仕事上のミスを減らしていくための方法

転職コラム

仕事でミスをしてしまうと、取引先に迷惑をかけてしまうこともあり、上司などからきつく叱られることもあるでしょう。

そのため、落ち込んでしまいその後の仕事が思うように進まないこともみられます。

仕事のミスはどうすれば減らせるのでしょうか、ミスを起こしたら上手に対処する方法も気になりますよね。

そこで今回は仕事のミスを減らす方法と、ミスをしてしまった時の対処法について解説します。

疲れが溜まっているときは休んでみる

疲れがたまっているときというのは、普段は問題なくこなせる仕事でもミスをしてしまうことがあります

また、仕事だけでなくプライベートでも悩みがあるときには、うわの空で仕事をしてしまいミスにつながることも多いでしょう。

そういった理由で休みを取るのは気が引けるかもしれませんが、ミスを減らすために思い切って休んでみることも大切です。

休みの間にするべきこと

会社を休むとストレスが軽減し、ミスが少なくなることもあります。

しかし、ただ休むのではなく、休みの間にもするべきことがいくつかありますので紹介します。

ONとOFFのメリハリをつける

仕事というのはONとOFFでしっかりメリハリがついていると効率があがります。

ONの時は仕事に集中し、OFFの時は仕事を忘れて趣味や旅行を楽しみ、「リフレッシュ」することが大切です。

しっかりとリフレッシュすることで心が満たされ、仕事に戻った時にはあらゆる方向に目が届きやすくなり、ミスが防げます。

そのため休みの時には、自分のしたいことに没頭することが大切です。

自分を責めない

ミスをしてしまった場合には自分を責めることも多く、ついふさぎ込んでしまいがちです。

しかし、せっかくの休みに自分を責めていては時間を無駄にしてしまいます。

もし、自分のしてしまったミスが気になる場合には、これからミスをしないための方法を前向きに考えてみましょう。

自分一人で悩まずに周囲に相談する

ミスが何度も続いてしまう時には、自分を責めてしまう人も多くみられます。

しかし、ミスは自分だけが原因で起こるものではありません。

さらに、ミスを自分だけで抱え込んでしまってはいつまでたっても解決しないでしょう。

そんな時は上司や同僚、身近な友人に相談をしてみるのもひとつの方法です。

他人に相談することで、これまで悩んでいたのが嘘のように解決してしまうこともあるのです。

仕事でミスをしない人はいません。

困った時に1人で抱え込まず、周囲に助けを求めることが非常に重要だと言えます。

相談することで得られること

自分がミスをしてしまうと上司や同僚はミスをしないのに、自分ばかりがミスをしていると感じてしまうこともあるでしょう。

しかし、上司や同僚はミスをしないためのヒントを、これまで自身が行ったミスの経験から学んでいるのです。

そのため、上司や同僚、友人に積極的に相談してみるのをおすすめします。

相談することでヒントが見えてくることもあり、さらには「自分なりに取り組もうと反省している」と評価されることも期待できます。

他人に任せられる部分がないかを検討する

仕事でなんとか高い評価を得ようと努力しているときには、自分がこなせる以上の量の仕事を一人で抱え込んでしまうこともあります。

しかしながら、一人でたくさんの仕事を処理するのには限界があるため、ミスも多くなってしまうでしょう。

そういった時には、他の人に任せられる部分がないかを検討してみることが大切です。

複数で作業にあたることで、確認の目も行き届き、ミスが減らせます

ほかの人に任すメリット

他人に任せるということは、その人を信頼しているということにつながります。

ミスをしてしまわないために相談し、協力してもらえる人物がいることで、自分自身にも余裕が出てくるでしょう。

また、信頼できる人と一緒に仕事をすると、さまざまな視点から物事を捉えられるようになります。

締め切りや責任のプレッシャーにも、いい仲間と一緒に仕事をすることで乗り越えやすくなるとも言えるでしょう。

そうして心にゆとりが生まれることでミスを最小限に抑えられるのです。

初心に立ち返って仕事に取り組む

会社に長く勤めていると仕事にも慣れ、ミスが多くなってしまいます。

ただ、ミスは仕事への意識を高め、集中して仕事を行うことで防げることもあります。

そのため、時には仕事を始めたばかりの頃の気持ちを思い出し、フレッシュな気持ちで仕事と向き合ってみるのもいいでしょう。

慣れによって犯しやすいミス

仕事に慣れてしまうと、どうしても犯しやすくなるミスというのがあります。

新人の頃には考えられなかったミスをして落ち込んでしまう前に、初心に立ち返って気を引き締めるのをおすすめします。

できるという過信

自分はできると過信している場合のミスは、起こりがちなミスのひとつです。

ミスなどするはずはないといった自信があるがゆえに、ミスをしてしまった時の落ち込みは想像を超えるものになるでしょう。

この過信によるミスの特徴は、できるからと言ってチェックを怠ることで起こることが多くみられます。

うっかりによるミス

うっかり書き忘れた、うっかり消してしまった、うっかり捨ててしまったなど、注意が散漫になってしまった時はミスをしやすいと言えます。

どんな仕事であっても、気を抜いていてはついうっかりが起こってしまうのです。

そのため仕事中は自分の与えられた業務に集中するよう心がけましょう

仕事に対する目的を明確にする

いま自分が取り組んでいる仕事の目的がわからないというのは、注意力が散漫な証拠です。

目的もわからないままに仕事をしていると、惰性が生まれその場をこなせばいいといった考えも起こります。

そういった状態ではミスが起こりやすいとも言えるでしょう。

そのため、仕事の目的が明確に言えないと感じるのであれば、まずは仕事の目的をはっきりとさせることから始めるのをおすすめします。

