社会福祉士におすすめの転職サイト・転職エージェント!転職時のポイントを解説

社会福祉士におすすめの転職サイト・転職エージェント!転職時のポイントを解説 転職コラム

「社会福祉士に転職したい」
「社会福祉士としてキャリアアップする方法が知りたい」

社会福祉士に転職するのにおすすめの転職サイト・転職エージェントはたくさんありますが、テキトーに選ぶのはおすすめできません。

そこで今回の記事では、社会福祉士に転職する際におすすめの転職サイト・転職エージェントについて解説します。

これから社会福祉士に転職したいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

未経験で介護職への転職は可能なのか?未経験で転職成功&失敗実例

  1. 社会福祉士におすすめの転職サイト・転職エージェント
    1. マイナビ介護職
    2. きらケア介護求人
    3. 介護ワーカー
    4. かいご畑
    5. アイデムスマートエージェント
    6. カイゴジョブ
    7. ミラクス介護(旧:スマイルSUPPORT介護)
    8. Jobマ
  2. 社会福祉士に転職する際に気をつけておくべきポイント
    1. 社会福祉士の仕事内容
    2. 社会福祉士のおもな転職先
    3. 社会福祉士に必要な資格・スキル
    4. 社会福祉士の年収・月収
    5. 社会福祉士に向いている人の特徴
  3. 社会福祉士が転職サイト・転職エージェントを利用するメリット・デメリット
    1. 社会福祉士が転職サイト・転職エージェントを利用するメリット
      1. エージェントに求人を紹介してもらえる
      2. 質の高い求人を紹介してもらえる
      3. 転職サイト・転職エージェントにしか紹介してもらえない求人がある
      4. エージェントに今後のキャリア相談ができる
    2. 社会福祉士が転職サイト・転職エージェントを利用するデメリット
      1. エージェントの対応が悪いことがある
      2. 転職を急かされることがある
      3. 必ず希望している求人に出会えるとは限らない
  4. 社会福祉士に転職するために上手く転職サイト・転職エージェントを使う方法
    1. 連絡をこまめにおこなう
    2. 転職時期を「できるだけ早く」と伝える
    3. 資格や経歴でうそをつかない
    4. 希望条件をしっかりと伝える
    5. 担当のエージェントと相性が悪ければ変更してもらう
    6. 複数の転職サイト・転職エージェントを利用する
    7. 同じ求人に対する応募は1回だけにする
    8. 推薦文は必ず確認する
  5. 転職エージェントを使って社会福祉士に転職するまでの流れ
    1. 転職エージェントに登録する
    2. エージェントとのカウンセリングの日程調整
    3. エージェントとカウンセリングをおこなう
    4. カウンセリングを元に求人の紹介
    5. 履歴書・職務経歴書の添削
    6. 面接の対策
    7. 内定・円満退職の手続き
    8. 転職後のアフターフォロー
  6. 社会福祉士に転職する方によくある質問
    1. 未経験からでも社会福祉士に転職できますか?
    2. 社会福祉士への転職の志望動機はどのような例がありますか?
    3. 社会福祉士で年収アップを目指す方法はありますか?
    4. 在職中でも転職エージェントに登録できますか?
    5. 転職エージェントで紹介された求人を断ってもいい?
    6. 何歳までなら社会福祉士や介護系の転職ができる?
  7. 【まとめ】社会福祉士の転職では転職エージェントを利用しよう!
介護転職の利用者満足度ナンバーワン!
介護の転職なら「マイナビ介護職」
介護エイド
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
マイナビ介護職の無料登録はこちら

社会福祉士におすすめの転職サイト・転職エージェント

社会福祉士におすすめの転職サイト・転職エージェントは以下のとおりです。

社会福祉士におすすめの転職サイト・転職エージェント

  • 介護ワーカー
  • マイナビ介護職
  • きらケア介護求人
  • かいご畑
  • アイデムスマートエージェント
  • カイゴジョブ
  • ミラクス介護(旧:スマイルSUPPORT介護)
  • Jobマ

それぞれ解説します。

ケアマネージャーにおすすめの転職サイト・転職エージェントを紹介!

マイナビ介護職

マイナビ介護職

マイナビ介護職の特徴

  • 無資格OKの求人あり
  • 研修が充実している
  • 資格取得講座が無料で受けられる
  • 給与週払いサービスがある

大手人材企業のマイナビグループが運営している転職サービスの1つにマイナビ介護職があります。

介護士や社会福祉士に特化した求人を多く取り扱っています。

求人数も豊富にあり、自分が希望する条件を細かく設定できます。

優良老人ホームや障がい者施設の求人も取り扱っているので、社会福祉士向けの求人も多いです。

またエージェントがしっかりとサポートしてくれるため、未経験者でも安心して利用できます。

エージェントは紹介してくれる施設に訪問していて、内情を細かく教えてくれるのも特徴です。

転職先に直接質問できないようなことも、エージェントに質問して答ええてもらえるので安心して利用できます!

