社会福祉士の転職先って?転職先を選ぶポイントも紹介

社会福祉士の転職先って?転職先を選ぶポイントも紹介-アイキャッチ 転職コラム

「社会福祉士の転職先ってどんなところがあるの?」
「社会福祉士におすすめの転職先ってある?」

上記のように社会福祉士の転職先について悩んでいる方もいますよね。

社会福祉士の転職先は非常に幅広いため、自分に合った転職先が分からない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は社会福祉士の主な転職先や仕事内容、おすすめの転職先について詳しく解説します。

記事の後半では転職先を選ぶポイントやよくある質問もまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

社会福祉士の主な転職先

ポイントをいう女性

社会福祉士の主な転職先には以下の6つがあります。

  • 社会福祉士の転職先医療機関
  • 市役所や県庁の福祉課
  • 介護施設・高齢者福祉施設
  • 児童福祉施設
  • 障害者福祉施設
  • 地域保活支援センター

ではそれぞれの転職先の仕事内容や特徴について詳しく紹介します。

①医療機関

社会福祉士は病院や保健所、診療所などの医療機関で、医療ソーシャルワーカーとして働けます。

医療ソーシャルワーカーは主に、患者や家族の相談に乗り適切な提案や援助を行います。

患者の相談内容には主に以下があります。

  • 患者の相談内容経済的問題
  • 療養中の心理的問題や社会的問題
  • 退院の援助
  • 社会的復帰の援助
  • 受診や受療援助
  • 転院や通院のアドバイス
  • 地域活動

