社内SEへの転職で必要なスキルとは?資格や転職方法についても解説

社内SEへの転職で必要なスキルとは?資格や転職方法についても解説 ITエンジニアの転職

社内SEとは、自社のIT担当を担うエンジニアのことを指します。

社内SEと一言で言っても、IT戦略を立てたりシステムを開発したりと幅広い業務を担当します。

そんな社内SEには「仕事が楽」と言った意見もあり、目指している方も多いです。

そこで今回の記事では、社内SEへの転職で必要なスキルについて解説します。

これから社内SEに転職したいと考えている方は、この記事を参考にしてくださいね。

IT・WEB業界への転職におすすめのエージェント10選!利用時に注意しておくポイントとは

社内SEへの転職で必要なスキル

まずは社内SEへの転職で必要なスキルについて解説します。

具体的には以下のとおりです。

社内SEへの転職で必要なスキル

  • 臨機応変な対応力
  • 運用保守
  • マネジメント能力
  • 一通りのプログラミングスキル

これらについてそれぞれ解説します。

未経験でもエンジニアに転職できる!転職前にやるべきことを徹底解説

臨機応変な対応力

社内SEに一番求められているスキルとしては臨機応変な対応力です。

一般的なSEであれば、顧客の要求に対して要件定義をおこない、システムを構築し納品するのが流れですよね。

しかし社内SEの仕事内容は既存の社内システムをより改善させるために働きます。

社内システムを1から構築することもありますし、臨機応変な対応が必須です。

また同時に複数のシステム構築をしなければいけないこともあるため、優先度を考えて臨機応変に作業を進める必要もあります。

このようにいろいろな面で臨機応変さを求められるので、リソースをどのように配分するのがベストなのかをしっかりと考えられることが求められています。

運用保守

社内SEの仕事内容はシステム制作だけではなく、運用保守業務も含まれています。

システムは作ったらそのままでいいわけではなく、定期的にメンテナンスをおこないますよね。

システムの運用保守にはメンテナンスのスキルも必要になると覚えておきましょう。

マネジメント能力

システム開発や運用保守をするのにもマネジメントする必要があります。

社内システムを外部に委託する場合には特にマネジメント能力が必要ですね。

どのようにプロジェクトを進めているのか、スケジュールはどのようになっているのかを把握し、無駄があればマネジメントする必要があります。

プロジェクトマネージャーとしての働き方も必要です。

一通りのプログラミングスキル

社内SEをする以上SEとしての仕事をすることがあります。

上流工程から確認作業をすることも多いため、プログラミングスキルは必須だと覚えておきましょう。

社内SEへの転職で有利になる資格

社内SEへの転職で有利になる資格

続いては、社内SEへの転職で有利になる資格について解説します。

社内SEとして働くためにはスキル以外にも資格を持っておくと有利になります。

具体的におすすめの資格は以下のとおりです。

社内SEへの転職で有利になる資格

  • ITパスポート
  • 基本情報技術者試験
  • 応用情報技術者試験
  • 情報処理安全確保支援士
  • プロジェクトマネージャー試験

これらの資格についてそれぞれ解説します。

ITへの転職は未経験でもできるのか?未経験が心得ておくべきポイントとは

ITパスポート

ITパスポートはSEになるためではなく、IT業界全般についての理解が問われる資格です。

ITパスポートを取得しているということは、パソコンやIT全般の知識が身についていることを主張できます。

また未経験者であっても比較的簡単に合格が狙える資格なので、初めての資格として取得するのがおすすめです!

基本情報技術者試験

基本情報技術者試験はエンジニアを目指すなら取得しておくべき基本的な資格です。

他業種からエンジニアを目指す場合には、取っておくべき資格の1つですね。

コンピューターからプログラミング言語、ネットワークなどIT全般の知識が問われます。

ITパスポートと比較すると難しく設定されていますが、その分転職時にも役に立つ資格です。

エンジニアに欠かせない知識が身についていることを主張できるので、ぜひ取得を目指してみてくださいね。

応用情報技術者試験

応用情報技術者試験は基本情報技術者試験の上位資格です。

応用情報技術者試験では設計からプロジェクトの進行まで、実務基準を想定しているので未経験者には難しい可能性があります。

ただし取得できれば即戦力として雇ってもらえるため、転職の成功率は大幅に高まります!