最短60秒で登録!

マイナビ介護職の口コミを徹底分析!評判を元にメリット・デメリットを解説

きらケア介護求人

きらケア介護求人

きらケア介護求人の特徴

  • 求人数が多い
  • 業界に特化したアドバイザーがいるから安心
  • サポートは入職後もある
  • 検索機能が充実
  • 交渉もサイト側が対応
  • 給与前払いサービスがある

きらケア介護求人はレバレジーズキャリアが運営している介護職に特化した転職サイトです。

きらケア介護求人も求人で対応している地域が広く、関東圏以外でも転職を目指せます。

きらケア介護求人で働いているスタッフは、施設訪問をおこなっていて現地で働いているスタッフからヒアリングを定期的におこなっています。

ヒアリングをして得た情報を転職希望者に伝えているので、入職前と入職後で認識の差が生まれにくいのもメリットです。

きらケア介護求人は無資格でも利用できるため、未経験で転職を検討されている方にもおすすめです!

「介護職・ケアマネージャー・生活相談員・ヘルパー・管理職・管理職候補」などさまざまな職種の求人が掲載されています。

とりあえず登録しておきたいと考えている方は、きらケア介護求人もおすすめですよ。

最短60秒で登録完了

きらケア介護求人の評判、口コミ!サイトのメリット・デメリットも紹介

介護ワーカー

介護ワーカー

介護ワーカーの特徴

  • 求人数が多い
  • 非公開求人も多い
  • 担当コンサルタントに求人を紹介してもらえる
  • 年収アップが見込める
  • 全国に求人がある
  • 介護施設の内部情報も手に入る

介護ワーカーは株式会社トライトキャリアが運営している介護全般に特化した転職エージェントです。

介護ワーカーの特徴として、紹介してもらえる求人数が他の転職エージェントと比較して圧倒的に多いですね。

また介護系の転職エージェントとなると、首都圏や関東周辺のみの求人を扱っていることが多く見られます。

しかし介護ワーカーでは全国的に求人を取り扱っているため、地方での転職を検討されている方にもおすすめです!

介護職・ヘルパー・ケアマネージャー・相談員・サービス提供責任者・管理職のような求人が揃っているため、未経験から社会福祉士を目指したい方にもおすすめ。

もちろん高時給・労働条件良好の案件が多数紹介されているので、ワークライフバランスを意識した転職ができます。

他の介護系転職エージェントと比較しても求人数が多いため、転職エージェント選びで迷っているなら、介護ワーカーに登録するのがおすすめです!

非公開求人も多く掲載されていて、介護ワーカーに登録するだけで無料で見られるのでぜひ利用してみてくださいね。

介護ワーカーの口コミ・評判を徹底解説!「最悪」の意見は本当なのか?

かいご畑

かいご畑

かいご畑の特徴

  • 無資格OKの求人あり
  • 研修が充実している
  • 資格取得講座が無料で受けられる
  • 給与日払いサービスがある

かいご畑は株式会社ニッソーネットが運営している介護系転職エージェントです。

かいご畑では正社員の求人以外にも契約社員やパート、派遣求人も掲載されています。

また無資格・未経験者でも応募可能な案件を多数保有しているのも特徴的。

「今は経験・資格がないが、これから介護士として徐々にステップアップしたい」と思っている方はかいご畑がおすすめですね。

社会福祉士に興味があるけど、実務を経験してみないとわからないという方にもおすすめです。

また研修や資格取得支援講座が無料で受けられるメリットもあるので、ぜひ利用してみてくださいね。

無資格・未経験でも転職可能!

かいご畑の運営会社ニッソーネットと提供サービスついて徹底解説!

アイデムスマートエージェント

アイデムスマートエージェント介護

アイデムスマートエージェント介護の特徴

  • 非公開求人が多い
  • エージェントのサポートが親切
  • 40年以上の歴史があるサポートを提供

アイデムスマートエージェントには、老人ホームやデイケア、訪問介護の職場で活躍するホームヘルパー・介護福祉士・ケアマネージャーなどの求人が掲載されています。

介護や福祉に特化していて、厳選された求人が掲載されているので条件のいい案件に出会える可能性も高いです。

また40年以上の歴史あるサポートで、希望する求人を紹介してもらえます。

非公開求人を多く保有しているため、登録しないと見られない求人も!

エージェントの評価も高く、丁寧なサポートをしてもらえますよ。

最短60秒で登録!

