仕事が遅いと思われる人の特徴と改善法

つらそうな女性社員 仕事のストレス

自分では必死に仕事しているつもりでも、人からみたら「仕事が遅い」と言われることもあり、「どうすればいいんだ」なんて思うこともしばしばです。

しかし会社での仕事は他の社員や上司など、様々な人の人生に関わる話です。

「仕事が遅い」という評価は、様々な人に迷惑をかけかねないのです。

どんな人が「仕事が遅い」という評価を受けがちなのか?

仕事が遅いというその評価を覆すにはどうすればいいのか?

今回は結果を求められる企業生活において、「仕事が遅い」と思われないための対処法について考えていこうとおもいます。

仕事が遅いままで言い訳はありません。

そして、意外と簡単にその悩みは解決するかもしれないのです。

仕事が遅い人の特徴

どんな人が、仕事が遅いと言われるのか。

仕事が遅い人の特徴から調べていきましょう。

任された仕事を、時間かけず効率よくこなしていれば「仕事が遅い」という評価は受けないはずですが…。

考えながら仕事できない

仕事をしている中で頭を使ってない人は、「仕事が遅い」という評価を受けがちです。

仕事している中でも、「どうすればもっと効率よく作業できるか」「もっと時間をかけずに作業できないか」ということを、自分の知識や経験から考えることができない人は「仕事が遅い」と言われがちです。