すでにエンジニアとして働いている方であれば、応用情報技術者試験の取得を目指してみるのがおすすめです。

情報処理安全確保支援士

情報処理安全確保支援士はセキュリティの対応やサイバー犯罪に対する対応のためのスキルを測るための資格です。

近年では情報セキュリティに対する考え方も変わってきていて、社内に対応できる人を1人以上確保しておきたいと考える企業も多いです。

しかしまだまだ情報処理安全確保支援士を持っているSEは少ないため、情報処理安全確保支援士を取得しているだけでも優遇される可能性が大いにあります。

プロジェクトマネージャー試験

プロジェクトマネージャー試験は、その名の通りプロジェクトマネージャーとしてのスキルや知識を測るための試験です。

プロジェクトの責任者としてプロジェクトの立ち上げや管理ができるスキルを学べます。

転職したいけどスキルがない!解決策と転職を成功させるポイントを徹底解説

社内SEに転職するなら転職サイト・転職エージェントがおすすめ

社内SEに転職をしてみたいと思っている方も多いです。

そこで社内SEに転職する際におすすめの転職サイト・転職エージェントを紹介します。

具体的には以下の転職サイト・転職エージェントがおすすめです。

社内SEに転職する際におすすめの転職サイト・転職エージェント

  • レバテックキャリア
  • ワークポート
  • doda

これらの転職サイト・転職エージェントについてそれぞれ解説します。

レバテックキャリア

レバテックキャリアの特徴

  • コンサルタントがエンジニア出身
  • キャリアコンサルタントの徹底サポート
  • 内定率が高い

レバテックキャリアはIT人材に特化した転職エージェントです。

レバテックキャリアで求人を紹介してくれるコンサルタントは、エンジニア出身の方が多いので適切なアドバイスをしてもらえます!

実際の業務や業界内で困っていることにも真摯に対応してくれるので、相談しながら転職活動を進めたい方におすすめです。

また掲載されている求人の質が高く、キャリアアップも目指せます!

とりあえずエンジニア系の転職エージェントに登録したいと思っているなら、レバテックキャリアに登録するのがおすすめです。

3分で登録完了!

レバテックキャリアの評判はやばい?真相と口コミの傾向を徹底解説

ワークポート

ワークポートの特徴

  • IT・WEB分野に強い
  • 紹介してもらえる求人量が多い
  • コンサルタントの手厚いサポート

ワークポートは、ITやWEB系の職種の求人に強い転職サービスです。

紹介してもらえる求人量が多い特徴があり、自分が希望している求人を多くの選択肢の中から見つけられます。

もちろんコンサルタントの対応も評判が良く、手厚いサポートをしてもらえますよ!

IT業界への転職におすすめ!

ワークポートの評判の真相とは?口コミをもとにメリット・デメリットを徹底分析

doda

dodaの特徴

  • 取り扱い求人数が桁違い
  • エンジニア・技術職・営業の求人が多い
  • 面接対策などのエージェントサービスも手厚い
  • 年収査定やレジュメビルダーなど転職準備のコンテンツが充実
  • 転職フェアなども豊富

dodaであればITにやWEB業界に限らず、総合的に求人情報を探せます。

エンジニア職の求人も多く掲載されているため、特化して探すこともできます。

ただ未経験でIT業界に転職するのであれば、いろいろな業界・業種の求人を確認してからがおすすめです。

比較することで本当に良い求人に出会える可能性も高まります。

総合人材サービスとエンジニア向けの求人サイトの両方を利用するのがベストですね!