カイゴジョブ

カイゴジョブ

カイゴジョブの特徴

  • 検索機能がシンプルでわかりやすい
  • オープニングスタッフ特集がある
  • 電話で求人問い合わせが可能
  • カイゴジョブフェスタを開催している
  • カイゴジョブアカデミーで資格取得も目指せる

カイゴジョブは、株式会社エス・エム・エスが運営している介護系の転職エージェントです。

45万人以上の取引実績があるため、サポートには安心感があります。

カイゴジョブが取引している企業の求人だけでなくハローワークからも求人を紹介してもらえます。

ハローワーク求人と介護系転職サービスを1度に利用できるので、効率的に転職先を探せますね。

社会福祉士以外にも、介護職員やサービス提供責任者、ケアマネジャーのような求人が多数掲載されています。

47都道府県に対応しているので、地方で転職を検討している方にもおすすめですよ!

カイゴジョブの評判、口コミ!サイトのメリット・デメリットも紹介

ミラクス介護(旧:スマイルSUPPORT介護)

ミラクス介護

ミラクス介護の特徴

  • 全国への転職に対応
  • 非公開求人が全体の7割
  • 求人の雇用形態が広い
  • 給与前払いサービスがある

ミラクス介護はHITOWAキャリアサポート株式会社が運営している介護向けの転職サービスです。

ミラクス介護では、未経験者ではなく資格保有者向けの求人が多く掲載されています。

無資格・未経験者OKの求人も掲載されていますが、資格者向けの求人がほとんどだとおぼえておきましょう!

そのため社会福祉士向けの転職エージェントだと言えますね!

担当のエージェントにヒアリングをしてもらった内容を元に、ニーズに合った内容の求人を紹介してもらえます。

ミラクス介護に掲載されている求人の約7割が非公開求人にされており、とてもいい案件を紹介してもらえる可能性が高いです!

すでに介護士として働いた経験がある、または現在介護士として働いている人は、ミラクス介護を利用してみてくださいね。

運営元のHITOWAキャリアサポート株式会社は介護業界に精通しているので、エージェントのアドバイスもより正確です。

転職エージェントにサポートしてもらいたい場合には、ミラクス介護を利用するのがおすすめですね。

ミラクス介護(旧:スマイルSUPPORT介護)の評判、口コミ!サイトのメリット・デメリットも紹介

Jobマ

ジョブマ

Jobマ!の特徴

  • 未経験可能の案件も多い
  • 首都圏の案件が多い
  • 無資格・未経験可能
  • 首都圏中心

Jobマは大手人材会社のリクルートが運営している人材派遣サービスです。

転職エージェントとは違い、派遣求人を紹介してもらえます。

人材派遣サービスですが、しっかりとした施設で働けるので社会福祉士を目指すために働きたいと考えている方におすすめです!

具体的には以下のような施設で働けます。

  • 有料老人ホーム
  • 介護老人保健施設
  • 養護老人ホーム
  • 特別養護老人ホーム
  • グループホーム
  • デイサービス
  • 小規模多機能型居宅介護
  • 介護療養型医療施設
  • 訪問介護
  • ショートステイ
  • 障がい者施設
  • 病院
  • サービス付き高齢者向け住宅

介護施設全般の派遣求人を取り扱っているので、ぜひ利用してみてくださいね!

最短3分で登録!

社会福祉士に転職する際に気をつけておくべきポイント

社会福祉士に転職する際に気をつけておくべきポイントは以下のとおりです。

社会福祉士に転職する際に気をつけておくべきポイント

  • 社会福祉士の仕事内容
  • 社会福祉士のおもな転職先
  • 社会福祉士に必要な資格・スキル
  • 社会福祉士の年収・月収
  • 社会福祉士に向いている人の特徴