決まったやり方で仕事するのは大切ですが、改善する方法を探すのも大切です。

いつも業務中は状況をよくするために頭を使っているべきなのです。

タイムマネジメントが下手

この仕事にはどれくらい時間がかかるか、一日のなかのどの段階でやるべき仕事か、そうした一日の「先行き」が見通せない人は仕事が遅い人と見られがちです。

ただ「面倒だ」という理由だけで仕事を後回しにしていては、ずっと仕事は終わりません。

しっかり仕事の優先順位を考えて、面倒な仕事だったとしても、しっかり効率よくこなすことが大切です。

仕事が早い人は、今日一日やるべき仕事を早い段階で考えています。

完璧主義者である

仕事が遅い人ほど、仕事がすごくできる訳ではないのに完璧主義者です。

仕事が丁寧なのはもちろん良いことですが、必要以上一つの仕事にリソースを割いていては、結果的に仕事が遅い人だという評価をくだされてしまいます。

一つの仕事に必要以上時間をかけすぎることなく、適切な時間配分で、リソース配分で仕事を次々こなす人が、真に仕事ができる人なのです。

コミュニケーション能力が低い

仕事する上において、上司や同僚などとコミュニケーションを取ることは避けられません。

本当に一人だけで仕事に没頭できるのは、職人くらいのものではないでしょうか。

上司などとのコミュニケーションにおいて、会話の中で仕事の芯を捉えることのできないコミュニケーション下手の人は、仕事のスピードも遅いです。

同僚などから、仕事のコツや効率よく仕事するコツなどを聞ければ、もっと仕事を早くこなすことができるはずなのです。

メンタルが弱い

仕事が遅い人は、当然ですが上司から怒られがちです。

そして、仕事が遅いとその怒られた事に対して、必要以上にくよくよしがちなのです。

仕事ができる人ならば、上司から少し言われたとしても、それをむしろはねのけるくらいの気持ちで仕事するはずなのです。

仕事が遅い原因

仕事が遅い人は、その遅い原因について理解できないと、一生仕事が遅いままです。

「どうして仕事が遅いのか」を考えてから、
「どうすればその原因を払拭できるのか」まで考えていきましょう。

仕事に慣れてない

単純にまだ就職したて、転職したてで、仕事に慣れてないというのもあり得る話です。

これを解決するには、ただ仕事をコツコツ続けるしかありません。

人間の美徳の一つが「慣れること」だと思っています。

言っていることを理解できてない

上司が言っていることを理解できてない、というのも原因の一つになりえるでしょう。

上司から言われた仕事の指示は、「何を求めているか」「どういう目的があるのか」まで考えて、言われた通りに実行したいところです。

そこまで頭を使って仕事できる人ならば、「仕事が遅い」という評価を受けることはないでしょう。

言われたことしかしていない

これも考えて仕事していないという典型ですが、「言われたことしかしない」人は仕事が遅いです。

言われたこと以上をしようと思って、先の先まで仕事できる人は仕事ができる人、つまり仕事が早い人です。

仕事について言われたとき、「何を求めているか」まで考えて仕事したいですね。

仕事内容、職場環境が合っていない

仕事が遅いのは、仕事内容や職場環境が自分にあってないから、という可能性もあります。

もっと自分のパフォーマンスを十全活かせる職場がどこかにあるかもしれません。

ですから思い切って「転職」という選択肢も考えてみるべきなのです。

自分の持っているスキルなどから、自分に合った仕事をもう一度探してみてください。

自分一人でできそうにないなら、転職エージェントに登録してみても良いかもしれません。

キャリアコンサルタントと話している中で、自分が本当に向いている仕事が見つかるかも…。

「何がしたいかわからない」思いで進める転職活動は失敗する!どうすればやりたい事が見つかるのか
私はたまに、仕事がら「転職したい」と言っている人の相談を受けることがあります。 そして、そんな相談をする人の多くが、「転職したい」のと同時に「何がしたいかわからない」と言っているものです。 ですが、そんな「何がしたいかわからない...

仕事が遅い人がすぐできる対策

仕事が遅い人は多いですが、そうした人がいますぐできる対策も考えていきましょう。

なんとか「仕事が遅い」という評価を覆したいですよね。

細かくメモしてメモを見返す

言われたこと、気がついたことを細かくメモする癖をつけましょう。

メモを取って、後から見直すことで、そこから自分の行動を変えることができるはずです。

前田裕二さんの「メモの魔力」という本によると、メモした事実から展開して、「今後の自分の行動」まで書くといいそうです。

何にせよ、細かくメモする癖はあったほうがよさそうですよね。

日記を書いて 思ったことも書き出す

仕事の能率を上げるには、とにかく考え方を変えるのが大切です。

今日どんな仕事をして、その仕事のなかでどんなことを学んだのかを、一日の終りに書きましょう。

そしてそこから自分がどうするべきか、今後の仕事について書くのも有効です。

考えのアウトプットを続けないと、自分の考えも行動も変わりません。

「これからの自分」を考えるために、まずは日記をつけてみませんか?

自分が理解できるまで質問する

仕事が遅い人は、仕事についてしっかり理解できてないことはすでにお伝えした通りです。

仕事について上司から指示されたなら、その仕事を理解できるところまで、しつこいくらいに質問をぶつけてください。

完全に仕事を理解できたとしたら、その仕事に多くの時間を割かなければいけないこともないはずです。

自分は仕事が遅い、と自覚がある人は、上司としっかりコミュニケーションを取ることをがんばってみてください。

仕事が遅い人が受けるパワハラ

ときに上司は気に食わない部下に、上司という立場を利用して不必要な圧力をかけてくることがあるでしょう。

「仕事が遅い」と言われ続けるのは、その典型的なパターンです。

パワハラをしてくる上司はそれ自体もっての他ですが、パワハラを受けないためにも、仕事を早くこなすことは有効です。

なぜなら、上司が文句を言えないくらい早く仕事をこなせば、上司からパワハラを受けることはなくなるかもしれないからです。

仕事が遅いと言われる人 まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、仕事が遅いと言われる人のために、どんな人が仕事が遅いと言われるか、どうすれば仕事が遅い評価を払拭できるかをお話しました。

仕事が遅い人は、そもそも職場や仕事内容があってないこともふくめて、自分の仕事をもう一度考え直してみるべきです。

コメント