登録者数の多い人気の転職サイト
高年収求人数No.1!「ビズリーチ」
ビズリーチ
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
公開求人数
80,000件
非公開求人数
非公開
対応地域
全国+海外
対象属性
30~50代の男女
強い業種
全業種
年収UP率
90%以上
年収600万円以上を望む方からの支持率No.1のビズリーチ!他社サービスに比べスカウト機能が充実しており、ハイクラス求人数も業界イチです。
ビズリーチの無料登録へ
転職者が選ぶ顧客満足度1位の「doda」
doda
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
公開求人数
77,778件
非公開求人数
61,365件
対応地域
全国+海外
対象属性
20~50代の男女
強い業種
全業種
年収UP率
非公開
求人数は業界ナンバーワン!また、「初めての転職」におすすめの転職サイトです。サポート体制に定評があり、サービス利用者の満足度も業界トップクラス!
dodaの無料登録へ

仕事の続かない旦那を持ってしまったらどうすればいい?

職場の悩み

「旦那が職場を転々としていて、仕事が続かない…」
「仕事の続かない旦那を、どうすれば長続きさせられるか知りたい」

せっかく仕事に就いていても、少し嫌なこと・気に入らない事があると仕事を辞めてしまう…このような男性、一定数いらっしゃいますよね。

職場の同僚や友人であれば、少し心配する程度であまり気にならないかもしれませんが、このような男性が、「これからの将来を共に過ごす夫」だったとしたら非常に大きな問題です。

そこでこの記事では、「仕事が続かない旦那」について、なぜ仕事を辞めてしまうのか、仕事を長続きさせるためにはどのような解決法があるのか、をまとめてみました。

具体的には、

  • なぜうちの旦那は仕事が続かないの?仕事が続かない原因を深掘りしよう
  • 仕事の続かない旦那を長続きさせる方法
  • 仕事が続かない旦那に対して妻が出来ること

といった内容で、解説していきます。

5分ほどで読めて、仕事が続かない旦那さんに対してのモヤモヤがスッキリすると思うので、是非最後までご覧下さい!

仕事とプライベートの両立を極めるための冴えたやり方
仕事していく上で「ワークライフバランスの重要性」が語られはじめてからもう久しいです。 仕事は人生においてとても需要な意味合いを持っていますが、あくまで「生きるための手段」です。 人生を、生活を豊かにするにはプライベートを充実させ...

なぜうちの旦那は仕事が続かないの?仕事が続かない原因を深掘り!

旦那さんの仕事が続かないということは「たまたま現在苦手な環境が続いてしまった」「自分にとって難しい仕事ばかりしている」など、必ず原因があります。

仕事が続かない原因がはっきりすれば、おのずと解決策を導き出せるはずです。

まずは何がネックになっているかを、しっかり見ていきましょう。

1.コミュニケーション能力が無い

旦那さんの仕事の続かない原因の1つとして、コミュニケーション能力が無い場合があります。

人付き合いが苦手だと、グループなどで仕事を進めていく事などはストレスを溜めるもとになりかねません。

また、営業職などで顧客と直接関わるような業務だと、コミュニケーション能力の有無が営業成績などにも直結しやすく、「成績が上がらない⇒上司などからのプレッシャーが強くなる⇒萎縮してさらに成績が上がらない」という悪循環で余計にストレスを溜めてしまいます。