それぞれ解説します。

社会福祉士の仕事内容

まずは社会福祉士の仕事内容についてしっかりと把握しておくべきですね。

社会福祉士の仕事内容をざっくりと説明すると、社会福祉サービスを利用している方を支援する仕事です。

地域周辺の施設で生活をしている高齢者や障がい者の方に対して、生活の手助けをするのが仕事内容ですね。

社会福祉士は、利用者と保健医療のサービスをつなぐような存在だと覚えておきましょう。

介護士のような仕事内容をするので、ハードワークになりがちです。

体力を必要とされる仕事だと覚えておいてくださいね。

社会福祉士のおもな転職先

社会福祉士に転職する場合、どのような施設で働くことになるのかも知っておく必要があります。

具体的には以下のとおりです。

社会福祉士のおもな転職先

  • 障がい者福祉施設
  • 介護福祉施設
  • 児童相談所
  • 病院

先程も言いましたが、社会福祉士は介護士のような仕事をします。

そのため最も多い転職先は、障がい者福祉施設や介護福祉施設です。

もちろん病院や児童相談所で働くこともできます。

希望する職場が決まっているなら、この記事で紹介した転職サイト・転職エージェントを利用して転職するのがおすすめです。

社会福祉士に必要な資格・スキル

社会福祉士になるためには、「社会福祉国家試験」に合格する必要があります。

「社会福祉国家試験」は年に1度しか開催されていないため、社会福祉士を目指す場合には試験に日程も確認しておきましょう。

ちなみに社会福祉士は誰でも受験できる資格ではなく、12通りの方法で「社会福祉国家試験」の受験資格が得られます。

下記は一例です。

「社会福祉国家試験」の受験資格を得る方法

  • 福祉系短大等に4年在籍後卒業(指定科目履修)
  • 福祉系短大等に3年在籍後卒業(指定科目履修)、その後生活援助実務を1年経験
  • 福祉系短大等に2年在籍後卒業(基礎科目履修)、その後生活援助実務を2年経験
  • 一般大学等に4年在籍後卒業、その後生活援助実務を1年経験、その後一般養成施設等1年以上
  • 一般短大等に2年在籍後卒業、その後生活援助実務を2年経験、その後一般養成施設等1年以上
  • 相談援助実務を4年経験、その後一般養成施設等1年以上

大学で社会福祉系の授業を履修していなかった場合、通信制の大学に通うことで「社会福祉国家試験」の受験資格が得られます。

どうしても社会福祉士を目指したい場合には、通信制の大学に通いましょう。

社会福祉士の年収・月収

社会福祉士として働くなら、月収や年収についてもしっかりと把握しておくべきです。

また社会福祉士の平均月収や年収をしっておかなければ、良い求人・悪い求人を見抜けません。

社会福祉士の方が働く施設によって、月収が変わるので下記表を参考にしてくださいね。

施設月収
介護老人福祉施設350,430円
介護老人保健施設338,920円
特定施設入居者生活介護事業所322,020円
介護医療院312,600円
訪問介護事業所306,760円
介護療養型医療施設306,420円
通所リハビリテーション事業所305,660円
小規模多機能型居宅介護事業所287,980円
認知症対応型共同生活介護事業所287,770円
通所介護事業所280,600円

参考:令和2年度介護従事者処遇状況等調査結果

社会福祉士に向いている人の特徴

社会福祉士はハードワークなことも多いため、向き不向きが出てしまいます。

そのため事前に仕事内容や社会福祉士に向いている人の特徴を知っておくべきです。

社会福祉士の主な業務は、社会福祉士を必要としている人たちとコミュニケーションを取り、その方が持っている問題に寄り添って解決する必要があります。

まずはコミュニケーション能力が必要なことがわかりますね。

もちろん、コミュニケーションをとってヒアリングした内容をまとめる能力や利用者が求めているものを判断することも求められています。

介護職全般に言えることですが、その人に奉仕をしてあげたいという気持ちも大切です。

人に何かをしてあげたいと思う気持ちがなければハードワークに耐えられずに辞めてしまう可能性があります。

まとめると、社会福祉士はコミュニケーション能力や人に何かをしてあげたいと思う気持ちを持っている方が向いている仕事ですね。

社会福祉士が転職サイト・転職エージェントを利用するメリット・デメリット

社会福祉士が転職サイト・転職エージェントを利用するメリット・デメリット

続いては、社会福祉士が転職サイト・転職エージェントを利用するメリット・デメリットについて解説します。

社会福祉士が転職サイト・転職エージェントを利用するメリット

社会福祉士が転職サイト・転職エージェントを利用するメリットは以下のとおりです。

社会福祉士が転職サイト・転職エージェントを利用するメリット

  • エージェントに求人を紹介してもらえる
  • 質の高い求人を紹介してもらえる
  • 転職サイト・転職エージェントにしか紹介してもらえない求人がある
  • エージェントに今後のキャリア相談ができる

