苦しい「仕事が決まらない」状態でやるべきこと

転職コラム

転職活動を続けていると、様々な困難にぶち当たります。

転職は目的が達成するまで試練の連続です。

転職活動を行う人の頭を悩ませるのが、様々な事情で「仕事が決まらない」という悩み。

良い求人とマッチングしない、面接で不採用続き、そもそも自分にあっている仕事がわからないなど、仕事が決まらない理由は様々でしょう。

ですが残念ながら、仕事が決まらないというその焦り、その気持ちがある限り転職活動に支障を来してしまいます。

心配せずとも、転職にかけて正しい認識、正しい心構えさえしておけば、「仕事が決まらない」というその悩みがいつまでもあなたを苦しめることはありません。

今回は、どうすれば「仕事が決まらない」悩みを解消して、自分の理想通りの仕事に就くことができるかを考えましょう。

仕事が決まらない体験談

「仕事が決まらない」ことで悩んでいる人は、実は少なくありません。

実際に現在進行系で仕事が決まらないと悩んでいる人の体験談を少し覗いてみましょう。

30代 男性 東京

仕事が決まらないですね…。転職活動をはじめて3ヶ月ほど立ちますが、受けては落ち、受けては落ち…という感じです。

自分とにかく口下手で、話すのが下手なんですが、やっぱりコミュ力が低いのは転職で不利なんですかね。

実際話すのが下手だから、誰かと会ったりしたときも自信ない顔シてるのが自分でもわかります。

なんか話し方教室とかに通うとかそっちから始めたほうが良い気がしてきてます。

20代 女性 仙台

仕事が決まらなさすぎて頭がおかしくなりそうです。

もう仕事もやめてしまってるので逃げ場もありません。バイトでもはじめようか考え中です。

前職はストレスが原因でやめてしまったのですが、転職活動のストレスは前職にいた時のストレスと同じかそれ以上かもしれないです。

転職できないと、ほかの生活もうまくいかないし、このままじゃ貯金が尽きてしまいかねない恐怖もります。

どうしてあなたの仕事が決まらないのか?

