薬剤師の言う「新患」が指す意味とは?

薬剤師の専門用語集

新患とはそのものずばり、「新しい患者さん」を指す言葉です。

調剤薬局やドラッグストア病院、いずれのところに来た新しい患者さんが「新患」となります。

薬剤師の使い方としては、「新患さん」など、スッタフ間で呼称を共有するのが一般的です。

新患さんでわかりにくい時は、「眼鏡の新患さん」など、印象に残りやすい特徴を添えると効果的になります。

とはいえすべての職場で働くすべての薬剤師が、この「新患さん」という呼称を使うかと言うとそういうわけでもないです。

とある病院で働く薬剤師は、新患ではなく「初診の患者」なんて呼び方をしてたそうです。

調剤薬局では比較的頻繁に使われる呼称かもしれません。

新患に対する受付からお薬お渡しまでの流れ

薬剤師は、調剤薬局や病院で、新患さんとどのように対しどのように接するのか。

薬剤師の、受付から調剤後お薬のお渡しまでの流れを具体的にご説明します。

多少の違いはあれど、薬剤師はの対応はほとんど同じだろうと思います。

処方箋受け取り

まずは、医療機関にて発行された新患さんの処方箋を受け取ります。

これが薬剤師の受付です。

この時、処方箋と同時に、保険証やお薬手帳も受け取ります。

新患さんの残っているお薬「残薬」もあればそれも聞いておきます。

処方箋確認

処方箋の内容と、薬歴も確認して、ここで不明な点があれば処方した意思に問い合わせます。

用法、用量は適切課、飲み合わせの問題、副作用歴、同じ成分の薬が現在重複してないか、など処方箋の内容などから確認します。

ここで問題がないかしっかり確認するのも、薬剤師にとって立派な仕事のうちです。

ジェネリック医薬品の説明

処方された内容によって、一部経済的に優れている「ジェネリック医薬品」への変更が可能な場合があります。

その場合は、患者さんに確認してジェネリック医薬品への切り替えも検討します。

調剤

処方箋に基づいて、いろいろな薬剤を調剤します。

場合によっては、飲みやすいように小分けにしたり、粉砕することも多いです。

難航や扮薬、シロップ剤などの混合など、薬によっては多くの時間がかかってしまうこともあります。

調剤された薬の確認

調剤されたお薬を確認します。

ここで確認漏れがあると、患者さんの健康を害してしまうこともあります。

お薬お渡し

ここでようやく調合したお薬のお渡しとなります。

患者さんの症状を聞きながら、お薬の飲み方や効果や注意事項を説明します。

ここでも間違った飲み方などを言ってしまうと、患者さんの健康にかえって悪影響を及ぼすことになりかねません。

患者さんの疑問をしっかりここで聞いておくことも大切です。

薬歴を記録

現在患者さんが服用している薬の内容、副作用歴、アレルギーなど説明した内容を毎回記録します。

今後の治療経過の確認や、今後の服薬指導にこの記録が役立ちます。

新患とのトラブル

実は、新患さんとはトラブルが絶えません。

初診の患者さんというのは、お薬をお渡しする前にもいろいろな手続が必要になるからです。

あらかじめどんなトラブルがあるのか?

前もって押さえておきましょう。

ジェネリック医薬品を過度に嫌がられる

ジェネリック医薬品は一般的に普及しています。

大手医薬品メーカーもジェネリック医薬品製造を行っていることもあり、品質も一般的な薬と変わりません。

そして制度のおかげもあり、ジェネリック医薬品の値段は安いです。

最近のジェネリック医薬品は、先発医薬品の5割ほどの値段で買えるほどです。

しかし「安い薬」と聞くと、それだけで拒否感がある人が一定数いるもので、「ジェネリック医薬品」の話をするだけで怒る患者さんも多いのです。

薬剤師は調合の際、最初に「ジェネリック医薬品」の話をしなくてはならないのですが、この時「安物はやめて」と怒られるトラブルも実は多いです。

初回アンケートを拒否される

調剤薬局などは、新患さんに薬を渡す前に、色々確認しなくてはならないことがあります。

特に大事なのが住所などの「個人情報」です。

個人情報を確認するためにも、初回はアンケートの記入が必須項目となるのですが、この時「なんで書かないといけないの?」と怒られるケースも多いのです。

「個人情報を確認しないと保険が効かなくなる」と言っても、書いてくれない場合が多いです。

患者さんがこちらの言う通りに動いてくれないケースは困ってしまいますね。

「処方箋通りに薬を渡すだけ」の仕事として下に見られる

多くの人が「薬剤師は処方箋通りに薬を調合して渡すだけ」という簡単な仕事として認識しています。

薬剤師は客商売な点もあるので、多少は耐えなくてはいけないとわかってはいても、あんまりにもきつい言葉で言われると傷つく薬剤師が多いです。

新患 まとめ

新患とは、読んで字の如し「新しい患者さん」のことです。

薬剤師間で話す際に「今来られた新患さん」という使い方をします。

薬剤師は新患さんを丁寧に扱ってなんぼの仕事ですから、なるべくトラブルのないようにしたいですよね。

コメント