医療ソーシャルワーカーは、上記のように医師が関与しない問題を解決する仕事です。

必要に応じて相談だけでなく関連機関との連絡や調整も行います。

また最近では高齢化社会が進んでいることから、療養や障害による支援を必要とする方は増えています。

そのため医療ソーシャルワーカーの需要は今後も高まることが期待できるでしょう。

②市役所や県庁の福祉課

社会福祉士は公務員として、市役所や県庁の福祉課でも働けます。

主な仕事内容は福祉に関係する相談業務や家庭訪問などで、地域住民に困っていることはないかを確認する地域のケースワーカーとしても活躍できます。

詳細な業務内容は所属先によって異なりますが、基本的には福祉に準ずる内容です。

しかし社会福祉を活かす仕事以外に、一般的な事務作業を任されることも多いので把握しておきましょう。

市役所や県庁で働く場合業務内容や対応する案件は幅広いため、臨機応変な対応力が必要ですよ。

公務員として働くことで安定した収入や整った福利厚生を受けられるので、市役所などの福祉かも人気が高いですよ。

③介護施設・高齢者福祉施設

社会福祉士は介護施設において、生活相談員や支援相談員としても働けます。

社会福祉士が働く介護施設とは、介護老人保健施設や老人ホームなどの高齢者福祉施設です。

介護施設での主な仕事内容として、入所前から退所後までの生活における相談に乗り助言を行います。

相談は入所者本人だけでなく、入所者の家族からの相談も受け付けます。

相談や助言以外の仕事内容は主に以下の通りです。

  • 仕事内容入所前の調査
  • 契約に関する連携
  • 施設内外の調整
  • 入所後の生活
  • 転院先の情報提供

上記以外でも、施設によっては介護職の補助といった介護業務をすることもあるので覚えておきましょう。

介護施設で働く場合入所前から入所後まで一貫して援助などを行いますが、最も関わる場面は入所前です。

介護施設に見学しに来た方への説明など重要な役割を担うので、やりがいも感じられますよ。

④児童福祉施設

児童福祉施設とは児童福祉に関する事業を行う施設です。

児童に関する福祉の仕事をしたい社会福祉士は、児童養護施設や母子支援施設で働く方が多いでしょう。

児童養護施設とは、保護者のいない児童や何かしらの問題を抱えている児童を支援する施設で、社会福祉士はケースワークを行います。

また、社会福祉士は児童福祉司として児童相談所でも働けます。

児童相談所での主な仕事内容は、問題を抱えた児童や家族の相談、家庭環境の調査などが中心です。

他にも教育委員会などとの連絡や調整も状況に応じて行います。

児童が抱える問題とは親からの虐待や不登校など様々で、一人一人の問題に適切な対応が必要です。

児童相談所で働くには地方公務員試験の合格が必要なので、気を付けましょう。

児童に関する福祉の職場は他にも学童などがありますよ。

⑤障害者福祉施設

社会福祉士は障害者向けの福祉施設において、生活指導員や生活相談員として働けます。

社会福祉士が援助する障害者は、身体障害者や知的障害者、精神障害者です。

主な仕事内容は、自立支援と地域生活支援であり、具体的には利用者からの相談に乗り助言を行うことや入退所手続きを行います。

介護施設と似ていますが、利用者が地域での生活を順調に行うための退所後の援助や就労のための支援も仕事内容の1つです。

相談は利用者と利用者の家族から受け付けるため、利用者家族との連絡や調整も必要になりますよ。

また、具体的な仕事内容は所属する施設によって異なりますが、自立支援と生活支援といった業務内世は共通しています。

⑥地域保活支援センター

地域包括支援センターとは、高齢者が地域で円滑に生活できるように援助を行う施設です。

市町村が設置している施設であり、基本的に社会福祉士やケアマネージャー、保健師などが働いています。

地域包括支援センターでの社会福祉士の仕事は、主に介護や福祉サービスに関する相談の乗り、助言を行うことです。

相談は窓口対応以外にも電話での相談や訪問による相談もあります。

特に高齢者だと直接窓口に行くことが難しい方も多いので、訪問の機会も多いと思っておきましょう。

相談内容に応じて、保健師やケアマネージャーと一緒に業務に取りかかるので、他の職員との連携も必要になりますよ。

また、仕事内容は当事者やその家族が抱える問題において適切支援を行う他に、生活習慣の見直しなど介護予防プランの作成など幅広いです。

社会福祉士の仕事内容

派遣_女性02

これまで社会福祉士の主な転職先を紹介しましたが、社会福祉士として共通する仕事内容を詳しく知りたい方もいますよね。

社会福祉士は、身体上や精神上において何かしらの問題を抱えているといった、日常生活を送るのに困難がある方に向けて、福祉に関する相談に応じ支援する仕事です。

社会福祉士の専門業務は相談援助といわれ、相談してくる方に必要な社会福祉のサービスや関係者と連携し、支援を行います。

支援対象は日常生活が困難な方と言いましたが、主に以下の方などが該当します。

  • 支援対象障害者
  • 高齢者
  • 児童
  • 低所得者

社会福祉士の支援対象者は幅広いため、働く場所においても以下のようにあらゆる選択肢があります。

  • 働く場所医療
  • 福祉
  • 介護
  • 行政
  • 教育

社会福祉士は国家資格であり、介護や福祉を必要とする方が増えている日本で需要が高い仕事です。

社会福祉士におすすめの転職先とは?

社会福祉士の主な勤務先は分かったけど、中でも特におすすめの職場を知りたい、という方もいるのではないでしょうか。

社会福祉士の仕事内容や働き先はさまざまなので、転職先に迷いますよね。

自分の働きたい職場が明確に決まらない方は、公務員として働くことがおすすめですよ。

公務員であれば、安定して長く働くことができます。

また景気に左右されない一定の収入があり、福利厚生も整っていることも嬉しいポイントです。

公務員として働くには公務員試験に合格する必要があるので簡単ではありませんが、転職先も一気に広がりメリットも大きいですよ。

社会福祉士が公務員として働く場合、一般的に地方公務員の福祉職になる方が多く、相談員としての役目を果たします。

社会福祉士は国家資格なので信頼性が高いですが、公務員になることでより社会的信用が高まりまるので、おすすめですよ。

社会福祉士の転職先を選ぶポイント

社会福祉士の主な転職先や仕事内容を見て、自分が働きたい職場を見つけた方もいるのではないでしょうか。

しかし、福祉関係の仕事は思っていたよりも大変だと感じる方は多く、転職先を見極めることが大切になります。

そこでこのトピックでは、転職先を選ぶ際に見るべきポイントについて以下を紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

  • ポイント職員が足りているか
  • 支援対象はどのような人か

①職員が足りているか

福祉関係の仕事は基本的に多いため、必然的に社会福祉士に任される業務量も多くなります。

業務量に対して職員の人数が足りていないと、一人の負担が非常に大きくなるため注意が必要です。

休憩は決まった時間取れるのか、休日出勤はないか、残業は多くないか、という点を働く上で重視したい方は多いですよね。

職員数が不足している場合、残業や休日出勤が多くプライベートの時間が取れない、トイレにすら行けない、といった問題も出てきます。

仕事とプライベートを上手く両立させるためには、業務量や職員数に問題ないか確認が大切ですよ。

社会福祉士として働いている方には、業務量が多くて厳しい、自分の時間がないという意見も多いので、転職先は口コミ等も参考に慎重に決めましょう。

②支援対象はどのような人か

社会福祉士が支援する対象は高齢者から児童まで幅広いため、自分が特に支援したい対象者に関われる転職先選びが大切です。

支援対象者によって、実際に自分が働く職場は大きく変わるので、支援対象者による職場を確認しておきましょう。

支援対象者が決まれば転職先の求人も絞られるので、志望動機も明確になりますよ。

支援対象者を特定せず、困っている方を幅広く支援したいという方は、行政機関や福祉課など公務員を目指すことがおすすめです。

社会福祉士の転職先に悩んだら転職エージェントを利用しよう!

