さから考えると、トライする価値は十分にあります。

まとめ

よく「企業は一時的な人手不足を解消しようと派遣社員を雇う」といいます。しかし、これでは、働く人にとっては不利になります。

「2018年問題」により、この考え方が見直されつつありますが、まだまだ派遣で働く人のインフラは不十分です。

この問題を解消するのが、今日紹介した「紹介予定派遣」です。

直接雇用が目的とされているので、働く人にとってはチャンスになるし、企業にとっては、優良な人材を見極める場になります。

これらを踏まえると、今後、紹介予定派遣が主流となっていくのです。安定した企業で働くために、紹介予定派遣のしくみを知ることからスタートします。

コメント