コミュニケーション能力を上げて人付き合いを克服出来るのがベストなのはもちろんなのですが、このような対人スキルはそうそうすぐには身につかないもの。

このようにコミュニケーション能力がない旦那さんは、社内外で上手く人間関係を作ることができないためストレスを溜めてしまい、程なく職場を後にする結果になるのです。

2.打たれ弱い

ゆとり教育などの流れから、怒られる事になれていない20代・30代の男性が増えています。

怒られ慣れていない若い世代は、上司からの説教などがあるとすぐ落ち込んでしまったり、気持ちを病んでしまったりする、打たれ弱いタイプが増加しています。

社会人として働く以上、まったく叱られない事の方が稀。

そのため本来であれば、言われた事を真摯に受け止めバネにするような、ある程度のストレス耐性は社会人にとって必要不可欠なスキルです。

しかし中には、上司としてはなんでも無いアドバイスのつもりであっても、若手社員としてはその言葉さえ「怒られた」とストレスを感じるケースもあります。

旦那さんが、打たれ弱く自分の感情のコントロールが苦手な場合は、仕事から逃げる事で現在の状況を回避しようという思考が生まれがちですので注意が必要です。

3.自分を過信しすぎている

プライドが高いタイプに多いのがこのケースです。

仕事には、派手で華やかな仕事もあれば、地味な作業を黙々と行うものもあるかと思います。

人員が足りていなければ、中堅社員でも新入社員のような仕事が回ってくる場合もあるでしょう。

組織にいる以上どのような仕事であっても、誰かが担当しなければ会社は回りません。

しかし、自分を過信しており、プライドが高いタイプの男性は、このような仕事が回ってきた時に、

「なぜ俺がこの仕事をしないといけないのか?」
「俺がやる仕事はもっとレベルの高い仕事のはずだ」

などの不満を抱えてしまいます。

組織に属している立場を忘れ、自分で仕事を選びたいというプライドが強めの男性を旦那さんに持っている場合は注意しましょう。

4.求める条件に無理がある

自分の求める給与や、就業時間、勤務地などの条件が、あまりにも高く非現実的な場合、その条件が叶わず現職に不満を溜め込むケースがあります。

実際に高い条件に見合う能力を持っている場合は、転職した上でその条件を勝ち取れば良いのですが、条件と能力が見合って居ない場合、いくら他の職を検討しても求める条件を叶える事は難しいでしょう。

そのような旦那さんは、何回転職をしてもなかなか満足のいく仕事に出会えず、長く続かない結果になってしまいます。

改めて自分の能力にあった適正な労働条件を見つめ直す事が重要です。

5.そもそも職種・業種をしっかり調べていない

就活時などに希望業種などが定まっていない場合、安定したイメージを求めて、大手企業などで絞って就活をする事はよくあること。

そのような場合、どうしても入社後に自分の興味の持てる職種・業種とのズレが発生しがちになります。

就活時には選択肢になかった職種・業種が、就職して働き出してからはじめてその存在に気づくことで、現職を不満に感じ始めます。

その後転職して、上手く希望の職種・業種に転職が出来るかもしれませんが、そもそも職種・業種がどんな物があるか事前にしっかり調べていない人は、転職した後、また違う職種・業種に興味を持つケースもあります。

旦那さんが「仕事が合わない」といって辞めたなら、職種・業種をしっかり調べずに就職している可能性があるので、注意しましょう。

6.サボりグセがある

仕事の続かない旦那さんの中でも、サボりグセがあるタイプは非常にやっかいです。

仕事内容や、条件などが原因で仕事が続かない訳では無いので、どのような仕事についても状況が変らない場合が多くなります。

サボりグセがある場合、大体のケースでは「サボっていても生活に支障が無い」事が多いです。

「自分がサボっていても奥さんの収入があるから大丈夫」
「サボっても親からの支援があるから大丈夫」

このような考え方をするタイプには、実際に生活に困る背景が無いと、仕事に責任感が持てません。

人によっては、サボりグセの範疇を超えて、病的な状態である可能性も。

このようにサボりグセのある旦那さんは、本当に根本から改善しないことには、どんな仕事に就いても残念ながら長続きしないでしょう。

7.自己分析がしっかりてきていない

旦那さんの仕事が長続きしないのは、自分がどんな仕事がしたいか、またどんな仕事ができるかをしっかり理解していないからかもしれません。

自分に合った仕事を見つけるためには、自分分析は避けては通れない段階です。

「新卒以来、自己分析なんてしていない」
「自己分析なんて面倒でやってられない」

旦那さんがこのような状態なら、自己分析ができていないことが原因で、自分に合っていない仕事を選んでしまっている可能性が高いです。

自分に合わない仕事であれば、長続きしなくて当然でしょう。

8.企業研究がしっかりできていない

自己分析と同様、企業研究も入社後のギャップを無くして仕事を長続きさせるためには必要不可欠な作業です。

「自分はこんな仕事がしたい」「自分にはこんな仕事が合っている」ということがわかっても、どの企業でそれができるかを知らないことには、長続きすることは難しいでしょう。

もしあなたの旦那さんが、企業研究を面倒だからと怠っているのであれば、それが仕事の続かない大きな理由の1つかもしれません。

仕事を続けさせる為には?仕事の続かない旦那を長続きさせる7つ方法+α

仕事が続かない原因が明確な場合、正しい方法で対応すれば嘘のように仕事が続くようになるという劇的な変化を起こることもあり得ます。

上記のような原因と下記の解決法を摺り合わせ、状況を改善しましょう!