dodaのエージェントは転職におススメのサービス!評判・口コミを徹底解説

社内SEの仕事内容

続いては社内SEの仕事内容について紹介します。

具体的には以下のとおりです。

社内SEの仕事内容

  • 社内ヘルプ
  • 社内インフラ
  • セキュリティ対策
  • 社内システム構築

これらについてそれぞれ解説します。

社内ヘルプ

社内SEは社内のヘルプデスク的なことも担当します。

社員のパソコンがつかなくなってしまった場合やソフトウェアの使い方などを聞かれることも。

システムエンジニアとして働くというよりは、パソコンやその周辺機器全般について担当する必要があると覚えておきましょう。

社内インフラ

社内SEは社内インフラについても担当します。

例えばVPNの設定です。

社内のネットワークにつないでいるパソコンのみがアクセスできる設定などをする必要があります。

情報セキュリティ対策の1つですね!

セキュリティ対策

社内で持っているデータは様々ありますよね。

顧客の個人情報や事業運営に関わってくるようなデータなど様々です。

これらの情報を漏洩させないためにもセキュリティ対策は必須です。

セキュリティソフトの導入やパスワードの設定などを社内SEがおこなうことになりますね。

社内システム構築

社内でシステムを制作するとなれば社内SEが担当します。

システムエンジニアがやっているようなことをそのまま自社内でやることになりますね。

システムの設計から開発、テストまで全てを担当します。

未経験から社内SEへの転職は難しい?

ここまで社内SEに必要なスキルや資格について解説しました。

中には未経験で社内SEに転職したいと思っている方もいますよね。

結論からいうと、未経験でも社内SEに転職は可能ですがスキルを身につけるのがおすすめです。

ここからは実際に未経験から社内SEへ転職するためにスキルを身につけられるサービスを紹介します。

具体的には以下のとおりです。

POINT

  • ウズウズカレッジ
  • コードキャンプ

これらについてそれぞれ解説します。

ウズウズカレッジ

ウズウズカレッジ

ウズウズカレッジは転職エージェント「ウズウズ」が運営しているITスクールです。

転職エージェント「ウズウズ」もITに特化したサービスなので、企業に求められている人材を育てるのに特化しています。

プログラマーやSEとして働きたいと考えているなら、ウズウズカレッジを利用してみてくださいね。

未経験からでも転職できるように指導してもらえるので、どんな人にもおすすめです!

ウズウズカレッジで用意されているコースの種類

  • インフラエンジニアコース
  • プログラマー/SEコース

10分で無料会員登録

コードキャンプ

codecamp

CodeCampはオンライン限定のプログラミング教室です。

パソコンとネット環境さえあれば、受講できます。

現役エンジニアからスキルを学べるので未経験から社内SEを目指している方にもおすすめ!

レッスン満足度97.1%という高さを誇っているため、成長できるスピードも早いです。

無料でコードキャンプに登録できるので、とりあえず登録しておきたい方にもおすすめですよ!

CodeCampで用意されているコースの種類

  • デザインマスターコース
  • Webマスターコース
  • オーダーメイドコース
  • 4ヶ月で未経験からエンジニアに転職できるコース

10,000円OFFのクーポンをゲット

【まとめ】社内SEに必要なスキルを身に着けて転職しよう

この記事では、社内SEに必要なスキルや資格について解説しました。

未経験からでも社内SEに転職はできますが、スキルや資格を身につけるのがおすすめです。

もう一度社内SEになるために必要なスキル・資格についてまとめます。

社内SEへの転職で必要なスキル

  • 臨機応変な対応力
  • 運用保守
  • マネジメント能力
  • 一通りのプログラミングスキル

社内SEへの転職で有利になる資格

  • ITパスポート
  • 基本情報技術者試験
  • 応用情報技術者試験
  • 情報処理安全確保支援士
  • プロジェクトマネージャー試験

これらを身に着けて社内SEに転職を目指してみてくださいね!

10分で無料会員登録