もうそのものずばり、「どうしてあなたの仕事が決まらないのか」その原因から考えていきましょう。

当然のことながら、あなたがいくら転職活動をがんばっても仕事が決まらないのには、いくつか理由があります。

うまくいかない理由を考えるときにはいつも、多角的に「いくつか問題があるんじゃないか」と疑いながら考えていきましょう。

自分の将来像がぼんやりしている

これから自分がどうなっていきたいか、という将来像が不確定なら、スパッと仕事を決めるのは難しいかもしれません。

まず考えるべきなのは、「自分の将来像」です。

3年後、5年度、10年後、自分がどうなっていたいか。

どんな能力を身に着けていたいか。

どんなポジションにいたいか。

人に説明できるくらい、将来のビジョンをしっかり考えておくべきでしょう。

求人の希望条件が狭すぎ

求人条件には、希望の条件を絞り込むものですが、この時絞り込む条件が狭すぎるのは「仕事が決まらない」原因になります。

「高収入」「残業なし」「休み多め」

など、みんなが望む条件ばかり言っていては、条件にあう求人はなかなか見つかりません。

たとえ見つかったとしても、そんなハイキャリアで厳しい条件の求人に応募しても通るとは思えません。

自分にとって本当に望む条件を1つか2つ、条件を厳選して求人探し、そして求人へ応募してください。

仕事探しは物件探しに似ている

物件探しと仕事探しは似ています。

「家賃安め」「駅チカ」「2階以上」

そんないい条件を増やすほど、自分の家を見つける可能性は下がっていきます。

探す条件が広いほど、あてはまる物件が多くなるので、自分にとってぴったりの家を見つける可能性が増すのです。

絶対に外せない条件を見つけるには、今までの人生で重視して生きてきたものを思い返すのが有効です。

そもそもマナーがなってない

仕事が決まらないなら、そもそも自分のマナーを思い返してみてはどうでしょうか。

中途採用では、ある程度の年齢であることもあり、採用担当から「最低限のマナーはわきまえているはず」という認識を持たれてしまいます。

面接時の挨拶から名刺の渡し方、お辞儀など、細かいマナーができてないと、どれだけ優秀な人材でも転職活動がうまくいきません。

自分の市場価値をわかってない

自分の市場価値を理解できておらず、自分の身の丈にあってない求人に応募する人もいますが、それでは転職はうまくいかず「仕事が決まらない」状態が続くばかりです。

まずは、もう一度自分のスキルを棚卸ししてみて、自分はどれくらいのレベルの人材か。

どんな会社にいくのが一番適切なのか。

市場価値の見直しからもう一度はじめてはいかがでしょう。

「仕事が決まらない」不安と焦りに悩んだときは

仕事が決まらない状態というのは、自分の未来の先行きが不確定な状態というのはただただストレスです。

言うまでもなく、そんな悪い精神状態でいること自体良いとは言えません。

仕事が決まらない状態に悩んだ時、どんな対応策を選ぶべきか、少し考えてみましょう。

とりあえず気分転換

転職活動を打ち切るのは怖いかもしれませんが、一度転職から離れてみるのも一つの手です。

1日間前に転職活動はやめる日を作って、趣味など楽しみで気分転換しましょう。

自分の市場価値を正しく見積もる

先程も言いましたが、自分の市場価値を見誤っていると転職活動は終わりません。

自分の持っているスキル、今までの経歴などを見返してみて、自分がどれくらいの人間か。

何ができて何ができないか、よく考えてみましょう。

最近は自分の市場価値を調べるためのアプリもあります。

自分一人の判断で市場価値を調べるのに自信がなければ、ミイダスで調べてみてください。

MIIDAS(ミーダス)の口コミ・評判サービス内容
MIDASはスカウトシステムを採用しており、登録者を気に入った企業からのスカウトを待つタイプの転職サイト。一問一答に答えるだけで、簡単に自分のレジュメを登録できます。後は、企業からのスカウトを待つのみ!

現職に集中する

現職を続けながら転職活動を続けているなら、次の仕事ではなく現職に集中するのも一つの手です。

転職する理由が、そもそも現職をがんばることで解消できるかもしれませんし、現職を続けるなかでなにか転職のヒントを得られるかもしれません。

眼の前の仕事に集中して、転職活動も効果的に進めよう…という狙いです。

焦って転職してブラック企業に入るよりはいい

仕事が決まらないのは確かに辛いです。

ですが、焦って転職活動を行って、ろくでもない会社に入社するよりもいま仕事が決まらないと苦しんでいるほうがずっといいです。

ブラック企業に入ると苦しむ未来が見える状況ですが、仕事が決まらない状況はまだいい会社で働く明るい未来が待ってる可能性があるからです。

焦ると判断能力が落ちます。

気持ちだけ焦ってもいい判断をくだせません。

どんな状況でも気持ちはクールに、落ち着いて決断を下せる状況を作っておきましょう。

転職活動は今後の人生に大きな影響を及ぼす

転職活動は慎重に行わなければなりません。

なぜなら、人生のうちで「働いている時間」はとても長く、生活のなかで大きな割合を占めているからです。

そんな人生に大きな影響を及ぼす仕事です。

適当に決めるのが良いわけがありません。

あなたは、結婚相手を簡単に即決しますか?

ネガティブになればなるほど行動力が落ちる

ネガティブな心理状態に陥ると、どんどん行動力が落ちます。

うつ病なんてその最たる例です。

人たるもの、気分が後ろ向きになればなるほど、どんどん足が動かなくなるものです。

「どうせだめだ」の気持ちが行動を阻む

転職活動で不採用続き、認められないのが続くと、気持ちが「どうせだめだ」に落ち着いてしまいます。

本当はたとえ一度や二度失敗したとしても、「なにくそ」と思うくらいの気概が必要です。

どうせだめだという気持ちに自分で気づいたら、どうしてだめなのか、どうすればだめじゃなくなるのか。

前向きな反省に活かして考え方を改めてください。

転職活動中に落ち込むことは多い!転職を成功させるにはコツがあります
不採用通知でいちいち落ち込んでいては、転職活動を成功させることはできません。一度や二度の失敗は、よく反省して次回に活かしましょう。

行動する中で未来を修正するイメージで動く

まずは行動です。

求人だっていろんなところに応募して、いろんな人に話を聞く、をしないと何もうまくいきません。

一つ一つ行動を積み重ねて、行動のなかでなにか失敗したらそれを失敗するイメージです。

まとめ

いかがでしょうか。

「仕事が決まらない」ことで悩んでいるあなたのために、今回はその気持ちの対処法を紹介しました。

仕事が決まらないのは確かに辛いです。

ですが、だからといってそのネガティブな気持ちに過度に引っ張られてしまうと、うまくいく転職活動もうまくいきません。

ポジティブに、行動あるのみです。

コメント