1.今までやったことのない仕事をやってみる

仕事の続かない旦那を長続きさせるには、今までやったことのない仕事をやってみると良いでしょう。

例えば、今までずっと接客や営業などの、人と関わる仕事を選んでいたのであれば、その逆の人と関わりが少ない仕事を選ぶのです。

単にコミュニケーション能力が無いだけで、その他の処理能力に長けている人もいるため、人との付き合いが少ない仕事であれば仕事が続くケースがあります。

営業職でストレスを溜めたり、上手く成績が上がらなかったりする人でも、技術職や倉庫内作業、ラインでの作業など黙々と取り組むような仕事であれば、人より正確に出来る可能性があります。

逆にいままで作業系や技術系の仕事をしてきて、人と付き合う仕事はしたことがないという場合は、営業職や接客業にチャレンジしてみてください。

転職でなくても、社内の異動願いなどを出せる場合は、今まで自分がやったことのない部署で働けるように動いてみましょう。

2.ストレスの無い仕事を選ぶ

「打たれ弱い」という原因であれば、ノルマなどのプレッシャーなどが極力無い仕事であれば改善する場合があります。

例えば、同じ作業を続ける単純作業などであれば、数字からのプレッシャーが弱まり、上司からの圧力なども軽減されるはず。

打たれ弱い旦那さんでも精神的に楽になり、仕事が続くようになる可能性があります。

成人になってから、メンタルそのものを強くするという事はなかなかハードルが高いのが現実。

ストレスのない仕事を選ぶことで、プレッシャーから解放され仕事が続くようになるのであれば、そちらのほうが効果的かつ即効性のある改善策になるでしょう。

3.専門的な知識・資格が生かせる仕事を選ぶ

専門的な知識や、資格を保有していれば、それを活かす職場に移ることで仕事に対しやりがいを感じるようになり、仕事に前向きになれる場合があります。

仕事にやりがいを感じて前向きになれれば、多少のことでモチベーションを下げずに仕事が長続きしやすくなるはずです。

また専門的な知識があることで、自分が会社になくてはならない存在になり、旦那さんのプライドが高い場合でもそれを満たすことが可能になります。

保有している資格が活きる部署があれば、異動願いを出してもよいと思いますし、仮に現在保有している資格が活きる部署が無いのであれば、新規ビジネスとして会社に提案するのも良いでしょう。

会社としてはこれまでと違う収益を上げられる可能性があれば、新規部署の発足を検討することもあると思います。

今一度自分の保有する知識、資格を見つめ直してそれを活かす仕事に就くか、もしそういった専門的なスキルがない場合は、まずそれを身につけることから始めましょう。

4.残業が少ない仕事を選ぶ

労働環境が原因で、仕事が続かない場合もあります。

例えば、旦那さんの帰りがいつも遅い場合は、残業の多さが原因で退職に至っている可能性が。

残業などが減ると収入も落ちてしまうなどといった理由で、あえてそういう求人を選んでいるのかもしれませんが、長続きしなければ元も子もありません。

そういう場合は、人事系や総務系など、比較的残業が少ない部署へ異動を願い出るか、職位などを落とすことで残業などを極力減らすことも選択肢の1つです。

転職する際は、事前に残業に関してできるだけ情報収集し、無理のない範囲の求人を選ぶようにしましょう。

万が一精神的・体力的に自分の限界を超えてしまうと、うつ病などの精神疾患を発症し、最悪の場合取り返しのつかない事になって、仕事を続けられなくなるどころか人生そのものが台無しになってしまう危険性も。

残業だけでなく、旦那さんが無理なく働く事が出来る環境にいけるようにすることが、有効な解決策になるでしょう。

5.趣味とリンクした仕事を選ぶ

仕事への興味が薄いことが、旦那さんの仕事が続かない原因かもしれません。

その場合、趣味や興味のある仕事に就くことで状況改善する可能性があります。

もちろん仕事は仕事、プライベートはプライベートと分けなければいけませんが、仕事の内容が元々興味を持っているような事であれば、前向きに仕事に取り組むことが出来るでしょう。

そのような方向性で転職をする前に、選択肢の1つとして趣味や興味から派生した新規ビジネスを会社に提案するのも良いと思います。

少しハードルが高いかもしれませんが、他にやっている人のいない趣味であれば、他の人からするとそれをビジネスに出来るようなアイデアを出すことさえ難しい事だと思います。