それぞれ解説します。

エージェントに求人を紹介してもらえる

転職エージェントを利用するということは、担当のエージェントに求人を紹介してもらえるのです。

転職をする場合、自分で求人を見つけて応募するという流れが一般的ですよね。

しかし転職エージェントでは、エージェントがおすすめの求人を紹介してくれます。

現職に就いたまま転職を進めたいと思っている場合には、自分で求人を探す必要がないのでとても楽になりますよね。

転職活動を効率的に、楽に進めたいと思っている方にはとても大きなメリットだと感じられますよ。

質の高い求人を紹介してもらえる

転職サイトや転職エージェントでは、質の高い求人をたくさん掲載していることもあります。

希望する条件を伝えるだけで、その条件にマッチした条件の求人を紹介してもらえます。

希望する条件が高年収だとしたら、高年収の案件を紹介してほしいと伝えるだけでマッチした条件の求人を複数紹介してもらえるので楽ですね。

転職サイト・転職エージェントにしか紹介してもらえない求人がある

転職サイトや転職エージェントには非公開求人といって、その転職サイトや転職エージェントしか保有していない求人があります。

そもそもなぜ非公開求人になっているのかというと、応募が殺到しないように制限している理由がほとんどです。

非公開求人にされている求人は、条件が良く一般公開してしまうと応募が殺到してしまう可能性があります。

そのため、転職サイトや転職エージェントで優秀な方のみに紹介するという形を取っています。

普通に転職サイトを利用していても応募できないような求人に出会うためには、転職エージェントに紹介してもらうしかありません。

大企業や有名企業の求人は非公開になっていることも多いため、良い求人を探している場合には転職エージェントを利用するのがおすすめです。

エージェントに今後のキャリア相談ができる

転職エージェントを利用するとなれば、担当のエージェントが自分に付いてくれます。

エージェントに転職の相談だったり、今後のキャリアプランだったりを相談できるメリットがあります。

一度も転職を経験したことがない場合には、エージェントのアドバイスがとても役に立つことも多いです。

将来的なキャリアプランを元に、次に転職するべき転職先を提案してもらうこともできるので、長い将来を見ても大きな影響を与えてくれるので、とてもおすすめですよ!

社会福祉士が転職サイト・転職エージェントを利用するデメリット

続いては、社会福祉士が転職サイト・転職エージェントを利用するデメリットについて解説します。

具体的には以下のとおりです。

社会福祉士が転職サイト・転職エージェントを利用するデメリット

  • エージェントの対応が悪いことがある
  • 転職を急かされることがある
  • 必ず希望している求人に出会えるとは限らない

これらについてそれぞれ解説します。

エージェントの対応が悪いことがある

転職エージェントによくあることなのですが、担当してくれるエージェントの対応が悪いことがあります。

転職エージェントでは利用者に対して担当のエージェントが付いてくれます。

ただエージェントも人間なので相性が悪かったり、態度が悪かったりすることも…。

いろいろな転職サイト・転職エージェントの評判・口コミを見ていても担当のエージェントの態度が気に食わないといった意見を見ることも多いですよね。

担当のエージェントの対応が悪いだけでも転職に対して不安を持ってしまうこともあります。

その際には、転職エージェントにお問い合わせをして担当のエージェントを変えてもらいましょう。

転職エージェントでは担当のエージェントを変更してもらうことができるので、安心してくださいね。

また対応の悪いエージェントばかりではありません。

最初に担当してくれたエージェントが自分との相性バッチリということもあるので、一概にデメリットではないかもしれませんね!

転職を急かされることがある

転職エージェントは無料で利用できるのですが、それは転職者を企業や病院に紹介することで紹介料をもらえているからです。

その紹介料がエージェントの売上に直結しているため、エージェントの売上目標が達成できていない場合、転職を急かされてしまう可能性がありますね。

転職を急かされてしまった場合にも、エージェントを変更してもらうことができるので、安心してくださいね。

必ず希望している求人に出会えるとは限らない

転職サイト・転職エージェントを利用したとしても、必ず自分が希望している求人に出会えるとは限りません。

転職サイトや転職エージェントで保有している求人には限りがあります。

そのため、1つの転職サイト・転職エージェントを利用しただけで満足にいく転職ができるとは限らないとおぼえておきましょう!

もしすぐにでも転職を進めたいと考えているなら、複数の転職サイト・転職エージェントを利用するといいですね。

この記事でも複数の転職サイト・転職エージェントを紹介しているので、いろいろなサービスを併用してみましょう。

介護職の転職でよくある後悔とは?後悔しないための方法も解説

社会福祉士に転職するために上手く転職サイト・転職エージェントを使う方法

社会福祉士に転職するために上手く転職サイト・転職エージェントを使う方法は以下のとおりです。

上手く転職サイト・転職エージェントを使う方法

  • 連絡をこまめにおこなう
  • 転職時期を「できるだけ早く」と伝える
  • 資格や経歴でうそをつかない
  • 希望条件をしっかりと伝える
  • 担当のエージェントと相性が悪ければ変更してもらう
  • 複数の転職サイト・転職エージェントを利用する
  • 同じ求人に対する応募は1回だけにする
  • 推薦文は必ず確認する