明確な目的を持って仕事をすると、おのずとミスは減少します。

目的を明確にするためにするべきこと

ただやみくもに仕事をこなしているだけでは、自分が取り組んでいる仕事の目的が見えてこないこともあります。

そのため、時には時間を作って自分の仕事を捉えなおしてみましょう。

また仕事の優先順位を考え、メモを活用するなど、工夫をするとミスを減らすことができます

仕事の優先順位を考える

仕事が溜まりすぎてしまっている場合には、ミスをしてしまうことがあります。

というのも仕事が溜まると、あせりから確認不足が起こり、ミスへとつながるのです。

また、あれもこれも抱えてしまうことで、どの仕事から手を付けていいのかわからなくなってしまうこともあるでしょう。

仕事を溜めこまないためには、引き受けた仕事をチェックし、手短に終わる作業とじっくり時間をかけるべき作業に分けます。

ルーチンワークの様な手短に終わる作業を先に片づけてしまうと、仕事がはかどったように感じられますので心に余裕も生まれるでしょう。

ひとつでも仕事がはやく片付くと、仕事への自信が生まれ心に余裕が出てくるのです。

その結果、ミスなく他の作業にあたれるようにもなります。

メモを活用する

仕事の目的を明確にするためには、メモを活用するのも一つの方法です。

メモは上司などからの指示を忘れないように記録し、いつでも確認をすることができます。

さらに目で見て仕事内容が分かることから、仕事の優先順位をつけやすくなり、スムーズに仕事がすすめられるようになるでしょう。

自分だけでなくチーム全体にも分かるようにメモを作っておくことで、作業の分担もでき、ミスの減少につながるのです。

感情とミスを切り離して考える

仕事でミスをしてしまうと、感情的になってしまうこともあります。

ただ、そうなってしまうとミスで心が支配されてしまい、いつまでも犯してしまったミスが気になってしまいます。

その結果、失敗を恐れて新しいことに挑戦できなくなることもあるでしょう。

ただ、仕事上のミスはあくまでも起こった出来事のひとつです。

そのため、どんなミスを犯しても冷静に対処するのをおすすめします。

感情とミスは別のものだと考え、前向きにミスに対応していきましょう。

感情的にならないためにできること

時間に追われているときには確認を怠りやすく、ミスにもつながりかねません。

さらにそんな時にミスを起こしてしまうと、目の前を対処することに精一杯で、余裕もなくなることから感情的な態度をとってしまいがちです。

感情的になりそうな場合には深呼吸をしてみましょう

深呼吸をすることで自分を客観的に見ることができ、何に注意するべきかがわかります。

自分に余裕が生まれると、今するべきことが見え、上司に報告することやお客さまに電話をするといった対処法が次々に浮かんでくるようになるのです。

ミスをしたことで感情的になると冷静な対処ができなくなることで、悪循環に陥ります。

まずは深呼吸をして自分の感情を上手にコントロールすることが大切です。

「会社を辞めたい」と思った時考えるべきこと
会社を辞めたいと思った時、あなたはまず立ち止まって、考えてみることが必要です。転職したとしても、絶対に幸せになるとは限らないことや、転職活動の大変さなど、リスクを先に考えておきましょう。

自分に合った仕事なのかを再確認してみる

もし、同じようなミスを何度も繰り返してしまう時には、その仕事が自分に合っていないのかもしれません。

そのため、どれだけ気に入っている仕事であっても、その仕事が自分にあっているのかどうかを再検討してみるのがいいでしょう。

世の中にはさまざまな職業があり、自分の得意な分野が活かせる仕事もたくさんあります。

ひとつの仕事にこだわらず、広い視野で仕事を捉えることが重要であると言えます。

自分に合っていない仕事を続けることで起きること

もし自分に合っていない仕事を続けると、ミスが続き、自分自身を苦しめることにもなります。

ここでは、自分に合っていない仕事を続けることで起こりうる可能性を見ていきましょう。

自分はできない人間だと勘違いする

自分に合っていない仕事を続けると仕事でミスを繰り返すことが多くなり、「自分は仕事ができない人間だ」と感じてしまうことがあります。

その仕事が自分に向いていないことが理由であるにもかかわらず自分が悪いと思い込み、自信を無くしてしまうのです。

その結果、自分を責め続けてしまうことにつながります。

体調を崩す

自分に合っていない仕事は、日々のストレスを溜めこみがちです。

毎日のストレスは小さくても、気づいたときにはうつ病を引き起こしてしまうこともあり、体調を崩す原因となります。

転職するべき人と現職に留まるべき人の違い
転職して職を変えるべきか、現在の職でキャリアを積み重ねるべきか。その人にとってどちらが正しい選択か、それを選ぶコツを紹介しています。

やりがいのある仕事に転職するのも1つの方法

仕事でのミスは仕事を溜めこまず、余裕を持ってこなすことで防げます。

また、慣れている仕事だからと手を抜くのではなく、何度も確認し、確実に仕事をこなすように工夫しましょう。

ただ、自分に合っていない仕事をしているとミスを続けてしまっても仕方はありません。

ミスが続くと仕事へのやりがいも失い、体調を崩してしまうこともあるのです。

自分に合った仕事をしていると、ミスをしないためのさまざまな工夫をするようになります。

そうすることでミスを少なくする可能性もあるでしょう。

仕事でのミスを減らすためには、やりがいのある仕事を見つけるのもひとつの方法であると言えるのです。

転職の相談は転職のプロへ!転職エージェントのキャリアコンサルタントに相談しましょう
転職の相談を行いたい時には、ぜひ転職エージェントのキャリアコンサルタントを訪ねてください。キャリアコンサルタントに相談すれば、面接の適切なアドバイスから、書類作成のコツまで細かく教えてくれるはずです。

コメント