自分だけが提案出来るような内容があれば、非常に説得力もあり、実際に仕事になれば自分が輝ける場を作る事が出来るでしょう。

6.キャリアコンサルティングを受ける

キャリアコンサルティングとは、国家資格であるキャリアコンサルタントにキャリアについて相談をすること。

キャリアコンサルティングを受けることのメリットは、数多くあります。

自己分析ができる

キャリアコンサルティングをすることで、専門的な知見を用いた正確性の高い自己分析が可能になります。

キャリアコンサルタントは、その人の興味や関心、能力を明確化するための方法論を数多く持っています。

面談やテストを通じて自己理解を深められることで、仕事探しの軸をみつけることができるでしょう。

企業研究ができる

キャリアコンサルタントは、キャリアや仕事について国が認めた専門家です。

そのため企業研究の方法はもちろん、職種や業界の特徴などを熟知しています。

これらのことを自分だけで調べようと思うと、かなり骨が折れるでしょう。

キャリアコンサルティングを受けることで、自分で調べるよりも遥かに効率的に、かつ正確な情報が得られるのです。

自己分析と企業研究で自分に合った仕事が明確になる

キャリアコンサルティングを受け、自己分析と企業や職種、業界の研究ができたら、「自分のやりたいこと・できること」と「それが実現できる場所」を一致させることができます。

その場所に就職することができれば、それはつまり適職についたということ。

いままで仕事の続かなかった旦那さんの問題が、本質的に解決された瞬間といえます。

きっとその仕事で長続きすることができるでしょう。

番外編・副業を始めるのも有効な手段

これまでは、本業を長続きさせるという観点から解決策をご紹介してきました。

旦那さんの仕事を長続きさせたいということは、つまり安定した生活や収入を求めているということかと思います。

仕事の続かない旦那さんを長続きさせる方法以外でも、副業をすることで、今後また仕事を辞めたとしても収入を得られるルートを確保しておくことも、1つの解決策でしょう。

また収入が増えることによって、心に余裕が出来るというのも1つですし、他に取り組む事が出来る事でストレス発散にもなるという側面もあります。

本業だけに取り組むとどうしても心が塞ぎ込む要因になりやすくなりますので、気分転換を兼ねて副業をしてみるのも良いでしょう。

おすすめは在宅でできるクラウドソーシング

政府が働き方改革を推進し、副業をしているという方も非常に増えています。

メディアでも様々な副業が取り上げられ、中にはパソコン1台あれば出来てしまう副業などもあります。

中でもおすすめなのが、クラウドソーシング。

クラウドソーシングとは、ネット上で仕事を受注し納品することで収入を得る方法で、PCとネット環境さえあれば、ほとんどの仕事が在宅で完結できるので非常に人気です。

中でも「データ入力」や「ライティング(記事執筆)」などは、資格や特別なスキルが無くてもできて、時間にとらわれること無く、人とも会う必要がありません。

スキルがある人は、プログラミングの案件や、最近ではYou Tubeに上げる動画の編集、サムネイルやロゴの作成など、多くの選択肢があります。

代表的なランサーズや、クラウドワークスなどのクラウドソーシングサイトなどを見ると、初心者向けの副業も多数募集されていますのでぜひ一度試してみてください。

副業から本業へ

副業で小さく始めたことが、もし自分に合っていると感じたら、本業へ昇格することも可能です。

その職種で求人を出している企業に応募しても良いでしょう。

または、そのままクラウドソーシング上で継続して受注したり、直接企業に営業をかけて仕事をとってきたりできれば、フリーランスとして独立することも可能です。

このように仕事の続かない旦那さんが収入の安定や、適職を見つける足がかりにすることができる副業は、とてもメリットの多い選択肢なのです。

仕事が続かない旦那に対して妻が出来ること

将来を共にする夫の仕事が続かない場合、妻としては非常に不安ですよね。

妻として、仕事の続かない旦那さんに対して出来ることはどんなことがあるのでしょうか?
自身や子供の将来のためにも、効果的なサポートで状況を改善させましょう。

1.家計簿を見える化し、仕事に対する責任感を持たせる

自分が働かなくとも、生活に支障が無いと思っていれば、いつまで経っても仕事への責任感を持たなくなってしまいます。

「あなたの収入がないと家計はこの程度苦しくなる」
「あなたの収入があればこの程度貯金が出来、子供が○○する事も出来る」

といったようなことを見える化して、自分が働く事が家計にどれほどの影響があり、働けばこのような生活が手に入るという事を旦那さんにイメージさせることが出来れば、仕事に対して前向きになる可能性があります。