それぞれ解説します。

連絡をこまめにおこなう

転職エージェントを利用する場合、担当のエージェントとはメールや電話を通じてやり取りをします。

できるだけ連絡をこまめにおこなうことで、転職に対するモチベーションや熱量をアピールできますよね。

先程も言いましたが、転職者の紹介料がエージェントの売上に直結しています。

担当のエージェントは50人くらいの転職者を抱えているので、優劣をつけることが一般的です。

そうなると転職に意欲的な方を優先して求人を紹介したいと思いますよね。

優先的に紹介する求人は高待遇なことが多いため、優先的に紹介してもらえるようにモチベーションや熱量が伝わるようにしましょう。

エージェントとのやり取りは最低でも2週間に1度はするようにしてくださいね。

あまりにも連絡を返さないと、他の転職サイトや転職エージェントを利用して転職に成功したと思われてしまいます。

転職先を紹介してもらえなくなってしまうことにもつながるので、気をつけましょう。

転職時期を「できるだけ早く」と伝える

転職エージェントも好意で転職先を紹介しているわけではありません。

担当のエージェントとの初回面談で必ずと言っていいほど聞かれるのが転職時期についてです。

転職時期を聞かれたら、「できるだけ早く」と伝えるのが一番です。

なぜなら、すぐに転職先を決めて自分の売上につなげたいからですね。

そのため優先的に良い求人を紹介してもらうためにも転職時期を聞かれたら、「できるだけ早く」と伝えましょう!

資格や経歴でうそをつかない

どうしても転職をしたいと思ってしまうと、資格や経歴で嘘を付いてしまう方がいます。

その場では嘘をつきとおせるかもしれませんが、後からバレてしまうと懲戒解雇となってしまう可能性も…。

懲戒解雇となってしまえば、今後転職をするのにも影響してくるので絶対に資格や経歴で嘘をつかないようにしましょう。

それ以外にも転職エージェントでブラックリストに入れられてしまう可能性があるため、今後同業界の転職エージェントを利用できなくなりかねません。

故意に嘘付いたわけではなくても、同様のことが起きてしまう可能性はあるため、履歴書・職務経歴書の内容はしっかりと確認しておきましょう。

希望条件をしっかりと伝える

担当のエージェントは必ず面談をおこないます。

その際に聞かれるのが、転職先の希望条件です。

自分自身がなぜ転職をしているのか、どのような転職先に就きたいと思っているのかを、今一度まとめてみましょう。

担当のエージェントには簡潔に伝えることによって、認識のズレがなくなります。

今後紹介してもらえる求人の内容に直結してしまうので、しっかりと使えるのがおすすめです。

自分自身でも希望する求人についてまとまっていないと、いらない求人を紹介してもらうことになってしまいます。

担当のエージェントと自分の両方が無駄な時間を過ごすことになってしまうので、気をつけてくださいね。

担当のエージェントと相性が悪ければ変更してもらう

先程も言いましたが、担当のエージェントと相性が悪ければ変更してもらえます。

担当のエージェントと長く付き合っていくと、だんだんと「コミュニケーションが取りにくいな…」と感じる可能性も出てきます。

また社会福祉士の仕事内容や内情について全く知らないエージェントにあたってしまうことも…。

それでは心細いので、担当のエージェントを変更してもらうように依頼してみましょう!

人間同士なのでコミュニケーションの相性に向き不向きがあるのは仕方ありません。

どうしても担当のエージェントと合わないと感じたら変更してください。

ただし、頻繁にエージェントの変更をしていると要注意人物に認定されてしまう可能性があるため気をつけてくださいね。

複数の転職サイト・転職エージェントを利用する

転職サイトや転職エージェントは複数利用しても問題ありません。

「転職サイトや転職エージェントは1つ利用すれば良くないか?」と思う方もいますよね。

確かに1つの転職サイトや転職エージェントでも良い求人に出会える可能性はあります。

しかし転職サイトや転職エージェントを複数利用することで、自分が希望している求人に出会える可能性は高まります。

また転職サイトや転職エージェントによって、良い部分悪い部分がありますよね。

複数のサービスを利用することで、良い部分だけを上手く利用することも可能です。

このような理由から転職サイトや転職エージェントは複数利用することをおすすめします。

ただしあまり多く利用しても管理が難しくなってしまうので、転職サイトを1社・転職エージェントを2社の利用がおすすめです!

同じ求人に対する応募は1回だけにする

転職サイトや転職エージェントを複数利用するとなると、他の転職エージェントで応募した求人が違う転職エージェントでも紹介されることがあります。

しかし同じ求人には2度応募しないでください。

さまざまなサービスから同じ案件に登録すると、応募された企業側も転職エージェント側も戸惑ってしまいます。

また両者に不信感を与えることになってしまうので、気をつけてください。

最悪の場合には、選考に進めなくなってしまったり企業に再応募することができなくなったりしてしまいます。

転職サイトや転職エージェントからも良い求人を紹介してもらうことはできなくなる可能性があるので、注意深く求人応募をしましょう。

推薦文は必ず確認する

転職エージェントを利用する場合、応募する企業側に推薦文を送ってもらいます。

企業側も応募者の情報を知りたいと思っているので、どのポイントが推薦に当たるのかを知りたいのですね。

この推薦文によって選考に進めるか進めなくなるか決まる可能性もあるため、送る前に一度見せてもらうのがおすすめです。

担当のキャリアアドバイザーによっては履歴書や職務経歴書に書いてある内容をそのまま書いて送るだけのことも…。

それでは推薦文の意味がなくなってしまうので、確認させてもらいましょう!