社会福祉士の転職先はたくさんありますが、必ずしも全ての転職がうまくいくわけではありません。

転職活動がなかなか上手くいかない方や順調に進まない方は、転職エージェントに相談することがおすすめですよ。

転職エージェントを利用することで、自分にぴったりな転職先を紹介してもらえます。

転職を成功させる情報提供や、自分の強みのアピール方法も教えてもらえるので、転職を有利に進められますよ

社会福祉士に特化したエージェントを利用すれば、より面接に活用できるノウハウを身につけられるので安心ですね。

また、数多くの非公開求人も紹介してもらえるため、自分の理想に合う求人が見つかる可能性も高まります。

転職エージェントは基本的に無料で利用できるので、悩んでいる方はぜひ利用してみましょう。

社会福祉士におすすめの転職サイト・転職エージェント!転職時のポイントを解説

事前に施設見学に行くこともおすすめ!

自分の希望の転職先が見つからず悩んでいる方は、施設見学に行くことがおすすめです。

施設見学で実際の働く環境を見ることで、興味が出る場合もあります。

また、気になる転職先を見つけた際にも施設見学をしておきましょう。

どのような職員がいるのか、どのような仕事をこなしているのか、雰囲気は良いか、など施設見学でしか分からない情報は多いです。

転職先で失敗しないためにも、実情を知っておくことが重要ですよ。

特に社会福祉士は業務内容が多く忙しい仕事なので、勤務状況を見て自分でも働けそうなのか確認しましょう。

実際に働いてみると仕事内容も雰囲気も忙しさも想像と違った、というギャップを防ぎ安心して転職するために施設見学は必須ですね。

求人を探す際に、事前見学可能の条件に絞ると調べやすいでしょう。

社会福祉士の転職に関するよくある質問

このトピックでは、社会福祉士の転職に関するよくある質問について以下の2つを紹介します。

  • よくある質問社会福祉士に向いている人ってどんな人?
  • 社会福祉士のメリットやデメリットって?

社会福祉士に向いている人ってどんな人?

社会福祉士に向いている人の特徴は主に以下の通りです。

  • 向いている人コミュニケーション能力が高い人
  • 視野が広く気が遣える人
  • 人助けの気持ちや思いやりが強い人
  • 協調性のある人

社会福祉士の仕事は、日常生活において困っている人からの相談に応じ援助することです。

そのため、何よりも人の役に立ちたい方にはぴったりの仕事ですね。

またあらゆる支援対象者一人一人に適切な援助をするため、どんな方にも合わせられる協調性やコミュニケーション力も必要になります。

反対に、せっかちな方や短気な方は転職先によって合わないことがあるので、自分の性格も考慮することが大切ですね。

社会福祉士のメリットやデメリットって?

社会福祉士の主なメリットは以下の通りです。

  • メリット選べる仕事幅が広がる
  • あらゆる場面で活かせる知識が身につく

社会福祉士の主なデメリットは以下の通りです。

  • デメリット社会福祉士の資格がなくても働けることが多い
  • 実務経験がないと即戦力になれない

社会福祉士は国家資格なので、取得することで仕事の幅も広がり社会的信用度も上がります。

福祉に関する仕事をしたい方はとっておくことで損はないでしょう。

しかし、実際社会福祉士の資格がなくても働けることや、上手く資格を活かせないことも多いです。

どんな仕事にもメリットとデメリットはあるので、どちらも比較して自分に合った職業なのかもう一度考えてみましょう。

社会福祉士の転職先は多い!

社会福祉士の転職先は非常に幅広いため、自分に合った職場も見つけやすいでしょう。

自分に合った職場を見つけ、長く勤めるためには以下の点が重要です。

  • ポイント転職先が本当に自分に合っているのか見極める
  • 職員数や支援対象など情報種集を徹底する
  • 施設見学で職場の雰囲気や勤務形態を把握しておく

状況に応じて転職エージェントも利用し、希望通りの転職先を見つけましょう。

保育士から社会福祉士へ転職するのは可能?社会福祉士のメリットもご紹介