妻から期待をされればそれがモチベーションになる旦那さんも多いはず。

是非妻として旦那さんのモチベーションを上げるため、わかりやすい方法で旦那さんが家族に必要である事を伝えましょう。

2.旦那さん自分の時間を持たせる

様々な要因でストレスが溜まり、それが原因で仕事が続かないのであれば、旦那さんに自分の趣味などの時間を持たせ気分転換させる事も重要です。

本来であれば家の仕事や、子育てに関しても旦那さんに色々と担当して欲しいところですよね。

しかし旦那さんが自分の時間を持つことで、仕事に前向きになることが出来るのであれば、妻としてある程度は認めるというのも賢い選択です。

気分転換出来る事で仕事にも前向きになれば、家庭の雰囲気もさらに明るくなって一石二鳥。

家事負担が増え、妻としては大変な面もあるかと思いますが、長期的に見れば奥さんにとってもメリットがあると思います。

旦那さんができるだけストレスを溜め込まないように、自由な時間を作ってあげるようにしてください。

3.義実家・実家からのアプローチもあり

サボりグセ、怠けグセがある旦那さんに対して、奥さんからのアプローチで改善が見られなければ、義実家や実家から注意をしてもらうのも効果的かもしれません。

旦那さんは奥さんの言うことが聞けないような関係になっている場合は、いくら奥さんが注意しても右から左になっている可能性があります。

このような状態を打破するためには、旦那さんとして頭があがらない所から注意を受けることが改善するきっかけになるかもしれません。

奥さん1人で抱え込まず、上手く周りの人の力を借りるようにしてください。

4.プレッシャーを与えずに褒めて伸ばす

旦那さんの打たれ弱さが原因で、仕事の続かない場合は、褒めて伸ばすのがおすすめです。

メンタルがあまり強くない人に対して、厳しいことを行ったり、プレッシャーを与えたりするのは、逆効果です。

さらに自分を追い込んでしまって、やる気を無くして、最悪の場合再起不能になる危険性もあります。

旦那さんが打たれ弱い場合は、「今日も頑張ったね」「いつも頑張ってくれてありがとう」「さすがパパだね!」などと、褒めて伸ばすことに徹しましょう。

そうすれば徐々にモチベーションを取り戻し、仕事が長続きすることにつながるでしょう。

5.思い切ってキャリアコンサルタントを取得する

仕事の続かない旦那さんを持ってしまった場合、思い切って奥さんがキャリアコンサルタントの資格を取得して、旦那さんにキャリアコンサルティングを施すのも1つの手です。

かなり突飛なアイデアかもしれませんが、常にそばにいることが出来る奥さんがキャリアコンサルティングしてくれるのであれば、かなり深い支援ができるはずです。

さらにはその資格を活かして、奥さん自らが収入を上げることも可能。

キャリアコンサルタントの資格を取ることは、仕事の続かない旦那さんの改善と、奥さんの収入を高めることができ、家族単位で生活を安定させることに繋がるのです。

勉強時間を確保する必要や、少なくない費用もかかるため、万人ができる方法ではありませんが、状況が許すのであれば検討してみるのもアリだと思います。

6.病院やカウンセリングに連れて行く

仕事の続かない旦那さんが、あまりに職場を転々としている場合、それは病気を疑ったほうがいいかもしれません。

例えば、うつ病などを発症していたとしたら、仕事上でのストレスに対して非常に弱い状態になっているため、仕事が続かなくて当然です。

またうつ病などの明確な精神疾患がなかったとしても、過去のトラウマなどでメンタルが不安定になりやすい人は、仕事の続かない傾向があります。

このような精神的な問題を旦那さんが抱えている場合は、自分で気づくことは困難。

妻としてそばにいる中で、もしこのような疑いを少しでも感じたら、一緒に病院に行ってあげてください。

まとめ

ここまで旦那さんの仕事が続かない原因と長続きさせる方法、また妻として出来ることなどを解説してきました。

最後にまとめておきたいと思います。

  • 旦那さんの仕事の続かない原因は、「コミュニケーション能力が無い」「打たれ弱い」「自己分析がしっかりてきていない」など8つ考えられる
  • 仕事の続かない旦那を長続きさせる方法は、「残業が少ない仕事を選ぶ」「キャリアコンサルティングを受ける」「病院やカウンセリングに連れて行く」など7つある
  • 収入を安定させることが目的なら、副業を始めるのも有効な手段。

副業から本業への昇格も可能

  • 仕事が続かない旦那さんに対して妻が出来ることは、「プレッシャーを与えずに褒めて伸ばす」「キャリアコンサルタントの資格取得」「病院やカウンセリングに連れて行く」などがある

仕事が続かない旦那さんを持つという事は、収入面はもちろんですが、家庭の雰囲気が悪くなるなど、様々な悪影響をもたらします。

旦那さんが自分の努力で原因を克服する事が出来れば一番良いのですが、
妻や周囲の人のサポートによって改善出来る場合もあります。

是非安定した生活を得るためにも、原因を見つめ直し、効果的な解決法で仕事を続けられるよう改善してみましょう。

コメント