転職エージェントを使って社会福祉士に転職するまでの流れ

転職エージェントを使って社会福祉士に転職するまでの流れ

転職エージェントを使って社会福祉士に転職するまでの流れは以下のとおりです。

転職エージェントを使って社会福祉士に転職するまでの流れ

  1. 転職エージェントに登録する
  2. エージェントとのカウンセリングの日程調整
  3. エージェントとカウンセリングをおこなう
  4. カウンセリングを元に求人の紹介
  5. 履歴書・職務経歴書の添削
  6. 面接の対策
  7. 内定・円満退職の手続き
  8. 転職後のアフターフォロー

それぞれ解説します。

転職エージェントに登録する

まずは転職エージェントに登録をしましょう。

この記事で度々出ている「転職サイト」と「転職エージェント」には違いがあるので気をつけてください。

転職エージェントでしかエージェントからのサポートをしてもらうことはできません。

転職のサポートをしてもらいたいと考えている方は、転職エージェントに登録しましょう。

基本的にどの転職エージェントも登録するまでには3分もかかりません。

基本的な個人情報を入力して、登録を完了させましょう。

エージェントとのカウンセリングの日程調整

転職エージェントに登録が完了すると、エージェントとのカウンセリングの日程調整をおこないます。

転職エージェントに登録後、だいたい数日程度で連絡がきます。

またこの連絡でも、かんたんに面接の希望時期や希望年収などが聞かれます。

10分ほどでヒアリングが終わるので、時間があるときに電話してもらいましょう。

エージェントとカウンセリングをおこなう

カウンセリングの日程調整が済んだら、その決定した日にエージェントとカウンセリングをおこないます。

キャリアカウンセリングには、実際にオフィスに行って面談をする場合やZOOMのようなオンライン面談の2通りあります。

選べることもあるので、事前のヒアリング時に伝えておきましょう!

キャリアカウンセリングでは下記のようなことが聞かれます。

キャリアカウンセリングでヒアリングされる内容

  • 自分のキャリアについて棚卸し
  • 転職をする理由
  • 転職で希望する条件

このキャリアカウンセリングで、今後紹介してもらえる求人が変わってくるので、しっかりと伝えることがおすすめです。

カウンセリングを元に求人の紹介

キャリアカウンセリングの内容から、希望にあっている求人を紹介してもらえます。

初回の求人紹介では、だいたい30件程度紹介してもらえることが多いです。

求人を紹介してもらっても、希望する求人が見当たらなかった場合には他の求人を紹介してもらいたいと伝えましょう。

希望条件にマッチしている求人がたくさんあるとは限らないので、もしかしたら希望条件から少し外れた条件のものを紹介されるかもしれません。

履歴書・職務経歴書の添削

気に入った求人に出会えたら、履歴書や職務経歴書を書いて選考に進みます。

ただ履歴書や職務経歴書の書き方に自信がない場合には、添削を依頼しましょう。

転職エージェントでは、履歴書や職務経歴書の添削も無料でおこなってもらえます。

履歴書や職務経歴書に関しては、今後も利用できるので最初だけしっかりと作成してもらうと良いですね!

先程も言いましたが、履歴書や職務経歴書と一緒にエージェントからの推薦文も送ります。

この時点で、作成した推薦文を見せてほしいと伝えましょう!

面接の対策

書類選考に通過できたら次は面接を受けることになります。

面接の対策も対応してくれるので、面接に不安がある方は練習してもらいましょう。

それ以外にも面接の日程調整をしてくれるので、気楽に進められますよ。

内定・円満退職の手続き

面接をした企業に内定をもらえると、内定と手続きと同時に円満退職のための手続きをしてくれます。

また担当のエージェントが年収の交渉や入社までのスケジュール調整をしてくれます。

それ以外にも交渉してもらいたいポイントがあるなら事前に伝えておくと良いですね。

退職に関してもできるだけ円満にできるようにしてくれるので安心しましょう。

転職後のアフターフォロー

転職エージェントにもよりますが、転職後のアフターフォローをしてくれるところもあります。

アフターフォローでは、転職後の職場でトラブルが合った場合や悩みごとが生じたときに相談できることが多いです。

社会福祉士のような仕事では、転職先の人間関係によって居心地がとても変わってきます。

そのため、転職後の悩みの相談ができるのはとても良いですね!

社会福祉士に転職する方によくある質問

社会福祉士に転職する方によくある質問は以下のとおりです。

社会福祉士に転職する方によくある質問

  • 未経験からでも社会福祉士に転職できますか?
  • 社会福祉士への転職の志望動機はどのような例がありますか?
  • 社会福祉士で年収アップを目指す方法はありますか?
  • 在職中でも転職エージェントに登録できますか?
  • 転職エージェントで紹介された求人を断ってもいい?
  • 何歳までなら社会福祉士や介護系の転職ができる?

それぞれ解説します。

介護士が考える転職理由TOP5!最適な転職先の探し方を徹底紹介

未経験からでも社会福祉士に転職できますか?

未経験から社会福祉士には転職できません。

ただし未経験からでも社会福祉士と同じような業務に関わることができます。

社会福祉士になるためには、国家資格が必要なので未経験からでは難しいですね。

社会福祉士になりたいなら、通信制の大学や国家試験の対策講座を受けて、資格取得を目指すところから始めましょう。

ただ社会福祉士のように人の役に立つ仕事がしたいのであれば、この記事で紹介している転職エージェントを利用することで達成できます。

担当のエージェントにその旨を伝えることで、良い案件を紹介してもらいましょう!

社会福祉士への転職の志望動機はどのような例がありますか?

社会福祉士に転職する際に、志望動機に迷ってしまう方も多いです。

ただ社会福祉士の志望動機は特殊な内容を書く必要はありません。

一般的な転職をする際の志望動機と同じように考えて大丈夫です!

例えば、以下のようなことを書いておくといいですね。

社会福祉士の志望動機で書くべきこと

  • なぜ社会福祉士を目指しているのか
  • 社会福祉士に対する関心はどの程度か
  • 企業に応募している理由は何なのか

転職エージェントを利用すれば履歴書や職務経歴書のアドバイスもしっかりとしてもらえるので、サポートしてもらいましょう!

介護職に転職活動に使える志望動機のポイント

社会福祉士で年収アップを目指す方法はありますか?

社会福祉士の年収をあげるためには、以下の3つの方法を試しましょう。

社会福祉士の年収アップさせる方法

  • キャリアアップ
  • 独立
  • 転職

社会福祉士という資格を持っているので、一般の職員よりも管理職につきやすいです。

キャリアアップを目指して、管理職につくことが年収をあげる方法の一つですね。

また独立することによって、サラリーマンよりも多くの給料を受け取ることができます。

ただ今すぐにできることと言えば転職しかありません。

キャリアアップをして管理職になるのも、独立をするのにも数年単位で時間がかかりますからね。

今すぐにでも年収アップをさせたいのであれば、転職をするのがおすすめです!

在職中でも転職エージェントに登録できますか?

現時点で仕事をしていたとしても転職エージェントに登録して、転職活動を始められます!

転職エージェントは仕事中でも進められるのがメリットなので、多くの利用者が現職を続けながら転職活動を進めています。

また土日にしか転職活動を進められない場合には、土日も対応してくれる転職エージェントも。

在職中でも転職したいと思っているなら、転職エージェントを利用しましょう!

転職エージェントで紹介された求人を断ってもいい?

転職サイトや転職エージェントで紹介された求人に断りづらいと思ってしまう方も多いです。

しかし転職サイトや転職エージェントで紹介してもらった求人は、断って問題ありません。

なぜなら紹介された求人全てが自分の希望する条件にマッチしているわけではないからです。

1つもいいと思う求人がなかった場合にも、他の求人を紹介してほしいと伝えてしまって問題ありません!

自分の転職なので、人の機嫌や気分を考えるのではなく自分最優先で考えましょう。

介護転職で気をつけるべき履歴書・志望動機の注意点

何歳までなら社会福祉士や介護系の転職ができる?

介護業界へ転職を検討されている方の中には、ミドル~シニア層の方も多くいます。

結論から言うと、介護系の資格を持っているのであれば、60代以降でも働けます。

また未経験でも就職・転職がしやすい業界なので、ミドル以降でも転職しやすいとおぼえておきましょう。

ただし介護職や社会福祉士の仕事内容はハードワークなので、体力的にもたないということも多いです。

人を寝かせたり持ち上げたりと、重いものをもたなければいけないため腰を怪我してしまう方が多いです。

その点に注意して転職を検討しましょう。

介護職の転職は何歳までできる?年齢の壁を感じることはある?

【まとめ】社会福祉士の転職では転職エージェントを利用しよう!

この記事では社会福祉士の転職におすすめの転職サイト・転職エージェントについて紹介しました。

もう一度おすすめの転職サイト・転職エージェントについてまとめます。

社会福祉士の転職におすすめの転職サイト・転職エージェント

  • マイナビ介護職
  • きらケア介護求人
  • 介護ワーカー
  • かいご畑
  • アイデムスマートエージェント
  • カイゴジョブ
  • ミラクス介護(旧:スマイルSUPPORT介護)
  • Jobマ

どれもおすすめの転職サイト・転職エージェントなので、複数に登録して本当に利用したいものを選ぶのもおすすめです!

特におすすめなのは「介護ワーカー」なので、ぜひ利用してみてくださいね。